ネットビジネス未経験者向け

ネットビジネス初心者の勘違いが情報商材詐欺の落とし穴に嵌まる原因

オイスイです。

 

この記事では「ネットビジネス初心者の勘違いが情報商材詐欺の落とし穴に嵌まる原因」について解説します。

 

世間的に情報商材は悪徳商法の一種という認識があり、決して評判のよい商品ではありません。

【情報商材の9割が詐欺】それでも騙される人が絶えない理由・仕組み【オイスイの見解】オイスイです。 この記事では「【情報商材の9割が詐欺】それでも騙される人が絶えない理由・仕組み」について僕オイスイの考えを...

実際に情報商材の9割は詐欺といわれており、僕も同じ認識をしています。

 

詐欺といわれるからには購入者がいるということです。詐欺とわかっていながら人はなぜ情報商材を手にしてしまうのか?

 

ネットビジネス初心者に詐欺の落とし穴に嵌まる原因があるからです。

 

振り込め詐欺のように明らかに騙すほうが悪いケースもありますが、情報商材の詐欺については騙される側の落ち度に問題があることが多いといえます。

 

情報商材の詐欺は防ごうとすれば防げるのですが、儲け話に目がくらんで片手間に楽してお金を手にしようと金銭欲が暴走するため騙されるのです。

 

情報商材の詐欺から護身するためには情報商材がどのようなモノかを把握しなければいけません。情報商材を勘違いしているため詐欺の落とし穴に嵌まるのです。

ネットビジネス初心者が情報商材にしている勘違い(詐欺の落とし穴に嵌まる原因)

大前提として情報商材詐欺に引っかかっている人の多くはネットビジネス初心者です。

 

ネットビジネス未経験者は無料の情報でネットビジネスをはじめる人が多いため、あまり情報商材詐欺に引っかかることはありません。

 

実際にネットビジネスに参入して「なかなか稼げない」となった段階で情報商材詐欺の落とし穴に嵌まっていくのです。無料の情報で満足できないため有料情報を求めるようになるのは自然な流れでしょう。

 

ネットビジネスの成功体験談をみると数ヶ月で本業の収入の何倍もの稼ぎを手にして、独立起業して自由な生活を手にしたというのが定番です。

 

ネットビジネスはギャンブルや宝くじの一攫千金のようにお金を手にできるという認識を持っている人が本当に多いといえます。僕もネットビジネスの話を聞かれることが多いですが、一攫千金を狙っているという印象を持たれますね。

 

短期間で爆発的に稼いだ成功者がネットビジネスの教材を販売したらどうでしょうか?ネットビジネス初心者なら「一攫千金の裏技が書かれていそう」と錯覚するでしょう。この認識が大間違いで、詐欺の落とし穴に嵌まる入り口となるのです。

仮面ブロガーズプラスでオイスイが価値を感じたノウハウ5選(番外プラス1)オイスイです。 この記事では僕が推奨している仮面ブロガーズプラスで価値を感じたノウハウ5選(番外プラス1)を紹介します。 ...

僕オイスイはネットビジネス初心者・未経験者に「仮面ブロガーズプラス」という教材をオススメしています。値段は20万円と高いですが、稼ぐための王道中の王道しか解説されていない教材です。

 

裏技は一切出てきません。20万円出しても「最初の3ヶ月は下地作り期間、地道な努力を継続しましょう」を力説したノウハウしか手に入らないのです。「裏技で稼げる」という風潮に一矢報いた内容の教材となっています。

 

100万円で販売されている情報商材を手にしたとしても短期間で大成功をおさめることはできません。

 

情報商材は一攫千金の裏技を伝授するためのモノではないです。一攫千金の裏技を匂わす紹介文だったら詐欺を疑ってください。

 

もし一攫千金の裏技が存在するとしたら他人に教えるなんてことはしません。暴露したらライバルが増えるため自分が稼げなくなるリスクがあります。自分だけの秘密にしておくはずです。

 

最初から情報商材を悪用して自分だけ稼ごうという魂胆が見え見えなわけです。しかし、詐欺師はプロダクトローンチを悪用して無知な初心者に対して「裏技を駆使したら短期間で大きく稼げる」と教育(洗脳)を施して購入ボタンを押すよう仕掛けてきます。

 

片手間に楽してお金を得られないと誰もが共通認識として持っているはずですが、詐欺師は「もしかしたら」という認識を受け付けるためにあの手この手と使ってきます。徐々に「もしかしたら」が膨らんでいき、最終的に「裏技は存在する」となって購入してしまうわけです。

オイスイがノウハウコレクターを脱出できた理由を話そうオイスイです。 この記事では僕がノウハウコレクターを脱出できた理由についてお話していきます。 僕はノウハウコ...

僕オイスイも情報商材を買いあさるノウハウコレクターでした。恥ずかしいことにずっと情報商材を「裏技が書かれた教科書」と思っていました。情報商材を売る側の手口に嵌められていわたわけです。

 

しかし、仮面ブロガーズプラスを手にして「裏技は存在しない」と悟りました。

 

20万円払って「最初の3ヶ月は下地作り期間、地道な努力を継続しましょう」という内容ですから…。いくらお金を積んでも裏技を手にすることはできないと嫌でも気づきます。

 

情報商材は秘匿性が高く値段も高いため一見すると「一攫千金の裏技が書かれていそう」と思ってしまいますが、一攫千金の裏技が書かれていることはないでしょう。

 

「裏技は存在する」と勘違いして購入し落胆したネットビジネス初心者が膨大な数いるので情報商材の9割が詐欺となっているのです。本当に裏技が書かれているなら9割詐欺なんて悪評は立ちません。

【情報商材の9割が詐欺】それでも騙される人が絶えない理由・仕組み【オイスイの見解】オイスイです。 この記事では「【情報商材の9割が詐欺】それでも騙される人が絶えない理由・仕組み」について僕オイスイの考えを...

20万円出しても「最初の3ヶ月は下地作り期間、地道な努力を継続しましょう」となれば仮面ブロガーズプラスも詐欺と認識されてしまうかもしれないので補足です。

たしかに僕も購入当初は「騙された」という感想を持ちましたが、実践していくうちに徐々に「仮面ブロガーズプラスの本当の価値」に気づきました。

仮面ブロガーズプラスの本当の価値についてはレビュー記事で触れておりますのでチェックしてみてください。どこに20万円の価値があるか解説しています。

仮面ブロガーズプラスは2021年以降も稼げるが欠点も…【特典付きレビュー】 オイスイです。 この記事では知る人ぞ知るブログ構築王道のオンラインスクール(教材・塾)仮面ブロガーズプラスのレ...

ネットビジネス初心者が知っておきたいベストエフォートの落とし穴

ビジネスの世界にはベストエフォートというモノがあります。

ベストエフォート(英語: best effort、最善努力)とは、最大の結果を得られるよう努力することをいう。通常、委任契約等における受任者の負うべき義務を規定する場合に使われる用語で、そのような努力がなされないときは債務不履行責任を負うものの、そのような努力がなされたうえは、結果に対する責任を負わないことを定める際に用いられる。

コンピュータのベストエフォートとは、利用者の操作によるデータの要求が、システムが処理できる量を超えても明示的なエラーの通知も再処理もしない方式を意味する技術用語である。通常、能力を超えたパケット通信要求は破棄される。

出典:ベストエフォート – Wikipedia

ベストエフォートとは「最善努力はするけど結果は保証しないよ」ということです。

 

最近はモバイルネットワークを使って動画のような通信容量が大量に必要なコンテンツを利用する人が増えています。固定回線を契約せずWi-Fiを使わない人がいるくらいですからね。

 

新しい格安SIMの会社は毎年のように誕生しており、大容量の通信を必要とする人が多いことから「大容量高速通信を低価格で提供」がコンセプトになっています。

 

それに釣られて実際契約してみると、広告されている通信速度の半分以下しか出ないということがほとんどです。

 

当然ですが格安SIMを提供している会社にクレームが行くのですが、ここでいわれるのが「あくまで通信速度はベストエフォートなので…」というテンプレート回答。

 

広告されている通信速度はウソではありません。おそらく利用者がまったくないテスト段階で出た最大の速度を掲載しているはずです。だからスペック的にはなんら間違っていません。

 

間違っていないけど正しくもない。

 

ビジネスの世界では絶対の約束をしません。ほぼすべてがベストエフォートで成り立っているわけです。

情報商材の実績もベストエフォート

情報商材でもベストエフォートによって成り立っています。販売者の考え方にもよるので一概にはいえませんがベストエフォートの考え方のほうが多いです。

 

学校や資格の試験でも人によって点数はバラバラになりますね。これは人によって向き・不向きがあるからに他なりません。

 

ネットビジネスは事業経営なので得意・不得意が出ます。就職活動のときも自己分析をして自分の向き・不向きを探りますよね。

 

情報商材を購入して実践しても向き不向きによって結果が全然変わってくることが珍しくないわけです。これがビジネスの世界の大前提としてあります。

 

情報商材を販売する側も購入者全員が成功して欲しいとは考えていません。100人の購入者がいたら1人くらい成功できれば御の字くらいのつもりで作成しています。

 

仮に3ヶ月で100万円を実現した人が1人出たとしたら、情報商材の販売者は3ヶ月で100万円を稼がせた実績となりますから、新しい情報商材を出すときリニューアルして「3ヶ月で100万円を稼げるノウハウを伝授」と打ち出すことが可能です。

 

しかし、情報商材を購入する側は「この教材を購入したら自分は成功できる」と考えているでしょう。成功できなかった人は「騙された!詐欺だ!」となります。

 

就職活動をするときも自己分析をして自分の適性を調べたうえで就職試験を受けるはずです。ビジネスは向き・不向きがモノをいうので向かないことをいくら頑張っても報われることはありません。

ある程度実践して「自分には向いていない」と判断して次の行動に移す人のほうが成功するのです。ユニクロの創業者である柳井正さんは「一勝九敗」という自叙伝を出されています。

 

世界成功者でさえ成功率は10%しかありません。残りの90%は「向いていない」と見切りを付け捨ててきているわけです。これがビジネスの世界では常識なので、100%の成功を保証してくれることはありません。

 

情報商材の販売もビジネスですからベストエフォートで作成されていてもおかしくないのです。

 

経営者として振る舞うようになるとビジネスはベストエフォートで成り立っていることに徐々に気づいてくるのですが、事業経営経験のない人はベストエフォートでまわっている前提を知らないため情報商材を「裏技が書かれた教科書」みたいな認識でいます。

 

情報商材はベストエフォートです。全員が成功する前提で作られていません。これが情報商材の現実です。

情報商材は再現性や詐欺の立証が難しい

ベストエフォートと言い張ればなんでも許されるのかといったら、そうではありません。再現性がゼロ%であったら意図的に騙そうとしていることが立証できますので詐欺です。

 

情報商材でも詐欺事件として逮捕者が出る事例も出てきました。そういう情報商材は「毎月○○円口座に振り込まれる」といった確実性をアピールしながら、実際には口座残高は増えないもしくは減るといったことになっています。

 

できもしないことをできるように装って購入させているため詐欺として刑事事件にすることができ逮捕に繋がっているわけです。

 

しかし、再現性ゼロ%の立証も容易くありません。

 

情報商材を作成するインフォプレナーは「100人の購入者がいたら1人くらい成功できれば御の字」を大前提に作成しますが、実際に販売してみると5人くらいは成功者を出すモノです。一人でも成功者が出てしまえば再現性ゼロ%と断定することが難しくなります。

 

詐欺情報商材の場合はサクラを用意して意図的に成功体験をでっち上げるため詐欺を立証するのはハードルがもの凄く高いです。

 

最終的に「稼げなかったあなたがのやり方が悪い」と結論づけられて終わります。初心者・未経験者はベストエフォートの落とし穴の存在を知らないため、泣き寝入りするしかないのです。

株・FX・仮想通貨など金融商品投資系は詐欺情報商材のオンパレード

情報商材の9割が詐欺に当てはまる立証が難しい要注意ジャンル5選オイスイです。 この記事では情報商材の9割が詐欺に当てはまる立証が難しい要注意ジャンル5選について触れます。 htt...

詐欺情報商材が圧倒的に多いのが株・FX・仮想通貨など投資で稼ぐ系の情報商材です。

 

僕のメールボックスにはどこかからアドレスが漏れ出してスパムメールが大量に届きます。スパムメールの大半が株・FX・仮想通貨など金融商品投資系なのですが、なぜ金融商品投資系に詐欺情報商材が多いのか?

 

「詐欺の立証が難しい」を悪用しやすいからです。「経済」という生き物を相手にしているので「相場が不調期」といえば言い逃れができます。

 

僕もFXの投資をしたことがありますが、株・FX・仮想通貨は条件が揃うとあっという間に大金を稼ぐことが可能です。逆に条件が悪いとあっという間に大金を失うことだってあります。

 

FXに限った話をすると、日本ではドル円のトレードが一般的です。よってドル円のポジションを持っている人が多いわけですが、2020年現在のアメリカ大統領はトランプさん。Twitterなどで爆弾発言を繰り返しニュースでよく話題になります。

 

為替相場はトランプ大統領のツイートにも敏感に反応して相場が乱高下することがあるわけです。

 

FXは知識と経験がないと勝つことが難しいため初心者・未経験者は安易に自動売買ツール(EA)に手を出しがちです。
※パソコン上で動くツールはプログラムなので情報商材として扱われる

FX自動売買ツール(EA)の相場は数十万円です。FXは投資なので事前にまとまった資金が必要になります。お金を持っている人が集まる傾向にあるため詐欺師にとってはちょうどよいカモになるので金融商品投資系の詐欺が多いというのも理由です。

FXの自動売買ツール(EA)を購入して稼ぐ情報商材を購入して実践していたとしましょう。トランプ大統領が爆弾発言をして為替相場が大きく動き大損したとします。

 

これは自動売買ツール(EA)からしたら「予測不能・想定外の出来事」として処理されてしまうため損した責任追及ができないのです。

 

さらに初心者・未経験者は知識がないため「予測不能・想定外の出来事」といわれたら反論できません。詐欺を立証することすらできず泣き寝入りすることになるのです。

 

株・FX・仮想通貨など金融商品投資系は情報商材はグレーゾーンを攻めることが容易にできるので、いかようにでも言い逃れできますから詐欺が横行しています。

有料noteやBrainなどでも「立証が難しい」悪用が横行

最近は有料noteやBrainなど情報商材・電子書籍を販売して稼いでいる人もグレーゾーンを攻めていることがあります。

 

従来の情報商材はASPのinfotopに登録するなど販売開始まで非常に手間がかかったのですが、いまは有料noteやBrainのサービスは手間をかけず情報販売ができるプラットフォームが登場して気軽に情報販売ができるようになりました。

 

「情報商材は詐欺の立証が難しい」を悪用して有料noteやBrainなど情報商材・電子書籍を販売して稼ぐパターンも目に付くようになってきたのです。

的を射ていると思ったツイートがあったので紹介します。仕組みは先ほどの金融商品投資系情報商材と同じで再現性はないけれど100人のうち5人成功しているのでウソでもないグレーゾーンを攻めるということ。

 

100人集めて全員稼げなければ詐欺ですが、5人成功しているため詐欺を立証するのが難しいのです。

 

最悪の場合はツイートにあるように稼げていないのに稼げているように装っている人もいるから質が悪いといえます。稼いだ金額を証拠としてスクリーンショットを公開しているが、実際はソースコードを改変して金額を偽装している場合があるのです。

 

ソースコードを改変して金額を偽装するテクニックは知られていますが、偽装しているかどうかを立証することも難しいといえます。真相を知っているのは本人だけです。

 

情報商材アフィリエイトを実践していたらこういった裏事情は徐々にみえてきます。情報商材アフィリエイトをしていないと相手の手の内がわからないまま踊らせれることになるのです。

情報商材は詐欺の立証が難しいことを悪用して稼いでいる事実をネットビジネス初心者・未経験者に知られては困るため初心者・未経験者に情報商材アフィリエイトが推奨されない裏事情があります。

「不当景品類及び不当表示防止法」に接触したら情報商材詐欺事件が成立(消費者センターに相談)

情報商材の詐欺立証は難しいため多くの場合は泣き寝入りするしかありません。裁判をしたとしても勝てる見込みはないでしょう。

 

では、情報商材の詐欺にまき揉まれたら100%泣き寝入りすることになってしまうのかというと、決してそうではありません。

 

消費者を守る「不当景品類及び不当表示防止法」という法律もあるわけです。

事業者(メーカー、販売・サービス業者)は売上・利益の増大のために、各種広告等における自らの商品・サービスの表示(商品名、キャッチコピー、説明文、写真・イラストなど)を消費者にとって魅力的なものにしようと考えている。また販売にあたって景品類(賞金や賞品など)をつけることもある。しかし、その表示が不当(虚偽・誇大)だったり、景品類が過大だったりすると、公正な競争が阻害され、消費者の適正な商品・サービスの選択に悪影響を及ぼす。

景品表示法は不当な表示や過大な景品類を規制し、公正な競争を確保することにより、消費者が適正に商品・サービスを選択できる環境を守ることを目的としている。

出典:不当景品類及び不当表示防止法 – Wikipedia

詐欺情報商材のなかには売ることを最優先に考えて完全にブラックな表現を使っていることも珍しくありません。

 

完全なブラックの表現があれば詐欺事件として立証することが可能です。詐欺に巻き込まれたら泣き寝入りせずダメ元でも証拠を揃えて消費者センターに相談するとよいでしょう。

画像は僕のところに届く無料オファーのメールの一部です。
※無料オファーは無料情報を小出しにして最終的に高額の情報商材購入へ誘導される

 

赤枠で囲んでいるのメールのタイトルには「毎日15万円もらうことができる」と金額を含めて断定していますね。

「1分ごとに5万円、10万円、15万円入金されています!」のほうは自分の口座に振り込まれている状況を作れば、購入者が勘違いしたと言い逃れができそうです。騙す目的がみえみえなので詐欺情報商材となると思いますが。

ビジネスの約束をするときは断定表現を安易に使ってはいけません。「絶対できる」といいながらできなかった場合、損害賠償を請求される可能性があるからです。

 

この断定表現は詐欺事件の立証にも使えることがわかっています。

出典:情報商材詐欺 男を新たに逮捕 大阪府警 – 産経ニュース

「GIFTプロジェクト」という情報商材をめぐって詐欺容疑で逮捕された事例があります。「毎月10万円以上配布している」とウソの断定表現を使ったメールを送付し詐欺行為をしていました。ウソの断定表現が立証できれば詐欺事件に発展するわけです。

緑枠のほうはグレーゾーンかなと思います。「目指せる」や金額の指定をしていませんから誇大広告には該当しないでしょう。グレーゾーンを熟知した人が文言を考えているとみられます。

 

このようにあからさまに騙す目的であることが立証できれば詐欺事件として扱われます。詐欺情報商材は大量販売されることが多いので被害者も多いです。

 

被害者が多いと警察も動きやすいですから、詐欺に巻き込まれたと考えたら消費者センターに相談してみることをオススメします。
※「GIFTプロジェクト」は6800人の被害者と膨大な数だったため逮捕に至ったとみられる

ネットビジネス情報商材で【すぐ稼げる】とあれば詐欺を疑え!オイスイです。 この記事ではネットビジネス教材で「すぐ稼げる」とうたう情報商材は詐欺を疑ったほうがよい理由を解説していきま...

情報商材がすべて詐欺ではない!オイスイがオススメする情報商材【仮面ブロガーズプラス】

情報商材の9割は詐欺といわれています。僕のメールボックスにも明らかに詐欺と思われる無料オファーが届くので9割が詐欺というのも大げさではないと考えています。

 

しかし、

裏を返せば1割は優良情報商材であることも意味します!

仮面ブロガーズプラスは2021年以降も稼げるが欠点も…【特典付きレビュー】 オイスイです。 この記事では知る人ぞ知るブログ構築王道のオンラインスクール(教材・塾)仮面ブロガーズプラスのレ...

僕のオススメしている情報商材「仮面ブロガーズプラス」は優良情報商材です。

僕は仮面ブロガーズプラスに2019年06月から参加してかれこれ1年以上継続しています。

 

このブログは仮面ブロガーズプラスを実践している場なので長期継続できていることがおわかりいただけるでしょう。僕はアフィリエイト歴が5年以上あるので詐欺情報商材とわかったらすぐに実践を中止します。

優良情報商材の選び方については下記の記事で触れております。なぜ仮面ブロガーズプラスが優良情報商材と太鼓判を押すのか知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

ネットビジネスNG情報商材見分け方【最新2020年以降】7つの基準オイスイです。 この記事では「ネットビジネスNG情報商材見分け方【最新2020年以降】7つの基準」について紹介します。 ...

まとめ

情報商材で詐欺が多い理由はビジネスはベストエフォートで成り立っている前提があるからです。情報商材であれば「100人購入者がいたら1人くらい成功者が出るだろう」という前提で作られています。

 

ビジネスの世界には確実性がないため「100人購入者がいたら1人くらい成功者が出るだろう」でも問題ないわけです。100人中1人しか成功しない前提で作っても前向きに取り組む人をたくさん集めれば成功者を多く出すことになります。

 

情報商材の善し悪しを決めるのは購入者次第なところがあるわけです。

僕のオススメしている情報商材「仮面ブロガーズプラス」はビジネス意識の低い人が購入しないように仕掛けられているので成功者が多く出ています。

事業経営における成功率は10%以下です。10個行動を起こしたら1個しか当たるか当たらないかの世界。情報商材も全員が全員成功できるなんて端から考えていないのです。

 

購入者の立場なら100人中1人しか成功しないと最初からわかっていたら購入することはなかったでしょう。購入者からみたら詐欺と思われても仕方がありません。

 

情報商材で詐欺が多い理由はビジネスに対する認識の違いが生んでいるわけです。

 

さらにネットビジネス初心者・未経験者は知識がないため詐欺であることの立証が難しいです。100人中全員が再現できなければ詐欺となりますが1人でも成功者を出せば詐欺の立証が難しくなります。

 

100人中1人しか成功できないことを全員が成功できるとネットビジネス初心者・未経験者に錯覚させて詐欺の落とし穴に嵌められるのです。

 

ビジネスはベストエフォートで成り立っている前提があればネットビジネス初心者・未経験者であっても詐欺情報商材の被害にあうことはないでしょう。カンタンにお金を稼ぐことはできないと認識していれば落とし穴に嵌まらないのです。

 

しかし、ビジネスの成り立ちを知らないが為に詐欺に踊らされてホイホイ情報商材を購入してしまうのです。詐欺に巻き込まれないためには「彼を知り己を知れば百戦殆からず」のように相手の手の内を知るしかありません。

僕オイスイはネットビジネス初心者・未経験者にアフィリエイト最高難易度である情報商材アフィリエイトをオススメしています。

理由は複数ありますが、そのうちの1つは「彼を知り己を知れば百戦殆からず」ができるので詐欺情報商材を掴まされるリスクを下げることが可能だからです。

情報商材アフィリエイトは難しいからこそ初心者が得られる9個のメリットオイスイです。 この記事では「初心者が難しい情報商材アフィリエイトに 挑戦して得られる7つのメリット」を紹介します。 ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。