THIRD-PG【NOBLE STAFF(ノーブルスタッフ)】副収入スキームは初月から75万円稼げるか登録検証

ネット【副業】案件の検証

THIRD-PGの運営者情報(特商法)について

まずはじめに運営者情報について
触れておくことにします。

冒頭部分でも触れていますが
NOBLE STAFF副収入スキーム
案件を運営しているのは
「THIRD-PG」という業者です。

運営者名NOBLE STAFF運営事務局
メールアドレスinfo☆third-pg.jp
※お問い合わせはEメールでお願い致します。
※☆を@に変えてください。

メールアドレスが
「info☆third-pg.jp」となっていることが
確認できると思います。

これまで検証してきた副業案件でも
たびたびこのメールアドレス
「info☆third-pg.jp」が使われている
事例がありました。

ですからTHIRD-PGの副業案件は
NOBLE STAFF副業案件が
はじめてではないのですね。

そして実態のない架空の稼ぎ方や
副業案件でメルマガ登録やLINEアカウントの
友達登録を促すことをしていたわけです

ですから連絡先のメールアドレスに
「info☆third-pg.jp」と記載されている副業案件は
個人的に要注意案件とみています。

THIRD-PG【SouthernCross(サザンクロス)】は架空の副業案件だった

ではこれまでTHIRD-PGが
世に出してきた副業案件には
どんなものがあるのか?

直近で検証したTHIRD-PGの副業案件に
「SouthernCross(サザンクロス)」があります。

THIRD-PG【SouthernCross(サザンクロス)】最新副業術
THIRD-PG【SouthernCross(サザンクロス)】最新副業術

ご覧のようにメールアドレスが
「info☆third-pg.jp」となっていることが
確認できるはずです。

THIRD-PG
【SouthernCross(サザンクロス)】
最新副業術は募集ページでによると
1日1万円しっかり取り組めるという
触れ込みで募集されている案件でした。

「しっかり取り組めます!」
と曖昧な表現になっていたのは
気になる点ですが

本当に儲かるなにかしらの
最新副業術を実践することで
最短最速で2000万円の資産構築を
目指せるという内容となっていました。

しかし、検証を進めていっても
最短最速で2000万円の資産を構築できる
最新副業術の実態は不明なまま。

700人近い実践者がいるはずなのですが
そういった人がどうなったかも不明。

なにもかもが不明だらけで本当に
実態がある稼ぎ方か怪しくなり
最終的に非推奨案件としました。

おそらくフィッシング案件
だったでしょう。

目を惹く大々的なアピールをして
興味を持たせ他の本命案件に誘導して
登録させるためだけの架空の案件ではないか
という疑いがあったわけですね。

ですから今回も他の案件へ誘導して
登録させることを目的としたダミー案件で
終わるのではないかと危惧しています。

「特定商取引法に基づく表記」は情報不足

こういった副業案件が怪しいかどうか
検証するときは特定商取引法に基づく表記が
どうなっているかチェックすることを
オススメします。

下記の記事で詳細に説明していますが
特定商取引法に基づく表記には
運営責任者情報があり
なにかトラブルがあったときの連絡先と
なるからです。

通信販売は、隔地者間の取引なので、消費者にとって広告は唯一の情報です。そのため、広告の記載が不十分であったり、不明確だったりすると、後日トラブルを生ずることになります。そのため特定商取引法は、広告に表示する事項を次のように定めています。

出典:通信販売|特定商取引法ガイド
https://www.no-trouble.caa.go.jp/what/mailorder/

なお、ここでお断りしておくと
特定商取引法に基づく表記は
有料商品を販売する場合に明記するもの。

THIRD-PG業者の
NOBLE STAFF副収入スキームは
有料商品販売をしていないので
明記する義務はありません。

ただ、
副業案件なのでお金のやりとりが
発生するため相手の所在はしっかりと
掴んでおいたほうが安心できます。

特定商取引法に基づく表記を
書く必要がないとはいえ
安心感を与えるためにはしっかりと
明記した方が印象がよいわけです。

そして特定商取引法に基づく表記には
下記の情報を明記するように決まっています。

販売価格(役務の対価)(送料についても表示が必要)
代金(対価)の支払い時期、方法
商品の引渡時期(権利の移転時期、役務の提供時期)
商品若しくは特定権利の売買契約の申込みの撤回又は売買契約の解除に関する事項(その特約がある場合はその内容)
事業者の氏名(名称)、住所、電話番号
事業者が法人であって、電子情報処理組織を利用する方法により広告をする場合には、当該販売業者等代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名
申込みの有効期限があるときには、その期限
販売価格、送料等以外に購入者等が負担すべき金銭があるときには、その内容およびその額 引き渡された商品が種類又は品質に関して契約の内容に適合しない場合の販売業者の責任についての定めがあるときは、その内容
いわゆるソフトウェアに関する取引である場合には、そのソフトウェアの動作環境
商品の売買契約を2回以上継続して締結する必要があるときは、その旨及び販売条件
商品の販売数量の制限等、特別な販売条件(役務提供条件)があるときには、その内容
請求によりカタログ等を別途送付する場合、それが有料であるときには、その金額
電子メールによる商業広告を送る場合には、事業者の電子メールアドレス

出典:通信販売|特定商取引法ガイド
https://www.no-trouble.caa.go.jp/what/mailorder/

トラブルが発生したときに
迅速な対処ができるよう
事業者の氏名(責任者)・住所・電話番号の
記載が必要となっているわけです。

では、もう一度ここで
THIRD-PG業者の
NOBLE STAFF副収入スキームの
特定商取引法をみてみましょう。

運営者名NOBLE STAFF運営事務局
メールアドレスinfo☆third-pg.jp
※お問い合わせはEメールでお願い致します。
※☆を@に変えてください。

NOBLE STAFF副収入スキーム
特商法表記はどうなっているかというと
責任者が誰なのか不明となっており
住所や電話番号の記載がありません。

よってトラブル発生時の連絡手段は
メールのみとなっていますので
「info☆third-pg.jp」に送ることに
なるわけです。

もしメールアドレスを連絡先として
使用する場合は「1週間以内に返答する」
など迅速に対応する意思を示す注意書きが
必要になります。

THIRD-PGのNOBLE STAFF副業案件には
そういった表記がないので適切な書かれ方が
されているとはいえないでしょう。

THIRD-PG業者
NOBLE STAFF副収入スキームの
曖昧な書き方をみていると
「意図的に隠しているのでは?」
と疑ってしまいます。

THIRD-PGは過去にも実態のない
儲け話の募集をしていたことがあるだけに
今回も実態がない副業のような気がしてなりません。

ドメイン登録者はファーストペンギン

他の「THIRD-PG」関連記事でも
指摘していることなのですが
ドメイン登録者を調べると
「First Penguin Inc.」となっています。

ファーストペンギンは
情報商材ASP最大手「infotop」を
運営している企業です。

インターネット上で有料情報販売を
専門的にやっている業者なので
特定商取引法に基づく表記の重要性は
熟知しているはず。

もちろん
同名の企業は世の中に多数存在するので
このファーストペンギンがinfotopを運営する
ファーストペンギン社とは断定できません。

infotopで扱われている情報商材は
優良なものが多く
僕も利用しているASPなので
無関係であることを願いたいと
個人的には思っていますが。

THIRD-PG【NOBLE STAFF】副業案件に登録してみたら…

THIRD-PGの
NOBLE STAFF副業案件は
スマートフォンと銀行口座の
2つがあれば誰でも実践が
可能と募集ページでうたっています。

しかもこの最新副業術は

  • 年齢
  • 性別
  • 職歴

に関係なく実践することが
できる案件になっているとか。

人気となっている在宅ワーク
副業案件というと
プログラミングや記事ライターや
動画編集といった案件が中心です。

これらは知識やスキルがないと
実践できない副業案件なので
誰でもできるわけではありません。

本業や家事を傍らで実践するとなれば
なかなか難しい稼ぎ方といえるでしょう。

最近は副業希望者が増えていますが
知識やスキルが必要な仕事が
中心となっていることもあって
実践できない事例も多いです。

やはり時間を確保できないというのは
痛いところですよね。

そういった意味で
THIRD-PGのNOBLE STAFF
副収入スキームは難しい作業はなく
知識やスキルを必要とする仕事では
ない
ように感じます。

それで月収75万円も稼げるなら
副業選びに難航している人にとっては
救いの手になりそうな案件ですね。

ただ、ビジネスモデルについて
解説している記事でも触れているように
お金は無限に存在するわけではなく
他の人から移動してくることしかありません。

NOBLE STAFF副収入スキームは
スキル不要の在宅ワークで
月収75万円以上を実現すると
アピールしていますが

果たしてスキル不要な仕事にお金を払う
人(業者)は存在するでしょうか?

NOBLE STAFF副収入スキームは
お金の出所が明確にされていないので
実は架空の儲け話ではないかという
疑いもなくはありません。

とまあ、募集ページをチェックして
いろいろ思うところはありますが
真相を確かめるには登録して
追加情報を送ってもらうしかなさそうです。

THIRD-PG【NOBLE STAFF】
副収入スキームはメルマガ登録することで
サービスの紹介があるようにみえます。

募集ページではざっくりとした
解説しかなくビジネスモデルが曖昧な
状態になっており検証しきれません。

やはりさらに追加情報を送ってもらわないと
検証続行できないので
不安な点はあるもののメルマガ登録して
みることにしました。

メルマガのメッセージ届かず…

メルマガに登録してみたのですが
メッセージがいつまでたっても
やってきません。

NOBLE STAFF副収入スキームは
メルマガ登録することがスタートの
条件と募集ページで案内があります。

案内通り登録作業をしたのですが
詳細な情報を送ってくれないというのは
個人的にはどうなのかなと。

これは不安になってきますね…

LINEメッセージの検証をしようとしたが…

メルマガ登録したあとに
別のページへ移動して
LINEアカウントを友達登録するよう
誘導されました。

ということでLINEアカウントも
友達登録して見たのですが…

LINEアカウントも無言のまま。

他の案件ですとLINEアカウントを
友達登録すると自動メッセージが送信され
その後どうするか案内があります。

ですがNOBLE STAFF副収入スキームでは
そういった案内がやってきません。

反応があるかどうかたしかめるため
「よろしくお願いします」と
メッセージを送ってみたところ
既読が付きました。

よってLINEアカウントは運営されている
感じはあります。

ですが既読スルー状態で
とくに情報を送ってくる感じがありません。

THIRD-PGの
NOBLE STAFF副収入スキーム
メルマガとLINE以外に情報を得る
手段は用意されていないので
これ以上登録検証を続けることは
できなくなりました。

事実確認のため評判情報(実績・口コミ)をチェックしてみる

THIRD-PGのNOBLE STAFF副収入スキームは
登録して潜入調査することができないので
代わりとして実践者の口コミや実績などの
情報を元にして検証をしてみることにします。

募集ページにはこのように
先行モニターと思われる人の
実績情報が公開されていますが

この情報というのは
募集ページ作者が選んで掲載しており
客観性があるとは言えない情報です。

実際にネットビジネス業界では
こういった口コミをねつ造したり
お金を払って書いてもらうサクラレビュー
なんてものが横行していますからね。

こういった口コミや実績情報よりは
ブログやSNSなどで実践者を探して
「実際どうだったのか?」をチェックした
ほうがより正確な情報が手に入ります。

THIRD-PG業者の
NOBLE STAFF副収入スキームの
LINEアカウントには1100人以上の
友達登録
があると確認できています。

実践するにはLINEアカウントを
友達登録することが必要なので
登録者は全員実践者でしょう。

1100人以上いればGoogle検索や
SNS検索を使って情報を探せば
なにかしら声は出てくるはずです。

ということでインターネット上に
情報がないか探してみました。

・・・・・・

探してみたのですが
NOBLE STAFF副収入スキームを
実践したという人の実績情報を
探し出すことはできませんでした。

稼げる or 稼げない以前に
実践者の情報が出ないのです…

こうなってくると今回も
NOBLE STAFF副収入スキームは
残念ながら実態のない副業案件という
結論になってしまうかもしれませんね…

もし記事を見てる人で
実践することができて
「実際に稼げたよ!」
という証拠をお持ちであれば

こちらから教えていただけると助かります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました