PHOENIX投資システム(トレンド副業案内人【みさき】)案件は安全か怪しいか?毎日20万円の利益が出るか考察

ネット【投資】案件の検証

募集ページを検証して疑問点・怪しい点・不安点はなかったか?

PHOENIX投資システムの
募集ページからなにかしらの
金融投資(資産運用)を

自動売買ツールを使って
ほったらかし運用して
毎日20万円を目指していくことが
わかりました。

毎日20万円も稼げたら
月収にして600万円です。

想像が付かない金額ですよね…

年収600万円でも十分凄いのに
その金額をわずか1ヶ月で実現するとなれば
とんでもない投資システムといえます。

もし募集ページの内容が全部事実なら
今までの概念を圧倒的に覆すことに
なるのは間違いないでしょう。

ただ自動売買ツールを使った
稼ぎ方をすることになるなら
募集ページの情報を鵜呑みに
できない部分があるのもたしか。

自動売買ツールで稼ぐ案件であれば
たいていの場合バックテストの
結果をエビデンスとして公開するのが
通例となっています。

自動売買ツールというのは
過去の値動きから未来を予測して
売買をするので過去の相場データを
通してどうだったかも品質を
見極めるのに重要です。

僕も過去にFXの自動売買ツールを
使ったことがありました。

そのときに調べたのですが
自動売買ツールは悪質なものも多く
デタラメなツールも大量にでまわって
いるようなのです。

ですから信用できるかどうかは
さておきバックテストデータが
公開されているかどうかが第一の
基準となると知りました。

もしPHOENIX投資システムが
毎日20万円を稼ぐことができているなら
バックテストのデータで過去に
毎日20万円稼げていた証拠が出せるはず。

ですが、PHOENIX投資システムの
募集ページにはバックテストの
データがまったく公開されていません。

よって募集ページからは
PHOENIX投資システムが本当に
実在するシステムかどうか
判断することができないわけです。

そもそもなのですが
金融投資(資産運用)は勝つ日もあれば
負ける日もあるという波があり
1ヶ月トータルでどれだけ利益が出たかを
指標にします。

毎日勝ち続けるというのは
果たして現実的なことなのかどうか
個人的には疑問に感じますね…

PHOENIX投資システムに登録してみた

PHOENIX投資システムの
募集ページでは本当に実在する
システムなのかどうか
判断がつきませんでした。

これは実際に登録をして
どうなっているかチェックしてみる
必要がありそうです。

募集ページにはLINEアカウントを
友達登録するためのQRコードが
あります。

どうやら友達追加することで
PHOENIX投資システムを
入手することができるようなので
さっそく登録してみることにしましょう。

トレンド副業案内人【みさき】

LINEアカウントを友達登録する
画面が表示されました。

みさきさんという人が
PHOENIX投資システムの
サポーターなのでしょうか?

PHOENIX投資システムと
関連性がある情報がなく
個人的には戸惑っています。

とはいえ募集ページから
誘導されたので関連性は
あるでしょう。

すでに友達登録している人が
16600人以上いるようです。

先着500人限定で
運用資金の50万円が
プレゼントされるとありましたが

この登録者の人数をみると
運用資金50万円のプレゼントは
無理そうですね…

GOLD STEPと関連性あり?

あと、個人的に気になったのが
下に出ている「GOLD STEP」という名称。

なんとなく覚えがあるので
過去記事を調べてみました。

やはり過去に検証していますね。

ゴールドステップ(GOLD STEP)の
LINEアカウントのアイコンと同じ
こともわかりました。

イヤな予感がしますが
検証を続けていくことにします。

運用資金50万円を受け取るため本登録

登録するとすぐにメッセージがきて
案内がありました。

どうやら運用資金50万円に
当選したようです。

友達登録者が16600人以上いるので
もうダメかと思ったのですが
どうやら当選してしまったようです。

ただ、その運用資金50万円を
受け取るには別のLINEアカウントを
友達登録する必要があるとか。

・・・・・・

なぜこのようにLINEアカウントを
次々登録させようとするのか
毎回理解に苦しみます。

手続きならこちらのアカウントで
やっていけばよいのではないかと
思うのですが…

とりあえず本登録も兼任している
アカウントらしいので友達登録して
みることにしましょう。

誘導された「PHOENIX【公式】」
というLINEアカウントを友達登録すると
PHOENIX投資システムに関する
詳細な案内がありました。

どうやらPHOENIX投資システムは
日本初上陸のマルチトレードシステムと
なっているようです。

そして利用開始までにすることは
名前とメールアドレスを教えるだけ
とのこと。

僕が過去に使っていた
FXの自動売買ツールは
自分で口座開設など手続きが
必要だったので画期的と言えば
画期的ですね。

ただ、
本当にそれだけで稼ぐことが
できるようになるか個人的には
疑問になります。

というのも2023年現在は
証券会社の口座開設には
マイナンバーの提示が必須です。

つまり自分の所有する口座には
マイナンバーの情報が紐付くように
なっています。

マイナンバー不要で口座開設することは
できないはずなのですがこれはいったい…

・・・・・・

とりあえず
「50万円を受け取る」画像リンクを
タップしてみることにしましょう。

こういうのもなんですが
入力フォームの作りが雑ですね…

普通でしたら氏名のフォームと
メールアドレスのフォームを
用意するはずなのですが。

テキストボックスに両方の
情報を入力して送信するフォームは
はじめてかもしれません。

それに個人情報の提示を
求めているのにプライバシーポリシーの
声明がありません。

これは安易に個人情報を
送らない方がよさそうな
感じがしてきました。

PHOENIX投資システムの運営者情報(特商法)について

PHOENIX投資システムを
入手するためには
個人情報の提供が必要と
わかりました。

ですが送信フォームには
プライバシーポリシーなどなく
不安が残ります。

ということで
PHOENIX投資システムの
運営業者について
調べてみることにしました。

こういった副業募集では
特定商取引法に基づく表記が明記され
誰が運営責任者かが明確になっている
ケースがあります。

【特定商取引法とは】

事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守ることを目的とする法律です。 具体的には、訪問販売や通信販売等の消費者トラブルを生じやすい取引類型を対象に、事業者が守るべきルールと、クーリング・オフ等の消費者を守るルール等を定めています。

出典:特定商取引法とは|特定商取引法ガイド
https://www.no-trouble.caa.go.jp/what/

関連記事

特定商取引法に基づく表記が
どうなっているかをチェック
してみることにしましょう。

特定商取引法に基づく表記はリンク切れ

PHOENIX投資システムの
募集ページの一番下を
チェックしてみると
特定商取引法に基づく表記を
発見することができました。

しかし、テキストは
リンクになっておらず
肝心な特定商取引法に基づく表記の
内容をチェックすることができません。

特定商取引法に基づく表記を
リンク切れのまま放置しているというのは
個人的にどうなのか。

PHOENIX投資システムがしっかりと
運営されているのか不安になりますね。

GOLD STEPと同じ業者なら…

先ほども触れたように
PHOENIX投資システムから
誘導されたLINEアカウント

トレンド副業案内人【みさき】は
過去に検証したGOLD STEPと
同じアイコンを称しています。

また画面内にGOLD STEPの
表記も確認できました。

よってGOLD STEPと
関連性がある可能性が
極めて高いといえます。

GOLD STEPも
PHOENIX投資システムと同じく
自動売買ツールで稼ぐ案件でしたので。

そうなるとGOLD STEPと
PHOENIX投資システムは
同じ業者という可能性もあります。

GOLD STEPの運営業者は
「株式会社8Bee」という業者です。

法人番号の指定も受けており
まっとうな営業をしている
業者のようにみえました。

ですが法人番号指定日が
2021年11月10日となっており
2023年1月現在では1年ちょっとしか
経過していません。

運営歴が全然ない会社なのですね。

それで別件として
GOLD STEPの案件の
運営をしているわけです。

これは本当に大丈夫なのかと
不安になってきますね。

もしAIを搭載した自動売買ツールなら
何年もかけて開発するもの。

PHOENIX投資システムが
GOLD STEPと同じ業者かどうかは
はっきりしませんが
おそらく同じで間違いないでしょう。

1年ちょっとしか経過していない
会社が運営するAIシステムは
もはや不安でしかありません。

実践者の状況はどうなっているか?

PHOENIX投資システムには
先行モニターがいて
募集ページにはその実績情報が
掲載されています。

このように使った人は稼ぐことができて
満足している声を寄せています。

たしかに募集ページでは成果を
出している人の声が紹介されているので
実績があるようにみえますが、

あくまで提供者発表であり
収益画像や実践者の声など客観的に
確認できるデータではありません。

個人的には信用できる実績情報と
断言することはできないですね。

もっと客観的な実績データが欲しいところ。

ということでGoogle検索を使い
ブログやSNSで実践状況を報告して
実績が出ている人がいるかどうか
調べてみることにしました。

・・・・・・

調べてみたのですが実践者と思われる
人の情報を掴むことができませんでした。

よって本当に稼げる案件になっているか
どうか依然として怪しい状況となっています。

ということで視点を変えて
次は口コミ情報を探してみることにしました。

口コミで広まった事実はあるか?

PHOENIX投資システムの
LINEアカウントには約16600人以上の
友達登録が確認できることから
最低でも16600人の実践者がいるとみられます。

これだけ膨大な友達登録者を
集めることができたなら
確実に過去に話題になっているはず。

PHOENIX投資システムは
ほったらかしでも毎日20万円稼げる
画期的なシステムなわけですから
事実なら喜びの声で溢れかえっていても
おかしくありません。

ということでネット上で
PHOENIX投資システムが
話題になった形跡があるかどうか
評判情報を調べてみることにしました。

・・・・・・

口コミで広まった事実があるか
調べてみましたがそういったことも
過去にはなかったようです。

調べて出てきたのは批評サイトくらいで
おすすめと紹介している人はほぼなし。

よって現時点で本当に
PHOENIX投資システムが
稼げるかは完全に未知数です。

こうなるとPHOENIX投資システムは
別の目的で運営されている可能性が
出てきますね。

その可能性とは名簿業者
個人情報を収集するために
運営しているダミー案件
ということ。

名簿業者(めいぼぎょうしゃ)または名簿屋(めいぼや)とは、氏名・性別・生年月日・住所・電話番号・メールアドレス・クレジットカード番号といった、個人を特定できる情報(個人情報)をファイル(データベースまたは紙媒体の名簿など)として整理し、検索できるような状態にまとめた形にして販売する者。

出典:名簿業者 – Wikipedia

PHOENIX投資システムは
氏名とメールアドレスの2つの
情報があれば使えるように
なるといっていましたね。

実はインターネット上では
氏名とメールアドレスをリスト化して
第三者に売買する名簿業者が
存在するわけです。

PHOENIX投資システムは
その可能性が高い感じが
否めないですね。

もし記事を見てる人で
実践することができて
「実際に稼げたよ!」
という証拠をお持ちであれば

こちらから教えていただけると助かります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました