【メンターの裏話暴露】アフィリエイトの始め方・稼ぎ方・勉強法などを無料で教える理由とは?

人生変えたい【30代後半】でも遅くない

オイスイ(追水卓)です。
この記事では僕がアフィリエイトの始め方・稼ぎ方・勉強法などを無料で教える活動をしている理由をお伝えしていきます。

最近はニュースをみていると
詐欺事件が多いですよね。

そんなニュースをみていて毎回思うのが
「本当に儲かるなら他人に教えないって…」
というもの。

「ウマい話には裏がある」
同じように感じたことが
あなたにも何度かあるでしょう。

ある意味、僕もそんな悪質な
詐欺をしている人と同じように
自分でお金を稼ぐ方法を教えています。

僕もメルマガで無料講座をやっています。

いきなり宣伝になりますが
もし興味があれば下記の記事より
登録して受講してみてください^^

無料メール講座(公式メルマガ)のご案内(登録者プレゼントあり)
【お詫び】2023/04/13時点でメルマガ登録ができない不具合が発生していることを確認しました。現在はトラブル解消しております。このたびはご迷惑をおかけしました。このたび、僕オイスイ(追水卓)はメルマガおよび無料メール講座を始めることにし

・・・・・・

ここまでの話の流れからすると
このメール講座も怪しい以外の
なにものでもないでしょう。

無料で稼ぎ方を教えるなんて聞いて
「はい、よろしくお願いします」とは
ならないはずです。

「何か裏があるのでは?」
という疑問を持っても仕方がないでしょう。

なのでこの記事では
僕がなぜアフィリエイトで稼ぐ方法を
無料で情報発信をしているかについて
説明する内容となっています。

僕のようにアフィリエイトを
教える活動をしている人は
ネット上にたくさんいます。

全員が全員同じとは言いませんが
ほとんどの人は僕と同じような
裏目的があってやっているのも事実。

僕としてもずっと「怪しい、裏がある」と疑いの目を向けられ続けるのはどうかと思ったので、今回思い切って暴露することにしました。

もし現時点であなたが

  • なぜアフィリエイトを教える活動をしているの?
  • 本当に稼げる方法を知れるの?詐欺とかじゃない?
  • おいしい稼げる方法を他人に教えて本当に大丈夫なの?

こういった疑問をお持ちになっていたら
この記事で疑いが晴れるかと思います。

関連記事

アフィリエイト始め方・稼ぎ方・勉強法などを無料で教える【王道的な理由3つ】

今自分にできることが「アフィリエイトを教えること」

僕がアフィリエイトを教える活動をしている
一番の理由はアフィリエイトを教えることしか
できないという事情
です。

プロフィールや経歴などでもお伝えしているように
僕は2012年からアフィリエイトをしており
それから個人事業者としてやってきました。

当然ながら本業としてやっているので
就職などしていません。

無職の状態で10年もやってきているので
いまさら再就職をすることは年齢的にも
厳しいと考えているわけです。

幸か不幸かここ最近はコロナ騒動や
物価上昇などによって自分でお金を
稼ぐことを迫られる人が増えています。

アフィリエイトを教える活動をしている
僕にとっては追い風が吹いている状態で
十分生活していけるだけの収入になって
いるわけですね。

また、副業気運の高まりから
ネット副業詐欺も増えました。

僕のところにもたくさん
「詐欺に遭いました」という報告が
やってきている状況です。

僕自身もこれまで500件以上の胡散臭い儲け話を検証してきましたが、どれも稼げる可能性がなく最終的に金銭を要求してくるものばかり。
この実態から詐欺が横行していることがよくわかりましたね。
こういう検証記事を公開していることもあって、「騙されました…」という相談がよく寄せられるわけです。

詐欺に遭ってしまった人たちに
なにかしらの貢献ができないか考えたときに、

これまでの経験を活かして
正しい稼ぎ方を教えていくことが
自分の使命だと思いました。

「業界の健全化に貢献したい」なんて
大それたことを言うつもりはありませんが、

少なくとも僕と関係を持った人は
お金に苦労する生活を強いられない
ようになってもらいたいです。

なので自分にできることを
やっているだけというのが実情。

無料で情報発信はしていますが
アフィリエイトというマネタイズ方法も
併用していますので収益化もできています。

ちゃんとお金の入り口も用意しているので無料で情報提供できているわけです。
儲けのカラクリがあります。

ビジネス仲間が欲しいと考えている

これはメルマガ講座の冒頭でもお伝えしている
ことではありますが、

情報発信やアフィリエイトを教える活動をする
目的にはビジネスパートナーを作りたいという
願望もあったりします。

ビジネスパートナーと繋がるといったら
一般的にはすでに実績を出している人などに
コンタクトを取って繋がるのが王道でしょう。

ですが、
すでに実力のある人というのは
多くの人から注目をされていて
僕以外からも多数のオファーをもらって
手一杯になっていることも多いです。

そうなると本当の意味でもビジネスパートナーという関係にならない可能性があります。

それに相手の素性をよくわからないので
怖いところもあったりするのです。

実際に最初こそいいものの
あとから関係がギクシャクするなんて
話はよく耳にしますからね。

実力者同士がパートナー関係になると
どこかで関係が崩れるもの。

ですが、これが「自分で育てる」となれば少なくとも価値観や方向性の不一致みたいなことは防ぎやすいです。

僕の稼ぎ方を根底から伝授しているので
お互いにビジネスパートナーとなれば
相乗効果が生まれやすいですよね?

どうやってビジネスパートナーを
作っていくかを考えたときに
自分で育てる選択をしたほうが
よいのかなと思いました。

よくも悪くも日本は終身雇用で
ずっと動いてきました。

終身雇用の働き方は
新入社員で入った会社に
定年退職までいるというものです。

若手を育てて戦力にするというスタイルで動いてきて高度経済成長という奇跡を起こしたので、先人に習い僕も職人を育てる方向でやっていこうと判断したわけです。

感謝されるので教えることを生きがいに感じている

僕は社会人を10年以上やっていますが
社交辞令的な感謝はあったものの
本音の感謝というものはもらえませんでした。

少なくとも会社員をしているときは
まったく実感がなかったですね。

これには理由があります。

僕自身は会社に雇われて仕事をしているので
結局のところ会社の仕事をしているに過ぎません。

なので感謝の言葉をもらっても
それは会社に対する感謝であって
僕に対しての感謝ではないのです。

しかし、アフィリエイトを教えるようになってからはガラッと変わりました。

僕は個人事業者なので
僕自身が仕事を作って
社会に対して還元をしています。

つまり、会社員時代のように
言われた仕事をしているわけではなく
自発的にやっているわけです。

そうなると僕のした仕事に対して
「ありがとうございます」という言葉を
もらったときは、

僕の仕事に対して評価し感謝している
ということになります。

なのでやりがいを感じているのです。

かつて僕も誰とも関わりを持たず
アフィリエイト活動をしていた時期がありました。

ペラサイト量産アフィリエイトを
やっていたときはその典型例です。

誰にも会うことなく
たまにアフィリエイターの懇親会に
顔を出すくらい。

それ以外は人間関係を
完全にシャットアウトして活動していました。

ペラサイト量産アフィリエイト
商品は売れるのですが誰が購入したかは
まったくわかりません。

ビジネスをして社会貢献をしている
実感がまったくなかったのです。

ですが、今の情報商材アフィリエイト
サポート特典を付けて販売していることから
少なからず繋がりがあります。

そしてサポートしたあとは
感謝の言葉をもらうことができて
満足感を得ているわけです。

自分も社会の役に立てることができているのだなと。
感謝されることほどやりがいに繋がることはないですね。

アフィリエイト始め方・稼ぎ方・勉強法などを無料で教えることに期待する見返り【裏の理由暴露3つ】

ここまで話してきた内容というのは
僕自身の噓偽りない本音です。

なので間違ってはいませんが
ネット副業関係は詐欺が多いことから
悪質な人が多いのも間違いこと。

それを考えると
「どうせお前もきれい事並べているだけだろ」
と疑いの目を向けたくなるかもしれませんね。

ハッキリ言っておきますと
見返りを求めず完全な慈善事業で
やっている人はいないです。

僕にも期待する見返りは当然あります。

アフィリエイトを教える活動を
している人たちは裏になにかしら
見返りを期待しているもの。

裏の目的がわからないのに
教わるというのは怖い感じがあると思いますので
思い切って暴露することにしました。

ここからは僕がアフィリエイトの始め方や
勉強法などを無料で教えている
裏の理由を隠さず暴露していきます。

教える仕事は儲かる

僕がアフィリエイトを教える仕事をしている
一番大きな動機はやはり「儲かるから」です。

日本では学校教育で
自分でお金を稼ぐことを教えません。

なので基礎的な知識もない状態から
スタートしないといけないのです。

よって僕のようにアフィリエイトを
教える活動をしている人は
初歩の初歩から教えることになります。

実際教える活動をしてみると
「そんな質問してくるんだ」と
思うようなことがあるのも事実です。

学校教育で教えていないわけですから、初歩的な質問が大量にやってくるのも仕方がありません。
基礎教育がされていないわけですから、むしろたくさん聞いて知識を吸収したほうが早く成功します。
聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥。

それくらい基礎の「キ」すら
できていないのが未経験者の実態。

なので他の教育分野よりも
教える側としてやりやすいわけです。

毎日難しい質問攻めに遭うような
状況だったら僕自身がストレスで
倒れてしまうことでしょう。

しかし、申し訳ないですが
初心者からの質問はサクッと
回答できるものがほとんど。

サポート業務もそれほど
大きなストレスを抱えることなく
できています。

それで大きな利益を獲得できるなら
これほどタイパのよい仕事はないでしょう。

アフィリエイトを教える活動をするうえで
扱う商品はほぼ高利益の情報商材です。

情報商材はアフィリエイトの
なかでもぶっちぎりで高額報酬で
教材を1本販売しただけでも数万円の
利益になります。

これほど儲かりやすいビジネスは他にありません。

だから詐欺が横行するわけですが…

自分の儲けについて考えたとき
アフィリエイトを教える活動というのは
儲けを出しやすく理想的な仕事。

教える仕事は儲かるという
部分があるのは紛れもない事実です。

なお、この件については
さらに深掘りした記事がありますので
そちらもご覧になってください。

こちらの記事を読めば
恐ろしいほど割のよい仕事だと
実感していただけると思います。

生活スタイルが同じ仲間を作っていきたい

これはアフィリエイトを本業として
やるようになってから思うようになりました。

僕には学生時代からの付き合いがあるのですが
彼らは全員会社員として働いています。

そのため「給料をもらう」という
生活スタイルをしているのですね。

しかし、
アフィリエイトは個人事業なので
実践者は経営者となります。

つまり「給料を払う側」という
真逆の立場になるわけです。

春闘で僕は経営者側の席に座っています。
なので会社員として給料をもらって生活している「労働者」とは相容れないところがあるのです。

プライベートで会えば
仕事の話になるのですが、

出てくるのはひたすら
会社や上司の不平不満。

会社員なら不平不満を
ダラダラいっていても
毎月決まった給料が入るので
痛手はないでしょう。

むしろストレス発散することができて
生産性があがるかもしれません。

ですが、僕のように経営者としての
生活スタイルをしていると
その愚痴を言っている時間は
まったく生産性がありません。

そんなことをしているくらいなら
次の一手を考えた方が最良の選択。

専業アフィリエイターになると
生活スタイルがガラッと変わってしまうので
周囲の雰囲気に馴染めないところがあるのです。

結局、僕は過去の交友関係とは
疎遠となっていき孤独になりました。

もちろん孤独は孤独でストレスなく
自由気ままにやっていくことができますが、

人間はバランスが重要な生き物で
あまりにも孤独でいると
ときどき人が恋しくなるようです。

現在の僕は人が恋しい状況に
入ってしまっています。

ただ、これまでの経験から
交友関係を作るのであれば
同じ方向性を向いている人が
望ましいです。

先ほど触れたようにビジネスパートナーと繋がりたいという目的の裏には、人恋しくなったという感情があります。

価値観を共有して一緒に
前に進んでいける仲間を
作り孤独感を和らげたいという
狙いがあるのも事実です。

なんだかんだいって承認欲求を満たしたい

世間的には「承認欲求はダメ」という
風潮がありますよね。

僕自身も過去に承認欲求を捨てようと
頑張ったことがありました。

しかし、ビジネスプレイヤーで
ある以上はムリがあるわけですね。

初心者にとっては耳の痛い
話になるかと思いますが
ビジネスの世界は結果がすべて。

その結果を出すためには
社会から承認されないと
お話しにならないわけです。

つまり承認欲求を完全に
捨ててしまえばビジネスで
成功から遠ざかることになります。

そのため「承認欲求を満たしたい」
という感情は持っていないといけません。

僕にとって承認欲求を満たせる場がアフィリエイトを教えるという活動。

僕は無名なので芸能人みたいに
たくさんの人に知られているわけでは
まったくありません。

ですが、
ブログなどで情報発信をして
たまたま僕を発見してくれた人が
考えに共感して「教えてください」
申し出てくれています。

無名の僕でも存在を承認をして
「教えてください」と言ってくれる
人がいるのです。

これほど嬉しいことはないでしょう。
「承認されている」という感覚が「自分にも価値がある」と前に進める原動力になっているのです。

アフィリエイトを教える活動は
承認欲求を満たすという意図で
やっているところもあります。

アフィリエイトを教えたらライバルが増えて収入は減らない?

アフィリエイトを教える
活動をしているということは
当然ながらアフィリエイターを
育てることになります。

これは別の見方をすると
ライバルを増やすことでもあるわけです。

「おいしい稼ぎ方をしているのに、なぜ自分からライバルを増やすのか?」という疑問が浮上していくるこでしょう。
独り占めして大儲けすることを考えるのが普通の発想です。
なぜわざわざライバルを増やすような活動をしているかについても説明をしていきます。

まず大前提として僕は
アフィリエイターを教える活動をしていて
ライバルが増えるとは考えていません。

たしかに端から見ればライバルが
増えることにはなっているのですが、

それもやり方次第のところがあって
僕のアフィリエイト戦略では
ライバルが増えるとはならないのですね。

その「僕のアフィリエイト戦略」とは
いったいなにかについては
下記の記事をで解説しています。

この記事の「自分を売る」について
解説しているパートを読んでいただくと
ライバルとならない理由がみえてくるはずです。

また、
上記の記事でも説明していますが
アフィリエイト市場は拡大しています。

出典:https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/3249

経済の将来予測で定評のある
矢野経済研究所ではアフィリエイト市場を
年々増加傾向にあると発表しています。

毎年下方修正はしているものの
上昇し続けているという事実はかわらず
成長している市場であるわけです。

アフィリエイト市場が伸びれば
アフィリエイターが参入したとしても
それを吸収できるだけの力があります。

市場が拡大していればアフィリエイターが
参入したとしても飽和状態にならないので
問題はないということです。

さらに僕のおすすめしている
情報商材アフィリエイトの市場も上昇傾向。

出典:https://first-penguin.co.jp/business/infotop

情報商材の最大手ASPである
infotopの業績も伸び続けています。

これは2018年の副業解禁や
2020年のコロナ騒動などなど
お金の不安が立て続けにあったことが
大きな後押しとなっているでしょう。

infotopで扱っている情報商材の
大半はお金儲け関連のものなので、

こういった教材がここ最近
爆発的に売れたことがわかります。

アフィリエイトといっても千差万別で
狙い目を探して攻め込んでいけば
まだまだ勝てる市場はあるのです。

僕もSNSなどでいろいろな
アフィリエイト実践者をみていますが
弱者の戦略を実践している人は
もっと少ないと考えています。

なので、あなたがひとり市場に
参入したところで僕にとっての
痛手は最小限なのですね。

さらに先ほども触れたように
情報商材は儲かるビジネスとなっています。

自分へのダメージが小さく
大きな売上を作れるのなら
ライバルが増えてでも教えた方が得策と
判断しているのが教える活動をしている理由。

僕がブログ運営方法やアフィリエイトでの稼ぎ方について無料で情報発信しているのはこういったカラクリや理由があるためです。
一応、僕もビジネスプレイヤーなので自分の損得(儲かるかどうか)は考えていますよ。
それを天秤にかけて教えることが「最良の選択」と考えているのです。

関連記事

身勝手な理由ばかりと思われたかもしれないが…(最後に)

ここまで僕のようにアフィリエイトの
稼ぎ方を無料で情報発信している人の
本音に迫った内容をご紹介してきました。

このトータル6つの理由を見て
「なんて身勝手な!」と思われた
人もきっといることでしょう。

自分で書いてきてそう思われても
仕方がないかなという印象は否定できません。

ですが、僕もこれまで
複数名のメンターの指導を受けて
アフィリエイトをやってきて、

振り返ってみると皆同じような
感じでやっていたのではないかなと
思っている部分があるのです。

僕自身も「どうせ自分も儲けしか考えていないだろ!」と思ったことだってあります。
質問したことや添削がいい加減な感じで戻ってきたときはとくに。

とはえい
僕自身もこうして教える側の立場になって
なんとなくそのあたりが見えてきました。

メンターだって人間なので
承認欲求みたいなものはありますし、

いくら自分ひとりで稼げているとはいえ
人と繋がっていないと孤独に潰されそうに
なることだってあります。

思い通りにならないときほど
人との繋がりを求めたくなるのは
誰もが抱いている感情でしょう。

僕は普段から「見返りは求めるな」
いった情報発信をしているわけですが
僕自身見返りを求めているところはあります。

見返りを求めないとなれば
完全な無償ボランティアになりますので
ビジネスですらなくなりますからね。

過度な期待はしていませんが
多少に見返りは欲しいと考えているのは
本音としてあるわけです。

身勝手な理由でアフィリエイトの
始め方から勉強法などなど情報発信しているのは
紛れもない事実です。

さて、あなたはこの暴露話をみて
「そんな身勝手な奴から教わりたくない」
と思ったかもしれません。

もちろんそういう感想を持つのは
自然なことでしょう。

しかしながら、
アフィリエイトに限らずネットビジネスで
成功している人というのはほぼ間違いなく
メンターと呼ばれる人が背後にいます。

そのメンターから教わって
ビジネスを勉強して稼げるように
なっていっているわけです。

逆にメンターを付けず独学で
やって成功した人を僕はみたことが
ありません。

悲しいかな、こういった身勝手な
人たちから教わらないと成功率が
絶望的というのも現実としてあります。

下記の記事でも触れていることですが
成功者を徹底的にマネすること。

「自分さえ稼げればそれでよい」と
詐欺商品を売っている人は論外ですが、

まっとうな稼げる教材(情報商材)を
アフィリエイトしたり作って販売している
メンターからは教わったほうが最短ルートです。

なので最短最速で成功して稼げるようになりたいなら、メンターは付けた方がよいですね。
メンターの指導を受けながら間違った方向に進まないように注意するのが一番です。
身勝手な理由で稼ぎ方を教えている点については目を瞑ってください。
というよりも「お金儲け=汚い」とお考えになっているなら、あなたは自分でお金を稼ぐことはできないでしょう。
なので腹をくくるしかありません!
汚いと思われようがなんだろうが「開き直って」やるのです。
僕は開き直っているところがあるので今回の暴露話をしてきました。

もし僕からアフィリエイトを教わりたい
とお考えになりましたら、

まずはメルマガ登録していただき
アフィリエイト講座を受講していただければと思います。

このメール講座をすべて受講すると
僕がどんな戦略でアフィリエイトを
実践しているかがわかってくるはず。

もしその考えに共感して「ぜひ一緒に」と
なりましたら、よろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました