ネットビジネス未経験者向け

【未経験者向け】初心者ブロガー三日坊主…継続更新できない根本的な理由

オイスイです。

 

この記事では【ネットビジネス未経験者】向けに初心者ブロガーが三日坊主になりやすく継続更新できない根本的な理由について解説します。

 

ブログによる情報発信ビジネスで成功できるかどうかのカギは継続更新できるかどうかにかかっているといっても過言ではありません。

 

「成功の法則」というと奇抜なモノのイメージがあるかもしれませんが、至ってシンプルで継続更新できるかどうかです。

ブログ開設後 1 ヶ月目が最も低く、新規開設ブログの約1/3は、翌月には更新されなくなっている。開設 2 ヶ月目以降、更新継続率は次第に上昇するが、6 ヶ月後にも更新されているブログは、新規開設ブログ全体の 24.3%にとどまる。

出典:ブログの実態に関する調査研究(平成 21 年 3 月総務省 情報通信政策研究所)

初心者ブロガーの75%は半年でブログ更新を停止している調査結果があります。この数字からも継続更新が難しいことであるかがわかるでしょう。

 

僕オイスイもブログ運営をしている身なので半年で75%が挫折してしまう理由がわかりますし、5年以上経過した現在においても時々苛まれる悩みです。

 

そんな状況と向き合いながらブログ運営を継続しているので、対処方法さえ知ってしまえば恐れることはありません。

 

「彼を知り己を知れば百戦殆からず」が示すように挫折要因を知ってしまえば未経験者でも対処可能です。

ブログ継続更新できない根本的な理由は「面倒くさい」

ブログ継続更新できない根本的な理由は「面倒くさい」です。情報発信ビジネス自体にも「面倒くさい」の壁があります。

 

情報発信ビジネスは日記を書くことではありません。自分の経験談(学習知識)や体験談(行動結果)を情報発信して社会の役に立てることが使命です。

  • 読者(ユーザー)が知りたいことはなにかリサーチする
  • 自分の知識が不足していたら調べて補完する
  • 読みやすい文章にするため創意工夫する

こういったことを考えながら記事を作る必要があります。

 

自己満足ではなく読者(ユーザー)を満足させることがブログ運営のすべてです。

 

芸能人のように人物(人間性)に対してファンが付いている人なら日記でも問題ありません。芸能人はカメラの前では演技していますので、日記のような「自分の素の姿」をみせるプライベート情報のほうが好まれます。

 

対してブロガーは情報発信者ですから発信情報に対してファンが付きます。情報発信ビジネスを主としたブロガーは有名人側の情報発信が求められるわけです。

 

会社の仕事が面倒と感じるのは自分のためではなく、会社や顧客へ貢献することが中心となっているからに他なりません。ブログ更新も同様に読者(ユーザー)中心となるため「面倒くさい」となってしまうのです。

プライベート(自己満足)の時間を犠牲にしても…

1日は24時間しかありません。もし、ブログ運営という新しい行動を私生活に追加したら犠牲になるモノが出てきます。

 

副業で情報発信ビジネスをするなら本業の時間を削るのは難しいでしょう。最終的に行き着く結論は「プライベート(自己満足)の時間を犠牲にする」です。

 

頑張って作成した記事が多くの人に読まれるなら「プライベートを犠牲にした甲斐があった」となるでしょう。

 

しかし、現実は「ブログ記事が読まれない…」となります。

 

「ブログ記事が読まれない…」は初心者ブロガーあるあるなので誰もが通る道です。現在成功している人だって最初は誰からも見向きされない状態からスタートしています。

 

これが当たり前と思えれば挫折することはないですが、未経験者のように実態を知らないと理想と現実のギャップから挫折しやすくなるのです。

ネットビジネス情報では「睡眠時間を削って時間を捻出」という話がよくありますが、僕オイスイは睡眠時間を削るのはオススメしていません。

ダイエットで無理な食事制限をすると空腹に耐えられず挫折する人が多数出ます。生理現象を犠牲にするとダメージが大きいのです。

睡眠時間を削ると脳疲労を起こしてブログ更新が面倒くさくなります。僕が実体験をしているので間違いないです。もし朝活するなら夜は作業せず早く寝たほうが賢明と考えています。

自己満足を犠牲にしてまで継続する意味がない

無名のブロガーが最初から社会に影響力を与える力を持っているはずがありません。「ブログ記事が読まれない…」となるのは当然の結果です。

 

プライベート(自己満足)の時間を犠牲にしてブログ更新をしているわけですから、続ければ続けるほどストレスも蓄積してくれるでしょう。

 

こうした魔が差したときに「自己満足を犠牲にしてまで他人に尽くす意味はあるのか」と自問自答をはじめるわけです。

 

自問自答が続くと「どうせ誰にも読まれない、やっても意味がない」とネガティブな方向に流れていきます。最終的にブログ更新作業が億劫になってサボりはじめるます。

 

ときにはサボることも必要です。ストレスフルな状態で継続しても情報発信の質が悪くなるのでブログ運営にもよい影響がありません。

 

サボって鋭気を養い復帰することができれば問題ないのですが、サボることが当たり前になって「復帰するのが面倒くさい」となり、いつしかブログ更新自体が完全停止してしまう人が多いのです。

初心者ブロガーの継続更新を阻害する5つの追い打ち

自分一人で「ブログ更新が面倒くさい」と考えているうちはまだ復帰できる余地があります。ここに別の要因が加わると一気に挫折方向へ加速していくことになるでしょう。

 

挫折方向へ加速させるブログ継続更新を阻害する5つの追い打ちは次の5つです。

  1. 金額目標が達成できない
  2. ブログ更新に縛り(強制力)がない
  3. 低費用でできるので金銭的ダメージが小さい
  4. 家族・友人などから受ける「続けてもムダ、辞めろ」誘惑
  5. 「ブログはオワコン」の風潮

「面倒くさい」は誰でも起こる!休みながらダラダラ続けたほうがマシ

僕自身も「ブログ更新が面倒くさい」と感じることはありますし、面倒くさい感情はいつどんなときでも起こるモノです。「面倒くさいと思うな」のほうが現実的ではありません。

 

ですから、「面倒くさい」と思ったら一休みすればよいです。一休みして「もう一度再挑戦してみよう」と思えるまで休めばよいでしょう。

 

WordPressブログ(有料運営版)のように有料レンタルサーバーを契約して独自ドメインを取得しての運営であれば自分で閉鎖しない限り残り続けます。

 

ブログ運営は会社と違って就労規則がないのでいくら中断してもお咎めはありません。自由に運営できることがよいところです。

 

しかし、このお咎めなしが三日坊主を生みます。

 

短距離走みたいに息切れになるまで全力疾走して挫折するくらいなら、こまめに休みを入れながらダラダラ続けたほうがマシといえます。

時間で目標設定するとうまくいく!

未経験者から初心者ブロガーにステップアップしたら、作業量の目標ではなく「時間で区切る」目標をたてたほうがよいでしょう。

 

目標設定では「1日1記事更新」といった作業単位でする人が多いですが、初心者ブロガーなりたての人が1日1記事更新できる見通しを立てるのは難しいです。不可能と言っても過言でないかもしれません。

 

ましてや稼いだ経験もないのに金額目標を立てるなどできもしない目標設定をしも完遂できるはずがないです。完遂できない目標設定に意味はありません。

 

1日は24時間と決まっています。これは揺るぎない事実です。

 

ですから、「今日は2時間作業をする」といった具合に時間で目標設定をするとうまくいきます。

 

毎日2時間時間を作って作業をしていれば、1つの作業に対してどれくらい時間が必要かが徐々に見えてきます。作業に必要な時間がわかってから作業量の目標を決めたほうが間違いなく現実的です。

 

極端な話、ブログの更新画面を開いて2時間ボーッとしていてもかまいません。ブログの更新画面を開いてしまえば「やらないといけない」葛藤から「なにをしようか」の葛藤に変わります。

 

多くの人は「やらないといけない」葛藤でエネルギーを消耗してしまうので、なにも考えず「今日は2時間作業をする」とパソコン画面に向かえばムダなエネルギーを消費せず作業に入ることができるのです。

 

「ブログ更新が面倒くさい」と感じたときほど時間目標は本当に効果があります。三日坊主を防ぐには特効薬となるでしょう。

僕はブログ更新作業をするときにはポモドーロタイマーを使っています。

ポモドーロタイマーは30分間に25分と30分のタイミングでアラームを鳴らすタイマーです。25分間は作業時間に充てて、5分間を休憩時間とします。

この30分を4サイクル繰り返して2時間を一区切りとした作業をすることが多いです。

「1日1記事書こう」だと重い腰が上がりにくいですが、「とりあえず2時間だけ」と割り切ってタイマーをスタートさせると徐々にやる気が上がってきて作業に集中できます。

ポモドーロタイマーをやる気スイッチにしてうまくいっているので、初心者ブロガーにもオススメしたいです。

僕オイスイは3日に1記事更新を推奨しています。1日2時間を3日継続して合計6時間で1記事仕上げるのが理想と考えているからです。

徐々に記事作成ペースを上げながら50記事を目安にするとよいでしょう。

【2020年版】初心者ブロガー最初の目標記事数は50記事にすべき5つの理由オイスイです。 この記事では「初心者ブロガー最初の目標記事数は50記事にすべき5つの理由」について解説します。 ...

作業を完全に中断して別のことをするのもアリ

「時間で目標設定」でもうまくいかないときは、作業を完全に中断して別のことをするのもアリです。

 

ただし、作業を完全に中断してしまうと戻ってこない危険性も出てきますのでご注意ください。

 

僕はブログ運営を1ヶ月近く放置したことが過去に何度かあります。情報発信ビジネスは発信する情報ネタが切れてしまうと手の打ちようがなくなるからです。

 

放置した期間は本を読むなど情報インプットに専念していました。

 

このブログではネットビジネス関連の情報発信をしているのでネットビジネス関連の情報収集をメインにしていましたが、

  • モチベーションの維持
  • ブログで使えそうな文章術
  • ネットビジネスで役立ちそうなツール操作習得

といった直接的関係ない情報収集も同時にやっていました。直接的関係ない情報収集が刺激になるのです。

 

全然関係ないジャンルから得た情報を専門ジャンルのネタと組み合わせることができたら、ライバルとの差別化にもなります。

 

そうこうしているうちに徐々に発信した情報が蓄積されていき、ブログ更新作業に戻ってくることができましました。

 

「ブログ更新が面倒くさい」はスランプ状態です。僕のような経験者でも50記事を越えるとマンネル化して作業に身が入らず飽きてきます。

 

そんなときは思い切って作業を中断してしまうのも選択肢としてもっておきましょう。スランプを脱出する方法に「新しいことへ挑戦する」がありますので、別の作業に専念してしまうのもアリです。

 

ただし、繰り返しになりますが戻ってこない危険性も出てきますので、作業に復帰に繋がるような新しいことに挑戦することをオススメします。

ブログ更新を中断して情報収集することは自分の知識の底上げにもなります。もし情報収集で知識が底上げされたのなら過去の記事は抜け穴だらけであることに気づくはずですね。

現在のレベルが上がっている知識で過去記事修正(リライト)してブラッシュアップしましょう。

過去記事修正はブログ全体の質を底上げ(ブラッシュアップ)になるので、計画的に取り入れたほうが結果プラスになると考えています。

【ブラッシュアップ超重要】初心者ブロガーは記事修正(リライト)で底上げを!オイスイです。 この記事では初心者ブロガーにぜひやっていただきたいブラッシュアップについて紹介します。 ブラ...

Facebook創設者マーク・ザッカーバーグさんやMicrosoft創設者のビル・ゲイツさんのようなビジネスを極めた人も読書で自分の知識をアップデートされています。

専門外ジャンルの情報収集は成功した人ほどやっていることです。

ビジネス本・自己啓発本は役に立たない!?それは使い方次第オイスイです。ここではビジネス本・自己啓発本は役に立たないという意見について触れていきます。 僕は会社組織に属さず個人事業...

焦ってもムダ!すぐに成功結果は得られない現実を知ろう

このブログも最初の3ヶ月はGoogle検索にも表示されず苦戦を強いられました。

 

苦しい時期を乗り越えたことでGoogle検索結果に表示されるようになりアクセスも出てきわけです。最初から順風満帆ではありませんでした。

 

ブログ運営は気長にやる必要があります。早く稼ぎたい一心から「毎日1記事」のようなハードルの高い目標設定します。

 

最初のうちはモチベーションが高いので続けられますが、1ヶ月もしたら疲れが出てきてサボりはじめるはずです。

 

完遂できない目標は立てても意味がありません。未経験者は「すぐに成功結果は得られない現実」を知ったうえで実践して欲しいです。

僕は1ヶ月ブログ更新を停止したことが何度もありますが、あまり影響がなかったと感じています。

一時的な落ち込みはありましたが、ブログ更新に復帰すると徐々に復活しました。

作業に復帰できれば一時的な落ち込みを復帰後の作業で取り戻すことが可能という判断です。

自己成長に目を向ける、結果があとからついてくる

未経験者から初心者ブロガーにステップアップしたら「継続したら結果があとからついてくる」の認識でやるようにしてください。

 

継続している人たちは自己成長に目を向けてモチベーションを維持していることが多いです。

 

初心者ブロガーなら1時間で500文字の文章を書くのも苦労すると思います。これが練習して慣れてくると1時間で1,500文字書けるようになってくるでしょう。

 

時間で目標を立てると「時間短縮」という自己成長が目に見えてわかります。継続できる人は自己成長を楽しんでやっているわけです。

 

稼ぐことを目的にネットビジネスをはじめると思いますので、お金を追い求めるのは間違っていません。

 

しかし、情報発信ビジネスは実力主義の世界なので、実力がなければ報酬はゼロのままです。稼ぎたいなら練習をして実力を付けるしかないのです。

 

長く苦しい練習期間を乗り越えるには自己成長に目を向けたうえで、「結果があとからついてくる」の精神でないとやっていけません。

 

初心者ブロガーになったらイヤでも付き合わないといけないGoogleには方針を公にしている「Googleが掲げる10の事実」があります。

 

その先頭にあるのが「1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。」です。

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。Google のトップページはインターフェースが明快で、ページは瞬時に読み込まれます。金銭と引き換えに検索結果の順位を操作することは一切ありません。広告は、広告であることを明記したうえで、関連性の高い情報を邪魔にならない形で提示します。新しいツールやアプリケーションを開発するときも、もっと違う作りならよかったのに、という思いをユーザーに抱かせない、完成度の高いデザインを目指しています。

出典:Google について | Google – Google

世界的に成功しているGoogleも根本的な方針は「結果があとからついてくる」となっています。

まとめ

ブログ継続更新できない根本的な理由は「面倒くさい」です。ブログ更新は三日坊主になりやすい要素が揃っているので仕方がありません。

 

これまでにダイエットや資格試験勉強をしたことがあれば「面倒くさい」という感情に支配され三日坊主になった経験があると思います。ブログ更新もまったく同じです。

 

情報発信ビジネスは自分ではなく読者(ユーザー)を最優先に考えた記事の作成が求められます。プライベートの時間までも他人のために尽くさないといけないため「面倒くさい」となりやすいです。

 

僕オイスイもブログ更新には慣れていますが「面倒くさい」と思うことは多々あります。記事作成が思い通りに進まず「面倒くさいな~」とイライラすることも多いです。

 

煮え詰まった頭で作業しても決して生産的でありません、むしろ非効率です。

 

そういうときは作業が中途半端だろうがきっぱりと中断して翌日へ持ち越します。一晩寝るとリフレッシュされてアイデアが湧いてくることがあるので休むことも重要です。

 

作業前の「今日は面倒だな」感情との葛藤は「とりあえず2時間だけやろう」とタイマーを動かしてダラダラと作業を開始することもあります。はじめてしまえばウォーミングアップが完了して普段のペースになっていきます。

 

常に100%の力で全力疾走をしたら誰だってバテるのは当然です。長続きしている人は60%くらいの力でダラダラやってうまくいっています。

 

作業前のダラダラはよくありませんが、作業開始後のダラダラはアリです!

 

作業を開始さえできれば三日坊主は回避できたも同然となります。

 

ブログ運営は長期継続したほうが勝者に近いです。短距離走ではなくマラソンに近い競技とお考えください。

 

ブログ運営は自分の中にも外にも挫折要因がたくさんあります。「彼を知り己を知れば百戦殆からず」が示すように挫折要因を知ってしまえば未経験者でも対処可能です。

 

あとは「結果があとからついてくる」を信じて進むしかありません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。