石井博【スタートアップ】株投資案件は怪しい?初心者でも資産5000万円達成できるか検証

ネット【投資】案件の検証

石井博【スタートアップ】株投資案件の運営者情報(特商法)について

まずはじめに
特定商取引法に基づく表記について
触れておくことにします。

というのもこの案件なのですが
募集ページの指示通りに登録をして
みたところ誰が責任者なのか
曖昧なことがわかりました。

そのためまずはじめに
募集ページに記載されている
責任者について触れておくことに
したのですね。

ちなみに
特定商取引法に基づく表記とは
なにかというと

【特定商取引法とは】

事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守ることを目的とする法律です。 具体的には、訪問販売や通信販売等の消費者トラブルを生じやすい取引類型を対象に、事業者が守るべきルールと、クーリング・オフ等の消費者を守るルール等を定めています。

出典:特定商取引法とは|特定商取引法ガイド
https://www.no-trouble.caa.go.jp/what/

関連記事

販売者と消費者(購入者)の間で
なんらかのトラブルが起きたときに

消費者を守ったりトラブルを円滑に
解決できるようにするために制定された
法律となっています。

もしトラブルが発生した場合に
運営者の身元を明らかにしておく
ことは非常に重要です。

石井博さんのスタートアップ株投資案件
募集ページには特定商取引法に基づく表記が
ありましたのでさきに確認しておくことにします。

特定商取引法に基づく表記をチェック

商品名スタートアップ
代表者名石井博
所在地会員制につき完全非公開
お問い合わせ先LINEのみ対応可

石井博さんのスタートアップ株投資案件の
責任者となっているのは石井博さんです。

責任者名をぜひ覚えておいて
この先の記事をご覧になって
いただければと思います。

特定商取引法の記述すべき情報

さて、
石井博さんのスタートアップ株投資案件の
特定商取引法に基づく表記をチェックしたのですが
正しく記述されているとはいえませんね。

特定商取引法に基づく表記は
どういった情報を記述しないといけないのか?

消費者庁の「特定商取引法ガイド」では
次のように解説されています。

販売価格(役務の対価)(送料についても表示が必要)
代金(対価)の支払い時期、方法
商品の引渡時期(権利の移転時期、役務の提供時期)
商品若しくは特定権利の売買契約の申込みの撤回又は売買契約の解除に関する事項(その特約がある場合はその内容)
事業者の氏名(名称)、住所、電話番号
事業者が法人であって、電子情報処理組織を利用する方法により広告をする場合には、当該販売業者等代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名
申込みの有効期限があるときには、その期限
販売価格、送料等以外に購入者等が負担すべき金銭があるときには、その内容およびその額 引き渡された商品が種類又は品質に関して契約の内容に適合しない場合の販売業者の責任についての定めがあるときは、その内容
いわゆるソフトウェアに関する取引である場合には、そのソフトウェアの動作環境
商品の売買契約を2回以上継続して締結する必要があるときは、その旨及び販売条件
商品の販売数量の制限等、特別な販売条件(役務提供条件)があるときには、その内容
請求によりカタログ等を別途送付する場合、それが有料であるときには、その金額
電子メールによる商業広告を送る場合には、事業者の電子メールアドレス

出典:通信販売|特定商取引法ガイド
https://www.no-trouble.caa.go.jp/what/mailorder/

事業者の氏名(名称)、住所、電話番号の
記述が必須とされているわけですね。

事業者名が不明

石井博さんのスタートアップ株投資案件は
事業者名がありません。

日本には同姓同名の人がいる
ケースは珍しくないので
代表者名だけ書かれても
業者を特定することができないです。

住所は「会員制につき完全非公開」

特定商取引法ガイドでは
住所の明記は必須となっています。

よって会員制だから非公開という
理由は基本的に通用しません。

お問い合わせ先でLINEはNG

石井博さんのスタートアップ株投資案件は
お問い合わせ先としてLINEが指定されています。

しかし、これも現時点の
特定商取引法ガイドではNGです。

携帯電話でもよいので電話番号を
記載すべきところになります。

有料商品を販売していないので違法にならない

石井博さんのスタートアップ株投資案件の
特定商取引法に基づく表記は不適切な
明記方法を指摘せざるを得ないです。

しかも後ほど触れますが
検証を進めていったら
責任者が石井博さんではないような
感じがしたのです。

石井博さんのスタートアップ株投資案件が
稼げるかどうか以前に運営している業者が
怪しい感じがするのでどうかなと思った次第。

とはいえ、
特定商取引法に基づく表記は
有料商品を販売する場合に適用される法律です。

先に申しておきますと
石井博さんのスタートアップ株投資案件は
LINEアカウントの友達登録を誘導しているだけで
有料商品を販売しているわけではありません。

そのため「特定商取引法ガイド」に
沿った明記をしていないのは間違いないですが
違法行為をしているわけではないです。

ですが、
それなら明記しなくてもよいという
ことにもなりますよね。

わざわざ明記するのであれば
「特定商取引法ガイド」に従った
適切な記述をしたほうが信頼獲得になります。

石井博さんのスタートアップ株投資案件で
特定商取引法に基づく表記をしている
意図はわかりません。

もしかしたらあとから有料の
バックエンド商品へ誘導する可能性も
否定はできないでしょう。

石井博さんのスタートアップ株投資案件は
表には出せない怪しいことをしていくのでは
という危惧が早くも出てきました。

記事を書いていて実践しても安全なのか?
おすすめして大丈夫な投資案件か?
正直いって不安になってしまいました。

石井博【スタートアップ】株投資案件に登録してみた

石井博さんのスタートアップ株投資案件は
20年間蓄積されたデータをもとにして
開発されて独自アルゴリズムを搭載した
AI投資プログラムを使い稼ぐことがわかりました。

そしてAIが自動的に売買をするので
金融投資(資産運用)経験のない初心者でも
勝率99.8%を叩き出すことができるという
非常に魅力的な案件。

さらに初回配当は7日ごと
とてもスピーディーとなっており
平均月間配当も最低30万円とか。

多くの人は月収30万円を得るために
必死になって働いているのが
日本社会の現状なので
ほったらかしで毎月最低30万円も
手に入る投資というのは魅力です。

とはいえ
金融投資(資産運用)といっても
株式・FX・仮想通貨などさまざま。

石井博さんのスタートアップ株投資案件
募集ページではどういった投資をするのか
まったく語られていません。

僕も過去にFXをやったことがあるので
ある程度知識があるのですが
FXにはFXを得意とする投資家がいて
株式には株式を得意とする投資家がいて
あまり複数を掛け持ちしているという
人にはお目にかかりませんでした。

まあ、FXは外貨なので海外の情報を
株式は主に日本国内の話なので
日本国内の情報を収集するのがメイン。

方向性が違うので当然でしょう。

石井博さんのスタートアップ株投資案件は
そういった話が出てこないので
果たして本当に金融投資(資産運用)に
精通しているのかどうか怪しい感じがありました。

募集ページのタイトルには
「株投資」とあるので
株式の金融投資(資産運用)を
していくような感じがありますが…

実態が見えないので石井博さんの
スタートアップに登録してチェックを
していくしかないようです。

ということで募集ページあった
LINEアカウントを友達登録する
QRコードからアカウントを
登録するページへ移動します。

すると吉岡愛さんという
LINEアカウントが表示されました。

・・・・・・

先ほど特定商取引法に基づく表記で
触れたようにスタートアップ株投資案件は
石井博さんが責任者のはず。

この吉岡愛さんというのは誰なのでしょうか?

イヤな予感がしてきますね…

とりあえず表示された吉岡愛さんの
LINEアカウントを友達登録して
情報を送ってもらうことにします。

登録するとすぐにメッセージがきて
案内がありました。

メッセージを確認しましたが
石井博さんのスタートアップ株投資案件で
どういった金融投資(資産運用)をしてい
資産を増やしていくかについての解説はなし。

やはり株式・FX・仮想通貨のどれで
資産を増やすのかはわかりませんでした。

そして24時間以内に銀行口座情報を
入力して送信して欲しいと…

さて個人情報の提供を求めてきた
ということはプライバシーポリシーの
チェックをしないといけません。

ここ最近は個人情報を不正入手して
売買するビジネスが横行しており
そこからフィッシング詐欺に巻き込まれる
といったリスクもあります。

そのためとくに銀行口座のような
金融に直結するような情報の開示は
本当に信頼できる相手にだけすべきです。

プライバシーポリシーは不明

石井博さんのスタートアップ株投資案件に
プライバシーポリシーの記載があるのか?

探していたところ募集ページにあった
特定商取引法に基づく表記に記述されている
ことがわかりました。

  • 個人情報の管理体制
  • 個人情報の利用目的

という2つの項目が記載されており
収集した個人情報をどういった利用をして
管理するかの方針が明記されていました。

これで送信した個人情報がどういった
利用をされるのかがはっきりしましたので
「利用目的」はよいとします。

ただ、問題は「管理体制」の方。

「当社個人情報の取扱い」とありますが
先ほども指摘たように石井博さんの
会社情報がまったく記載されていません。

これでは石井博さんの会社がどういった
個人情報の管理体制をしているのかが
まったくわからないのです。

通常こういった場合は
自社のウェブページへ誘導するなどして
個人情報の管理方法を公開にするのが
一般的な流れとなっています。

ですが
石井博さんは自社の情報を隠しているので
「当社個人情報の取扱い」といわれても
まったくわかりません。

これではプライバシーポリシーとしては
不十分です。

と言うよりも記述方法が不適切と
言わざるを得ないですね。

特定商取引法に基づく表記の
記述自体も曖昧でなにか隠したい
意図があるような気がしてなりません。

とても銀行口座情報を提出して
安全という業者ではないでしょう。

場合によっては不正アクセスをされて
銀行口座からお金を引き出されるといった
リスクも懸念されます。

もはや資産5000万円達成できるか
どうか以前の問題。

あと運営者が情報を
公開できない場合は
ポンジスキームになっていることも
あったりしますので要注意。

配当金でも儲けを出すという
話は高確率でポンジスキームなので
そちらの線も否定できません。

ちなみに金融商品を扱った
ビジネスをする場合は
金融庁から金融商品取引業者に
指定されていないと違法になります。

運営業者の身元を隠すということは
金融商品取扱業者の指定を受けず
無許可営業していることも疑われます。

とても安全に稼げる案件とはいえません。

どの角度からみても
石井博さんのスタートアップ株投資案件は
おすすめできそうにない案件と判断する
ことになりそうです。

オイスイ(追水卓)とは何者か?

最後までご覧いただき
ありがとうございました。

 

元IT社畜オイスイ(追水卓)です。

 

ネットビジネスで起業して
自由な人生を満喫している元IT社畜です。

 

現在はブログを使ったアフィリエイトを
軸に日々学んだ知識やスキルを
未経験者・初心者向けに情報発信してます。

 

その他、
副業案件や投資案件などの
検証もやっていたりします。

 

僕自身も気がつけば10年選手で
(2012年12月スタート)
これまでたくさんの成功者をみてきました。

 

ネットで稼ぐことは
あなたが想像しているより
難しくありません。

 

最初からラクに稼げる」という
間違った認識ビジネスを捨てて
正しいビジネスを実践したら
誰でも成果を出すことができる
シンプルな世界だったりします。
※大変なのは最初だけ

 

ネット環境があれば収益化できる
とは信じがたいかもしれませんが
今なら誰でもできること。

 

このブログではそんな方法などを語って
「あなたに自由な人生を
掴み取っていただくお手伝い」

していきます。

 

流行病・値上がり・リストラ・倒産
あらゆる不安要素に怯える生き方に
別れを告げ

  • 経済的
  • 時間的
  • 精神的
  • 健康的
  • 人間関係

すべて自由気ままな
ストレスフリー人生にシフト
していきませんか?

 

僕があなたを引き上げていきますので
興味があればぜひご覧になってください。

 

>>オイスイの詳しいプロフィールはこちら

>>【臨時】オイスイ公式メルマガ

もしネットビジネスや当サイトのことなど
不明点について聞いてみたいことがあれば、
どんなささいなことでもよいので無料相談を
ご利用ください。

 

ネットビジネス歴5年以上の経験から
的確なアドバイスできると自負しています。

 

お問い合わせフォームは下のリンクからどうぞ。

>>「オイスイの質問箱|無料相談随時受付中」はこちら

あなたとお会いできるのを楽しみにしております^^
では、オイスイでした。

ネット【投資】案件の検証Simplified
オイスイ(追水卓)をフォローする
オイスイ(追水卓)公式ブログ-凡人が自力で稼ぐノウハウ-

コメント

タイトルとURLをコピーしました