駆け出し初心者ブロガー向け

情報発信ビジネスCMSで無料ブログの利用は非推奨!5つのデメリット解説

オイスイです。

 

この記事では「情報発信ビジネスCMS【無料ブログの利用は非推奨】5つのデメリット」について紹介します。

 

僕オイスイは情報発信ビジネスはCMS(コンテンツマネージメントシステム)にブログを使い実践することをオススメしています。

【未経験者向け】ネットビジネスが不労所得になる理由と仕組みを解説オイスイです。 この記事では【ネットビジネス未経験者】向けにネットビジネスが不労所得になる理由と仕組みについて解説していき...

ブログはSNSと違い記事が資産として積み上げることができ、最終的に不労所得となっていく可能性があるからです。

 

SNSはリアルタイム性を追求していくため資産として積み上げにくいデメリットがありますが、ブログはリアルタイム性に弱い代わりに資産として積み上げができます。

 

情報発信ビジネスは資産になるかどうかがポイントになりますので、資産となりやすいブログを使った情報発信ビジネスをオススメしているわけです。

 

ただ、ブログをCMSとして使い情報発信するとしても2つの選択肢があります。

  1. 有料WordPressブログ利用(ドメインとサーバーを有料契約)
  2. 無料ブログレンタルサービス利用

2020年現在、無料ブログを情報発信ビジネスのCMSとして使うことは非推奨です。

 

無料ブログは完全無料で使えるため初心者・未経験者にとってはメリットの恩恵を受けやすいですが、初心者を脱して本格的に情報発信する段階になったとき無料ブログでは不満や後悔が出てくることになります。

情報発信ビジネスCMSはWordPressブログをオススメする7つの理由オイスイです。 この記事では【情報発信ビジネス未経験者】及び【情報発信ビジネス初心者ブロガー】向けに、僕オイスイが有料運営...

初心者・未経験者が文章を書く練習と割り切って使うなら問題ありませんが、長期ブログ運営の視点で考えるとデメリットのほうが大きくなるのでオススメしません。

 

本格的に情報発信ブログ運営をしていくなら有料WordPressブログ利用がオススメです。この記事では無料ブログを情報発信ビジネスCMSとして使うことの5つのデメリットを紹介します。

コンテンツ管理システム(英: content management system, CMS)は、ウェブコンテンツを構成するテキストや画像などのデジタルコンテンツを統合・体系的に管理し、配信など必要な処理を行うシステムの総称。2005年頃より一般的に普及したといわれる。コンテンツマネージメントシステムとも呼ばれる。

出典:コンテンツ管理システム – Wikipedia

情報発信ビジネスCMSで無料ブログが非推奨【5つのデメリット】

情報発信ビジネスCMSで無料ブログを選ぶデメリットは次の5つです。

  1. 無料ブログは商用利用に対して厳しいことが多い【デメリット1】
  2. 無料ブログは予告なく突然削除される(凍結される)と復旧不可能【デメリット2】
  3. 無料ブログはサービス終了するリスクもある【デメリット3】
  4. 無料ブログは広告が強制表示される【デメリット4】
  5. 無料ブログはカスタマイズ性が低い【デメリット5】

有料WordPressブログ利用(ドメインとサーバーを有料契約)では5つのデメリットが起こることは滅多にありません。無料ブログだからこそ存在するデメリットです。

 

有料WordPressブログのデメリットは有料であること。ネットビジネス初心者・未経験者だと「稼げるかどうか怪しい」と疑問を持っている人が多いです。

 

有料WordPressブログの維持費は年間2万円と安価ですが、自分で事業をやった経験のない人であれば2万円の出費も大きく感じるでしょう。どうしても費用が捻出できず無料で実践したいと考えるのも当然です。

 

もし、どうしても無料ブログで情報発信ビジネスを実践したいという人は紹介する5つのデメリットを踏まえたうえで実践するようにしてください。

 

僕オイスイは最初から有料WordPressブログでの運営を強くオススメしますが、5つのデメリットに直面してから考えを改めて有料WordPressブログに乗り換えてる選択肢もありです。

無料ブログは商用利用に対して厳しいことが多い【デメリット1】

情報発信ビジネスCMSで無料ブログ利用を非推奨としている最大の理由は「商用利用に厳しいことが多い」ということです。アフィリエイトリンクを入れた記事を投稿すると商用利用とされて警告されることがあります。

 

2012年当時は無料ブログを量産して稼ぐアフィリエイト手法が流行っていました。さらに無料ブログから被リンクするとメインサイトが上位表示しやすいと理由からペラサイトアフィリエイトのブラックハットSEOにも使われていました。

 

無料ブログはアフィリエイト実践において有料WordPressブログよりも有利に稼げる時代があったためアフィリエイト目的のブログが乱立することになったのです。

 

ブログは資産となるように記事を追加する運用が望ましく、無料ブログサービス提供業者も資産構築的な使い方を望んでいます。「資産となる運用が健全」と考えているので無料ブログを量産されることを望んでいません。

 

飲食店や美容サロンが無料ブログを使いイベントやキャンペーンなど告知していることがあるため商用利用を全面的にNGとしていません。無料ブログサービス提供業者も健全な運営として見逃しているところもあるでしょう。

 

しかし、ネットビジネス実践者の無料ブログ利用はアフィリエイト目的やブラックハットSEOを実践するためのブログ量産利用のほうが圧倒的に多いです。無料ブログの量産はサービス提供業者からしたらスパム行為以外のなにものでもありません。

 

一度警告を受けると次で紹介するブログ削除のリスクが高まります。相当気をつかったブログ運営を強いられることになります。自由に情報発信していくことに制限が強制的にかけられるため精神的負担も増えるでしょう。

 

無料ブログサービス提供業者は商用利用を好意的に受け止めていません。有料WordPressブログでは商用利用に制限のないため余計な心配をせず情報発信できるため強くオススメしているのです。

無料ブログは予告なく突然削除される(凍結される)と復旧不可能【デメリット2】

無料ブログは突然削除される(凍結される)デメリットがあることも気をつけないといけません。突然削除された場合は復旧不可能(相手にされない)ことが多いため記事が水の泡となります。

 

僕は過去にブラックハットSEOを実践していました。そのときに多数のブログが削除された経験があります。ログインしようとしたら「アカウントが凍結されています」と出たことが何度もあります。

 

ブログの量産は無料ブログサービス提供業者からしたらスパム行為以外のなにものでもありません。スパム行為を野放しにすると「あそこのブログがスパムが多い」と悪評が広まり評判を落とすことになります。

 

健全にブログ運営をしているユーザーにとっても迷惑がかかるためスパム行為に対してしかるべき措置をとるわけです。多くの場合は予告なくブログ削除やアカウントの凍結となります。

 

無料ブログは利用者が無料で利用できるだけで無料ブログサービス提供業者にはコストがかかっています。利用者が増えればサーバーを増強しないといけません。

 

健全なブロガーが増えてサーバーを増強するならブログサービス提供業者も本望ですがネットビジネスのスパム的量産によってのサーバー増強は無駄でしかないわけです。これも一発削除となる理由のひとつです。

 

アフィリエイト実践者を中心に無料ブログの量産が広まりました。無料ブログの量産にはパターンがあり、プログラム(AI)による自動削除が可能になっています。

 

プログラムを使い自動削除しているわけではないため予告なく削除されるのです。プログラム(AI)がスパム判定をしているので相手にされなくて当然といえます。

 

予告なく削除する事例が圧倒的に多いため復旧依頼を出したとしても相手にされません。情報発信ビジネスにおいて積み上げてきた記事がすべて水の泡になることは絶対に避けないといけないことです。

 

無料ブログでは予告なく突然削除される(凍結される)と復旧ができないデメリットがあると覚えておいてください。

無料ブログはサービス終了するリスクもある【デメリット3】

無料ブログで健全な運用をしていれば問題ないともいえません。無料ブログはサービス終了するリスクもあるからです。

 

2019年12月15日をもってYahoo!ブログがサービスを終了しました。Yahoo!ブログは利用者を多数抱える無料ブログ最大手です。無料ブログ最大手であってもサービス終了することがある時代となりました。

 

サービス終了は突然くるわけではなく事前告知があります。他のブログに引っ越しできる猶予期間を設けて実施されるため対処方法を考える時間は十分あります。

 

しかし、引っ越しするとサービス終了前の状態を完全維持できない点にご注意ください。一番大きな影響となるのはアクセス数の減少でしょう。

 

他のブログに引っ越せばドメイン(URL)が変更になります。他者の運営するブログからリンクをもらっていた場合、URLが変わるので無効となってしまいます。リンクをもらっているブロガー全員にURLが変更される通知をしなければいけません。

 

有料WordPressブログであればリダイレクト機能を使うことで旧URLにアクセスがあったとしても新URLで自動遷移させることが可能です。無料ブログは無料ブログサービス提供業者が保有するドメインを間借りしているのでリダイレクト機能は使えません。

 

有名ブロガーからリンクをもらった場合は、ブロガーのブログリンクからのアクセスが増えます。ブログを引っ越すとURLが変更になるため変更してもらわないとリンクは無効となるわけです。アクセスが減る原因になります。

 

もし運営するブログへのアクセスがGoogle検索に依存していた場合もアクセス数減少になります。

 

旧ブログから新ブログに引っ越しをすると新旧両方のブログ記事が共存することになります。Google検索アルゴリズム(プログラム)では古いほうをオリジナルとして新しいほうが類似していると盗作・コピーコンテンツと判断するのです。

 

運営者が同一かどうかはGoogle検索アルゴリズムで判断することができません。よって先ほども紹介したようにリダイレクトを使って「引っ越しした」とGoogleに通知する必要があるのすが、無料ブログではリダイレクトができないため盗作・コピーコンテンツと判断される危険性が高いのです。

 

「旧ブログを削除したら解決するのでは?」と考えるかもしれませんが、それもすぐに反映されるわけではありません。Googleはキャッシュというウェブサイトデータを自社のサーバーに蓄積しています。

 

旧ブログのキャッシュが削除されてから新ブログがキャッシュされれば問題ありません。リダイレクトを使い引っ越ししたことを通知したらできます。しかし、無料ブログの引っ越しではリダイレクトが使えないため旧ブログを削除してすぐにキャッシュも削除されるとは限らないのです。

 

新旧のキャッシュがGoogleサーバー内部で共存すると盗作・コピーコンテンツと判断されペナルティを受けるリスクが出てきます。盗作・コピーコンテンツと判断されると検索結果の順位を落とされるか表示されなくなるためアクセスが減ることになります。

情報発信ブログ運営するなら知っておきたいSEOペナルティの話 オイスイです。 この記事では【駆け出し初心者ブロガー向け】にSEOペナルティについてお話しします。 ...

無料ブログであっても健全な運用をしていれば削除されるリスクは減らせるのは事実ですが、サービス終了となったときにアクセスが激減する可能性があります。有料WordPressブログのようにリダイレクトが使えないため引っ越ししたあとアクセス減少は避けられません。

無料ブログは広告が強制表示される【デメリット4】

無料ブログは広告表示を必須としていることも多いです。

 

情報発信ビジネスをしていくうえでもっとも収益化しやすい方法はアフィリエイト広告利用となります。無料ブログでは広告の掲載が必須とされているためブログサービス提供業者の広告とあなたの掲載する広告が共存することになるのです。

 

アフィリエイト初心者がよくやる間違いなのですが、広告をペタペタ貼りまくれば稼げると考えて無関係な広告を手当たり次第掲載しているブログがあります。

 

アフィリエイトでは狙い撃ちをする稼ぎ方が正しく、手当たり次第掲載しては逆効果です。不要な広告は撤去して必要な箇所に必要な広告のみを掲載するのが正しいやり方になります。

 

「無料ブログは広告が強制表示される」デメリットはなたが本来得るはずの広告収益の機会損失となる可能性もあるのです。

 

無料ブログは利用者が無料で利用できるだけであって無料ブログサービス提供業者にはしっかりとコストがかかっています。このコストを補っているのが業者の用意している広告です。

 

無料ブログサービス提供業者が健全な運用を本望としているのは広告収入を期待しているため。健全なブログ運営をしていれば自然とアクセスは増えて広告効果も高まります。

 

しかし、アフィリエイト目的やブラックハットSEOのブログ量産ではアクセスは期待できず広告効果も期待できずサーバーを圧迫するだけの存在となります。

 

本来であれば有料で提供するところを広告を掲載することで広告料で利用料を相殺することができるため無料で使うことができる仕組みですから、無料ブログの多くはブログ自体を無料提供する代わりに広告表示を必須としているのです。

 

情報発信ビジネスをする理由はお金を稼ぐためだと思います。無料ブログサービス提供業者の広告が表示されるのは痛いデメリットです。

 

有料WordPressブログは業者の広告はでません。情報発信ビジネスCMSは広告が強制表示される無料ブログは向いていないのです。

無料ブログはカスタマイズ性が低い【デメリット5】

無料ブログはカスタマイズ性が低い問題点もあります。

 

最初のうちは操作に慣れていないこともあって気にならないですが、ブログ運営になれてくると「デザインにこだわりたい」など情報発信以外にもやりたいことが増えてくるはずです。

 

有料WordPressブログはカスタマイズ性に優れているのでやりたいことが実現させやすいですが、無料ブログでは不満が出てくることになるでしょう。

 

無料ブログから有料WordPressブログへ引っ越す人が多いのも長期運営しているとカスタマイズ性の低さに不満が出てくるからです。

 

無料ブログは超初心者向けのサービスとお考えください。手軽に使えることを追求しているため上級者のようなカスタマイズしての利用を考えていません。

 

カスタマイズしたいなら「自分で知識を付けてやってください」のスタイルです。プログラムのコーディングができるスキルを要求されるので難易度は高いといえます。

 

有料WordPressブログであれば有料無料さまざまなテンプレートがあり自由に見た目を変更することが可能です。プラグインを使えば難しいコーディングを使わず自由に機能を追加することも可能です。

 

WordPressブログは世界シェア30%以上ありますので、ユーザーが作成したテンプレートやプラグインが豊富に存在します。

 

扱いやすさで考えたら無料ブログのほうがうえです。しかし、徐々に慣れてきてこだわりが出てくると扱いやすさが逆にデメリットになります。長期ブログ運営の視点で考えると有料WordPressブログのほうがメリットが大きいのです。

情報発信ビジネスCMSで無料ブログ利用は無料以外にメリットはある?

無料ブログ最大のメリットは無料で使えることです。無料ブログを使いたい人の多くは「無料で使えるから」という理由で選んでいます。

 

では、無料ブログに無料以外のメリットはあるのか?無料以外で考えられるメリットは次の3つです。

  1. 無料ブログは文章作成の練習に使える
  2. 無料ブログはアクセスを集めやすい
  3. 無料ブログはドメインパワーを高めやすい

僕オイスイは無料ブログを使った情報発信はオススメしていませんが、上記のようなメリットがあるのは事実といえます。

 

有料WordPressブログの弱点を埋めるメリットが無料ブログにはあるので、必要に応じて割り切って活用するのはアリです。

無料ブログは文章作成の練習に使える

無料ブログは完全無料なので練習に使えるメリットがあります。

 

ブログを使った情報発信ビジネスは文章作成が必須になります。2020年現在はブログ1記事につき1500文字以上が最低ラインとされており、1500文字の高いハードルを越えていかないといけません。

 

初心者・未経験者はブログを前にすると「なにを書こう」と悩む人が多いです。文章作成に慣れるため悩まず書ける日記からで練習する人もたくさんいます。

 

メインで使う有料WordPressブログに日記を大量投稿することはブログの専門性が薄まってしまうため望ましくありません。無料ブログを練習と割り切って使うほうがよいです。

 

無料ブログのアメブロは有名人・芸能人が日記を書く目的で使っていることが多々あります。「どんなことを書こうか」と悩んだときに芸能人のブログは参考になるでしょう。

 

1500文字をスラスラ書けるようになるまで日記を書いて練習すると割り切れるなら無料ブログからスタートしてもよいと考えています。

無料ブログはアクセスを集めやすい

無料ブログはSNSに近い性質があるためアクセスが集まりやすいのも特徴です。

 

有料WordPressブログでは運営開始直後のアクセスが絶望的でスタートダッシュに弱いデメリットがあります。スタートダッシュに弱いデメリットを補助する目的で無料ブログを活用するのもアリです。

 

アメブロは有名人・芸能人が使っていることが多いため読者もそれなりに多くいます。有名人・芸能人がブログで言及したことを引用して自分の意見を書いたりすると関連記事として表示されることがあります。

 

有名人・芸能人のブログ記事を見に来た人にあなたのブログのリンクが付きますのでアクセスが流れてくる可能性があるわけです。

 

他にも無料ブログでは記事を更新すると新着記事としてピックアップする機能や無料ブログサービスでは独自の「いいね」ボタンを設置していることが多く、「いいね」の数が多いと話題の記事として紹介されることもあります。

 

無料ブログはユーザー同士が繋がりやすいようになっており、アクセスも集めやすい特徴があるのですが、有料WordPressブログではポータルとなる存在がありません。無料ブログでは当たり前にある横の繋がりが乏しいです。

 

アクセスを集めやすいメリットを活かしてメインブログの集客に有効活用している人もいます。

 

メインの情報発信ブログでは「アフィリエイトのはじめかた」をテーマにして情報発信をして、無料ブログでは「副業の種類」をテーマに情報発信しアフィリエイトに言及したところでメインブログにリンクしてアクセスを送るという使い方です。

 

情報発信ではなくアクセス集めと割り切った使い方なので削除されたとしても痛手はほとんどありません。削除リスクのデメリットも影響がほとんどない使い方です。

ここで紹介した手法は無料ブログではなくTwitterやFacebookといったSNSでも代用は可能です。ブログだとある程度文章を書かないといけないため負担が大きくなります。Twitterなら140文字の短文投稿ができるので負担なく手軽にできるでしょう。

無料ブログはドメインパワーを高めやすい

「無料ブログはアクセスを集めやすい」特徴をドメインパワーを高める目的で使っている人もいます。

 

有料WordPressブログはドメインとサーバーを契約して運営するのが大前提です。個人で契約して取得したドメインを独自ドメインといいます。

 

あなたの取得したドメインはあなた以外は誰も使っていない完全オリジナルです。あなたの存在そのものなのです。

 

同時に独自ドメインはあなたのオリジナルブランドと言い換えることもできます。あなたの取得した独自ドメインは唯一無二の存在なので取得した瞬間に生まれたモノです。

 

生まれたばかりのモノにブランド力はありませんよね。よってドメインパワーを高めてブランド力を持たせていかないとビジネスとして成長させることができないのです。

 

ブログは主にGoogle検索から集客することになります。あなたが何気なくみているGoogle検索はランダムで決まっているわけではなくアルゴリズムによって点数付けをして高得点順に並んでいます。

 

2020年現在はGoogle検索アルゴリズムのなかでもドメインパワー(ブランド力)の重み付けが強い傾向にあり、Google検索から集客するためにはドメインパワー(ブランド力)を高めることが必須です。

 

Google検索アルゴリズムがドメインパワー(ブランド力)を判断するひとつの材料としてアクセス数があります。無料ブログの横の繋がりが特徴と紹介してきました。無料ブログを活用してドメインパワーを短期間で高める裏技があるのです。

 

最終的に無料ブログから有料WordPressブログに引っ越す作業があり手間がかかるため上級者向けの手法ですが、ドメインパワーを短期間で高められる可能性があるため使っている人もいます。

無料ブログを使ってドメインパワー(ブランド力)を高めた状態で有料WordPressブログに引っ越すテクニック(裏技)については下記の記事で紹介していますので、詳細をお知りになりたい場合はご覧になってください。

WordPress開設初期のアクセス集まらないを無料ブログで解決する裏技WordPressブログはカスタマイズ性も高く優れたCMSですが、運営初期段階はアクセスが集まらないデメリットがあります。 ...

まとめ

情報発信ビジネスで無料ブログを非推奨としている理由は次の5つのデメリットがあるためです。

  1. 無料ブログは商用利用に対して厳しいことが多い【デメリット1】
  2. 無料ブログは予告なく突然削除される(凍結される)と復旧不可能【デメリット2】
  3. 無料ブログはサービス終了するリスクもある【デメリット3】
  4. 無料ブログは広告が強制表示される【デメリット4】
  5. 無料ブログはカスタマイズ性が低い【デメリット5】

無料ブログは無料で利用できるため情報発信ビジネスをはじめて実践する人にとっては魅力的なサービスにみえるかもしれません。僕もアフィリエイト実践初期の頃は無料ブログを使っていました。

 

当時はいまほどアフィリエイト実践者が多くなかったこともあって無料ブログは緩い感じがありましたが、2020年現在はちょっとでも商用利用が疑われると予告なく削除されてしまうことが珍しくありません。

 

情報発信ビジネスは資産構築同様に積み上げていくことが前提です。削除されて水の泡になるリスクのあるCMSを使っての実践はオススメできません。

 

文章作成の練習と割り切って使うなら無料ブログでも問題ないですが、長期ブログ運営の視点で考えると商用利用に接触して削除されるリスクがあるのは問題です。Yahoo!ブログのように大手であってもサービス終了することもあります。

 

積み上げてきた努力が水の泡と化してしまうリスクが無料ブログには多いため、文章作成の練習が終わり「情報発信ビジネスを本格的にやっていく」と決断したら有料WordPressブログで再スタートすることを強くオススメします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。