アフィリエイト

アフィリエイトとはどんな仕事か?役割を知るとライバルと差が付く

オイスイです。

 

このブログはネットビジネス情報を発信しているのですが、
アフィリエイトの内容が中心ということもあって

  • アフィリエイトはどんな稼ぎ方か?
  • なぜアフィリエイトで稼げるのか?

という質問が多いです。
この記事ではアフィリエイトとはどんな仕事かを解説していきます。

 

また、
すでに実践しているが思うように成果を出せていないという問い合わせも多いです。
そういう人はアフィリエイターの役割を知るとブレイクスルーになるかもしれません。

 

この記事では「アフィリエイトとはどんな仕事か」と「アフィリエイターの役割」の2つについて解説していきます。

アフィリエイトとは広告業と仲介業を合わせた仕事

アフィリエイトアフィリエイトは広告業と仲介業を合わせた仕事です。

 

詳細な仕組みは後述しますが、
基本的には他者の作った商品を紹介(広告・宣伝)することで仲介手数料を受けとる仕事になります。

 

近い業種は不動産業です。

 

不動産業者は不動産を売りたい人と買いたい人を繋げて仲介手数料を受けとるビジネスモデルになっていますね。
アフィリエイトも商品を紹介して欲しい広告主と商品を購入したい人を結びつけて商品が売れたり契約が決まると一定額が報酬と支払われます。

 

ちなみにアフィリエイトとは「提携する、加盟する」という意味です。
アフィリエイトでは「提携」という言葉がよく出てきますので覚えておきましょう。

アフィリエイトとは、インターネット広告の配信方式の一種で、Webサイトやメールマガジンなどの媒体に記載された広告を通じて商品の照会や購入につながった場合に、その媒体の運営者に一定の報酬が発生する仕組みのことである。または、その仕組みを利用した広告掲載システムのことである。

出典:アフィリエイトとは何? Weblio辞書

アフィリエイトの仕組み

アフィリエイトがどのような仕組みになっているか深掘りして解説します。
アフィリエイトで登場する人物は4人です。

  1. ネットユーザー
  2. 広告主ECサイト(広告依頼者)
  3. ASP(アフィリエイト会員サイト)
  4. アフィリエイターやブロガー

アフィリエイトをはじめるにはASPの会員になるところからスタートします。
ASPとはざっくりいえばアフィリエイトの仕事をしたい人の会員サイトです。
イメージとしては転職サイトみたいなモノですね。

 

広告主はアフィリエイターに紹介して欲しい商品やサービスをASPに登録して待っているので、
アフィリエイター側は興味を持った商品やサービスに応募するだけで業務提携が完了します。

 

応募もボタンをワンクリックするだけで完了するので手間がかかりません。
転職サイトの求人応募と同じような感覚で使えます。

 

たまに提携審査が入り一時保留になることもありますが、
多くの場合は無審査で提携することができるので即時にビジネスをはじめられます。

 

「業務提携」というと営業活動しないといけないイメージがあるかもしれませんが、
ASPを使うことで自分で営業活動することなく仕事受注できるのです。

 

広告主と提携が完了したらウェブサイトを作成して広告を掲載します。
広告を掲載したあなたのウェブサイトにネットユーザーが訪問して、
リンク付きアフィリエイト広告をクリックするとネットユーザーは広告主ECサイトへ移動します。

 

あなたのウェブサイトから広告主ECサイトへ移動したネットユーザーが商品が購入すると購入情報がASPに自動的に送られ、
後日アフィリエイターにASPから報酬が支払われるという流れです。

 

アフィリエイターは

広告を掲載するウェブサイトを作成するまでが基本的な仕事

で商品のやりとりはネットユーザーと広告主が直接します。
通販業者のように商品の発送作業や支払い確認などの手間が一切不要なので副業でも手軽にできるビジネスです。

アフィリエイトをはじめるとき必要になること

アフィリエイトの魅力はインターネット上で完結することです。
インターネットで完結してしまうので参入ハードルが低いといえます。

 

はじめるとき必要になること

  1. 作業用のパソコン1台
  2. 広告するメディアを持つ
  3. ASPに登録して自分の広告を作成できる状態にする

の3つです。

 

アフィリエイト作業はパソコンを使って実践するのが基本です。

 

「スマートフォンでもできませんか?」という質問がよくあるのですが、
現時点ではできないとお考えください。
アフィリエイトでは動画編集のように高性能なパソコンを必要としませんので、
5〜10万円の予算で事足りるはずです。

 

次に広告するメディアを持つ必要があります。
メディアについてはブログシステムを使えばプログラミングができなくてもアフィリエイト作業が可能です。
僕もブログシステムを使ってアフィリエイトをしています。

 

ブログシステムには無料のモノもあるので無料からスタートできます。
最後にASPへの登録です。
ASPがどんなものかはすでに紹介しましたね。
アフィリエイトはASPを中心に動いているので登録必須です。

 

初心者であれば

  • A8.net
  • afb(アフィリエイトB)
  • Amazonアソシエイト
  • 楽天アフィリエイト
  • infotop

この5つ登録してからスタートするとよいでしょう。

アフィリエイターの役割を知ろう

ここまでの知識があればアフィリエイトをスタートできます。
スタートはできるのですが「成果を出せるか?」となるともう少し踏み込んだ話が必要です。

 

稼げるようになるためにはアフィリエイターの役割を知っておくことも忘れてはいけません。

 

アフィリエイターはネットユーザーと広告主を繋ぐのが仕事ですが、
同時に必要な人に必要な案件を提案するという姿勢も忘れてはいけません。
不要な人には「あなたには必要ない」と断ることもときには必要なのです。

 

誰彼かまわず「オススメです!」とやっていても残念ながら成果に繋がりません。
「この商品を必要とする人はどんな人か」をしっかりと考えてアフィリエイトしていかないとそっぽを向かれてしまうわけですね。

「価値提供」の視点で情報発信

アフィリエイトは他人の作った商品を紹介する仕事なのでやることは情報発信です。
ブログなど自分のメディアを持ち情報発信することで稼ぎます。

 

アフィリエイターにとっては情報が商品なのです。
発信する情報に価値を持たせなければいけません。

 

価値のない商品が売れないのは誰でもわかることだと思います。
アフィリエイターであれば発信する情報に価値がなければ見向きされません。

 

いくら商品紹介の情報を出しても価値を感じてもらえなければ目にとまらず流されていってしまうのです。
アフィリエイトでは価値ある情報を発信する姿勢が欠かせません。

 

 

価値ある情報を発信し続ければあなたの信用度は上がっていきます。
信用おける人と判断されればサラッと紹介した商品でも購入されるのです。

 

ライティングテクニックを磨いて売り込むようなことをしなくても買う人は買います。
相手に価値を感じてもらうことがアフィリエイトで成功できるかどうかの分かれ道になるのです。

 

 

「信用獲得に繋がること」すべて価値提供

こういう話をすると「価値提供って難しそう」と思うかもしれませんが難しく考える必要ありません。
信用獲得に繋がることすべて価値提供になります。

 

たとえば、
デメリットを隠してメリットばかり情報発信している人は信用されません。
なぜ信用されないかというと、
どんな商品にもメリットとデメリットがあることは誰でも知っているのでメリットを並べるだけでは「この人は正直ではない」と受けとられるのです。

 

僕も経験があるのですが初心者は「デメリットを出したら売れない」と思い込んでいるためデメリットを隠したがります。
しかし、これは逆効果で「この人は正直ではない」と信用を失うことに繋がってしまうのですね。
あなただって信用できない人から商品を購入したくありませんよね。

 

それに購入者は得することより損することを避けたいので「自分にとって損はないか」という部分を一番知りたがっているのです。
商品購入する側としてはデメリットが知りたいと考えていますから、
デメリットを隠した商品レビューには価値を感じてもらえません。

 

インターネットはウソ本当が玉石混淆なので信用が低いですし、
意図的にウソ情報を流している人さえいます。
サクラレビューの話もたびたび話題になりますよね。
インターネットは信用が低いからこそ隠さず伝えることが価値提供になるのです。

アフィリエイターの役割は「購入者を満足させる」こと

僕の考えるアフィリエイターの役割は「購入者を満足させる」ことです。
人がお金を使うのは自分の満足度を高めたいという理由に収束します。

 

日本は衣食住が整っているのでお金の使い先は満足度を高めることです。
「お金を払って満足できるかどうか」が購入の基準になっています。

 

つまり「お金を払って損した」を避けるために情報収集しているわけです。

 

自分が稼ぎたいからという理由でデメリットを隠したりウソの情報を流して騙すように買わせたらどうでしょう?
自分は稼げて満足かもしれませんが買った側は不満を持つはずです。

これではWin-Winの関係にはならずビジネスとはいえません。

 

アフィリエイトはネットビジネスに分類されていますが、
副業で手軽にできることから遊び半分の認識で実践している人が少なくありません。

 

アフィリエイトも立派なビジネスです。

 

購入した相手が満足して自分も稼げて満足する「Win-Winの関係」が大前提。
ですからアフィリエイターの役割は「購入者を満足させる」としています。

まとめ

アフィリエイトとは広告業と仲介業を合わせた仕事になります。
他人の作った商品を必要とする人に紹介して仲介手数料を受けとるビジネスです。

 

アフィリエイトをはじめるとき必要になるのは

  • 作業用のパソコン1台
  • 広告するメディアを持つ
  • ASPに登録して自分の広告を作成できる状態にする

この3つなのでスタートのハードルは低いです。

 

パソコンを持っていないと5~10万円ほど初期費用が増えますが、
持っているのであれば初期費用5万円以下でスタートできます。

 

僕の考えるアフィリエイターの役割は「購入者を満足させる」ことです。
「自分さえ稼げればよい」という姿勢で相手を騙すような情報を流し強引に購入させてはWin-Winの関係にはならずビジネスとはいえません。

 

相手も自分も満足してWin-Winの関係に持っていくことがアフィリエイターの使命です。

アフィリエイトのメリットとデメリット解説オイスイです。 この記事ではアフィリエイトのメリットとデメリットを解説します。 アフィリエイトで自由を手に入れて人生の幸福度が上...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。