ネット副業を教える怪しい案件(高額塾・情報商材)が次々売れてしまうカラクリ暴露

情報商材

オイスイです。

 

インターネット上には
怪しいお金儲けの教材がたくさんありますね。

 

  • 1日5分のスマートフォン操作だけで30万円稼げる
  • パソコンを使いクリックするだけで毎日100万円稼げる
  • 再現性100%で知識も努力も不要なビジネス

 

こういった誘い文句を一度は
目にしたことがあるはずです。

 

僕のブログではそういった
怪しいネット副業案件を検証していますので
いろいろ読んでいただけるとイメージが
湧きやすいかもしれません。

 

こういった胡散臭い儲け話は
「そんなウマい話あるか!
誰が信じるんだそんな話」
と誰もが思うことになるでしょう。

 

しかし、
そんなウマい話を信じて最終的に
ネット副業を教える高額塾や教材に
お金を払ってしまう人がいます。

 

そして
ネット副業を教える怪しい高額塾・
情報商材の販売者がボロ儲けしているのが
現実なのですね…

 

その証拠に
価格50万円近くする怪しいネット副業の案件
(高額塾や教材)が毎月のように出現しています。

 

怪しいとわかっている商品にも関わらず
次から次へと売れてしまうのか?

 

実はここには人間心理を揺さぶって
お金を出させてしまう仕掛けがあるのです。

 

そのカラクリを暴露していきますので
もし紹介している内容の兆候がみられたら
洗脳して買わせるテクニックが使われている
可能性があるので要注意です!

次々売れるカラクリはプロダクトローンチ

中身スカスカの商品でも売れてしまうプロダクトローンチとはどんなものか学ぼう!
オイスイです。 ネットビジネスをはじめると 「プロダクトローンチ」という言葉を 耳にする機会があると思います。 僕も知識のなかったころは「なにそれ?」 という感じでプロダクトローンチにハマり お金を払い続...

プロダクトローンチとは
上記の記事でも詳しく解説していますが、

 

ざっくりいうと売りたい商品を大々的に
アピールして爆発的に売る方法(テクニック)です。

 

まず大前提としてこの記事で中心としている
ネット副業を教える案件(高額塾・情報商材)は
知名度がまったくありません。

 

実際に日本では終身雇用の価値観から
国家的に副業の実践が禁止されており
多くの企業も国家方針に従って副業を
禁止していました。

 

ですから自分でお金を稼ぐことに対して
ネガティブな人が多く人前でお金の話を
することさえタブーとされていたのです。

 

そんな風潮のある日本なので
ネット副業を教える案件(高額塾・情報商材)は
完全に裏側の社会にある存在でネガティブな
印象を持たれやすく表に出にくい状況にあります。

 

もちろん2018年に国家的に副業が解禁され
大手企業を中心に副業解禁の流れができて
自分でお金を稼ぐことに目覚めた人は
増え続けている状況です。

 

しかし、それもごく一部の層でしかなく
マスメディアなどを使って大々的にアピールしても

  • なんとなく怪しそうな雰囲気がする
  • そんな胡散臭い話を誰が信じるんだ
  • ウマい話には裏がある

と近寄ろうとしない心理が働き
仮にテレビCMや番組を使ってアピールしても
お客さんは狙ったように動きません。

 

この知名度の低さと心理的なハードルが原因で
ネット副業を教える案件(高額塾・情報商材)は
世間一般的に行われている
商品販売戦略が通用しないのです。

 

そこで活用されるのがプロダクトローンチ。

 

お客さんは社会の風潮や心理的ハードルが
原因となって近寄ろうとしなかったり
購入に踏み切れなかったりしています。

 

そうであれば

  • 売り込みたい商品に興味を持たせる
  • 興味を惹き付け購入するよう仕向ける
  • 最終的に商品を売り込み購入させる

このような流れを作ってあげれば
徐々にハードルが下がっていき
商品が爆発的に売れることになるわけです。

 

人が商品を購入しないのは
「本当に満足できるのか?」
という疑問が晴れないからです。

 

ネット副業を教える案件(高額塾・情報商材)は
怪しいと思われやすい商品なので
しっかりと怪しさを取り除くかないと売れません。

 

プロダクトローンチとは
購入へのハードルを下げ
心理的なブレーキを外していき
売りに繋げるテクニックです。

 

少しずつ怪しさを取り除いて
もらうよう仕向けていき、

 

完全に怪しさを取り除いた時点で
商品を売り込むことで
最終的に爆発的に売れる
カラクリになります。

「興味を惹き付け購入するよう仕向ける」がセールスのキモ

プロダクトローンチのキモとなるのは2番目の
「興味を持った人を購入するよう仕向ける」
です。

 

日本は不景気で皆財布の紐が堅い状況。

 

バブル時代のように人が
お金を有り余るほど持っているときであれば
不特定多数にアプローチしてもそれなりに
商品を売ることは可能でしょう。

 

しかし現在は皆お金を持っておらず
本当に必要とするものに絞って購入しますので
不特定多数へのアピールは効果的でありません。

 

訪問販売では出会ってから
不特定多数向けの説明を少ししただけで
「買ってください」とやっています。

 

結果はすでにわかりかと思いますが
ほとんど成果が出ていないわけですね。

 

興味のない人に声がけしても
相手に迷惑がられるだけで
まともに相手してもらえません。

 

こんな強引なセールスを仕掛けても
売れるはずがないのです。

 

ただ、興味のない人でも実は
ある方法を使うことで意図的に興味を
持たせて購入に向かわせる戦術があります。

 

興味を持った人を誘導する戦術として
使われるのが「引き延ばし作戦」です。

 

引き延ばし作戦とは本来1回で全部説明
できるような内容であっても
わざと10回などに分割して情報を小出しにして
伝えていくセールスの戦術となります。

 

心理学の世界にはザイオンズ効果というものがあり
マーケティング業界でもよく使われるものです。

 

一番わかりやすい例はテレビCMでしょう。

 

最初は何気なくみていたCMでも何度も
みているうちにその商品に対して興味が湧き
最終的に購入したという経験はありませんか?

 

ザイオンズ効果は「単純接触効果」とも呼ばれ
何度も同じフレーズやシーンを見せることで
脳に記憶させてなかば洗脳状態にして商品を
購入に向かわせるテックニックです。

 

ここで
ネット副業を教える案件(高額塾・情報商材)の
売り方に話を戻しますと

 

多くの人は自分でお金を稼ぐことに対して
ネガティブで怪しいと思っているので
購入へのハードルが高い状態になっています。

 

そうであれば1回の説明で全部伝えるような
ことはせずに

  1. 怪しさの払拭
  2. 期待感を高める
  3. 財布の紐を緩ませる

といった段階を踏んで興味の薄い状態から
興味津々の状態にテンションを高めていき
購入のハードルを下げていくのです。

 

時間をかけてじっくりと
財布の紐を緩ませていき
「欲しい、今すぐ買いたい」と
興奮が最高潮に達したときを見計らい
一気にセールスを仕掛けます。

 

すると読者は「欲しい、今すぐ買いたい」
の状態になっていますから
冷静に考えれば胡散臭い商品であっても
感情に負けて
お金を払ってしまうのですね。

 

詐欺事件の被害者が当時を振り返り
「なぜお金を払ってしまったのだろうか?」
と振り返るシーンをニュース番組で
みることがあると思います。

 

詐欺師は相手の感情を揺さぶって
お金を払う方向へ持っていくのが非常に
うまいので無意識にお金を支払ってしまった
ということなのです。

 

キャッチセールスのように
一発勝負で怪しい商品を売ることは
ほとんど不可能に近いですが、

 

プロダクトローンチのように
1週間から10日かけて情報を小出しにして
興味を惹き付け購入するよう仕向けるように
働きかけていけばどんな商品も売れます。

 

時間をかけ「欲しい、今すぐ買いたい」
という感情を掘り起こすことができれば
ネット副業を教える怪しい案件(高額塾・情報商材)
でも爆発的に売ることが可能なのです。

どのように怪しさを払拭していくのか?

では具体的に
どのように怪しさを払拭していくのか?

 

このときに有効なのがメルマガです。

 

ネット副業を教える案件(高額塾・情報商材)は
無料メルマガへの登録からスタートすることが
多いといえます。

僕もこのブログで
ネット副業を教える案件(高額塾・情報商材)を
検証するため複数登録してきました。

 

いまや日本国民8割がスマートフォンを
持っているとされています。

 

スマートフォンを持っていれば
メールアドレスはたいてい所有しているので
メルマガ登録のハードルは高くありません。

 

登録するだけなら無料なので
多くの人はためらうことなく登録するわけですね。

このメルマガは
「購読が無料」というだけで
内容としては販促メルマガとなっており
登録した瞬間から購入へ誘導していく
カラクリがスタートします。

 

販促メルマガに登録すると
1〜7日の間隔で1日1通の
自動送信メールが届くようになります。

 

メールでは先ほども紹介したように
情報を小出し(チラ見せ)にしながら
どんな商品なのか購読者に伝えていきます

こちらのネット副業案件は3月30日に
無料モニター募集がスタートして
4月2日に売り込む本命商品(バックエンド商品)
のセールスがスタートしました。

バックエンド商品は怪しい?悪質?フロントエンド商品の違いや特徴を学ぼう!
オイスイです。 この記事では副業を 検証するときにチェックしている バックエンド商品について紹介します。 僕が副業検証をしている記事では 「バックエンド商品が待ち構えている 可能性がある」といったことを ...

バックエンド商品の売り込みがスタート
するまでに12通のメルマガが到着して
情報の小出し(チラ見せ)が展開されたのです。

 

ネット副業を教える案件(高額塾・情報商材)は
情報商品なので購入するまで中身がわかりません。

 

中身がわからず怪しいと思われているので
チラ見せすることで怪しさを払拭する作戦です。

 

人間はジラさせると焦りの感情が出ます。

 

そして「早く次の情報が知りたい」と
勝手に脳が興奮状態になるのですね。

 

そして最初はザイオンズ効果が働いて
最初は興味が薄く何気なく読んでいたメルマガも
徐々に興奮度が上がっていき釘付けとなり、

 

3日から4日くらいしたあたりになると
「次の情報はまだかな」とメールボックスを
何度も確認して最新情報が早く届かないか
期待して待ちわびるようになります。

 

そして最後のメールが届き
ネット副業を教える案件(高額塾・情報商材)の
全容を伝えた状態で一気にセールスを仕掛けるのです。

 

「買いたい欲求」が高まった状態で
最後の仕上げ「売り込み」に流します。

最後の仕上げ「売り込み」

怪しさを取り除けたら
最後の仕上げ「売り込み」です。

 

ここでも心理テクニックを使った
攻め込む売り方
を展開します。

 

たとえば

  • 今日から3日限定募集
  • 10名限定募集

といった読者に購入を急がせる
テクニックが使われ冷静さを
失うように感情を揺さぶるのです。

こんな強引なセールスをして本当に売れるのか
疑問になるかもしれませんが
最後の一押しには非常に効果的となります。

 

というのも
怪しさ払拭の過程で販促メルマガが
終わる段階では購入しそうな人しか
残っていない
からです。

 

興味のない人は

  • メルマガ受信を辞める
  • 開封せず放置している

となっています。
つまり「買いたい欲求」の高い人しか
残っていないので攻め込んだほうが
効果的なのです。

 

人間心理は焦ると冷静さを失い
本能のままに行動してしまいます。

 

先ほども紹介したように
詐欺事件の被害者は
「なぜ騙されたのかわからない」
といったコメントをしています。

 

これも焦りから冷静さを失って
お金を払ってしまったからなのですね。

 

焦らせることで購入率を一気に
高めることができてしまいます。

 

これがネット副業を教える怪しい
案件(高額塾・情報商材)が
次々売れてしまうカラクリの全容です。

値段設定にも心理テクニックが隠されている

怪しい高額オンライン塾・情報商材は販売者が儲けたいので高額な値付けをしているのもあるのですが、
ここにも高い理由には心理テクニックが使われているというのもあります。

 

あなたも「値段が高いモノは高品質」と無意識に感じていないでしょうか?

 

AppleのiPhoneにはスタンダードモデルとプロモデルが用意されていて、
プロモデルは上位版なので高機能であるが値段も高いです。

 

世の中で販売されている商品の多くは効果であるほど高品質となっていますので、
多くの人は無意識に「値段が高いモノは高品質」と考えます。

 

この無意識を突いてくるのが悪徳商法プロダクトローンチ。

 

値段を高くしておくことで「凄い情報が手に入る」と勘違いするよう仕組まれているわけです。
値段設定にも人間心理の錯覚を突いたテクニックが使われています。

宣伝・集客はアフィリエイターが実質タダやってくれる

プロダクトローンチのスタート地点である
「売り込みたい商品に興味を持たせる」は
どうなっているかについても暴露します。

 

ここで出てくるのが情報商材アフィリエイト。

 

中身スカスカな高額オンライン塾や
情報商材の多くはアフィリエイト案件
になっており情報商材アフィリエイターも
稼げる仕組みになっているのです。

 

悪質な塾や教材は報酬単価が10万円など
非常に高額に設定されていて手っ取り早く
稼ぎたい情報商材アフィリエイターが
自然と集まってきます。

 

メルマガを運営しており
登録者が一定数いるのでメルマガで案内を
流すだけでよいので集客の手間はかかりません。

 

情報商材アフィリエイターにとっても
集客の手間をかけず高額報酬を
手にできるわけですから一生懸命売り込みを
してプロダクトローンチに送り込むわけです。

 

アフィリエイト報酬は売れたときに
発生するのでプロダクトローンチが
成功して塾入会や教材購入となった場合に
報酬を支払えばよく余計な宣伝費は必要ありません。

 

アフィリエイトを利用することで
実質タダで宣伝・集客してくれる手段を
獲得しているわけです。

 

「自分さえ稼げれば良い」という
悪質アフィリエイターを利用することで
宣伝費をかけることなくプロダクトローンチへの
誘導することに成功しています。

 

このように悪質商法はインターネット上に
あるさまざまな仕組みを活用して行われているのです。

まとめ

ネット副業を教える怪しい
案件(高額塾・情報商材)が
次々売れてしまうカラクリは
心理的ハードルを下げていく
戦術がとられていることにあります。

 

具体的にいえばプロダクトローンチです。

 

プロダクトローンチを使い
本来は1回で全部説明できることを
7回から10回に分割して小出しにして
徐々に伝えていきます。

 

そうすることでザイオンズ効果が
発生して最初は興味が薄く何気なく
受けとっていた情報も徐々に脳に
刷り込まれて気になるようになります。

 

そしていつしか完全に惹き込まれた
状態になっていきこれまでとは打って変わって
「早く知りたい、次の情報が待ち遠しい」
と前向きになっていくわけですね。

 

そして買いたい欲求が最高潮に達して
冷静さを失ったところで一気に売り込みを
仕掛けることで爆発的に売ることが
可能になります。

 

日本では自分でお金を稼ぐことに
ネガティブな風潮があるので多くの人は
近寄ろうとしませんがザイオンズ効果など
心理テクニックを駆使していけば興味を持たせ
決済ボタンを押させることができるのですね。

 

こうしてネット副業を教える
怪しい案件(高額塾・情報商材)が
次々売れてしまうので耐えることなく
毎月のように怪しい案件が出続けています。

 

これがネット副業を教える
怪しい案件(高額塾・情報商材)が
爆発的に売れて販売者が
大儲けできてしまうカラクリです。

お知らせ

オイスイ(追水卓)です。

 

ネットビジネスで起業して自由な人生を
楽しんでいる元IT社畜です。

 

現在はブログを使ったアフィリエイトを軸に
日々楽しみながら学んだことを情報発信してます。

 

僕もこの道10年でたくさんの成功者をみてきました。

 

ネットで稼ぐことは
あなたが想像しているより難しくありません。

 

「楽に稼げる」という間違った
認識でビジネスをやっているので
成果を出せず挫折しているだけです。

 

正しいビジネスを実践したら
誰でも成果を出すことができるシンプルな世界。

 

このブログでは
パソコン1台とネット環境があれば
収益化していける方法などを語って
「あなたに自由な人生を掴み取っていただくお手伝い」
をしています。

 

1年後には独立起業して自由気ままな人生を手にするために必要な情報を発信しています。

 

僕があなたを引き上げていきますので
興味があればぜひご覧になってください。

 

>>オイスイの詳しいプロフィールはこちら

>>【準備中】オイスイ公式メルマガ

もしネットビジネスや当サイトのことなど
不明点について聞いてみたいことがあれば、
どんなささいなことでもよいので無料相談を
ご利用ください。

 

ネットビジネス歴5年以上の経験から
的確なアドバイスできると自負しています。

 

お問い合わせフォームは下のリンクからどうぞ。

>>「オイスイの質問箱|無料相談随時受付中」はこちら

あなたとお会いできるのを楽しみにしております^^
では、オイスイでした。

情報商材ネットビジネス
オイスイ(追水卓)をフォローする
元IT社畜は2022年もブログで稼いで生活している(オイスイ公式ブログ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました