ネットビジネスニュース

【2020年版】アフィリエイト後発組が稼ぎ続けるために不可欠な3つの情報資産構築

オイスイです。

 

この記事では【ネットビジネス未経験者】向けにアフィリエイトで稼ぎ続けるためには情報資産構築が重要という解説をすると同時に、不可欠な3つの情報資産構築についてお伝えします。

 

ネットビジネスは短期間で大きく稼いでいる人が目立つので「片手間に楽して稼げる」みたいな印象を持たれていますが、アフィリエイトも正真正銘のビジネスです。片手間に実践して稼げるほど甘くありません。

 

経営者として立ち振る舞っていかないと稼げず終わるか、稼げたとしても一発屋で終わるかのどちらかになります。

 

情報資産構築は時間と手間がかかる大変な作業ですが、企業ならどこでも当たり前のようにやっています。アフィリエイターも例外ではありません。

 

アフィリエイト後発組のあなたには説明する情報資産構築を意識した実践をお願いしたいです。

情報資産とは?

ネットビジネス未経験者であれば事業経営についても未経験のはずです。最初に事業経営では頻繁に使われる「情報資産」とはどんなモノかを簡単に解説します。

 

情報資産とは資産として価値のある情報のことです。普通に生活していると「資産=金銭的価値のあるモノ」という認識かと思いますが、お金に変わる可能性がある情報はすべて資産として扱うのが経営の世界です。

情報資産とは、資産として価値のある情報のことである。

情報資産は、主に企業活動によって収集した情報で、商品を開発する際に収集した技術情報や開発中に得られた新たな技術情報、そして、商品を販売する際に得られた顧客情報などが挙げられる。また、企業の財務情報や人事情報なども情報資産の1つである。

情報資産を記録する形態には、パソコンやCDやUSBメモリなどの記録媒体、紙などが挙げられる。また、従業員の記憶や知識なども情報資産の記録形態として見なすこともある。

情報資産は、人、物、金に次ぐ経営資源といわれている。企業では、情報資産を正しく扱うために、セキュリティポリシーの策定や、従業員への情報セキュリティ教育、監視ソフトウェアの導入などの対策を講じている。

出典:情報資産とは何? Weblio辞書

アフィリエイトを実践していくためにはさまざまなスキル(技術)習得が欠かせません。アフィリエイト活動を通して得られた技術はすべて将来お金に変わる可能性があります。

 

アフィリエイトは情報を操って報酬を上げていくビジネスなので、小売店のような在庫を抱えることはありませんし、メーカーのように商品開発の必要もありません。

 

すべて技術情報によって成り立つビジネスなので情報資産を意識せずアフィリエイト活動をすることは不可能といっても過言ではありません。

オイスイが初心者に情報商材アフィリエイトをオススメする理由も情報資産構築

僕オイスイはネットビジネス未経験者でアフィリエイトに参入を検討しているなら「情報商材アフィリエイトをしましょう!」と主張しています。

 

未経験者に情報商材アフィリエイトをいきなりオススメしている人はネット上を探してもほとんどいないでしょう。

 

情報商材アフィリエイトは数あるアフィリエイトの中でも最高難易度だからです。

 

未経験者の多くは「難しいことはしなくたくないけど稼ぎたい」という願望の人が多いといえます。その需要に応えるように「スキルなしでも稼げる」といった教材が多数出まわっているわけです。

 

しかし、「スキルなしでも稼げる」を実践して稼げたとしても情報資産構築にはなりません。

 

スキルが不要なわけですからアフィリエイトスキルは高まることはありません。手元にお金が入ってくるだけで、他に得るものがなにもないのです。

 

情報商材アフィリエイトは難易度が高いのでスキルは必要ですし、作業も膨大なので初心者が最初からやると挫折しやすいのは間違いありませんが、

 

「難しいことはしなくたくないけど稼ぎたい」という逃げ腰の人が稼ぎ続けられるほど甘い世界ではないのです。難しいことに挑戦しなければスキルは磨かれません。

僕オイスイがネットビジネス未経験者・アフィリエイト初心者に情報商材アフィリエイトをオススメする理由は下記の記事でも解説しています。

「情報商材アフィリエイトは初心者に難しい」が通用しない3つの理由オイスイです。 この記事では「情報商材アフィリエイトは初心者に難しい」が通用しない3つの理由を解説していきます。 ...

アフィリエイトの一寸先は闇!情報資産構築していないと一発退場

僕オイスイは2012年12月よりアフィリエイトに参入してきましたが、山あり谷ありで決して安泰とはいえる状況ではありませんでした。

 

その理由を追及していくと情報資産構築の甘さがあったと思っています。

 

アフィリエイトを何年もやっていると必要なスキルが身についてアフィリエイト作業自体はスムーズにできるようになるのは確かです。

 

スキル面での情報資産構築はうまくいっているのですが、その他の情報資産構築はしてきませんでした。

 

アフィリエイトは個人事業です。地盤の軟弱な個人事業であるため一寸先は闇となっています。一寸先は闇の世界で稼ぎ続けるためには地に落ちても這い上がる覚悟を決めておかねばいけません。

 

もちろん覚悟だけでなんとかなる話ではないです。現実的に這い上がるためには構築した情報資産をうまく活用しなければいけません。

 

これからアフィリエイトに参入する後発組のあなたにはお金を稼ぐことだけでなく将来を見越した情報資産構築も念頭において実践してください。

 

僕オイスイと同じ失敗をしないためにも。

アフィリエイト後発組が稼ぎ続けるために不可欠な3つの情報資産

僕が考えるアフィリエイト後発組で稼ぎ続けるために不可欠と考えている情報資産は次の3つです。

  1. セルフブランディング資産
  2. 文章作成スキル資産
  3. 顧客情報資産

セルフブランディング資産【情報資産その1】

僕オイスイが2020年現在においてもっとも重視して欲しい情報資産構築はセルフブランディングです。セルフブランディングとは企業同様に自分自身がブランドを持つということを意味します。

率直にいえば自分のブランドを確立してファンを増やしていくということです。YouTuberで成功している人は例外なくセルフブランディングできています。逆にセルフブランディングできていないYouTuberはファンが付かず長続きしていません。

グッチやエルメスといった高級ブランドの商品は機能的価値は特別優れていませんが、老舗であることや職人のこだわりからくる信頼感があって市販品の10倍近い値段でも売れるわけです。

 

グッチやエルメスのような規模になる必要はありませんが、小さくても信頼を武器に影響力を発揮したビジネス展開をしないと法人・個人問わず2020年以降のビジネスは厳しいといえます。

 

会社に仕事が舞い込んでくるのは会社自体に社会的信用・信頼というブランドがあるからにほかなりません。

 

あなたが就職を決めたのも会社のブランドが大きなウェイトを占めているでしょう。ブランド力のある企業なら経営面でも安泰でしょうから安心して勤めることができます。

 

取引先として手を組むとしても正体不明の企業よりも、実績のある企業と組みたいと考えるのは普通です。世の中を見渡せばブランド力が最後の決め手になっていることが多いのです。

 

最後の決め手となるブランド力なくして個人事業者(アフィリエイター)が社会で活動していくことは難しくなっています。

 

SNSを利用した求人・採用活動もはじまっています。履歴書から人物像を判別することが難しいので面接ありきとなってしまうのですが、SNSを導入することができれば志願者の人物像をSNSを通してチェックできるので採用労力を最小限にできるのです。

 

SNSによる情報発信でセルフブランディングができていないと採用対象から足きりされるようになってきています。

 

ブランド力は社会的信用・信頼の証です。デマ情報や詐欺が横行している現代社会においてブランド力の有無が最後の決め手となることは自然なことでしょう。

 

社会全体がブランド力ありきで動き出しているので、ブランド力を持たずビジネス展開をしている人は自分から不利な状況を選んで立っているわけです。

 

僕オイスイは2012年12月にアフィリエイトに参入したのですが個人メディアを持たずセルフブランディングをしてきませんでした。

 

2017年12月の医療・健康アップデートにより作成してきたアフィリエイトサイトの大半を失ってネット上で活動してきたにもかかわらず、すべてが無に帰してゼロからのスタートを強いられることになりました。

 

セルフブランディングをしてきた後発組も同様にダメージを受けていますが、自分のブランド力を発揮していたので再起が早かったです。後発組に抜かれることとなりました。

 

「一寸先は闇」がアフィリエイトの怖いところです。医療・健康アップデートのようにGoogle要因で報酬激減もありますが、他にもアフィリエイト案件終了で報酬が激減することもあります。

 

こうした不測の事態に素早く対処するためには自分のブランド力がカギとなります。セルフブランディングをして「自分は価値ある存在」とアピールする情報資産構築は欠かせません。

 

僕オイスイはガジェットが好きなのでギズモードの記事を読んでいます。2018年ギズモードから興味深い記事が出ていましたので紹介します。

2008年に「ブログはジャーナリズムに置き換わらない」と主張する教授に対して反対した作家・ライターのNicolas Coleさんは、当時、笑いものにされましたが、2018年現在、Coleさんの予測は当たり、多くの人がインターネット上で文章を発表しています。そんなColeさんは2018年現在を「過渡期」だと見ており、今後2年で「自分をブランド化すること」が非常に重要になっていると語っています。

(中略)

そんなColeさんは、「2020年までにオンライン上でパーソナルブランドを持たなければ、誰もあなたと仕事をしないだろう」と語っています。2018年現在、多くの人が、人と会う前、あるいは人と会った後にオンラインをチェックし、相手の動向を確認します。また、誰かと仕事をしようと考えた時も、まずオンラインの行動がチェックされます。今後数年でこのような傾向はさらに強くなり、もしある人がオンライン上で時代遅れに見えた場合、その人は「時代遅れな人だ」と見なされるようになるとColeさんは語りました。

出典:自分をブランド化できなければ2年後の仕事はない – GIGAZINE

相手の動向をチェックするのが当たり前になりつつあるので、ネット情報発信の最前線にいるアフィリエイターが実践していなければ、それだけで後発組ライバルに追い越されていきます。

文章作成スキル資産【情報資産その2】

アフィリエイトは文章作成スキルが求められる稼ぎ方です。文章作成スキルをしっかりと磨いていくことも情報資産構築になります。

 

最初にも触れたようにアフィリエイトは安泰ではありません。医療・健康アップデートのようなGoogle検索の大変動に合わせて報酬も上下しますし、突然のアフィリエイト案件終了でゼロになることも珍しくないです。

 

このような不測の事態は隣り合わせで存在するので、常に危機感に晒されながらの活動となるでしょう。

 

たしかに、社会的な変動によってアフィリエイトの稼ぎは左右されますが、ウェブサイト構築するにあたって身につけてきた文章作成スキルは社会がどんなに変わろうが揺るぎない技術です。

 

Google検索のアルゴリズム大変動があったとしてもキーボードのタイピング速度が遅くなるなんてことはありませんよね?

 

アフィリエイト活動を通して磨いてきたスキルは普遍的で一生モノになるです。

 

僕オイスイは2017年12月の医療・健康アップデートで作成した多くのペラサイトを失ったわけですが、ペラサイトで記事を大量作成して磨いたスキルは衰えていません。

 

この磨いてきた文章作成スキルがあるからこそ、現在のようにネットビジネス情報発信ブログにシフトしてもスムーズに進めることができているのです。

 

社会の変化でオワコンとなってしまい稼げなくなったジャンルから撤退したとしても、磨いてきたスキルは揺るぎませんからゼロベーススタートの未経験者・初心者より有利に進められます。

 

文章作成スキルを含めてアフィリエイト実践で試行錯誤して身につけた技術は永久的に自分の情報資産として蓄積されていきます。

 

間接的な情報資産なので使わなければ宝の持ち腐れとなってしまいますが、セルフブランディングと組み合わせることで追う存分力を発揮してくれることになるでしょう。

 

繰り返しになりますがアフィリエイトは安泰ではありません。不測の事態とは隣り合わせです。

 

不測の事態に陥り地に落ちたとしても、アフィリエイトで再起するなら文章作成スキルがあれば短期間での復活も可能です。

 

アフィリエイト後発組には文章作成スキル資産を構築することも考えて実践していただきたいと考えています。

最近は見かけませんが「コピペで稼げる」といったアフィリエイト教材が多数出まわっていた時期がありました。

2ちゃんねるまとめやYouTubeのテキストスクロール動画を作ろうという稼ぎ方です。他人の作った文章を手当たり次第コピペして作成するというモノでした。

こういった文章作成スキルを磨けないアフィリエイト手法は実践する意味がないので飛びつかないようにしてください。

もしやっていることがバレたら社会的信用・信頼を失うでしょう。やっていることは盗作ですからね。セルフブランディングにも悪影響を与えます。

顧客情報資産【情報資産その3】

最後は一般的な情報資産である顧客情報です。アフィリエイトを含めたネットビジネスでいえばメルマガのリスト取りが顧客情報資産に該当しています。

 

アフィリエイトでは繰り返しになりますが不測の事態と隣り合わせです。医療・健康アップデートのように予測不能な出来事も多々起こります。

 

医療・健康アップデートが起こったときにメルマガのリスト取りをしている人は再起が早かったように感じました。Google検索からアクセスできなくなったとしても、メルマガを通じて顧客に直接連絡できるわけですから、復活が早いのは当然です。

 

このように顧客情報を保持していることは危機回避には欠かせません。僕はリスト取りはしていなかったので医療・健康アップデートによりゼロベースまで戻されました。

 

「江戸時代の商人は火事になっても顧客台帳は手放さなかった」という話があります。顧客台帳があれば無一文になっても常連客(リピーター)相手に商売が続けられるからです。

 

新規顧客を集めていくことも重要ですが、頼みの綱となるのは常連客(リピーター)になります。江戸時代の商人はすでに常連客(リピーター)の重要性を知っていました。

 

2020年現在、世界のトップ企業であるGoogleでさえも個人情報収集に必死となっています。顧客情報がビジネス展開にとても重要な役割を果たすからです。

 

アフィリエイトは安泰ではありません。不測の事態に陥ったときに顧客情報は命綱となりますし、ビジネス拡大の方向性を決めるにも顧客情報は欠かせません。

メルマガのリスト取りをしようと考えたときにあなたのブランドが問われることになります。軽はずみに登録したがためにスパムのような売り込みメールが届くようになることも多いので相手は警戒しています。

メルマガのリスト取りをするためには最低限セルフブランディングが必要です。セルフブランディングができあがってきた段階から導入を検討していきましょう。

Googleが個人情報収集に必死になっている話は下記の記事で紹介していますので興味があればご覧になってください。WordPressブログ運営で重視すべきことについても解説しています。

WordPressブログのドメインパワーを上げるにはユーザー行動にも注目せよ!オイスイです。 この記事ではGoogle検索結果(SEO対策)で上位表示しないと悩む【初心者ブロガー向け】に「WordPr...

まとめ

アフィリエイト後発組が稼ぎ続けるために不可欠な3つの情報資産は次の3つです。

  1. セルフブランディング資産
  2. 文章作成スキル資産
  3. 顧客情報資産

アフィリエイトも正真正銘のビジネスなので、次に繋がるような展開をしていかないと一発屋で終わってしまいます。

 

アフィリエイトは一度成功したらからといって永久的に続くわけではありません。Google検索アルゴリズムの大変動や案件終了で報酬がゼロになることも普通にあるわけです。

 

そのような不測の事態に陥ったときに再起できるかどうかは情報資産構築できているかどうかがカギになります。

 

僕は医療・健康アップデートにより一度アフィリエイターとしての生命を絶たれていますが「文章作成スキル資産」だけは構築されていたので別の道(情報発信ビジネス)で復活することができました。

 

アフィリエイトに会社から給料が決まって出るような安定性はありません。だからこそ不測の事態に備えて情報資産構築が不可欠なのです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。