ネットビジネス未経験者向け

初心者の情報商材アフィリエイト実践で障壁となる3つのデメリット

オイスイです。

 

この記事では「初心者に情報商材アフィリエイトが無理とされる理由【3つのデメリット】」について触れておきたいと思います。

情報商材アフィリエイトは難しいからこそ初心者が得られる9個のメリットオイスイです。 この記事では「初心者が難しい情報商材アフィリエイトに 挑戦して得られる7つのメリット」を紹介します。 ...

上記の記事では初心者・未経験者が情報商材アフィリエイトに挑戦して得られるメリットを紹介しました。

 

情報商材アフィリエイトは難易度が高い手法ですから、実践することによって大幅なスキルアップが見込めます。

 

さらに多くの初心者・未経験者は「難しい」を理由に情報商材アフィリエイトへの参入を拒みますので参入するだけで大きく差を付けることも可能です。

 

ただし、世間一般的な認識の通り情報商材アフィリエイトは難しいため、初心者・未経験者の前には大きな障壁が立ちはだかるのも事実といえるでしょう。

 

初心者・未経験者が情報商材アフィリエイトに挑戦するメリットを紹介する記事を作成したので、公平性を出すため情報商材アフィリエイトのデメリットについても紹介していきます。

初心者の情報商材アフィリエイト実践で障壁となる3つのデメリット

僕オイスイが考えると初心者が情報商材アフィリエイトを実践するときに障壁となる3つのデメリット次の3つ。

  1. 自身の社会的評価を下げることになるかもしれない(デメリットその1)
  2. 売る仕組み構築作業が膨大で挫折しやすい(デメリットその2)
  3. 最初の3ヶ月は報酬が発生しない実質タダ働きを強いられる(デメリットその3)

自身の社会的評価を下げることになるかもしれない(デメリットその1)

情報商材は悪徳商法の一種だと思われているところがあります。情報商材をめぐって過去にいろいろありましたので「情報商材=詐欺」のレッテルが貼られてしまいました。

 

情報商材アフィリエイトを実践することは詐欺に加担する行為と認識されているのも事実です。

 

悪徳商法・詐欺と思われているので

「自身の社会的評価を下げることになるかもしれない」デメリットがあります。

 

かつての情報商材は知る人ぞ知るの存在でした。その流れを大きく変えたのがネオヒルズ族の活躍でしょう。彼らによって情報商材が広く知れ渡りました。

 

ネオヒルズ族の人たちは自分の派手な生活をアピールすることで注目を集め、派手な生活ができるようになったノウハウを販売して大きく稼ぐ循環を作ったのです。

 

しかし、有名になればなるほど値段と内容が見合わないことが徐々に明るみに出始めて、最終的に情報商材は悪徳商法の認識が広まってしまったという流れになります。

 

「情報商材は悪徳商法・詐欺」が強まっているなかで「自分は情報商材アフィリエイトをやっています!」といったら周囲から蔑んだ目でみられるでしょう。

 

情報商材アフィリエイトを実践していなかったころの僕も詐欺で稼いでいると周囲に思われているくらいでしたので、情報商材アフィリエイトを実践していることを知られたらあなたの評価を大きく下げるリスクがあります。

僕はネットビジネスをはじめてから疎遠になった人も多数います。自分を詐欺師と思っているような人と無理に付き合う必要はありません。

ブログで情報発信をしていると同じ方向を向く人と新しい繋がりができます。自分を高く評価してくれる人と新しい人間関係を構築していけばよいのです。

情報商材アフィリエイトに限らずネットビジネス全般的に評判はよくありません。「万人に評価されよう」と考えるならネットビジネス自体に手を出さないほうがよいでしょう。

どんなアフィリエイト手法を実践するにせよ周囲から嫌われても平気な精神力が必要です。

売る仕組み構築作業が膨大で挫折しやすい(デメリットその2)

情報商材は悪徳商法・詐欺の一種だとと思われているわけですから、情報商材を売るためには「怪しい」を払拭していかないといけません。

 

人間はネガティブ思考優位であるため危機回避の能力を身につけ食物連鎖の頂点に立つことができています。疑い深い前提があるため、疑念をひっくり返すのは並大抵のことではないわけです。

 

疑問を持っていることに対してひとつひとつ丁寧に回答していき、最終的に納得した段階で売れるのが情報商材なので売る仕組み構築が欠かせません。

  1. 社会的信用・信頼を築くブログを育てる
  2. 説得力のある商品レビュー
  3. 情報商材につける特典を用意
  4. 怪しさを払拭する教育用メルマガ発行

最低でもこれだけの作業をして仕組みを整えないと稼ぐのは難しいです。

 

「売る仕組み構築作業が膨大で挫折しやすい」デメリットがあります。

 

アフィリエイト初心者・未経験者には

  • Google AdSense
  • ペラサイトアフィリエイト

がオススメされます。

 

なぜこの2つが初心者・未経験者にオススメされるのかというと、仕組みを構築しなくても稼ぐことができるからです。

 

「Google AdSense」はクリックされた段階で報酬が発生します。商品を売る必要が一切ないためアクセスを集めることに集中できます。爆発的なアクセスを集められるキーワードを狙い撃ちしていくだけでOKです。

 

「ペラサイトアフィリエイト」は商標(商品名・サービス名)をメインキーワードとして集客します。商標(商品名・サービス名)でGoogle検索する人は商品を購入する一歩手前の状態の人なので、サイトで最後の一押ししてあげるだけです。

 

情報商材は悪徳商法・詐欺の一種だとと思われているわけですから「Google AdSense」や「ペラサイトアフィリエイト」のように手軽に実践とはいきません。

 

マグレで売れることが基本的にないです。戦略を立ててセールスの仕組みを構築しないと売れることはありません。

 

情報商材が売れるかどうかは購入を検討している人が「納得した、これなら買ってもいいかな」となってくれることが必須となります。

 

「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」では情報商材アフィリエイトは太刀打ちできません。戦略的な仕組み構築が欠かせないので情報商材アフィリエイトは上級者向けといわれているわけです。

 

僕はアフィリエイトを参入から5年以上経過した段階で情報商材アフィリエイトに再挑戦しました。いざはじめてみるとやることがどんどん増えていき膨大な作業量に圧倒された記憶が鮮明に残っています。

 

経験者ですら膨大な作業量に圧倒されたわけですから、初心者・未経験者なら挫折する可能性が高いです。よっぽどの覚悟を決めないと情報商材アフィリエイトは難しいといえます。

売る仕組み構築作業が膨大ですが、毎日コツコツ作業をしていけばいずれ完成します。

情報商材アフィリエイトの鬼門である特典作成でしょう。僕オイスイも特典作成がネックで情報商材アフィリエイト参入を躊躇していたところがあります。

はじめての特典作成は完成まで1ヶ月半かかりましたが、毎日コツコツ作業をしていたら完成していました。

作業が膨大かつ難しいことでも細分化してコツコツ作業していけば、このデメリットは解決できます。

情報商材アフィリエイトは専業として独立できるほど大きく稼げる可能性のあるアフィリエイトです。

「専業として独立できるほど稼いでやる!」と強い意志を持つことも情報商材アフィリエイト実践には欠かせません。

最初の3ヶ月は報酬が発生しない実質タダ働きを強いられる(デメリットその3)

「デメリットその2」では売る仕組み構築が完成するまで作業が膨大であると紹介しましたが、これと連動してやってくるデメリットが初報酬を得るまでの道のりが長いということです。

 

ネットビジネス初心者・未経験者はネットで稼げること自体に疑問を持ちながら実践することになるでしょう。初報酬が遅いと疑念を払拭できませんので悶々としながら作業をすることになります。

 

膨大な作業量に圧倒されることも挫折を生む要因となりますが、稼げるかわからない悶々とした精神状態で作業することも苦痛を伴い挫折の要因となってくるでしょう。

 

初心者・未経験者にオススメされる「Google AdSense」や「ペラサイトアフィリエイト」は実戦開始から早い段階で初報酬が出ます。早い段階で「アフィリエイトは稼げる」を実感することが可能なのです。

 

「アフィリエイトは稼げる」とわかればモチベーションが上がります。悶々としながら作業をする状態からも早い段階で解放されていくでしょう。

 

一方、情報商材アフィリエイトを実践する場合は最初の3ヶ月を下地作り期間と割り切る必要があります。

 

「最初の3ヶ月は報酬が発生しない実質タダ働きを強いられる」デメリットがあるわけです。

 

さらに無慈悲な現実があります。4ヶ月目で初報酬を上げられるのは順調に進んだ場合です。多くの人は4ヶ月目も無報酬となる可能性が高いです。6ヶ月は無報酬を覚悟したほうがよいと考えています。

情報発信ビジネス初心者ブロガーは半年(6ヶ月)無報酬の覚悟が必須!オイスイです。 この記事では【情報発信ビジネス未経験者】及び【情報発信ビジネス初心者】向けに「情報発信ビジネス初心者ブロガ...

情報商材アフィリエイトは大きく稼げる可能性がありますが、挫折を生む魔の期間を乗り越え地道な作業を継続したからこそ得られる未来。初報酬を得るまで実質タダ働きに耐えられるか忍耐勝負になります。

 

僕は情報商材アフィリエイトをはじめてから最初の3ヶ月は社会的信用・信頼を構築するための教育記事作成をしていました。教育記事はレビュー記事のような報酬が発生する記事ではありません。

 

報酬が一切発生しない記事を3ヶ月間ずっと書き続けたわけです。この間は一切報酬が発生しません。タダ働き同然です。

 

タダ働きだけに留まりません。報酬どころかブログへのアクセスも皆無の状態が続いていたのです。

上の画像のようにこのブログは運営開始してから最初の3ヶ月はGoogle検索からのアクセスは皆無でした。
※運営開始は2019年10月31日

 

2020年01月末まで検索結果に表示すらされなかったのでアクセスがなくて当然です。作業をいくらしてもGoogle検索にすら評価されない…アフィリエイト歴5年以上ありますが、これほど自分が無力と感じたことはなかったですね。経験者の僕でも挫折一歩手前までいきました。

 

しかし、挫折をはねのけて作業を続けた結果、2020年01月末になって徐々に検索結果に表示されるように。3ヶ月継続してGoogle検索に評価されてからは徐々にアクセス数を伸ばして現在に至ります。

 

情報商材アフィリエイトは忍耐力勝負の連続です。最初の3ヶ月は報酬が発生しない実質タダ働きを強いられますし、運営しているブログへのアクセスも満足に稼ぐことができません。

 

社会の厳しさを突きつけられることになるでしょう。情報商材アフィリエイト実践は戦略やセールステクニックだけでなく強い忍耐力と継続力も必須スキルなのです。

「実質タダ働き」としたのは一度仕組みが完成して売れるようになればタダ働き期間の労力が報われ不労所得になっていくメリットがあるからです。働かずして報酬を得られる未来が待っているためタダ働きを帳消しにできます。

情報商材は1件成約が出たら売れる仕組みが完成している証拠なので、あとは最低限のメンテナンスを継続するだけで稼ぎが大きくなっていくのが特徴です。

「Google AdSense」や「ペラサイトアフィリエイト」は初報酬までは早いですが、初報酬後も量産を続けないと報酬がどんどん落ちていきます。同じアフィリエイトでも不労所得になりにくい稼ぎ方なのです。

情報商材アフィリエイトは初報酬までは長い道のりですが、初報酬が出た後は最小限の作業でも稼ぎ続けることができますし、向上心があればさらに報酬を伸ばす選択肢もあります。

情報商材アフィリエイトは「将来を見越した行動」のできる人には最適です。逆に目先の利益を追う人は初報酬までが遅いので向いていません。

「情報商材アフィリエイトは難しい」は通用しない時代になった

「情報商材アフィリエイトは初心者に難しい」が通用しない3つの理由オイスイです。 この記事では「情報商材アフィリエイトは初心者に難しい」が通用しない3つの理由を解説していきます。 ...

僕が初心者・未経験者に情報商材アフィリエイトをオススメする理由は2020年現在のアフィリエイトをとりまく環境が大きく変わってきている背景もあります。

 

おそらく2020年以降はより強く紹介する流れとなっていくはずなので、初心者・未経験者にオススメされている

  • Google AdSense
  • ペラサイトアフィリエイト

を中心に実践している人には今後について考えていただきたいです。

 

2020年現在、企業が本格的にアフィリエイト参入してきている状態で個人アフィリエイターが稼げる範囲がどんどん狭くなっています。

 

これまでアフィリエイトで稼げる鉄板ジャンルだった医療・健康ジャンル(健康サプリメントなど)は2017年12月に実施された医療・健康アップデートで壊滅しました。

 

医療・健康アップデートはアフィリエイターが自分だけ稼げればよいという考えから誤った情報をウェブサイトの読者に与えて購入させていたことが問題視されていたので実施されたモノです。

 

得体の知れない情報発信者であるアフィリエイターよりも身元を明らかにしている企業の公式サイトを優先的に検索結果に表示するように対策を施した結果、医療・健康ジャンルで稼いでいたアフィリエイターは引退に追い込まれることになりました。

 

アフィリエイトはGoogle検索からの集客が要です。Google検索は医療・健康アップデートや範囲を拡大したYMYLアップデートの実施により身元がはっきりしている企業を優先的に表示させアクセスを流すようにしています。

 

企業がアフィリエイトに参入する流れは年々強まっています。企業が運営するウェブサイトと競合した場合、圧倒的に不利な状況に追い込まれる可能性が高いです。

 

企業が参入せず稼いでいるジャンルを攻めていくのが得策といえます。

情報商材アフィリエイトは企業が参入してこない

企業のアフィリエイト参入の流れは強まっていますが、情報商材アフィリエイトについてはほとんど参入事例がありません。

 

情報商材は先ほども紹介したように悪徳商法・9割が詐欺といわれていますので、世間体を気にする企業としてはできるだけ扱いたくないジャンルなわけです。

 

情報商材アフィリエイトはアフィリエイト手法のなかでも最高難易度なのは間違いありません。

  1. 社会的信用・信頼を築くブログを育てる
  2. 説得力のある商品レビュー
  3. 情報商材につける特典を用意
  4. 怪しさを払拭する教育用メルマガ発行

これらの仕組みを整えていかないと売ることが難しいので初心者・未経験者がとっつきにくいのはわかります。

 

それに上記4つの仕組みを構築できるアフィリエイターは実力者ですからライバルとしても強豪です。初心者・未経験者が怯んでしまうのも頷けます。

 

企業のアフィリエイト参入が本格化していない5年前であれば情報商材アフィリエイトを初心者にオススメするのはナンセンスという考えも理解できます。僕も最初に情報商材アフィリエイトに参入して挫折したのでオススメしなかったでしょう。

 

しかし、企業を相手に戦うことが強いられる2020年現在においては「情報商材愛フィリエイトは難しい」ともいってられません。企業との競合を避けようと考えたら情報商材アフィリエイトが最適な選択肢になってくるのです。

情報商材アフィリエイターは卒業していく

情報商材アフィリエイト実践者は上のステージであるウェブマーケッター・ウェブコンサルタントとして活動するようになっていきます。

 

情報商材アフィリエイターはステップアップしていくので後発組にも参入の余地があるわけです。決して後発組が不利というわけではありません。僕は2012年にアフィリエイトに参入したのですが当時すでに後発組扱いでした。

 

僕が初心者・未経験者にオススメという理由で「Google AdSense」や「ペラサイトアフィリエイト」を実践している間に、難易度の高い情報商材アフィリエイトに参入して成功した人は僕よりも稼げるようになっています。

 

僕が過去にお世話になったメンター(先生)で情報商材アフィリエイトから引退してウェブマーケッター・ウェブコンサルタントとして活動にシフトした人も多いです。

 

情報商材アフィリエイトは先発組の入れ替わりがあるので後発組が不利とはいえません。

情報商材アフィリエイトは時間をかければ初心者でもできる

情報商材は悪徳商法・9割が詐欺といわれるほど社会的信用がありません。売る側も騙す目的でやっている人もいるわけですから、販売者やアフィリエイター(紹介者)がどれだけ信用できるかで成約が決まります。

 

情報読者と社会的信用・信頼を構築するのが大前提になるため、先発組が必ずしも有利とは言い切れません。「信用できる」と判断する基準は人それぞれといえます。同じ情報商材を扱っていても購入先が分散するのは購入の信用の決め手が人それぞれだからです。

 

情報商材アフィリエイトは情報発信者(アフィリエイター)が信頼できるかどうかで売れる売れないが決まります。

 

信頼を築き上げるのは時間がかかりますので継続できるかどうかがカギです。読者と社会的信用・信頼を構築していけば自然と稼げるようになります。

 

情報商材以外はマグレで稼げるほうが多いですが、情報商材はマグレで売れることが珍しいです。自分の実践したことが確実に積み上がって最終的に稼ぎになっていくので、やりがいはあるアフィリエイトです。

初心者・未経験者に情報商材アフィリエイト参入する場合は下記の記事も参考にしてみてください。後発組が不利ではありませんが正しい戦略で進めていかないと先発組のいるなかで生き残っていくのは難しいです。

情報発信ビジネスで後発組不利とならないために実施すべき3つの戦略オイスイです。 この記事では【後発組で情報発信に躊躇している未経験者】向けに後発組がとるべき3つの戦略について紹介していき...

まとめ

情報商材アフィリエイトが初心者に無理とされるデメリットは下記の3つ。

  1. 悪徳商法の一種だとと思われている(デメリットその1)
  2. 初報酬を得るまでにやることが多大(デメリットその2)
  3. 初報酬を得るまでのタダ働き期間が長い・忍耐勝負(デメリットその3)

情報商材は世間的に評判が悪く悪徳商法の一種だとされている風潮があります。実際に詐欺情報商材も多いので間違ってはいません。

 

商品自体に悪のレッテルを貼られているので売るのが難しいです。いざアフィリエイトするとなるとやることが膨大なので初心者・未経験者にには荷が重いかもしれません。

 

さらに下地作り期間が最低でも3ヶ月は必要です。最初の3ヶ月は無報酬で働かないといけないため忍耐勝負となることは間違いありません。

 

情報商材アフィリエイトには報酬単価が高く大きく稼げる可能性があるジャンルではありますが、ネットビジネスで稼げるか疑問を抱く初心者にとっては初報酬を得るまでデメリットが複数存在します。

 

このデメリットを考慮して情報商材アフィリエイトは初心者に無理とされているわけです。

初心者・未経験者が情報商材アフィリエイトを実践しないことによって情報販売・情報商材アフィリエイトする側にも都合がよい裏事情があるのも事実です。

裏事情については下記の記事をご覧ください。

情報商材アフィリエイト【初心者の実践は無理】に隠された裏事情を暴露オイスイです。 この記事では情報商材アフィリエイトが「初心者の実践は無理」とされるに隠された裏事情について暴露していきます...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。