ネットビジネスニュース

【2020年版】YouTubeを情報発信メインCMSにするデメリット(ブログと比較)

オイスイです。

 

この記事は【情報発信ビジネス未経験者】向けにYouTubeを情報発信メインCMS(コンテンツマネージメントシステム)にするデメリットについて紹介します。

 

小学生の将来なりたい職業にYouTuberがランクインし、大人でもYouTuberの影響を受け副業としてやりたい需要は多いです。

 

2020年現在のYouTube界隈は盛り上がっておりビジネスとしてうまく活用すれば大きな効果が得られるのは間違いないでしょう。

 

しかし、僕オイスイは初心者が最初からYouTubeを情報発信メインCMSにすることをオススメしません。

 

YouTubeは動画による情報発信であるため映像・音声・文字(字幕)による情報発信ができます。

 

ブログやSNSは文字と画像が情報発信の中心となるので視覚情報だけですが、YouTubeは視覚情報に加えて聴覚情報も使えるため印象に深く刻むことが可能です。

 

ただし、YouTubeのメリットを活かすには映像・音声・文字(字幕)を使いこなせることが前提となります。初心者には相当難易度が高くなるはずです。

 

さらに、高いスキルを要求する割に他のビジネスに応用できずYouTube以外で使えないという状況にもなるでしょう。

 

動画による情報発信が特殊で限定的過ぎることがYouTubeを情報発信メインCMSにするデメリットになっています。

動画編集機材にお金がかかる【YouTubeをメインCMSにするデメリット1】

ネットビジネスの多くは安いノートパソコンでもできます。安いノートパソコンは最低限の性能しかないのでストレスはたまりますができないことはないです。

 

YouTubeを情報発信ビジネスとしてやっていくなら高性能パソコンが必須となります。

 

動画の編集が完了したら編集動画をファイル書き出し(エンコード)しなければいけません。ファイル書き出しにもパソコンの性能が求められるので低性能だと時間がかかり、最悪の場合は途中でエラーしておじゃんになることもあるわけです。

 

本格的にやるなら動画編集ソフトも有料のモノがよいでしょう。視聴者を惹き付ける魅力的なエフェクト(演出)が用意されており動画に花を添えてくれます。

 

定番である「Adobe Premiere Pro」は高性能パソコンで使うことが前提とされているため、低性能なパソコンではまともに動作しないでしょう。

「Adobe Premiere Pro」は買い切りではなくサブスクリプション(月額)なので毎月2万円必要です。

最近のYouTube界隈では動画の画質が全体的に上がっている傾向にあるため、商品のレビュー系動画をやるなら高画質撮影可能なカメラも必要になります。

 

YouTubeをCMSにして情報発信するなら機材費用だけで50万円を見積もった方がよいかもしれません。

 

ネットビジネス未経験者や初心者は「とりあえず無料で」という人が多いですが、そういう人にはまったく向いていないのがYouTubeです。

再生回数稼げるジャンルはお金もかかる【YouTubeをメインCMSにするデメリット2】

すでに独自サービスを展開しており、集客拡大を目的とした情報発信をするならこのデメリットは当てはまりません。

再生回数を稼いで「Google AdSense」による収益化を狙う人向けのデメリットです。

YouTubeの収益化は再生回数が必要です。YouTubeを収益化しようとしたら

  • チャンネル登録者数が1,000人以上
  • 過去12か月の総再生時間が4,000時間以上

この2つの条件を達成しないと広告がつきません。

 

よって最初にやることは需要のあるジャンルで動画を作成して、チャンネル登録者を増やしつつ動画の再生時間を稼いでいくことです。

 

動画の再生回数を稼ぎやすいジャンルとして定番なのは

  • ガジェット系(商品レビュー)
  • ゲーム実況(ガチャ動画)
  • ペット紹介
  • レッスン系(ヨガなど)

です。すべてお金のかかるジャンルとなっています。

 

YouTubeの視聴者は「お金を払いたくない」が大前提ですから、YouTuberが人柱となってお金を払うことで注目を集めることができる構造です。

 

コストをかけず情報発信するには一芸がないとできません。自己投資が必要になるのでお金はかかります。

ガジェット系(商品レビュー)

ガジェット系は商品レビューが中心となるので、新商品が出る度に購入することが必須になります。値段も安くないので月々数十万円のコストがかかることを前提にはじめないと破産するでしょう。

ゲーム実況(ガチャ動画)

ゲーム実況はガチャ動画です。ゲーム実況は攻略情報が中心となりますが、花形はガチャ動画となります。

 

視聴者は配信者が発狂しながらガチャを回して爆死する姿をみて笑う構図なので、普段の動画の再生価数が少なくてもガチャ動画だけ飛び抜けた再生回数になっていることも多いです。

ペット紹介

ペット動画は満遍なく再生回数が稼げるジャンルですが、ペットの飼育費用がかかりますので出費は大きいといえます。珍しいペットほど需要がありますので、それなりの出費を覚悟したほうがよいでしょう。

 

最近はお金儲け目的でペットを飼う人も出てきており、場合によっては批判に晒されることもあります。「自称動物愛護家」の標的にもなりやすいのでビジネス色を出しすぎるのは禁物ジャンルです。

レッスン系(ヨガなど)

レッスン系の動画ではインストラクターの資格など信憑性を出せるモノが必要です。

 

レッスン系動画は自分の運営するスクールの宣伝目的でやっている側面もあるので、参入したらライバルはプロばかりです。

 

同じ土俵に立つためにはプロレベルの知識と実力が求められるのでそれなりの自己投資が必要になります。

高いレベルの動画編集スキルが必要【YouTubeをメインCMSにするデメリット3】

ここ最近のYouTube動画をみているとテレビ番組レベルの編集で作られている動画も珍しくなくなってきています。

 

情報発信のジャンルによりますがエンターテイメント系(娯楽要素)の強い動画ではテレビ番組レベルの編集ができて当たり前という風潮ができあがっております。

 

動画編集のレベルが低いと視聴者から「もういいかな」と本題に入る前にブラウザバックされることが珍しくないのです。

 

単に情報発信をするだけなら高いレベルの動画編集スキルは必要ありません。はっきりいって無駄なスキルです。

 

しかし、YouTubeをCMSとして情報発信をしていくなら無駄なスキルも必須となります。

ブログは演出など高度な編集スキルは不要であるため本質である情報発信に特化できるのがメリットです。

ブログによる情報発信をせずいきなり動画からスタートすると凝った編集ばかり追いかけて本質である情報発信が疎かになり本末転倒になっていることが多いです。

動画のほとんどがエフェクトになっていて「編集スキルを自慢したいだけだろ!」みたいな動画になっています。

YouTubeで情報発信をするならもっともシンプルな情報発信CMSであるブログからスタートすべきですね。

動画投稿後は修正不可能【YouTubeをメインCMSにするデメリット4】

動画による情報発信はあとから修正不可能であるデメリットがあります。

 

ブログであれば間違いに気づいたときに間違っている箇所を修正して更新するだけで済みますが、動画の場合は部分的な修正はできません。

 

YouTubeではブログのように該当箇所だけ修正ができず、動画の差し替えもできないため完全新規投稿対応となります。

 

間違った動画を削除して修正動画をアップロードしたとしても再生回数やYouTube検索での順位は引き継がれません。

 

場合によってはコピー動画と判断されて広告が非表示にされることもあります。修正動画の再投稿はリスクがあるのです。

 

かつてYoutubeには「アノテーション」という投稿した動画にあとから字幕を付けることができる機能がありました。

 

「アノテーション」を使えば間違えた箇所に注釈をいれることができたので間違った動画をそのまま残していても誤解を最小限にすることができたのですが、2019年で機能提供が終了されてしまっています。

 

動画による情報発信は一発勝負なので、最新の注意を払って実践しないといけません。

「アノテーション」はパソコンで動画視聴する人だけ表示される機能で、スマートフォンでの閲覧が圧倒的に多い現状にあわないことから廃止となりました。

参考:YouTubeのアノテーション機能、2019年1月に表示も終了へ – CNET Japan

視聴者の行動パターンに組み込まないと見られなくなる【YouTubeをメインCMSにするデメリット5】

YouTube動画の視聴者はパターンで動いていることも知っておく必要があります。行動パターンのなかに自分の動画をみてもらう仕組みを構築しないと再生回数が伸びにくいです。

 

YouTuberは21時に自動投稿している人が多いですが、その理由はYouTube動画視聴の一番多い時間が21時とされているためです。

 

21時は一息つく時間帯なのでYouTubeのトップページへ無意識にアクセスする人が多い時間でもあります。

 

21時に合わせて投稿することでトップページのオススメ動画に自分の動画を表示させ視聴回数を稼ぐことができるのです。

 

毎日21時に投稿していると「○○さんは21時に動画を出す」と視聴者が認識するようになり生活パターンに組み込まれます。

 

パターン化を狙って動画をすぐに公開せず21時に予約投稿をしているのです。

テレビ番組が1週間単位で番組構成しているのも生活パターンに組み込ませるためです。生活パターンに組み込ませれば反射的に番組をみるようになるので視聴率が安定的に稼げます。YouTube動画も同様に視聴回数を稼げるのです。

ゲーム実況動画の場合は時間でアップデートが入ったタイミングで動画を出すといったパターンの作り方もアリです。

 

定期的に攻略情報動画を出している人であればアップデートが入ったタイミングで「たぶん動画出しているだろう」と視聴者は考えて告知せずとも視聴者が増えます。

 

逆に視聴者の行動パターンに組み込まないと見られなくなるのです。

 

チャンネル登録者数が多いのに再生回数が少ない動画がある理由は、視聴者の行動パターンに浸透していないことが原因といえます。

 

登録者が増えればOKではありません。視聴者の行動パターンに組み込まれないと再生回数は伸びにくいのがYouTubeの難しいところです。

ブログをCMSとした場合は「必要なときに訪問する・閲覧する」という使われ方をするため活動パターンは気にする必要ありません。

日本人は活字を読むことに抵抗ある人が多いので、ブログ更新を楽しみにしている人はほとんどいないです。

僕自身もYouTubeやTwitterで情報収集して不足分をブログで補うことが多いように思えます。

YouTubeやSNSで満足できなかった人が知識補完の目的でブログ訪問するので、行動パターンよりも深掘り情報に焦点を当てたほうがよいです。

ブログのほうが情報発信の本質を突いた運用になっています。

AI誤判定によるペナルティリスク【YouTubeをメインCMSにするデメリット6】

以前から指摘されていることですが、YouTubeにはNGワードがあり、動画のタイトル・概要欄でNGワードを使うAIによるペナルティを受ける可能性があります。

 

一時期、ライブ配信(生配信)中の発言が原因で放送が強制終了する事件が多発したことがありました。Googleがリモートワークに切り換えて業務の多くをAIに任せるようになった時期で、AI誤判定が原因だったと考えられています。

 

YouTubeではアダルト動画の投稿を禁止しており、間違いなくNGワードにはアダルト系キーワードが含まれているでしょう。

 

ライブ配信(生配信)中にアダルト系キーワードに接触したため誤BANされたという話が多々あるわけです。AI判定導入前は問題なかったことが、AI導入で急にNGとなったため混乱を招くことになりました。

 

YouTubeはもの凄い勢いで毎日増えているわけですから目視によるチェックはできません。よっぽどのことがない限り再び目視中心のチェックに戻る可能性は低いでしょう。

 

AI誤判定によるペナルティリスクを意識して情報発信していくことが必要になりました。

JASRACに登録されている楽曲をBGMに使うと高確率で動画削除されます。YouTubeのAIは音声全般を判定できるとお考えください。

飲食店で流れているBGMをAIが拾って動画削除した事例もあるようです。Googleアシスタントには「近くで流れている曲について調べる」があります。Androidが曲の特定をしたら危ないと考えたほうがよいかもしれません。

サブチャンネルにテスト動画をアップロードして削除されないことを確認してから本動画で使うなどAI誤判定回避の工夫をしているYouTuberもいます。

YouTubeを使って情報発信をしていくなら「コミュニティ ガイドラインの違反警告に関する基礎知識」に目を通しておいたほうがよいです。

参考:コミュニティ ガイドラインの違反警告に関する基礎知識 – YouTube ヘルプ

高いスキルを要求するが他に活かせない【YouTubeをメインCMSにするデメリット7】

YouTubeでの情報発信は高いスキルを要求されるのですが、活かせる場所が限定的すぎて他に活かせないデメリットもあります。

動画作成スキルは他に活かせない

ブログによる情報発信であれば文章を書くことが大前提です。伝わる文章を書くスキルが身につけば書類作成やメール作成がスムーズになるでしょう。タイピング速度も速くなるので生産性向上も期待できます。

 

対してYouTubeに要求される動画作成スキルはどうでしょうか?映像関係の仕事をしていない限り使う場所はないです。

 

クラウドソーシングで動画編集の案件を獲得してやっていくのもアリですが、それでは除法発信ビジネスの趣旨から外れます。

集客特化のスキルは他に活かしにくい

ブログによる情報発信であればキャッシュポイント(収益源)はアフィリエイトになります。商品を販売しなければいけないので集客したうえで販売(セールス)もしていかなければいけません。

 

セールススキルがあれば個人事業者としてやっていくことは可能です。商品を売るコツを知っているわけですから、自分でお金を稼ぐことができます。

 

対してYouTubeはテレビの視聴率と同じで再生回数を稼ぐ「集客特化」です。YouTube視聴者の多くはテレビ番組に飽きた人が代替となる娯楽を求めて視聴していることが多いといえます。

 

YouTubeの視聴者は商品購入を目的に視聴しているわけではないので、情報発信内容はバラエティ番組のようなエンターテイメント重視になりがちです。

 

エンターテイメント性のある情報発信となるとキャッシュポイントがほとんど存在せず、メインは「Google AdSense」のようなクリック課金型の広告になります。

 

「Google AdSense」のようなクリック課金型は物販系と違って「どんなアプローチをしたら商品が売れるか」といった視点がなくセールススキルがまったく身につきません。

 

物販系アフィリエイトや情報商材アフィリエイトなら集客に加えて販売(セールス)まで実践しますので、企業コンサルタントのような仕事を受けることが可能です。セールスなしの「集客特化」は求められません。

YouTuberは動画の再生回数(集客)を気にしていることから数を追いかけないとビジネスは成功しないと勘違いしている人が多いです。

ビジネスには「薄利多売」と「厚利少売」の2種類あります。ダイソーやユニクロのように大量生産して安く売るのが「薄利多売」で、YouTuberも再生回数ありきなため「薄利多売」のビジネスモデルです。

「薄利多売」は資金力がある企業(人)がやって成功するビジネスで、無名の個人事業者がやったら破綻待ったなしとなります。

無名の弱者がやるべきことは「薄利多売」の逆である少ない見込み客から高額の利益を獲得する「厚利少売」です。

セールスができれば集客はそこそこでも成り立ちます。

詳細は下記の記事でご確認ください。

【弱者は厚利少売が基本】ネットビジネスで稼ぎたいなら薄利多売するな!オイスイです。 この記事では【ネットビジネス初心者で稼げていない人】および【ネットビジネス未経験者】向けにビジネスモデル(...

まとめ

YouTubeを情報発信メインCMSにするデメリットは下記の7つです。

  1. 動画編集機材にお金がかかる
  2. 再生回数稼げるジャンルはお金もかかる
  3. 高いレベルの動画編集スキルが必要
  4. 動画投稿後は修正不可能
  5. 視聴者の行動パターンに組み込まないと見られなくなる
  6. AI誤判定によるペナルティリスク
  7. 高いスキルを要求するが他に活かせない

「情報発信の時代はYouTubeだ」という風潮がありますが、お金もかかりますしスキル習得まで時間を要します。

 

苦労して習得したスキルも他に活かすことが難しく、最終的にYouTube内でしか使えないスキルとなることが多いです。

 

YouTubeによる情報発信は「Google AdSense」が利用できるので難しいセールス抜きにして稼ぐことは可能ですが、「Google AdSense」から広告主が離れつつあり報酬単価も下がり気味となっています。

 

大物YouTuberでも広告単価の低下に危機感を示している状況なので、今後情報発信ビジネスにおいて「セールスなし」は考えられません。

 

高いスキルを求められる割に他のビジネスに応用できることが少ないので、初心者が最初に扱うCMSとしてはオススメできないです。

YouTubeと同じく時代がきているSNSも同様にデメリットがあります。SNSを情報発信メインCMSにするデメリットについては下記の記事を参考に。

【2020年版】SNSを情報発信メインCMSにするデメリット(ブログと比較)オイスイです。 この記事は【情報発信ビジネス未経験者】向けにSNSを情報発信メインCMS(コンテンツマネージメントシステム...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。