スマチャレ無料モニター案件(島田博信・アサガオの会)は怪しい?隙間時間で月収10万円稼げるか登録検証(誘導先ハッピーライフ含)

ネット【副業】案件の検証

スマチャレ無料モニター案件に登録してみた

スマチャレ無料モニター案件に
登録すると極秘情報を入手することができ
月収10万円を簡単に稼ぐことができるという
アピールをしている案件。

副業というとプログラミングなど
知識やスキルを必要とするケースが多いので
実践したくてもできない人が多数います。

もし最新情報を定期的に配信してもらい
簡単な5分程度の作業で
月収10万円を狙っていけるとしたら
魅力的な案件といえるでしょう。

ただ、スマチャレ無料モニター案件は
過去に検証した「INCEPTION」
そっくりなので個人的にはどうなのかな
という印象があるわけです。

募集ページだけでは検証しきれなかったので
ここは登録して潜入調査してさらに詳しい
情報を入手したいと思います。

メルマガ登録してみる

スマチャレ無料モニター案件は
メルマガに登録することで
最新の稼ぎ方を定期的に受け取ることが
できるようになるそうです。

ということで早速
スマチャレ無料モニター案件の
メルマガに登録してどういった
稼ぎ方を紹介してくれるのか
調査していきます。

メルマガ登録するとすぐにメッセージがきて
詳細な情報の案内がありました。

どうやら毎日6万円をコンスタントに
稼ぐことができる案件を紹介してきて
くれたようです。

メルマガに掲載されていた
リンクをタップして案内された
ページへ移動してみることにしましょう。

「ハッピーライフ」案件へ誘導

リンクをタップしてみると
「ハッピーライフ」という
案件の募集ページが表示されました。

どうやらこの案件を実践すると
最低月収100万円以上を稼ぐことが
できるようになるとか。

・・・・・・

スマチャレ無料モニター案件の
メルマガではコンスタントに毎日6万円と
あったので180万円になるはず。

もちろん100万円以上なので
180万円も含んではいますが
それなら「150万円以上」と
書いた方がリアリティがありますよね。

なんとなく話が違うような
感じがしました。

とはいえ月収100万円でも十分凄いので
これはこれで期待できる稼ぎ方と
なっているかもしれません。

それにスマチャレ無料モニター案件では
月収10万円というアピールだったので
確実に大幅アップしています。

このハッピーライフ案件を
スタートするにはLINEアカウントを
友達登録する必要があるようです。

ではさっそく登録して
実態をチェックしていくことに
しましょうか。

リンクをタップすると
「サポートセンター」という
LINEアカウントが表示されました。

これはハッピーライフ案件の
アカウントなのでしょうか?

名前が「サポートセンター」としか
書かれていないので紛らわしいですね。

もう少し配慮して欲しい感じは
ありますが募集ページから誘導されたので
間違いないでしょう。

LINEアカウントを友達登録して
検証を続けます。

「島田博信・アサガオの会」6億円支援案件へ誘導

LINEアカウントを友達登録すると
すぐにメッセージがやってきました。

どうやら「アサガオの会」という
場所へ誘導しようとしています。

最初のメッセージがやってきたあとも
何通かメッセージがやってきましが
全部「アサガオの会」となっていました。

・・・・・・

この「サポートセンター」という
アカウントは「アサガオの会」へ
誘導したいようですね。

ということでこの「アサガオの会」に
ついて調査していくことにします。

島田博信さんが運営する「アサガオの会」は
お金に困っている人に対して支援金を配る
という団体となっているようです。

そして今回は50人に限定で6億円を無償提供
してくれるとか。

・・・・・・

だんだん話が違ってきていますね。

どんどんスケールが大きくなって
きているような。

島田博信さんのアサガオの会は
投資家など資産家の人が参加しており
お金を出してくれる仕組みになっているとのこと。

ビジネスモデルといってよいのか
わかりませんが
お金の出所は明確になっているようですね。

こういった怪しい儲け話は
お金の出所が不明なケースが多いです。

なかには架空の配当金を持ち出して
現金を集めるポンジスキームという
ものもありますからね。

ですからお金の出所がしっかりと
あるかどうかはチェックすることが
欠かせないといえるでしょう。

メッセージを読み進めると
どうやら6億円の支援を受けることに
当選したようです。

申請をするには「佐々木五郎」という
人のLINEアカウントを友達登録する
必要があると案内がありました。

ここでいったん登録検証はストップします。

視点を変えて
島田博信さんのアサガオの会が
本当に実在する団体で実績が
あるかどうかを調べてみることにします。

島田博信【アサガオの会】に実績はあるか?

スマチャレ無料モニター案件は
極秘情報を入手することで
月収10万円狙えるという案件でした。

それがメルマガで紹介された
ハッピーライフ案件では月収100万円以上。

そしてハッピーライフのLINEアカウントから
誘導された島田博信さんのアサガオの会では
6億円の支援と話がどんどん変わっているわけです。

これは怪しく感じますよね。

最近は当選詐欺もありますので
ここは慎重に行動しないと逆に自分が
お金を取られる被害に遭う危険性もあります。

果たして島田博信さんのアサガオの会は
実態のある支援団体となっているのか?

調べてみることにしました。

「アサガオの会」が実在するか怪しい

Google検索やSNS検索などを使い
島田博信さんのアサガオの会について
調べましたが情報が出ませんでした。

Yahoo!知恵袋では僕と同じように
6億円の支援についての案内を
もらった人がいて質問していました。

回答には「無視してください」と
あったのでどうやら実態のなさそうな
感じの団体のようです。

統括者の島田博信も実在するか不明

統括者の島田博信さんについても
調べてみました。

6億円のお金を50人に支援できるほどの
お金を持った資産家を集めることができる
としたらさぞかし有名人なのでしょう。

ということで島田博信さんが
どんな人物なのか調べてみることにしました。

・・・・・・

情報は出ませんでした。

こうなると
島田博信さんのアサガオの会は
実態不明の団体ということになりそうです。

まあ、こういった支援金をうたった
詐欺事件は最近頻発しているので
もしかしたらそういった類いなのかも
と思いました。

スマチャレ無料モニター案件の運営者情報(特商法)について

スマチャレ無料モニター案件は
最終的に実態がよくわからない
島田博信さんのアサガオの会へ
誘導しました。

いったいどんな業者が
このスマチャレ無料モニター案件を
運営しているのか気になったので
こちらも実態を調べてみることに。

トラブルになりそうな可能性が
否定できないので。

もしトラブルが発生した場合に
運営者の身元を明らかにしておく
ことは非常に重要です。

こういった副業募集では
特定商取引法に基づく表記が明記され
誰が運営責任者かが明確になっている
ケースがあります。

【特定商取引法とは】

事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守ることを目的とする法律です。 具体的には、訪問販売や通信販売等の消費者トラブルを生じやすい取引類型を対象に、事業者が守るべきルールと、クーリング・オフ等の消費者を守るルール等を定めています。

出典:特定商取引法とは|特定商取引法ガイド
https://www.no-trouble.caa.go.jp/what/

特定商取引法に基づく表記が
どうなっているかをチェック
してみることにしましょう。

関連記事

特定商取引法に基づく表記なし

スマチャレ無料モニター案件の
募集ページには
「特定商取引法に基づく表記」は
ありませんでした。

記載されている情報は
コピーライトのみとなっています。

一応お断りしておくと
本案件の募集ページに
特定商取引法に基づく表記がないからと
いって不自然なことではありません。

「特定商取引法に基づく表記」は
販売者と消費者(購入者)の間で
なんらかのトラブルが起きたときに

消費者を守ったりトラブルを円滑に
解決できるようにするために制定された
法律となっています。

スマチャレ無料モニター案件の
募集ページは無料案件への
誘導をしているだけでなので
記載する義務はないのですね。

だから、
今回記載してないとしても
違反行為になりまえせんし
不自然なことでもありません。

とはいえ、
副業案件の募集ページなので
商品の販売はなくても
金銭のやりとりが発生するわけです。

特商法は金銭トラブルを未然に防いだり
金銭トラブルが起きたときの解決方法を
取り決めているものなのでお金を必要とする
場面では記載されていた方が受け取る側
としては安心できます。

正直、この特商法の情報不足をみると
「なにか隠したいことがあるのでは?」
と疑ってしまっても不思議ではないでしょう。

少なくとも僕はそういう印象を持ちましたね。

特電法(特定電子メール法)表記からも業者特定できず

スマチャレ無料モニター案件は
メルマガ登録するところから
スタートしました。

よって特電法の表記をみることで
送信者が誰なのかがわかります。

ここから運営業者の情報を
掴むことができないかチェックして
みることにしました。

・・・・・・

詳細な情報を得ることは
できませんでした。

本来であれば会社名や個人名など
記載するところですが明記されているのは
運営事務局名のみ。

事務局名がわかったところで
運営業者を特定することは不可能です。

こうなるとなにかしらの理由で
運営業者情報を隠したい意図が
あるような感じがあります。

これは近づかない方が賢明な
案件な気がしてきました。

ハッピーライフ案件の特商法もなし

スマチャレ無料モニター案件から
最初に誘導されたハッピーライフ案件の
特商法についても調べました。

特定商取引法に基づく表記はありません。

スマチャレ無料モニター案件の
運営業者も不明。

誘導されたハッピーライフ案件の
運営業者も不明。

そこからさらに誘導された
島田博信さんのアサガオの会は
得体の知れない支援団体。

これだけわからないことだらけだと
もはやトラブルになることは
避けられないでしょう。

スマチャレ無料モニター案件は
誘導された案件を含めて全部非推奨と
判断することになりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました