迷える初心者ブロガー向け

WordPressブログのドメインパワーを上げるにはユーザー行動にも注目せよ!

オイスイです。

 

この記事ではGoogle検索結果(SEO対策)で上位表示しないと悩む【初心者ブロガー向け】に「WordPressブログのドメインパワーを上げるにはユーザー行動にも注目せよ!」とアドバイスする内容となっています。

 

2020年現在、Google検索結果で上位表示させるためにはドメインパワーが重要なことは各所でいわれているのでご存知かもしれません。

 

このドメインパワーを上げるために欠かせないのがユーザー行動にも注目することです。

 

Googleは昔からずっとユーザーファーストで活動してきました。Google検索ユーザーの満足度を最大にしようと日々Google検索アルゴリズムの改良をしています。

 

Google検索ユーザー(情報読者)の行動を一切考えず独りよがりな情報発信しているメディアやSEO対策で無理矢理上位表示する意図のウェブサイトはお呼びでないわけです。

 

逆にGoogleは検索ユーザーの行動から満足度を測定して、高い満足度を実現したウェブサイトに対してドメインパワーを与えています。

 

Google検索結果(SEO対策)で上位表示しないと悩んでいるなら、ユーザー行動にも注目して改良すると解決するかもしれません。

この記事は「【3つ基本指標対策】WordPressブログのドメインパワーゼロから上げる正攻法」を先にご覧になってからのほうが理解が深まると思います。

【3つ基本指標対策】WordPressブログのドメインパワーゼロから上げる正攻法オイスイです。 https://oisui-taku.com/domain-power-estimated/ 上記の記事で「...

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる by Google

他の記事でも紹介していますが、Googleの公式サイトには「Google が掲げる 10 の事実」というGoogleの基本方針を1箇条にまとめたもとのが公開されています。

 

その筆頭にあるのが「1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。」のユーザーファーストです。

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。Google のトップページはインターフェースが明快で、ページは瞬時に読み込まれます。金銭と引き換えに検索結果の順位を操作することは一切ありません。広告は、広告であることを明記したうえで、関連性の高い情報を邪魔にならない形で提示します。新しいツールやアプリケーションを開発するときも、もっと違う作りならよかったのに、という思いをユーザーに抱かせない、完成度の高いデザインを目指しています。

出典:Google について | Google – Google

このようにGoogleは常にユーザーを第一に考えてツールの開発をしていることを示しています。

Googleを代表するツールであるGoogle検索エンジンです。Google検索のトップページはYahoo!と違ってシンプルとなっていますね。これもユーザーの利便性を第一に考えた結果です。

 

その証拠に「1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。」には「Google のトップページはインターフェースが明快で、ページは瞬時に読み込まれます。」とユーザーファーストの代表例として明記されています。

Googleが1998年に稼動させたGoogle検索は、従来の検索エンジンがポータルサイト化へと進む流れに逆行し、独創的な検索技術に特化し、バナー広告等を排除したシンプルな画面と2000年にYahoo!のロボット型検索エンジンに採用されたことにより、急速に人気を集めた。

出典:検索エンジン – Wikipedia

かつてYahoo!のほうが検索エンジンのシェアは大きい時代がありましたが、ホーム画面のゴチャゴチャを敬遠してGoogleに乗り換えている人が増えていき、シェアが逆転しYahoo!は独自検索エンジンを捨てGoogleを間借りする方向に転換しました。

 

Googleは「ユーザーはなにを求めているか」を考えて行動して大きく成功してきているのです。

 

Googleの姿勢がユーザーファーストなのですから、WordPressブロガーもGoogleに寄り添ってユーザー行動に注目し情報発信していることが欠かせません。

 

ユーザー行動を無視して「自分さえ稼げればそれでよい」はGoogleの方針に逆行することなので、いつまでたってもドメインパワーは上がらないままになるのです。

WordPressブログを使えばSEO対策の80~90%完了する

出典:Straight from Google: What You Need to Know(49)

GoogleはWordPressブログを使えば80~90%のSEO対策は完了していると公言しています。

 

Googleは検索エンジンシェアトップのYahoo!からシェアを奪取することに成功したのはシンプルな画面にしたことも理由ですが、検索結果に表示したウェブサイトがYahoo!のようにゴチャゴチャしていたら無駄になりますよね。

 

ゴチャゴチャしたのが嫌いなユーザーの囲い込みに成功したのに、検索結果後に見せるウェブサイトがゴチャゴチャしていたらユーザーを満足させることはできません。

 

GoogleはウェブマスターにSEO対策を要求しているのは有益な情報発信しているウェブサイトを上位表示させた意図と同時に、ユーザーの使い勝手のよいウェブサイトを構築することも求めているわけです

ウェブサイトはユーザーの便宜のために構築するべきであり、すべての最適化はユーザー エクスペリエンスの向上のために調整する必要があります。

出典:検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド – Search Console ヘルプ

つまり、「ユーザーの利便性を第一に考えて構築してくれたら、お礼として検索結果で上位表示に出して上げるよ」なのです。

 

2020年現在はスマートフォンでのウェブブラウジングが主流になっています。Googleは「モバイルフレンドリー」というスマートフォンに最適化されたウェブサイトを優遇する指標を持たせています。

 

「モバイルフレンドリー」に対応したウェブサイトがSEO対策で有利になるのも、ユーザーファーストが根底にあるからです。

Googleは「モバイル フレンドリー テストツール」を公開しています。ご自身のウェブサイトをがモバイルフレンドリーに対応しているかチェックしてみてください。

参考:モバイル フレンドリー テストツール – Search Console ヘルプ

WordPressブログはGoogleの考える「こういう機能があったらユーザーには便利だろう」という機能指標はGoogleの技術者くらいしか知り得ない情報です。

 

「WordPressブログを使えばSEO対策の80~90%完了する」と公言しているので、WordPressブログを使えば「こういう機能があったらユーザーには便利だろう」を考えなくて済みます。

 

テクニカルなSEO対策はWordPressブログを導入した段階で完了しているので、ユーザーファーストを意識した情報発信で残りの10%を埋めてドメインパワーを上げていくことに集中できるわけです。

ドメインパワーを上げるために必要な「直帰率」と「セッション継続時間」の指標

残りの10%はユーザー行動に焦点を当て正攻法でドメインパワーを上げるにはGoogleがウェブマスター(ウェブサイト運営者)に提供している

  1. Googleアナリティクス(ウェブサイト内のユーザー行動解析)
  2. Googleサーチコンソール(検索エンジン側のユーザー行動解析)

の2つのツールを使いユーザーの行動を解析して反映することが必須です。

「Googleアナリティクスのホーム」の画面には「直帰率」と「セッション継続時間」の指標があります。

 

「直帰率」は最初に訪問したページだけをみて離脱した人の割合を示し、「セッション継続時間」は平均してどれだけページを開いていたかの時間が表示されます。
※大まかな説明であることをご了承ください

 

「直帰率」と「セッション継続時間」はどちらの指標もユーザー行動を解析したデータです。さらにホーム画面の目立つ位置にあるのでGoogleが重視している可能性は高いといえます。

自動記事作成ツールを使い大量に記事を投稿したブログなら記事数は多いですが、情報の品質は低いため複数の記事が読まれることはありません。「直帰率」は高くなるためGoogleも「低品質なウェブサイト」と判断が可能です。

Googleがユーザー行動を解析してどのようにドメインパワーに反映しているか、WordPressブロガーには一切わかりませんが、

  1. Googleアナリティクス(ウェブサイト内のユーザー行動解析)
  2. Googleサーチコンソール(検索エンジン側のユーザー行動解析)

ウェブマスター(サイト運営者)の支援ツールとして出している以上、ヒントになる解析データを提供していると考えるのが自然です。

 

2つの支援ツールを活用して残りの10%を埋め正攻法でドメインパワーを上げていくことが健全といえるでしょう。

Googleアナリティクス(ウェブサイト内のユーザー行動解析)で他に注目した指標

Googleアナリティクスで「直帰率」と「セッション継続時間」以外で注目したい指標は「行動フロー」です。「行動フロー」をみたら、どの記事から読み始め、どの記事を経由して、どの記事で離脱したかを流れで把握できます。

 

ブログ運営をしていると徐々にわかってきますが、アクセスを集めることができる記事は偏ってくる傾向があり、特定記事が群を抜いて読まれることが多いです。

 

アクセスを多く集める記事に関連記事の内部リンクを設置していたら、一定数の読者(ユーザー)は内部リンクを辿り別記事へ移動するでしょう。ブログ読者(ユーザー)が次に欲しい情報を解析できるのも「行動フロー」です。

 

内部リンクを設置しているのにブログ読者(ユーザー)がまったく移動しない場合もあります。そのような場合は内部リンクを撤去してしまう対策も可能です。

 

「直帰率」と「セッション継続時間」の指標計測は内部リンクをクリックして別ページに移動したかどうかで判断されます。

 

「直帰率」はわかると思いますが、「セッション継続時間」は別ページに移動した段階で前ページの時間計測が終了すると同時に移動先ページのカウントがスタートする仕組みです。

 

GoogleがSEO対策効果を認めているWordPressブログにおいて「直帰率」と「セッション継続時間」が極端に悪い結果となっている場合は、投稿している記事が問題となっているとみて間違いありません。

 

「行動フロー」をチェックするとこで「直帰率」と「セッション継続時間」の悪さの見当が付くはずです。改善のヒントになる情報なのでこまめにチェックすることをオススメしたい指標といえます。

「Googleアナリティクス」にはデータ共有の機能があるのです。「行動フロー」のデータはGoogleにも通知されるのでドメインパワーに反映されている可能性があります。

Googleサーチコンソール(検索エンジン側のユーザー行動解析)で他に注目した指標

「Googleサーチコンソール」はGoogle検索エンジン側で自分のウェブサイトがどのような扱いを受けているかを把握することができるツールです。

 

ウェブサイトの改善ポイントを「Googleアナリティクス」で探り改善した結果、Googleから改善が評価さたかどうかを確認できるのが「Googleサーチコンソール」になります。

主に計測できる指標は

  1. 合計クリック数
  2. 合計表示回数
  3. 平均CTR
  4. 平均順位

の4つです。

期間を「過去3か月間」に設定しているため、以下の説明ではすべて過去3ヶ月を前提としています。期間を変更することで短期的・長期的な変動の解析も可能です。

「合計クリック数(青線)」は検索結果のリンクがどれだけクリックされたかを知ることができます。「記事タイトルは魅力的なモノにしよう」といわれますが、ユーザーにとって魅力的に見えているかどうか通常は判別できません。

 

「合計クリック数」はGoogle検索結果に表示された上でクリックされた回数が表示されるので、魅力的なタイトルが付けられているかどうかのチェックが可能になります。

 

「合計表示回数(紫線)」は検索結果に表示された回数です。クリック数はウェブサイトに設置したアクセス解析から判別することができますが、Google検索上に表示されたかどうかを知るには「Googleサーチコンソール」を使うしかありません。

 

画像の例からは過去3ヶ月間Google検索結果に5,429回表示されたことがわかります。検索結果には十分表示されていることがわかるのでGoogleから評価されていると判断することが可能です。

 

平均CTRはクリック率になります。「合計クリック数」を「合計表示回数」で割り100倍することで算出できます。

 

1.7%は100回表示されて1~2回しかクリックされていないということになりますので、「もっと魅力的なタイトルを付けてクリック率を上げる改善が必要」といった分析が可能です。

 

平均順位は過去3ヶ月間Google検索結果に表示された全キーワードの平均の順位を表示しています。運営開始直後はドメインパワーが低いので検索結果に表示されませんし、表示されても順位は低いです。

 

このブログも平均順位は100位あたりからスタートしているので初心者のうちはあまり気にする必要はありません。順位の低さにショックを受けることになります。継続更新をした結果、なんとか平均60位まで上げることができました。

平均順位を気にするなら上がっているかどうかを見てください。上がっていたら順調にGoogleから評価されドメインパワーも上がっています。

Google検索アルゴリズムを通過して高い評価を得ないとドメインパワーは上がりません。「Googleサーチコンソール」の解析結果が極端に悪いとドメインパワーが上がる兆しすらないということです。

 

Google検索エンジン側がどのような評価を下しているかを視覚的に把握できるのが「Googleサーチコンソール」です。

成果が出るまで時間がかかることを忘れないでください。変更に着手してからメリットが得られるようになるまで、通常は 4 か月から 1 年かかります。

出典:SEO が必要なケース – Search Console ヘルプ

GoogleはSEO対策効果が出るまで時間がかかると公言しています。対策を実施しても「Googleサーチコンソール」に結果として出てくるまでに時間がかかることも忘れず認識しておいてください。

Googleの個人情報収集・ユーザー行動解析は徹底的に実施されている

Googleは水面下で個人情報を収集していることは広く知られています。「Google 個人情報 収集」で検索してみると怖い話がいろいろ出てくるでしょう。

 

そして、Googleの個人情報収集は世界的に問題となっています。とくにプライバシーの問題にシビアな欧州ではすでに制裁金のペナルティが与えられています。

米IT(情報技術)大手のデータ独占に目を光らす欧州のデータ保護機関が、米グーグルの個人情報収集の手法に待ったをかけた。利用者からの同意を得る手続きが不完全であることなどを理由に、同社に5千万ユーロ(約62億円)の制裁金を科すと発表した。複雑なデータ利用の全体像を消費者に簡潔に示すよう求めており、グーグルは難題を抱え込んだ。

出典:グーグル制裁金、個人情報の収集手法に「待った」:日本経済新聞

Googleが個人情報収集・ユーザー行動解析は徹底的に実施しているのはユーザーファーストを実現するためです。個人情報・ユーザー行動情報はユーザーファースト実現の答えですからGoogleは血眼になって求めても不思議ではありません。

Amazonは購入履歴などからオススメ商品を紹介することで大成功してます。個人情報を解析することがユーザーファーストを実現するには手っ取り早いのです。

最後にGoogleの個人情報収集・ユーザー行動解析の本気度の一部をご紹介します。

 

これを知ったらユーザーファーストで地道にWordPressブログ運営していくしかないとわかるはずです。小手先のテクニックでドメインパワーを上げようとしても無駄な足掻きにしかならないとわかるでしょう。

Google検索エンジン画面はシンプルだが情報収集する機能が埋まっている

Googleの検索ページはシンプルであることから人気を獲得したのですが、このシンプルな画面には個人情報収集・ユーザー行動解析のための仕掛けがギッシリと詰め込まれているのをご存知でしょうか?

ウェブブラウザで「右クリック>ページのソースを表示」をやってみてみてください。プログラムコードがギッシリ詰め込まれていることがわかります。

 

2020年現在では90%近いシェアを誇っており、Microsoftが提供する検索エンジン「Bing」に大きく差を付けて独走状態です。

 

SNSの登場でGoogle検索の利用頻度は下がっておりGoogleの広告収入も落ちてきている状態にありますが、Google検索の存在を脅かすほどの影響力はありません。

 

Google検索を使えば上の画像のように埋め込まれた個人情報を取得する仕掛けが発動しますので、個人情報・ユーザー行動情報が丸裸となってしまうわけです。

Google Chromeブラウザのシェアは70%以上でユーザーの行動が筒抜け

2019年現在のウェブブラウザシェアはGoogle Chromeブラウザが70%を超えてトップとなっています。

 

ウェブブラウザはウェブサイトを閲覧するときに欠かせないツールです。現存しているすべてのウェブブラウザはユーザーの行動履歴をブラウザ内にデータとして保有しています。

 

閲覧したページのリンクは色が変わりますよね。色が変わるのは閲覧履歴を保有しているからです。

 

Google Chromeブラウザが70%を超えているということは、Google検索以上に個人情報を取得しやすい状態にあります。

 

Google検索から離れたあとのユーザーの行動もGoogle Chromeブラウザ経由で把握することも可能です。

AndroidOSスマートフォンユーザーはインターネット上以外での行動も筒抜け

個人情報取得の最終兵器としてGoogleが打ち出し成功しているのがスマートフォンのOS「AndroidOS」です。

出典:2019年12月 iPhone・Androidシェア調査(MMD研究所)

2020年現在、「AndroidOS」の世界的シェア最大となっています。MMD研究所の独自調査結果によるとAndroidOSのシェアは57.2%です。

 

「AndroidOS」はGoogleアカウントを作成したうえでログインした状態でないと使えません。

 

Google ChromeウェブブラウザはGoogleアカウントへログインしなくても使用可能ですが、ログインすると検索履歴などがGoogleアカウントへ記録されていきます。

 

Googleアカウントには行動を記録する仕組みがありますので、Googleアカウントにログインが必須の「AndroidOS」から行動履歴が自動取得されGoogle側に筒抜けとなるわけです。

Googleアカウントの設定ページにいくと「マイアクティビティ」と「タイムライン」があります。見てみると自分のした行動を細かく記録されていることがわかるでしょう。

 

「マイアクティビティ」には検索した結果や訪問したウェブサイトのデータがドメイン単位で記録されています。「タイムライン」にはGPSロガー機能によりGoogleマップ上に訪問した場所が記録されています。

 

AndroidOSスマートフォンユーザーはインターネット上以外での行動もGoogleには筒抜け状態なのです。

 

出先で道に迷いウェブ検索をしたとしましょう。ウェブサイトを閲覧したあと迷わず現地に到着できれば有益な情報を提供したことになりますね。このユーザーの行動を根拠にドメインパワーを上げることだってできます。

 

AndroidOSから得た個人情報をドメインパワーに反映しているというのは考えすぎかもしれませんが、Googleには高い個人情報収集の仕組みがあります。

 

ポケモンGOのように現実とバーチャルを融合した拡張現実のコンテンツも登場してきました。AndroidOSが取得する個人情報がドメインパワーに影響を与える可能性は十分あるのです。

まとめ

Googleの方針は「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる」です。Googleがユーザーファーストを掲げて行動しているので、ウェブサイト運営者もGoogleの意向に従う必要があります。

 

WordPressブログを使えばSEO対策は80~90%完了しているためテクニカルな対策は完了していますが、WordPressブログに投稿する記事(情報)の品質が低ければブログ読者(ユーザー)を満足させることができません。

 

Googleはユーザーファーストを突き詰めた結果、Yahoo!から検索シェアを奪取に成功しているため「使いやすさ」を追求していけば利益があとからついてくることを十分理解しています。

 

Google検索エンジンの使い勝手がよくても検索結果にスパム的なウェブサイトばかり表示しては本当の意味で使い勝手のよさを実現できません。SEO対策の抜け穴を突いて上位表示させるようなウェブサイトを排除するのは当然です。

 

2020年現在のドメインパワーが検索結果で上位に出せるかどうかのカギとなっているのはスパムを排除してユーザーの満足度を最大限にしようとしている結果となります。

 

WordPressブログはSEO対策は80~90%完了しているとはいえ箱に過ぎません。ブログ読者(ユーザー)を満足させられるかどうかはWordPressブログに投稿される記事(情報)です。

  1. Googleアナリティクス(ウェブサイト内のユーザー行動解析)
  2. Googleサーチコンソール(検索エンジン側のユーザー行動解析)

Googleからはウェブサイト運営者向けに無料ツールの提供もあります。有料級のツールを無償で使えるようにしているのもユーザーファーストな情報発信を求めているからです。

 

正攻法でドメインパワーを上げていくにはユーザー行動に注目することも欠かせません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。