【チャージ】LINE副業案件は安全か怪しいか?知識やスキル不要で毎日1万円稼げるか登録検証(LINEアカウント「Passive Income」へ誘導)

ネット【投資】案件の検証

オイスイ(追水卓)です。

スパイラルキャッシから
「チャージ」というLINE副業案件が
オススメとの紹介がありましたので
検証します。

チャージLINE副業案件を実践すると
毎日1万円が手に入ると募集ページでは
アピールしています。

さらにその作業は知識やスキルを
必要とせず在宅でできるとか。

この話が本当なら嬉しいですよね。

最近は副業気運の高まりから
副業に前向きな人が増えていますが
時間や場所の都合でできないことも。

在宅でできるなら時間や場所に
関係なくできるといえますし
それで毎日1万円稼げるなら
文句なしでしょう。

とはいえ、
僕はこれまで300件以上の
副業案件を検証してきて
知識やスキルを必要としない稼ぎ方は
どれも実態がなかったことも把握済み。

チャージLINE副業案件は
本当に毎日1万円稼ぐことが
できる案件となっているのか
検証していきます。

チャージLINE副業案件の募集ページ内容をチェック

チャージLINE副業案件は
「毎日1万円を受け取る生活をしませんか?」
という内容ですが
実際はどんなビジネスをするのでしょうか?

まずはチャージLINE副業案件の
概要についてチェックしていくことに
しましょう。

まず、副業実践の対象者は

  • 生活を少しでもよくしたい
  • 簡単な副業をやってみたい
  • 経験はないけどお金はほしい
  • 将来のためにお金を貯めたい
  • 時間はないが稼ぎたい

といった人を想定しているようです。

この対象者から察すると
現時点で本業持ちや専業主婦で
時間が確保できず副業できない人を
ターゲットにしている感じがありますね。

在宅ワークとして人気のある

  • プログラミング
  • 記事ライター
  • 動画編集作業

といった作業はどれも
知識やスキルを必要とすること。

ある程度時間を確保して
ガッツリ取り組む副業案件なので
誰でもできるとはいえません。

ですがチャージLINE副業案件は
どちらかというと隙間時間に
在宅でできる副業のようにみえました。

それで毎日1万円が手に入るというなら
嬉しいですよね。

それでいて「完全無料」で
実践することができるとのこと。

不労所得というと
金融投資(資産運用)が定番です。

金融投資(資産運用)は
ある程度元手金が必要になるので
現時点でお金がない人にとっては
ハードルが高いです。

たしかに金融投資(資産運用)は
大きく稼げますが元手金ありきなので
少額しか用意できない人は稼げません。

チャージLINE副業案件のように
毎日1万円稼げて月収30万円を
目指そうと思ったら数百万から
数千万円の元手金が必要です。

ですがチャージLINE副業案件は
そういった巨額の軍資金を
用意することなく完全無料で
毎日1万円稼げるそうです。

募集ページを検証して疑問点・怪しい点・不安点はなかったか?

チャージLINE副業案件の
募集ページを一通り見てきました。

もし募集ページの内容が事実なら
非常に魅力的な副業案件だといえるでしょう。

ただ、
個人的に「本当にそうなるのかな?」と
疑問に感じている部分があるのもたしか。

チャージLINE副業案件の募集ページは
全体的に説明がざっくりとしていて
ビジネスモデルが具体的に説明されていません。

日本では自分でお金を稼ぐ経験をしている人が
少ないので儲け話をみると無条件に「怪しい」と
思われてしまいます。

得体の知れない方法でお金を稼ぐとなれば
知らないうちに犯罪に巻き込まれたり
最終的にお金を取られて大損するみたいな話は
過去にもありました。

悲しいことにお金を稼ぐ案件のなかには
こうった知識のない人を騙してお金を取る
話が山ほどあるわけですね…

そんな感情を払拭するにはしっかりと説明を
していくことが非常に重要になるのですが
チャージLINE副業案件の募集ページは
説明が少なく怪しい感じがしています。

チャージLINE副業案件は
全体的にふわっとした説明しかされていないので
「人に話せないような怪しい稼ぎ方をするのでは?」
と思わせるような内容となっているわけです。

個人的に怪しいなと思った点や
疑問に感じていること不安になったことなどを
ピックアップして紹介します。

チャージLINE副業案件に登録してみた

チャージLINE副業案件は
LINEアカウントを友達登録することで
スタートできると募集ページでは
案内されています。

LINEアカウントを友達登録しただけで
個人情報を盗まれるなどリスクがある
というわけではありません。

チャージLINE副業案件は
ビジネスモデルが不明で
怪しいことをして稼ぐ感じは
ありますが

登録したところでなにか被害が
出ることはないと思われるので
登録して潜入調査してみることに
しましょう。

Passive IncomeのLINEアカウント…

募集ページにあるリンクを
タップしてみるとLINEアカウントを
友達登録するページへ移動しました。

そこにはPassive Income
LINEアカウントが表示されました。

・・・・・・

Passive IncomeのLINEアカウントは
過去に検証した【あなたのピンチを
助ける現金100万円のプレゼント】
という
案件で誘導されています。

このPassive Incomeの
LINEアカウントなのですが

「不労所得を生み出す
きっかけはコチラ」と別の場所へ
さらに誘導してくるわけです。

「今すぐ確認!」をタップして
移動してみると

石井博【スタートアップ】株投資案件
募集ページにいくことになります。

石井博【スタートアップ】株投資案件について

石井博さんの【スタートアップ】
株投資案件は株式に出資して
配当金をもらいながら稼ぐという
案件となっていました。

ですがこの出資先がまったくの
不明となっており個人的には
ポンジスキームになっているのでは
ないかと疑ったわけです。

ご覧になるとわかりますが
会員制で業者情報は非公開で
連絡先はLINEが指定されています。

特定商取引法に基づく表記では
連絡先として電話番号かメールアドレスが
原則となっておりLINEは不可。

石井博さんの
【スタートアップ】株投資案件は
得体の知れない儲け話の可能性が高く
非推奨にした経緯があります。

僕もこれまで300件以上の
副業案件を検証しており
ここ最近は石井博さんの
【スタートアップ】株投資案件へ
誘導するモノが非常に多いと
感じています。

チャージLINE副業案件も
Passive IncomeのLINEアカウントへ
誘導してきたということは

最終的に石井博さんの
【スタートアップ】株投資案件に
参加させることを目的に運営されている
ような感じがしてなりません。

そうなると毎日1万円稼げるという
話は実現しないでしょう。

募集ページの実績は信用できるか?

チャージLINE副業案件には
すでに実践している人がいて
実践者の声が掲載されています。

作業内容は簡単ですぐに稼げる
即金性があると満足している声が
寄せられていることが確認できました。

しかし、僕が登録した限りでは
チャージLINE副業案件は
Passive IncomeのLINEアカウントを
友達登録させたうえで

石井博さんの
【スタートアップ】株投資案件へ
誘導して登録参加させようとしている
意図があるとみています。

募集ページにあるような
実績はとても作れそうになり
感じがあるのですね…

とはいえたまたま
僕がPassive Incomeアカウントに
誘導されただけで他の人は
別アカウントに誘導された
可能性も否定できません。

そうなるとチャージLINE副業案件
自体の口コミや実績を調べる必要が
あるといえるでしょう。

ということでGoogle検索を使い
ブログやSNSで実践状況を報告して
実績が出ている人がいるかどうか
調べてみることにしました。

・・・・・・

調べてみたのですが実践者と思われる
人の情報を掴むことができませんでした。

よって本当に稼げる案件になっているか
どうか依然として怪しい状況となっています。

やはりPassive Incomeアカウントに
誘導されたあとに石井博さんの
【スタートアップ】株投資案件に
誘導されたのでしょうか?

もし記事を見てる人で
チャージLINE副業案件を実践し
「毎日1万円稼げているよ!」
という証拠をお持ちであれば

こちらから教えていただけると助かります。

チャージLINE副業案件の運営者情報(特商法)について

ここまで検証してきて
チャージLINE副業案件が
本当に実在する稼ぎ方なのか怪しい
感じが強くなってきました。

この案件はこのままトラブルなく
実践できるような感じがしません。

もしトラブルが発生した場合に
運営者の身元を明らかにしておく
ことは非常に重要です。

こういった副業募集では
特定商取引法に基づく表記が明記され
誰が運営責任者かが明確になっている
ケースがあります。

【特定商取引法とは】

事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守ることを目的とする法律です。 具体的には、訪問販売や通信販売等の消費者トラブルを生じやすい取引類型を対象に、事業者が守るべきルールと、クーリング・オフ等の消費者を守るルール等を定めています。

出典:特定商取引法とは|特定商取引法ガイド
https://www.no-trouble.caa.go.jp/what/

特定商取引法に基づく表記が
どうなっているかをチェック
してみることにしましょう。

特定商取引法に基づく表記なし

チャージLINE副業案件の募集ページには
「特定商取引法に基づく表記」はありませんでした。

コピーライトすら記載がなく
誰が作成した募集ページかも
わかりません。

さすがにこれは不安ですよね。

運営者が誰かまったくわからない
副業案件というのは。

一応お断りしておくと
本案件の募集ページに
特定商取引法に基づく表記がないからと
いって不自然なことではありません。

「特定商取引法に基づく表記」は
販売者と消費者(購入者)の間で
なんらかのトラブルが起きたときに

消費者を守ったりトラブルを円滑に
解決できるようにするために制定された
法律となっています。

チャージLINE副業案件の
募集ページは無料案件への
誘導をしているだけでなので
記載する義務はないのですね。

だから、
今回記載してないとしても
違反行為になりまえせんし
不自然なことでもありません。

とはいえ、
副業案件の募集ページなので
商品の販売はなくても
金銭のやりとりが発生するわけです。

特商法は金銭トラブルを未然に防いだり
金銭トラブルが起きたときの解決方法を
取り決めているものなのでお金を必要とする
場面では記載されていた方が受け取る側
としては安心できます。

正直、この特商法の情報不足をみると
「なにか隠したいことがあるのでは?」
と疑ってしまっても不思議ではないでしょう。

少なくとも僕はそういう印象を持ちましたね。

関連記事

チャージLINE副業案件の検証結果

チャージLINE副業案件に
登録して検証しましたが
個人的に登録をおすすめしない
案件といたします。

チャージLINE副業案件の募集ページは
Passive IncomeのLINEアカウントへ
誘導してきました

Passive Incomeアカウントは
過去に検証した案件でも誘導された
ことがあり石井博さんの
【スタートアップ】株投資案件へ
誘導されます。

石井博さんの【スタートアップ】
株投資案件は運営者情報を公開できない
案件となっており安全性がある稼ぎ方と
判断することができませんでした。

もしチャージLINE副業案件が
最終的に石井博さんの
【スタートアップ】株投資案件に
登録させることが目的なら安全な
稼ぎ方とはいえません。

募集ページにあるように
毎日1万円稼げるようになることも
ないでしょう。

チャージLINE副業案件の
口コミや実績情報を探しても
まったく情報が出なかったことからも

チャージLINE副業案件を実践して
毎日1万円をコンスタントに稼ぎ続ける
ことが難しいことは想像できます。

不明点が多く不安が払拭できなかったので
個人的には登録することを
おすすめしないビジネスになります。

もちろん「実際に稼げる!」とわかれば
おすすめビジネスに変えますので
有益なご意見をお待ちしてます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました