ネットビジネス未経験者向け

アフィリエイトオンラインサロン(塾)選び方基準|5つの違い考慮

オイスイです。

 

この記事ではアフィリエイトオンラインサロン(塾)選び方基準を5つ紹介します。

 

アフィリエイトオンラインサロン(塾)とひとことでいっても種類は多種多様です。それぞれ特色・違いがあるので考慮しないで選ぶと「失敗した」となりかねません。

 

アフィリエイトオンラインサロン(塾)は評判がよいという理由だけで決めてしまうと満足できないことがあるので要注意です!

 

選び方で考慮すべき5つの違いを紹介したうえで自分に合いそうなアフィリエイトオンラインサロン(塾)を探すことをオススメします。

サイト形式 or ブログ形式 or SNS形式【アフィリエイトオンラインサロン(塾)違い1】

アフィリエイトオンラインサロン(塾)の選び方で最初に考慮すべきことはアフィリエイトの種類です。あなたがどのアフィリエイト手法で稼ぎたいかによって選ぶアフィリエイトオンラインサロン(塾)は大きく変わってきます。

 

アフィリエイトオンラインサロン(塾)で教えているアフィリエイトの種類は

  1. サイト形式(非資産型)
  2. ブログ形式(資産型・蓄積型)
  3. SNS形式(トレンド型)

2020年現在、大きくわけると3つが主流です。同じアフィリエイトでも手法が違えばやり方も全然違ってきます。どの手法で稼ぎたいかを考えた上で選ばないと見当違いになるので要注意です。

 

では、3種類について詳しく紹介していきます。

サイト形式(非資産型)

アフィリエイトサイトをひたすら量産するタイプのアフィリエイトオンラインサロン(塾)です。ペラサイト塾と呼ばれることも多いです。

 

SIRIUSのようなSEO対策が施されたサイト作成ツールを使い、アフィリエイトリンクの入った商品紹介ページ(キラーページ)を大量生産していく稼ぎ方を教えるアフィリエイトオンラインサロン(塾)となっています。

 

1ドメイン1サイトを基本とするため実践には費用(ランニングコスト)が比較的かかるほうです。

 

かつては無料ブログを量産して稼ぐ塾も存在していたのですが、無料ブログがアフィリエイトを禁止する事例が増えてきたので、2020年現在はサーバーとドメインを有料レンタルしたうえで実践するのが主流です。

 

ペラサイトアフィリエイトは一度作成したら放置するのが基本のためSEO効果がほとんど見込めません。必要に応じてブラックハットSEOを使うため、SEO対策の費用も別途必要です。

 

1ドメインの契約期間は1年であるため、1年後にドメインを残存させるか捨てるかの選択を迫られます。ペラサイトの多くは稼げないサイトで終わるため更新せず捨てられます。

サイトは基本使い捨てとなるので非資産型に分類されるアフィリエイト手法です。自分の作ったサイトに愛着を持たず使い捨てでもかまわない人はサイト形式(非資産型)のアフィリエイトオンラインサロン(塾)が向いています。

僕オイスイは過去にペラサイトアフィリエイトを実践して稼いだ経験があります。しかし、一時的に稼げるだけで長続きしませんでした。2020年現在、ペラサイトの実践は初心者・未経験者にとって厳しい状況です。詳細は下記の記事をご覧ください。

【2020年版】ペラサイトは初心者非推奨!元実践者が語る稼げない3つの理由 オイスイです。 この記事では【ネットビジネス未経験者】向けにペラサイトアフィリエイトは初心者に非推奨という話を...

ブログ形式(資産型・蓄積型)

サイト形式(非資産型)と違いサイトを使い捨てにせず記事を投稿して資産を積み上げて大規模サイトを構築していくのがブログ形式(資産型・蓄積型)のアフィリエイトオンラインサロン(塾)です。

 

サーバーやドメインを有料レンタルして実践していく点はサイト形式(非資産型)と共通していますがSIRIUSのようにサイトを量産するツールは使わずWordPressブログをメディア(CMS)として利用して稼いでいきます。

 

サイトの量産はしませんが、代わりに記事を量産していく必要があります。ホワイトハットSEOを駆使して稼ぐアフィリエイトに分類されるため、ドメインパワーを高めながらGoogle検索で上位を獲得して見込み客を集める手法です。

 

ブラックハットSEOを使わずドメインパワーを高めるためには記事を量産したうえでブラッシュアップして質を高めていくしかありません。記事を蓄積することでドメインパワーを高めていくため資産型・蓄積型と呼ばれています。

 

ドメインとサーバーをレンタルして稼ぐ手法なので運営費用(ランニングコスト)はかかりますが、サイト形式(非資産型)のようにドメインを大量取得する必要はありません。

 

月額数千円程度でアフィリエイト活動が維持できるため低予算で実践したい人はブログ形式(資産型・蓄積型)が向いています。

 

単に記事を追加していくだけではありません。あなたの運営するブログにアクセスする固定読者(リピーター)やファンを獲得していくことも重要な要素です。

セルフブランディングの必要性を失敗体験談を含めて解説します!オイスイです。この記事ではセルフブランディングの必要性を、僕オイスイの失敗体験談を含めて解説します。 僕は2012年からア...

記事更新をしながらブログの価値(社会的信用・信頼)を高めていくだけでなく、あなた自信の価値も高めていくことができるのがブログ形式(資産型・蓄積型)となります。

自分の運営するブログに愛着を持ち育てながら稼ぐほうが向いている人はブログ形式(資産型・蓄積型)のアフィリエイトオンラインサロン(塾)に参加したほうがよいでしょう。

低予算でアフィリエイト実践できるのもブログ形式(資産型・蓄積型)を選んだほうが満足できるでしょう。

セルフブランディングのように自分の社会的信用・信頼を高めて稼ぎたい人もブログ形式(資産型・蓄積型)のアフィリエイトオンラインサロン(塾)がオススメです。

僕オイスイはアフィリエイトオンラインサロン(塾)として「仮面ブロガーズプラス」をイチオシしています。「仮面ブロガーズプラス」はブログ形式(資産型・蓄積型)の稼ぎ方です。

アフィリエイトを5年以上経験してきたなかで「2020年以降はこの稼ぎ方しか通用しないだろう」という内容に仕上がっているため推奨教材としました。下記の記事でレビューしていますので興味があればご覧ください。

仮面ブロガーズプラスは2021年以降も稼げるが欠点も…【特典付きレビュー】 オイスイです。 この記事では知る人ぞ知るブログ構築王道のオンラインスクール(教材・塾)仮面ブロガーズプラスのレ...

SNS形式(トレンド型)

TwitterなどSNSを使って稼ぐ方法を教えているアフィリエイトオンラインサロン(塾)もあります。フォローマティックXYのようなSNSを活用したアフィリエイト情報商材もあり、アフィリエイトにおいても一定の勢力のあるジャンルです。

 

アフィリエイトは人間関係が不要で稼げることが特徴と紹介されることが多いですが、SNS形式(トレンド型)は真逆でフォロワーとコミュニケーションをとりながら稼いでいく手法です。

 

トレンド(SNS映え)に乗っかり爆発的なリツイートなどを獲得して稼ぐ手法になりますのでプチ炎上商法に近い稼ぎ方といえるかもしれません。バカッターと呼ばれる人たちもSNS形式(トレンド型)に近いといえるでしょう。

 

2020年現在はYouTubeで稼ぐ手法が最大勢力といってもよいでしょう。YouTubeはSNSに分類されないともいえますが、トレンド重視である点は共通しています。ひたすらトレンドと数を追いかける稼ぎ方を教えているアフィリエイトオンラインサロン(塾)です。

 

ブログ形式(資産型・蓄積型)と似ているところはありますが、SNS形式はトレンドを追いかけるため瞬間消費であり資産になりにくいのが弱点です。

 

YouTubeも動画投稿から24時間が再生回数稼ぎのピークで、24時間を越えると再生回数の伸びが鈍化します。YouTubeもトレンド重視の瞬間消費型です。

 

常にヒットを打ち続けないと稼ぎが停滞してしまうため短期バイトのように一時的に大きく稼ぐことはできますが、長期目線で考えると厳しい稼ぎ方となってきます。オワコン扱いされたら稼ぎがガクッと落ちることになるでしょう。

スポーツ新聞や週刊誌などトレンドチェックを欠かさずやることが好きな人はSNS形式(トレンド型)アフィリエイトオンラインサロン(塾)が向いているといえます。

 人数・規模【アフィリエイトオンラインサロン(塾)違い2】

アフィリエイトオンラインサロン(塾)の選び方でアフィリエイトの種類の次に考慮すべきことは人数・規模です。

 

アフィリエイトオンラインサロン(塾)は

  • 大人数・大規模アフィリエイトオンラインサロン(塾)
  • 少人数・小規模アフィリエイトオンラインサロン(塾)

に分類することができます。

 

学習塾にも企業運営の大規模な塾もあれば個人が運営している小規模の塾もありますね。アフィリエイトオンラインサロン(塾)の規模も大小があるわけです。

 

先に申しますと一長一短で優劣はないとお考えください。

 

企業が運営する大人数・大規模アフィリエイトオンラインサロン(塾)で成功しているところもありますし、個人でやっている少人数・小規模アフィリエイトオンラインサロン(塾)で成功しているところも多数あります。

 

アフィリエイトオンラインサロン(塾)の人数・規模は完全に向き・不向きです。自分がどちらのタイプと相性がよいかを考えたうえで選ぶようにしてください。

大人数・大規模アフィリエイトオンラインサロン(塾)

大人数・大規模アフィリエイトオンラインサロン(塾)の場合は資本力のある企業運営の場合が多いです。従業員として講師も多数在籍しているため大人数を相手に塾を展開していくことができます。

 

塾の規模が大きくなれば塾生をたくさん抱えることができるため数百人から数千人規模の塾生が在籍していることも珍しくありません。

 

自社ビルを持っている企業が運営している場合は専門学校のようにオフラインでの講義を実施しているところもあります。人員が確保できる企業運営だからこそできることといえるでしょう。

 

大人数・大規模アフィリエイトオンラインサロン(塾)は企業運営であることへの安心感もあります。ネットビジネスは怪しい印象が根付いており、詐欺行為も横行しているので社会的信用・信頼のある企業運営は選ぶ基準として大きな指針となります。

大人数に囲まれながらワイワイアフィリエイト活動をしたい人は大人数・大規模アフィリエイトオンラインサロン(塾)のほうが向いているといえます。

少人数・小規模アフィリエイトオンラインサロン(塾)

少人数・小規模アフィリエイトオンラインサロン(塾)は個人アフィリエイターが運営していることが圧倒的に多いです。アフィリエイトオンラインサロン(塾)全体をみても数は少人数・小規模のほうが多数派でしょう。

 

アフィリエイターの多くは法人化せず個人事業者として活動しています。アフィリエイトを含めネットビジネス全般は人間関係が最低限ででき個人で完結してしまう珍しいビジネスです。わざわざ集団でネットビジネスをやる必要はありません。

 

個人アフィリエイターが自分の行き届く範囲で塾生を募集してこぢんまりと運営しているためサポートがきめ細かいのが特徴です。

 

大人数・大規模アフィリエイトオンラインサロン(塾)となれば塾生の数も多いので、一人ひとりしっかりと対応していると時間がいくらあっても足りません。

 

少人数・小規模は募集人数を絞って実施しているため一人に割ける時間がしっかりと確保でき手厚いサポートをすることができるのです。

【弱者は厚利少売が基本】ネットビジネスで稼ぎたいなら薄利多売するな!オイスイです。 この記事では【ネットビジネス初心者で稼げていない人】および【ネットビジネス未経験者】向けにビジネスモデル(...

中小零細企業が大企業を相手に戦うときは厚利少売戦略が欠かせません。厚利少売とはひとことでいってしまえば「量より質」です。個人が数を追いかけると無理が出てきますので、少人数・小規模は質で勝負しているわけです。

僕は大人数・大規模アフィリエイトオンラインサロン(塾)に参加してサポートを受けた経験がありますが、質問に対するレスポンスが遅いことに不満を感じていました。

退会後は少人数・小規模アフィリエイトオンラインサロン(塾)に参加したとき質問に対するレスポンスの早さに驚いたものです。

サポートの質重視なら少人数・小規模アフィリエイトオンラインサロン(塾)に参加することをオススメします。

 教材・ツール提供方法【アフィリエイトオンラインサロン(塾)違い3】

アフィリエイトオンラインサロン(塾)ではアフィリエイト実践に必要な独自教材やツールを用意していることがあります。

 

アフィリエイトオンラインサロン(塾)に参加したら別途アフィリエイト情報商材(教材)を購入する必要は基本的にありません。必要なモノは塾が用意してくれているので初心者・未経験者は手ぶらで参加できるメリットがあるわけです。

ただし、独自教材・ツール提供方法に違いがあるので要注意。独自教材やツールの提供方法の違いも選ぶときの基準となるでしょう。

 

独自教材・ツール提供方法は

  1. 随時提供形式
  2. 一括提供形式

大きくわけるとこの2つのタイプがになります。

随時提供形式

随時提供形式とはアフィリエイトオンラインサロン(塾)が決めたスケジュールに従って随時教材が提供されてくるスタイルです。

  • 1週間目はパート1
  • 2週間目はパート2
  • 3週間目はパート3

各週目の初日に教材がメールなどで到着しダウンロードして学習を進めることになります。

 

初心者・未経験者のように学習ペースが決められない人にとってはアフィリエイトオンラインサロン(塾)側がコントロールしてくれるので迷わずできるメリットがあります。

 

逆に経験者だと早く先に進みたいと思っても進めないためもどかしさを感じることになるかもしれません。

自分で学習ペースを決める自信がなく塾側にコントロールして欲しい人は随時提供形式の塾を選ぶようにしましょう。

随時提供形式のアフィリエイトオンラインサロン(塾)は無料体験期間が設定されることもあります。

次に紹介する「一括提供形式」で無料体験を実施すると無料期間に退会してノウハウの持ち逃げをされる可能性があるためです。

お試し無料体験をしたい人も随時提供形式がオススメといえます。

一括提供形式

一括提供形式はアフィリエイトオンラインサロン(塾)で提供している教材・ツールを参加した段階ですべて提供してくれるスタイルです。

 

初心者・未経験者向けに展開しているアフィリエイトオンラインサロン(塾)では最初の1ヶ月はガイダンス的な教材となっていることが多く経験者にとっては退屈な時間となるでしょう。

 

一括提供形式では最初にすべて提供されるので自分のペースで進めることが可能になります。学習の進め方はアフィリエイト情報商材に近く「アフィリエイト情報商材+コミュニティ」といったイメージです。

アフィリエイト経験者は一括提供形式のアフィリエイトオンラインサロン(塾)のほうが満足度は高いかもしれません。

ただし、一括提供形式なので初月無料といった無料体験の設定がないアフィリエイトオンラインサロン(塾)となっている場合が多いです。

お金を払って参加しないと実態が見えないデメリットがあります。評判などをみてじっくりと検討してから参加したほうが安全です。

 実施期間【アフィリエイトオンラインサロン(塾)違い4】

アフィリエイトオンラインサロン(塾)の実施期間も選ぶときの考慮すべき基準となってくると考えられます。アフィリエイトオンラインサロン(塾)の実施期間は

  • 短期集中形式
  • 無期限形式

の2つのタイプがあります。

短期集中形式

学習塾でいうと夏期講習や冬期講習のように短期間で学習することを目的に実施されるアフィリエイトオンラインサロン(塾)です。個人アフィリエイターが自分の稼いだ手法を伝授する場合に短期集中形式のアフィリエイトオンラインサロン(塾)が使われます。

 

アフィリエイトオンラインサロン(塾)の実施期間は3~6ヶ月が平均的で、稀に年単位の長期間に及ぶアフィリエイトオンラインサロン(塾)の募集もあります。

 

実施期間中に成果を出してもらう必要があるので最短で稼げるスケジュールで構成されていることが多いです。よって短期間で成果を出したい人には短期集中形式が向いているといえます。

 

実施期間が決まっているため料金支払い方法は情報商材(教材)と同様に買い切り制を採用していることが圧倒的に多い印象です。支払額上限が決まっているので余計な出費が不要であるメリットといえるでしょう。

アフィリエイトは実践することが最重要です。最低限の座学は必要ですが、座学が終わればひたすら作業になります。短期間で学ぶことだけ学び実践に移りたい人は短期集中形式を選ぶと満足できるでしょう。

ただし、短期間の実施かつ買い切り制なので詐欺が多いのも事実。詐欺に巻き込まれる危険性が高いデメリットがあります。

短期集中形式の詐欺アフィリエイトオンラインサロン(塾)ではどのような募集がされているのか?詐欺塾の見分け方については下記の記事で紹介しています。

詐欺目的アフィリエイトオンラインサロン(塾)の見分け方5つのポイントオイスイです。 この記事では詐欺目的アフィリエイトオンラインサロン(塾)の見分け方5つのポイントについて紹介します。 ...

無期限形式

無期限形式は料金の支払い方法に月額制(サブスクリプション)を採用しているため支払いを継続する限り無期参加できるスタイルのアフィリエイトオンラインサロン(塾)です。

 

逆に辞めたいときに辞められるので不満があれば即退会できます。臨機応変に動けるのが無期限形式の月額制(サブスクリプション)を採用しているアフィリエイトオンラインサロン(塾)に参加するメリットです。

 

アフィリエイト支援ツールを提供しているアフィリエイトオンラインサロン(塾)では維持費がかかるため月額制を採用している場合が多いといえます。

 

短期集中形式は期間限定で募集されるのに対して無期限形式では随時募集されていますのでアフィリエイトオンラインサロン(塾)への参加タイミングが自分でコントロールできるのもメリットといえるでしょう。

 

ただし、教材の提供方法については随時提供形式である場合が多いです。じっくりと取り組みたい人にとっては向いていますが、短期間で成果を出したい人にはペースがアフィリエイトオンラインサロン(塾)側に握られているので不満に感じると思います。

 

教材の提供方法では融通が利きにくいのが無期限形式のデメリットです。アフィリエイトオンラインサロン(塾)側もビジネスでやっているので長期間所属してもらうよう考えて運営しています。

無期限形式は料金の支払い方法に月額制(サブスクリプション)を採用しているアフィリエイトオンラインサロン(塾)はお試し無料体験期間を設定している場合があります。

買い切りでは詐欺に巻き込まれる危険性がありますが、無期限形式は料金の支払い方法に月額制(サブスクリプション)であれば好きなタイミングで退会可能です。

そのため詐欺アフィリエイトオンラインサロン(塾)では月額制を採用しない傾向があり、詐欺に巻き込まれる可能性が低いのもメリットです。

「まずはお試しから」が希望なら無期限形式のアフィリエイトオンラインサロン(塾)を選んだほうがよいでしょう。

オフライン形式セミナー・勉強会・懇親会の有無【アフィリエイトオンラインサロン(塾)違い5】

アフィリエイトオンラインサロン(塾)は名前が示すようにインターネット上で実施されるオンライン学習の場ですが、セミナー・勉強会・懇親会についてはレンタルスペースなど利用してオフラインで開催される場合もあります。

 

オフライン開催のセミナー・勉強会・懇親会では地元のアフィリエイターと繋がるきっかけにもなります。リアルな繋がりが欲しい人はオフライン開催のセミナー・勉強会・懇親会があるアフィリエイトオンラインサロン(塾)を選ぶとよいでしょう。

 

初心者・未経験者だとオフライン開催のセミナー・勉強会・懇親会がどういったモノかイメージがわかないと思いますのでオンライン開催とオフライン開催の違いについて紹介します。

オンライン(バーチャル)形式セミナー・勉強会・懇親会

まず主流となっているオンライン形式セミナー・勉強会・懇親会です。セミナー・勉強会・懇親会は下記の方法で実施されます。

  1. スカイプグループビデオ
  2. Zoomミーティング
  3. LINEミーティング
  4. YouTube生配信
  5. ニコニコ動画生配信

セミナーの講師はビデオに出演するため顔出しをしていますが、閲覧者(参加者)は匿名・顔出しなしで参加可能です。

 

オンラインのバーチャル空間で実施するオンライン形式セミナー・勉強会・懇親会なので基本的に人数制限はありません。情報に希少性を出すため人数制限をすることもありますが、多くの場合は自由に出入りできる人数無制限での実施です。

 

オンライン形式セミナー・勉強会・懇親会の参加費は無料となっていることが多いのも特徴といえるでしょう。ひとむかしは生配信をするためには課金しないといけませんでしたが、同種のサービスが増えてきたこともあり無料化されているところがほとんどです。

 

最近はオンライン形式の懇親会も活発になっています。2020年は緊急事態宣言により不要不急の外出規制がありました。そのため「ZOOM飲み会」のようなオンラインを使った家飲みが流行りました。

 

オンライン形式の懇親会も徐々に浸透しつつあります。

オフライン(リアル)形式セミナー・勉強会・懇親会

オフライン形式のセミナー・勉強会・懇親会はレンタルスペース・カラオケボックス大部屋・喫茶店で実施されます。懇親会は居酒屋で実施されることが多いです。
※会場は人数によって変わる

 

オンライン形式と違い貸しスペースの収容力の都合から人数制限あり、先着順もしくは抽選によって参加の可否が決まります。

 

僕がこれまで参加したオフライン形式セミナーは30人程度前後での実施が多かったです。

 

オフラインなので匿名・顔出しが必須です。会場への移動も必要ですから交通費など別途出費があります。貸しスペースを使うのでセミナー自体も参加費が必要となる場合が多いです。

 

参加者は基本的に地元の人ですが、遠方から遠征でやってきている人もいました。沖縄県からはるばる名古屋のセミナーに参加している人と一緒になったこともあります。

アフィリエイト情報商材独学とオンラインサロン(塾)の違い・向き不向きオイスイです。 この記事ではアフィリエイト情報商材独学とオンラインサロン(塾)の違い・向き不向きについてお伝えします。 ...

上の記事でも触れていますがアフィリエイトオンラインサロン(塾)で参加人数が多く大規模になるとASPの専任担当者がつくことがあります。

 

オフライン形式セミナーだとASPの専任担当者や得意先の広告主も一緒に参加することがあり、サンプル商品を持参して参加者に提供してもらえることがあります。提供してもらえなくてもサンプルの写真撮影ができたりオフラインならではのメリットも多いです。

オフライン形式セミナー・勉強会・懇親会は有料であることが多いので気軽に参加とはいかないかもしれませんが、地元のアフィリエイターと繋がる数少ない機会ともなります。

セミナーにASPの専任担当者や得意先の広告主も一緒に参加していたらサンプルを提供してもらえるなど有料なだけメリットも大きいです。

ASPの専任担当者に覚えてもらえたら稼げる案件をこっそり教えてもらえることもあります。

副業が禁止されていて絶対に身バレできない人でなければ、オフライン形式セミナー・勉強会・懇親会を実施しているアフィリエイトオンラインサロン(塾)への参加がオススメです。

まとめ

アフィリエイトオンラインサロン(塾)を選ぶとき考慮すべき5つの違いは下記の5つ。

  1. サイト形式 or ブログ形式 or SNS形式【アフィリエイトオンラインサロン(塾)違い1】
  2. 人数・規模【アフィリエイトオンラインサロン(塾)違い2】
  3. 教材・ツール提供方法【アフィリエイトオンラインサロン(塾)違い3】
  4. 実施期間【アフィリエイトオンラインサロン(塾)違い4】
  5. セミナー・勉強会・懇親会【アフィリエイトオンラインサロン(塾)違い5】

「違い1」の「サイト形式 or ブログ形式 or SNS形式」が決まれば、残りは好み・相性の問題です。

 

大人数でワイワイやりたい人もいれば個人運営塾のメンター(先生)と二人三脚でやっていきたい人もいるでしょう。

 

時間はまとまって確保できる人なら短期集中で一気に稼ぎたい人は短期集中形式アフィリエイトオンラインサロン(塾)が向いていますし、まとまった時間が確保できず隙間時間中心の作業なら無期限形式のアフィリエイトオンラインサロン(塾)が向いています。

 

地元のアフィリエイターとの繋がりが欲しい人はオフライン開催のセミナー・勉強会・懇親会があるアフィリエイトオンラインサロン(塾)を選ぶとよいです。

アフィリエイトを含めてネットビジネスは継続が重要になります。稼げない人は途中で投げ出してしまったため稼げず終わっていることが多いです。

情報発信ビジネス初心者ブロガーが成功するためには【継続更新】がカギオイスイです。 この記事では「情報発信ブロガーが成功できるかは継続更新がカギ」について解説していきます。 稼...

アフィリエイトオンラインサロン(塾)に参加したからといって即金性のある裏技やテクニックを教えてくれることはありません。

アフィリエイトを途中で投げ出さす継続可能な環境を構築できるかどうかがカギとなります。アフィリエイトオンラインサロン(塾)は切磋琢磨できる仲間と出会える場所という意味合いが強いです。

よってアフィリエイトオンラインサロン(塾)は好み・相性の問題になります。

 

僕オイスイは複数のアフィリエイトオンラインサロン(塾)に参加してきました。企業運営の大規模塾から個人運営の小規模塾まで参加しています。参加した感想は一長一短で優劣を付けるのは難しいと感じました。下記の記事で体験談を紹介していますので、どうしても決めきれないときは参考にしてみてください。

オイスイのアフィリエイトオンラインサロン(塾)体験談オイスイです。 この記事では僕オイスイのアフィリエイトオンラインサロン(塾)体験談について紹介していこうと思います。 ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。