青山幹宏【Business library(ビジネスライブラリ)】自動アプリは怪しい?毎日15万円稼げるか稼げないか登録検証(ライフデザイン出版案件へ誘導目的)

ネット【副業】案件の検証

Business library自動アプリの運営者情報(特商法)について

Business library自動アプリなのですが
募集ページには特定商取引法に基づく表記
記載されていることがわかりました。

【特定商取引法とは】

事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守ることを目的とする法律です。 具体的には、訪問販売や通信販売等の消費者トラブルを生じやすい取引類型を対象に、事業者が守るべきルールと、クーリング・オフ等の消費者を守るルール等を定めています。

出典:特定商取引法とは|特定商取引法ガイド
https://www.no-trouble.caa.go.jp/what/

Business library自動アプリは
お金を稼ぐ案件となっているので
当然ながら金銭のやりとりが発生します。

もしトラブルが発生した場合に
運営者の身元を明らかにしておく
ことは非常に重要です。

こういった副業募集では
特定商取引法に基づく表記が明記され
誰が運営責任者かが明確になっている
ケースがあります。

特定商取引法に基づく表記が
どうなっているかをチェック
してみることにしましょう。

特定商取引法に基づく表記の情報は不十分

販売担当者青山幹宏
お問い合わせ先magazine@netbiz-library.com

これは情報が不十分といえますね。

販売価格(役務の対価)(送料についても表示が必要)
代金(対価)の支払い時期、方法
商品の引渡時期(権利の移転時期、役務の提供時期)
商品若しくは特定権利の売買契約の申込みの撤回又は売買契約の解除に関する事項(その特約がある場合はその内容)
事業者の氏名(名称)、住所、電話番号
事業者が法人であって、電子情報処理組織を利用する方法により広告をする場合には、当該販売業者等代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名
申込みの有効期限があるときには、その期限
販売価格、送料等以外に購入者等が負担すべき金銭があるときには、その内容およびその額 引き渡された商品が種類又は品質に関して契約の内容に適合しない場合の販売業者の責任についての定めがあるときは、その内容
いわゆるソフトウェアに関する取引である場合には、そのソフトウェアの動作環境
商品の売買契約を2回以上継続して締結する必要があるときは、その旨及び販売条件
商品の販売数量の制限等、特別な販売条件(役務提供条件)があるときには、その内容
請求によりカタログ等を別途送付する場合、それが有料であるときには、その金額
電子メールによる商業広告を送る場合には、事業者の電子メールアドレス

出典:通信販売|特定商取引法ガイド
https://www.no-trouble.caa.go.jp/what/mailorder/

「特定商取引法に基づく表記」は
販売者と消費者(購入者)の間で
なんらかのトラブルが起きたときに

消費者を守ったりトラブルを円滑に
解決できるようにするために制定された
法律となっています。

そのため速やかに連絡できるように
「事業者の氏名(名称)、住所、電話番号」
の記載を必要としているわけです。

ですが、Business library自動アプリには
これらの情報がまったくありません。

責任者として「青山幹宏」とありますが
同姓同名の人は必ずいますので
これだけでは販売者の特定することが
できず情報としては不適切。

メールアドレスが「netbiz-library.com」と
なっていることから「https://netbiz-library.com/」
へアクセスしましたが

運営業者の公式サイトは非公開。

・・・・・・

Business library自動アプリは
無料アプリとなっており
有料商品を売っているわけではないので
記載する義務はないのですね。

だから、
記載内容が不十分だったとしても
違反行為になりまえせん。

ただ、
副業案件の募集ページなので
商品の販売はなくても
先ほども触れたように金銭のやりとりは
発生するわけです。

特商法は金銭トラブルを未然に防いだり
金銭トラブルが起きたときの解決方法を
取り決めているものなのでお金を必要とする
場面では記載されていた方が受け取る側
としては安心できます。

正直、この特商法の情報不足をみると
「なにか隠したいことがあるのでは?」
と疑ってしまっても不思議ではないでしょう。

少なくとも僕はそういう印象を持ちましたね。

早速Business library自動アプリは本当に
大丈夫な稼ぎ方なのか不安になってきました。

関連記事

青山幹宏【Business library(ビジネスライブラリ)】自動アプリに登録してみた

青山幹宏さんのBusiness library自動アプリは
アプリをダウンロードして運営の指示に従って
操作をするだけで毎日15万円稼げるとしています。

そしてそのさぎょうというのは
知識や経験やノウハウを必要とせず
実践することができるとしているわけです。

もしこれほど手軽にできる稼ぎ方で
毎日15万円稼げることができれば
十分生活していけるだけの稼ぎに
なることでしょう。

もうイヤイヤ会社に通って
仕事をする生活スタイルから
おさらばできる可能性が出てきて
非常に魅力的な案件といえます。

これから80代の高齢者でも問題なく
実践できそうな稼ぎ方となっている
ようにも思えますね。

ですが、
僕はこれまでこういった
アプリを使って自動的にお金を
稼ぐ案件をかれこれ200件近く
検証してきました。

そのほぼすべてが
アプリすらダウンロードできないという
ありさまでとても稼げるような案件とは
いえなかったわけです。

正直申しますと現時点で
青山幹宏さんのBusiness library自動アプリも
アプリすらダウンロードできず
実態のない架空の案件と判断して終わりそうな
イヤな予感はしています。

とはいえ
最近はAIの進化もすごいですし
いつほったららかしでも稼げるような
アプリが登場してもおかしくない状況。

僕にとって青山幹宏さんの
Business library自動アプリが
第1号になる可能性も否定できません。

Business library自動アプリは
メルマガ登録することで追加情報を
送ってくれるようです。

どちらにしても募集ページ検証だけでは
実態が見えないのでBusiness library自動アプリの
メルマガ登録をしてみました。

またメルマガ登録?

登録するとすぐにメッセージがきて
案内がありました。

無料アドレス登録するだけで
15万円ずつもらえる情報を
プレゼントしてくれるとあります。

・・・・・・

GoogleストアやAppストアから
アプリをダウンロードして使う
案内があると思ったのですが
メルマガ登録とはいったい?

もうすでにメルマガ登録は
完了していますよね?

よくわかりませんが
メルマガの指示に従って
リンクをタップしてどんな
ページになっているか確認します。

学習動画キット?

メルマガ1通目の指示通り
リンクをタップして専用ページへと
移動してみました。

するとそこには「学習動画キット」
という案件のページが用意されていました。

404 NOT FOUND | オイスイ(追水卓)公式ブログ-凡人が自力で稼ぐノウハウ-
なぜ「金なし・コネなし・知識なし」の凡人がインターネットの世界だけで生計を立てられるのか?その舞台裏を明かしています。

そしてメルマガ登録フォームも用意されています。

たしかに指示通りメルマガ登録する
必要がありますね。

ただ、これは本当に
青山幹宏さんのBusiness library自動アプリと
関係があるのでしょうか?

登録フォームをチェックしてみると
たしかに「ネットビジネス・ライブラリー」
なっているので関係性はあるような気がしますが…

入力してみたところ
「既に登録されているメールアドレスです」
と拒否されました。

・・・・・・!?

これは完全に行き詰まったのですが…

【追記】メルマガ登録できたので検証しました

404 NOT FOUND | オイスイ(追水卓)公式ブログ-凡人が自力で稼ぐノウハウ-
なぜ「金なし・コネなし・知識なし」の凡人がインターネットの世界だけで生計を立てられるのか?その舞台裏を明かしています。

運営者は金城真?

学習動画キット案件のページには
特定商取引法に基づく表記がありました。

特定商取引法に基づく表記には
運営者情報が記載されているはずなので
チェックしてみることにしましょう。

これで青山幹宏さんの
Business library自動アプリと関連性が
あるかどうかが明確になります。

・・・・・・

販売責任者金城真
お問い合わせ先support@freeeback.com

責任者が「金城真」となっており
青山幹宏さんではありません。

メルマガ登録フォームには
「ネットビジネス・ライブラリー」と
なっていましたが特商法の責任者が
別人に変わっているのです。

これは怪しい感じがしてきましたね…

Business library自動アプリLINEのメッセージをチェックしてみる

Business library自動アプリの
メルマガ登録後にLINEアカウントを
友達登録するように案内もありました。

もしかしたらLINEメッセージで
なにか情報が届いているかも知れないので
こちらをチェックしてみることにします。

というよりもメルマガの案内が
行き詰まっているのでLINEメッセージでしか
進展させる方法がありません。

さっそくチェックしてみましょう。

LINEアカウントにも
メッセージが届いていました。

見た感じではメルマガ1通目と
同じような感じがします。

画像はリンクになっていて
専用ページへ誘導しようとしている
ようなのでタップして進めます。

やはりといいますが
金城真さんの学習動画キット案件
ページが表示されました。

先ほども触れたように
このメルマガ登録フォームに
入力しても登録済みと拒否されます。

LINEアカウントの検証も
行き詰まったところでしょうか。

【追記】追加メッセージで非推奨案件へ誘導

翌日になったら追加の
メッセージがやってきていました。

どうやら630万円の給付金が
もらえるようです。

どうみてもBusiness library自動アプリと
内容が変わっていてまったく別案件の
ような感じはありますが…

とりあえずチェックしてみることにします。

ページを開いてみると
タイトルは「Business library」となっており
青山幹宏さんのBusiness library自動アプリの
ような感じがあります。

Business library自動アプリは毎日
15万円稼げるという案件ですから
30日実践すると450万円です。

ですから630万円になるわけではありません。

本当にBusiness library自動アプリと
関連性があるのか怪しくなってきました。

またしても「詳細はこちら」と
誘導してきているので不安はありますが
指示通りリンクをタップして詳細を
確認してみることにします。

・・・・・・

するとライフデザイン出版の
Supporter’s Family(サポーターズファミリー)
案件へ誘導されました。

こちらの案件は過去に検証しています。

たしかに630万円の給付金が
どうこうという案件でしたね。

実際に指示通り手続きを
進めたのですが最終的に
有料商品の紹介があっただけで
本当に630万円の給付金を受け取れるか
怪しい案件でした。

こうなるとBusiness library自動アプリは
ライフデザイン出版が関係していることを
疑いたくなりますね。

ライフデザイン出版は過去にも
実態のない稼ぎ方の案件募集を
多々しておりどれも実態がなく
稼げない可能性が高いものばかり。

青山幹宏さんの
Business library自動アプリが
そんなライフデザイン出版の
案件に誘導したということは…

ライフデザイン出版の案件へ
誘導することが目的として運営されている
ダミー案件の可能性が高まってきました。

現時点でライフデザイン出版の
案件で推奨できるものはないので
ライフデザイン出版への誘導が目的なら
登録しない方がよい案件です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました