中村健吾【Finance Life(ファイナンスライフ)】は安全か怪しいか?働かない稼ぎ方になるか登録検証(合同会社アース)

ネット【投資】案件の検証

募集ページを検証して疑問点・怪しい点・不安点はなかったか?

Finance Life案件の
募集ページを一通り見てきました。

Finance Life案件を実践すると

  • 時間不要
  • 費用不要
  • 知識不要
  • テクニック不要
  • 年齢・性別不問

という5つの条件を満たしつつ
経済的自由と時間的自由を
手にすることができるとしています。

知識やスキルを必要とせず
お金を稼ぐことができて
自由気ままな人生にすることが
できるとしたら理想的でしょう。

毎日必死に働いて月収30万円
平均年収400万円を手にしている
ビジネスパーソンがほとんどなので
これほどラクに稼げる方法はないです。

とはいえ
僕はこれまでこういった
ラクに稼げるをうたう副業案件や
投資案件を検証してきた
ほとんどが実態のない架空の儲け話
だったことも認識しています。

ということで
Finance Life案件も個人的には
「本当かな?」と懐疑的になっているのも
事実だったりするわけです。

詳細は別記事でも触れていますが
ネットビジネスの実践次第では
働かず稼ぐことはできます。

ただし、それはどこかの
企画に参加したりツールを手に入れて
即実現するみたいなことはありません。

自動販売機のように
お客さんが勝手にやってきて
商品を勝手に買っていく
仕組みを自分で作る」必要があるからです。

もちろんこれからAIの進展により
企画に参加したりツールを手にするだけで
不労所得になる時代がくるかもしれませんが
2022年現在ではそれはないでしょう。

僕がこれまで検証してきたAI搭載ツールを
使った稼ぎ方の多くは実態がないか
一時的に稼げて終わりとなるもので
永久的な稼ぎを作るものではありませんでした。

よってほったらかしでも稼ぐ仕組みは
自分で構築していく必要があると
僕オイスイ(追水卓)は考えているわけです。

そのような価値観や展望があるので
Finance Life案件は「果たして本当か?」と
懐疑的にならざるを得ません。

・・・・・・

募集ページをみて理想だの怪しいだの
憶測を語っていても実態はみえてきません。

募集ページの内容はざっくりしていて
Finance Life案件がどういった稼ぎ方に
なっているか把握するには登録検証する
しかないようです。

Finance Life案件に登録してみた

Finance Life案件をスタートするには
LINEカウントを登録する必要があるようです。

LINEアカウントを友達登録すると
経済的自由と時間的自由を手にするための
必要な情報を送ってくれるとのこと。

LINEアカウントを友達登録することで
すぐにどういった稼ぎ方をするのか
判明しそうな感じがありました。

実態をたしかめるべく
Finance Life案件のLINEアカウントを
友達登録をしてみました。

「『公式副業』総合案内」LINEアカウントへ誘導

募集ページのリンクをタップすると
『公式副業』総合案内という
LINEアカウントが表示されることに。

これはFinance Life案件なのでしょうか?

名称が違うと紛らわしいですね…

とはいえ募集ページのリンクを
タップして誘導されたので
間違いではないと思います。

不安はありますが
「『公式副業』総合案内」LINEアカウントを
友達登録しましょう。

冒頭部分に経済的自由と時間的自由を
手にして365日休みの人生を実現するという
表記があるのでFinance Life案件で
間違いなさそうです。

そしてFinance Life案件では
どんな稼ぎ方をするかもなんとなくですが
把握することができました。

どうやらFinance Lifeで提供されている
完全無料の全自動システムを使って
ほったらかし収入を実現していくとのこと。

そしてシステムで得た利益のうち
5%をFinance Life運営業者に
支払うことで成り立っているビジネスモデルで
あることがわかりました。

こういった完全無料で募集している
副業案件は「なにが目的で無料なのか?」が
説明されていないケースが多く
怪しい感じが拭えないものがあります。

ですがFinance Life案件では
稼いだお金から5%を利用手数料として
徴収するみたいなので完全無料で
システムを提供することができると
しっかり説明がありました。

稼いだお金のうち5%を支払う
システムになっているなら
こちらがマイナスになるリスクは
ない
といえるでしょう。

手取り分は少なくなりますが
安全性はある稼ぎ方といえますね。

それに仕組みがしっかりと
説明されているので安心感があり
他の副業案件に比べたら親切。

なるほどと思いました。

一通り説明が終わったあとは
初期費用の支援を受けるために
「ダイレクトネットバンク」という
ところに申請をする必要があるとのこと。

そしてLINEアカウント友達登録へと
誘導されることになりました。

・・・・・・

通常ですとこういった申請は
専用ページでやると思うのですが
なぜLINEアカウントへ誘導するのか?

個人的には若干の不安を覚えます。

LINEアカウントを友達登録すると
詳細な案内があるのでしょうか?

「公式@Net Bank」(ダイレクトネットバンク)へ誘導

メッセージにあったリンクをタップすると
「公式@Net Bank」というLINEアカウントが
表示されることになりました。

これはどうやら先ほど出てきた
ダイレクトネットバンクのアカウントの
ようですね。

こちらは名称が一致しているので
間違いないでしょう。

指示通り友達登録してみることにします。

どうやら1日500万円で10日間
合計で5000万円の支援を受けることが
できると案内がありました。

ただ、この支援を受けるためには
抽選をして当選することが
条件となっているようです。

この抽選は自動で行われるようで
結果発表を待つ必要があると
案内がありました。

↓↓↓↓↓↓

しばらくすると抽選結果が
発表されました。

どうやら支援金を受け取る
抽選に見事当選したようで
手続きするように案内がありました。

ただ、具体的な手続き方法については
メッセージで解説されていません。

よくわからないことになってきたので
運営者にコンタクトをとるために
「よろしくお願いします」と送りました。

・・・・・・

既読がついたのでメッセージは
確認しているようにみえますが
とくに返答はなし。

Finance Life案件は
ダイレクトネットバンクから
支援を受けたあとにスタートする
ことになっているので支援が受けられない
となると行き詰まります。

「『公式副業』総合案内」も追加メッセージなし

もしかしたら最初に案内された
「『公式副業』総合案内」に
なにか情報がきていないか
戻って確かめました。

確かめてみたのですが
とくに追加メッセージはきていないようです。

こちらも同じように
「よろしくお願いします」と
メッセージを送ってみたのですが
既読がつくだけで反応はなし。

こちらも既読スルーで終わりました。

・・・・・・

Finance Life案件はほんとうに
運営されているのか怪しくなってきますね…

今回が4年に1度の再募集ということですが
ほんとうに再募集されているのかどうか
不安になってきました。

Finance Life案件の運営者情報(特商法)について

Finance Life案件は手続きが
途中でとまってしまい
登録検証することができなくなりました。

ということで
ここからは視点を変えて
別の角度から検証をしていきます。

Finance Life案件の運営者の
実態はどうなっているのかを
たしかめていくことにしましょう。

募集が終了している感じがある
案件を放置していることから
仮にFinance Life案件を実践できたとしても
トラブルなく実践できるような感じがしません。

もしトラブルが発生した場合に
運営者の身元を明らかにしておく
ことは非常に重要です。

こういった副業募集では
特定商取引法に基づく表記が明記され
誰が運営責任者かが明確になっている
ケースがあります。

【特定商取引法とは】

事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守ることを目的とする法律です。 具体的には、訪問販売や通信販売等の消費者トラブルを生じやすい取引類型を対象に、事業者が守るべきルールと、クーリング・オフ等の消費者を守るルール等を定めています。

出典:特定商取引法とは|特定商取引法ガイド
https://www.no-trouble.caa.go.jp/what/

関連記事

特定商取引法に基づく表記が
どうなっているかをチェック
してみることにしましょう。

特定商取引法に基づく表記をチェック

販売事業者合同会社アース
運営責任者中村健吾
所在地東京都中央区八丁堀1丁目2−9八重洲アングルビル405
電話番号03-0436-2459
メールアドレスinfo@poroncho.com

特定商取引法に基づく表記は
しっかりとされている印象です。

販売価格(役務の対価)(送料についても表示が必要)
代金(対価)の支払い時期、方法
商品の引渡時期(権利の移転時期、役務の提供時期)
商品若しくは特定権利の売買契約の申込みの撤回又は売買契約の解除に関する事項(その特約がある場合はその内容)
事業者の氏名(名称)、住所、電話番号
事業者が法人であって、電子情報処理組織を利用する方法により広告をする場合には、当該販売業者等代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名
申込みの有効期限があるときには、その期限
販売価格、送料等以外に購入者等が負担すべき金銭があるときには、その内容およびその額 引き渡された商品が種類又は品質に関して契約の内容に適合しない場合の販売業者の責任についての定めがあるときは、その内容
いわゆるソフトウェアに関する取引である場合には、そのソフトウェアの動作環境
商品の売買契約を2回以上継続して締結する必要があるときは、その旨及び販売条件
商品の販売数量の制限等、特別な販売条件(役務提供条件)があるときには、その内容
請求によりカタログ等を別途送付する場合、それが有料であるときには、その金額
電子メールによる商業広告を送る場合には、事業者の電子メールアドレス

出典:通信販売|特定商取引法ガイド
https://www.no-trouble.caa.go.jp/what/mailorder/

特定商取引法に基づく表記では
事業者の氏名(名称)、住所、電話番号
明記が必要になります。

Finance Life案件の募集ページにある
特定商取引法に基づく表記は
これらの情報が明記されているので
問題ないよう印象を受けました。

国税庁ウェブサイトで法人番号検索してみたら…

合同会社アースという会社が
本当に実在するかどうか
チェックしていくことにしましょう。

マイナンバーの法人版に法人番号
というものがあり2015年より
スタートしています。

日本で法人を運営したり設立した場合は
国税庁に申請をして法人番号の指定を
受けないといけなくなりました。

そのため合同会社アースが実在する
企業であれば法人番号の指定を
受けているはず。

つまり合同会社アースが実在する
企業かどうかがまるわかりに
なるわけですね。

法人番号はマイナンバーと違って
公開情報なので国税庁のウェブサイトで
検索・閲覧することが可能となっています。

ということで合同会社アースが
登録されているかどうか調べました。

出典:国税庁企業検索
https://www.houjin-bangou.nta.go.jp/

合同会社アースという企業は複数
登録されていることは確認できましたが
「東京都中央区」の住所で登録されている
企業は該当なしと出ました。

こうなると合同会社アースは
実在しない架空の企業である
可能性が出てきますね…

Finance Life案件も
途中で手続きが止まってしまったので
合同会社アースが検索結果に出ないとなると
「実は作り話では?」という疑いが
濃厚になってきます。

4年ぶりの再募集であれば
実績を出している人がいても
不思議ではないですからね。

それで情報が出ないとなれば
前回4年前の募集も本当にあったか
どうか疑わしいといえます。

代表者中村健吾について

特定商取引法に基づく表記の
代表者として名前が出ている
中村健吾さんについても調べてみました。

Finance Life案件は
月収30万円前後の
ビジネスパーソンを
月収100万円以上稼がせることに
成功している企画。

そのような画期的な稼ぎ方を
提案して募集している中村健吾さんは
それなりに実績があるはず。

そうなればなにかしらネット上に
情報があっても不思議ではないでしょう。

ということで中村健吾さんが
どういった実績をお持ちになっているか
チェックしました。

・・・・・・

中村健吾さんに関する情報は
まったくありませんでした。

こうなると中村健吾さんも
実在する人物かどうか怪しい感じが
してきますね…

中村健吾・合同会社アース【Finance Life(ファイナンスライフ)】実践者の状況はどうなっているか?

Finance Life案件は途中で
手続きが止まってしまい
本当に実在する稼ぎ方なのか
怪しい感じがしました。

そして運営会社である
合同会社アースも法人番号の指定を
受けていないことが判明して
本当に実在する企業かどうかも
怪しい状況。

さらに代表者となっている
中村健吾さんの情報もまったく不明。

このように登録して検証してきた結果
不明点が次々と出てくることになりました。

Finance Life案件は今回が
4年ぶりの再募集とのことですが
果たして本当に企画が運営されているのか
個人的には怪しい感じがしています。

ですが
募集ページには実践者の情報が
公開されているので
稼げている人は存在するような
感じもあります。

ということでここからは
Finance Life案件の実績情報や
口コミ情報などをチェックして
安全に稼げる案件かどうかを
検証することにしましょう。

募集ページの実績は信用できるか?

Finance Life案件の募集ページには
こういった具合に脱サラに成功した
体験談が掲載されています。

そのためFinance Life案件で
成果を出せている人は存在するような
印象を受けました。

たしかに募集ページでは成果を
出している人の声が紹介されているので
実績があるようにみえますが、

あくまで提供者発表であり
収益画像や実践者の声など客観的に
確認できるデータではありません。

個人的には信用できる実績情報と
断言することはできないですね。

もっと客観的な実績データが欲しいところ。

ということでGoogle検索を使い
ブログやSNSで実践状況を報告して
実績が出ている人がいるかどうか
調べてみることにしました。

・・・・・・

調べてみたのですが実践者と思われる
人の情報を掴むことができませんでした。

よって本当に稼げる案件になっているか
どうか依然として怪しい状況となっています。

口コミで広まった事実はあるか?

中村健吾さんのFinance Life案件の
LINEアカウントには約7800人の友達登録が
確認できることから
最低でも7800人の実践者がいるとみられます。

これだけのLINEアカウントに
友達登録者を集めることができたなら
確実に過去に話題になっているはず。

中村健吾・合同会社アース
【Finance Life(ファイナンスライフ)】は

  • 時間不要
  • 費用不要
  • 知識不要
  • テクニック不要
  • 年齢・性別不問

で脱サラすることが実現するわけですから
事実なら喜びの声で溢れかえっていても
おかしくありません。

ということでネット上で
中村健吾・合同会社アース
【Finance Life(ファイナンスライフ)】が
話題になった形跡があるかどうか
評判情報を調べてみることにしました。

・・・・・・

口コミで広まった事実があるか
調べてみましたがそういったことも
過去にはなかったようです。

調べて出てきたのは批評サイトくらいで
おすすめと紹介している人はほぼなし。

よって現時点で本当に
中村健吾・合同会社アース
【Finance Life(ファイナンスライフ)】が
稼げるかは完全に未知数です。

実践者が7800人以上いて収益化してる
ビジネスなのに評判情報がないのは
なぜでしょうか???

本当に稼げるビジネスなのか
不安に感じるのは僕だけではないと思います。

こうなるとFinance Life案件は
実態のない架空の案件である
可能性が高いですね。

とても安全に取り組める副業案件と
いうことはできないでしょう。

7000人以上の人が収益化しているはずの
稼ぎ方なのにネット検索してもまったく
実績や口コミといった
評判情報が出てこないのは
不思議としか言いようがありません。

最近はこういった怪しい儲け話で
客寄せして詐欺行為をする悪徳業者も
少なくないので安易に近づかない方が賢明です。

もし記事を見てる人で実践することができて
「Finance Life案件で実際に稼げたよ!」
という証拠をお持ちであれば

こちらから教えていただけると助かります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました