スクエア株式会社【スマートジョブnet】LINE副業マッチングサービスは怪しいか安全か?毎日5万円稼げるか登録検証

ネット【副業】案件の検証

スマートジョブnet募集ページで疑問点・怪しい点・不安点

スマートジョブnetは
募集ページから副業マッチングサービスで
あることあ想像できます。

この副業マッチングサービスを
利用するにはLINEアカウントを
友達登録するだけでOKとのこと。

LINEメッセージとして
副業案件を案内してくれるそうなので
手軽に利用できそうな感じがありました。

そしてスマートフォン完結の仕事を
実践することで初月から1日5万円もの
報酬を獲得できることもわかりました。

1日5万円も稼げれば1ヶ月で150万円。

平均月収の5倍にもなる金額を
スマートフォン操作だけで実現する
ことができるとしたら魅力的な
稼ぎ方といえますよね。

とはいえ個人的には
スマートジョブnet募集ページの内容を
鵜呑みにできないと感じしてるのも事実

スマートジョブnetの募集ページは
全体的に説明がざっくりとしていて
ビジネスモデルが具体的に説明されていません。

スマートジョブnetの募集ページ
アピール通りにスマートフォン操作だけで
毎日5万円を稼げるようになるとしましょう。

そうすると必ずその5万円というお金を
払う人がいるわけです。

お金というのは無限に存在するものではなく
他のお金を持っている人から移動してくる
ことしかありません。

あなたが本業持ちで毎月給料が
支払われているとしたら
そのお金の出所は会社ですよね。

会社が儲けた売上の一部を
給料としてあなたに払っているから
成立しているのです。

このように必ずお金の出所があります。

ですがスマートジョブnetは
お金の出所がまったくわからず
本当に5万円を毎日手にすることが
できるのか疑問なのもたしか。

スマートジョブnetはビジネスモデルとして
成立しているかどうか怪しいわけです。

スマートジョブnetに登録してみた

募集ページをみて考えても結論は出ません。

ここはスマートジョブnetに
登録して潜入調査する必要がありそうです。

スマートジョブnetは
LINEアカウントを友達登録することで
スタートできる稼ぎ方となっています。

LINEアカウントを友達登録するだけでは
個人情報が漏れるみたいなリスクはありません。

多少不安はありますがリスクはないので
スマートジョブnetのLINEアカウントを
友達登録をしてみました。

簡単スマホ副業2?1日5分の副業navi?

募集ページにあったリンクを
タップしてみると「簡単スマホ副業2」
というアカウントが表示されました。

これはスマートジョブnetの
アカウントなのでしょうか?

名称が違っていると困惑しますよね。

とはいえスマートジョブnetの
募集ページから誘導された
LINEアカウントなので関連性が
あるのは間違いないでしょう。

子の簡単スマホ副業2を
友達登録してみることにします。

今度は「1日5分の副業navi」
なっていますね…

なぜこう名称をコロコロ変更
するのでしょうか。

こちらとしては非常に紛らわしいと
感じてネガティブになるのですが。

そして肝心な仕事についてですが
登録すると立て続けにメッセージがきて
全部で3件の仕事を紹介されました。

それではそれぞれどんな仕事案件と
なっているかチェックしていきましょう。

MOBY DICK

まずはじめに紹介された仕事は
MOBY DICKというものです。

MOBY DICK案件なのですが
専用ページをチェックした限りでは
なにかしらの金融投資(資産運用)を
して利益を出していくようです。

スタートしたその日から
利益を獲得していくことが
できる即金性があるようです。

ただ、個人的にはこの
投資案件はおすすめできません。

特定商取引法に基づく表記をみると
日本の法人ではないようにみえます。

住所にマニラとあるので
フィリピンの法人ということに
なると思われます。

さすがに海外法人の案件は
安全に実践できるとは思えませんので
こちらは非推奨案件ですね。

それにしても海外の
投資案件をおすすめしてくるとは
スマートジョブnetは本当に大丈夫か
怪しくなってきます。

30日でお金持ちになれる方法

次に紹介されたのは
「30日でお金持ちになれる方法」という
案件でした。

冒頭部分からあるOLが
たった30日でお金持ちになった
エピソードが書かれていました。

最終的に金運を上げる占い案件に
誘導されることになりました。

正直、僕は金運を上げるくらいで
お金持ちになれるほど世の中は
甘くないと考えているので
ことらも登録非推奨ですね。

まあ、1日5分の占いで
金運が上がってザクザク設けることが
できるようになるなら苦労はしませんが
世の中そううまくはいかないです。

知識やスキルを磨いて
価値提供していかないと
お金を自分の元に引き寄せることは
できません。

スマホでらくらく高収入

最後に紹介されたのは
「スマホでらくらく高収入」という
案件でした。

なんとなくスマホ副業っぽい
感じがしますね。

ただこの名称になんとなく
見覚えがあるので過去記事を
調べてみることにしました。

株式会社KCS・井上隼人【スマホで楽々高収入】アプリ副業

株式会社KCS・井上隼人さんの
【スマホで楽々高収入】アプリ副業
では
ないかと思われます。

募集ページ内にあった
特定商取引法に基づく表記を
チェックしてみたらビンゴでした。

株式会社KCS・井上隼人さんの
【スマホで楽々高収入】アプリ副業は
安全性の高さが売りとなっている
副業案件でした。

株式会社KCS・井上隼人【スマホで楽々高収入】アプリ副業

しかし、国税庁のウェブサイトで
株式会社KCSが法人として登録されているか
どうか調べてみたところ…

該当なしと出てきたわけです。

つまり株式会社KCSは実態があるかどうか
怪しい業者と判明したのです。

得体の知れない業者の募集している案件が
安全に取り組めるとは思えないですよね。

ということで非推奨としました。

3件ともおすすめできない副業

スマートジョブnet(簡単スマホ副業2)から
紹介された3つの案件をみてきたのですが
どれも安全に取り組めるか怪しいものでした。

これからスマートジョブnetからは
いろいろ仕事の斡旋があると思いますが
安心して取り組める案件がやってくるか
どうか怪しいですね…

スマートジョブnet実践者の状況はどうなっているか?

スマートジョブnetは
募集ページで登録者が12万人もいると
アピールしています。

これだけの登録者がいて
実践しているとしたら
なにかしら実践者の情報が
インターネット上にあっても
不思議ではありません。

スマートジョブnetに登録して
実践している人からは稼ぐことができて
満足している声を寄せています。

たしかに募集ページでは成果を
出している人の声が紹介されているので
実績があるようにみえますが、

あくまで提供者発表であり
収益画像や実践者の声など客観的に
確認できるデータではありません。

個人的には信用できる実績情報と
断言することはできないですね。

もっと客観的な実績データが欲しいところ。

ということでGoogle検索を使い
ブログやSNSで実践状況を報告して
実績が出ている人がいるかどうか
調べてみることにしました。

・・・・・・

調べてみたのですが実践者と思われる
人の情報を掴むことができませんでした。

よって本当に稼げる案件になっているか
どうか依然として怪しい状況となっています。

それどころかスマートジョブnetは
本当に実在しているかどうかすら
怪しい感じが濃厚になってきました。

本当に登録者が12万人もいるのか?

もし12万人も登録者を集めることが
できたということは間違いなく
口コミなどで話題になったことが
理由となっているでしょう。

ということで視点を変えて
次は口コミ情報を探してみることにしました。

LINEアカウントには12万人も登録してない

スマートジョブnetはLINEにて
仕事の斡旋をする副業マッチングサービス。

そのため募集ページにある
登録者12万人というのは
LINEアカウントの友達登録者
という見方をするのが自然でしょう。

ということで改めて
スマートジョブnetLINEアカウント
「簡単スマホ副業2」に登録者が
どれだけいるかチェックしました。

だいたい650人です。

12万人の登録者とは程遠い
人数となっていました。

こうなると募集ページに
記載されている内容には
他にも虚偽が隠されている
可能性が出てきますね…

LINEアカウントは登録者が増えすぎると
一斉配信メッセージをする料金が高くなります。

料金が高くなるのでアカウントを分散して
管理している可能性も否定できません。

「簡単スマホ副業2」という
名称から2つ目のアカウントに
なっているようにもみえますからね。

複数のアカウントを用意するほど
登録者がいるとしたら12万人が
集まっていても不思議ではないでしょう。

それにスマートジョブnetは
平均日給5万円をスマートフォン
タップするだけで実現できるという画期的な
稼ぎ方なわけですから事実なら喜びの声で
溢れかえっていてもおかしくありません。

ということでネット上で
スマートジョブnetが
話題になった形跡があるかどうか
評判情報を調べてみることにしました。

・・・・・・

口コミで広まった事実があるか
調べてみましたがそういったことも
過去にはなかったようです。

調べて出てきたのは批評サイトくらいで
おすすめと紹介している人はほぼなし。

よって現時点で本当に
スマートジョブnetが
稼げるかは完全に未知数です。

実践者が12万人以上いて収益化してる
ビジネスなのに評判情報がないのは
なぜでしょうか???

本当に稼げるビジネスなのか
不安に感じるのは僕だけではないと思います。

もし記事を見てる人で実践することができて
「スマートジョブnetで毎日5万円を
コンスタントに実際に稼げているよ!」
という証拠をお持ちであれば

こちらから教えていただけると助かります。

スクエア株式会社運営者情報(特商法)について

ここまで検証してきて
スマートジョブnetが
本当に実在する稼ぎ方なのか怪しい
感じが強くなってきました。

この案件はこのままトラブルなく
実践できるような感じがしません。

もしトラブルが発生した場合に
運営者の身元を明らかにしておく
ことは非常に重要です。

こういった副業募集では
特定商取引法に基づく表記が明記され
誰が運営責任者かが明確になっている
ケースがあります。

【特定商取引法とは】

事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守ることを目的とする法律です。 具体的には、訪問販売や通信販売等の消費者トラブルを生じやすい取引類型を対象に、事業者が守るべきルールと、クーリング・オフ等の消費者を守るルール等を定めています。

出典:特定商取引法とは|特定商取引法ガイド
https://www.no-trouble.caa.go.jp/what/

関連記事

特定商取引法に基づく表記が
どうなっているかをチェック
してみることにしましょう。

特定商取引法に基づく表記をチェック

会社名スクエア株式会社
住所東京都渋谷区道玄坂1-12-1
電話番号0120-965-412
メールアドレスinfo.spuare@yahoo.co.jp
担当者鈴木

一応情報としては十分なようにみえます。

特定商取引法に基づく表記では
次の情報を盛り込むことが必要です。

販売価格(役務の対価)(送料についても表示が必要)
代金(対価)の支払い時期、方法
商品の引渡時期(権利の移転時期、役務の提供時期)
商品若しくは特定権利の売買契約の申込みの撤回又は売買契約の解除に関する事項(その特約がある場合はその内容)
事業者の氏名(名称)、住所、電話番号
事業者が法人であって、電子情報処理組織を利用する方法により広告をする場合には、当該販売業者等代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名
申込みの有効期限があるときには、その期限
販売価格、送料等以外に購入者等が負担すべき金銭があるときには、その内容およびその額 引き渡された商品が種類又は品質に関して契約の内容に適合しない場合の販売業者の責任についての定めがあるときは、その内容
いわゆるソフトウェアに関する取引である場合には、そのソフトウェアの動作環境
商品の売買契約を2回以上継続して締結する必要があるときは、その旨及び販売条件
商品の販売数量の制限等、特別な販売条件(役務提供条件)があるときには、その内容
請求によりカタログ等を別途送付する場合、それが有料であるときには、その金額
電子メールによる商業広告を送る場合には、事業者の電子メールアドレス

出典:通信販売|特定商取引法ガイド
https://www.no-trouble.caa.go.jp/what/mailorder/

事業者の氏名(名称)、住所、電話番号
3つの情報について明記されているので
一応特定商取引法に基づく表記は
しっかりされていると判断してもよいでしょう。

まあ、担当者が「鈴木」とフルネームで
明記されていないのが気になるところですが…

ではこのスクエア株式会社が実在する
企業かどうかを調べてみることにしましょう。

国税庁ウェブサイトで法人番号検索してみたら…

マイナンバーの法人版に法人番号という
ものがあり2015年よりスタートしています。

この法人番号は法人を運営していたり
新規設立したら国税庁に申請をして
法人番号の指定を受けなければいけないもの。

法人番号はマイナンバーと違って
公開情報となっているので
国税庁のウェブサイトで検索閲覧
することが可能です。

もしスクエア株式会社が実在する
企業だとしたら法人番号が指定されている
はずなので調べてみることにしました。

出典:国税庁企業検索
https://www.houjin-bangou.nta.go.jp/

該当する企業は出ませんでした。

よって特定商取引法に基づく表記にある
住所「東京都渋谷区道玄坂1-12-1」に
スクエア株式会社は存在しない可能性が
高まってきました。

住所がレンタルオフィスで不安あり

あと所在地の「東京都渋谷区道玄坂1-12-1」は
リージャス 渋谷マークシティビジネスセンターという
レンタルオフィス
であることもわかりました。

レンタルオフィスとは
ざっくりといえば住所貸しのサービスです。

法人登記や先ほども触れた
法人番号登録には住所が必須になります。

ですが一般的なオフィスビルに
入居しようとなると審査が厳しく
容易に入居することができません。

ましてや個人業者から法人に
転換するような場合は実績がないので
審査が通りにくいことがあるのです。

そういったときに便利なのがレンタルオフィス。

レンタルオフィスは審査が緩く
お金を払えば法人登録の住所を
容易に手に入れることができます。

もちろんですが法人登記や
法人番号指定や法人銀行口座開設に
使うことが可能です。

ということもあって個人事業者が
法人化するときに利用するケースが
多いといえるサービスです。

ただ、審査が緩いことから
悪徳商法にも悪用されることが多く
運営業者の住所がレンタルオフィスの
場合は要注意ともされています。

今回のスマートジョブnetは
法人番号の指定がないので
完全にアウトですが

住所にリージャス渋谷マークシティ
ビジネスセンターの住所を使っているあたり
身元を隠したい意図があるような気がして
なりませんね。

記事を書いていて
スマートジョブnetを
実践しても安全なのか?
不安になってしまいました。

スマートジョブnetは12万人の
登録者がいて利用者がたくさんいるので
安心して取り組めそうな感じがありました。

しかし、その12万人の存在は不明で
運営業者は法人番号の指定を受けて
住所はレンタルオフィスと
不明点や怪しい点ばかりが浮き彫りに…

スマートジョブnetはとても安全に
利用できる副業マッチングサービスと
判断することは難しそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました