アフィリエイト

アフィリエイトの種類にはなにがあるか?具体的な広告で解説

オイスイです。
この記事ではアフィリエイトの種類について解説しています。

 

アフィリエイトは種類ごとに取り組み方が違いますので、
知識のないままスタートすると的外れなことをしてしまうこともあるのです。

 

そういった的外れなことをしないためにもアフィリエイトの種類は把握しておく必要があります。
アフィリエイト教材を選ぶときの基準にもなる話です。

 

ここでは初心者なら知っておいたほうがよいと考えている3つの種類を解説します。

  1. Google AdSense広告(トレンドアフィリエイト)
  2. ASP物販広告(物販系アフィリエイト)
  3. 情報商材広告(情報商材アフィリエイト)

Google AdSense広告(トレンドアフィリエイト)

Google AdSense広告はクリック課金型という種類の広告です。

 

通常アフィリエイトは商品が売れた段階で報酬が発生するのですが、
クリック課金型とはクリックされた段階で報酬が発生する広告になります。

 

Google AdSense広告はクリック課金型広告の代表で一番利用者が多く、
「クリック課金型広告=Google AdSense広告」
といっても過言ではありません。

 

クリックされれば報酬が発生する手軽さから初心者に人気の広告ではあるのですが、
報酬単価が低いので爆発的なアクセスを必要とする点に注意が必要です。

 

爆発的なアクセスを得るためにトレンド情報(話題の情報)を発信することが基本となるのでトレンドアフィリエイトとも呼ばれています。

 

たとえば、
芸能人が一般人と結婚したら相手の情報は伏せられているので、
本人のSNSなどの画像から相手を特定して記事を量産していきます。

 

Google AdSense広告を扱う場合メディアは大きくわけて2つです。

  1. ブログメディアを使うパターン
  2. YouTubeなど動画を使うパターン

ブログを使うパターン

一番多いのがブログを使うパターンです。
Google AdSense広告ユニットをブログのサイドバーや記事中に埋め込み表示します。

 

実践している人が多いので誰もが目にしたことがあるはずです。

「スポンサードリンク」と書かれている広告はたいていGoogle AdSense広告です。

 

ブログを使う場合の1クリック報酬単価は20〜40円と低いので大量クリックが必要となります。
100アクセスに1クリック程度なので稼ぎたい金額の100倍アクセスが必要です。

 

自己クリックは不正行為になるので報酬没収もしくはアカウント削除のペナルティを受けることになるのでご注意ください。

 

僕はアフィリエイトに参入した当初はトレンドアフィリエイトを実践していました。
そのときの話も加えておきます。

 

こちらはある有名人がテレビ出演したときに叩きだした記録です。
1秒間に3500以上のアクセスを獲得してその日はトータル5万アクセスになりました。
稼げた金額は1日で2万円ほどだったと記憶しています。

 

その有名人は某番組にレギュラー出演していたのですが、
ある日突然出演見合わせとなり「どうなったのか」と話題になりました。

 

その人について見合わせになった理由など調べてブログ記事していたので、
レギュラー復帰したときにアクセスが集中して爆発的なアクセスを稼ぐことに成功したのです。

 

このようにアクセス爆発するような記事を量産して稼ぐのがトレンドアフィリエイトでありGoogle AdSense広告を使った稼ぎ方になります。

YouTubeなど動画を使うパターン

ブログ以外でメジャーなのは動画にGoogle AdSense広告を付ける稼ぎ方です。
平たく言えばYouTuber的な稼ぎ方になります。

 

現在ネットビジネスで人気なのは動画を使った稼ぎ方なのですが、
2018年01月から広告表示の規約が以下のように決められハードルが上がっています。

  • 18歳以上
  • チャンネル登録者1000人
  • 過去12ヶ月の総再生時間4000時間以上

の条件クリアしないと広告掲載できません。

 

視聴する側からすると「登録者1000人なんてショボい」となりやすいですが、
1000人集めるのはとても大変です。
さらに1回再生されると0.5円の報酬と計算するのが一般的なので稼ぎたい金額の200倍再生回数が必要になります。

 

毎月10万円稼ぐためには20万再生を出し続けないといけません。

ASP物販広告(物販系アフィリエイト)

ASPがどんなサービスかは下記の記事で解説しているので省略

アフィリエイトとはどんな仕事か?役割を知るとライバルと差が付くオイスイです。 このブログはネットビジネス情報を発信しているのですが、 アフィリエイトの内容が中心ということもあって ...

アフィリエイトで一番メジャーなのがASP物販広告です。
初心者から上級者の個人アフィリエイターに加えて企業(法人)も力を入れて取り組んでいる広告種類となっています。

 

成果報酬型広告とは商品が売れたりサービスの予約・契約が決まった段階で報酬が発生する「完全出来高払い」の広告種類です。

 

ASP物販広告の種類をさらに細かく分類すると2タイプになります。

  1. 有料タイプ
  2. 無料タイプ

有料タイプ

商品購入やサービスの契約が決まりお金が動くと報酬が発生するタイプです。

  • 化粧品
  • サプリメント
  • サーバー契約

商品の購入や契約が決まったら即報酬発生するASP物販広告のなかではオーソドックスな報酬発生タイプになります。
初心者がASP物販広告を扱う場合は有料タイプからオススメされることが多いですね。

無料タイプ

無料タイプは

  • エステサロン予約
  • 格安SIM契約
  • インターネット回線契約
  • 不動産一括査定サイト会員登録
  • 車買取・中古車査定サイト会員登録
  • 保険一括見積もりサイト会員登録
  • 転職サイト会員登録
  • 弁護士や探偵依頼サイト会員登録

といった申し込み時点では無料で、
あとから金銭のやりとりが発生タイプです。

 

無料なのになぜ報酬を支払えるのかと疑問になるかもしれませんので解説します。

 

登録時点では無料ですが将来的に大きな利益を生む可能性がある案件ばかりなので、
将来の利益を先払いするスタンスの広告です。
大きな利益を生む可能性があるので無料ながら1件1万円以上といった高単価報酬であることが珍しくありません。

 

ASP物販広告で稼いでいる人は「無料タイプ」を中心です。
ただし、各分野の法律に詳しくないと扱えない案件ばかりなので

 

各業界の現役社員が副業でやっていることが多いといえます。
デタラメな情報発信をして契約を取ろうとすると行政指導を受ける可能性があるのです。

 

あなたが本業で使っている知識を活かせる案件があれば参入してもよいですが、
畑違いであると太刀打ちできません。

情報商材広告(情報商材アフィリエイト)

情報商材とは

  • 個人でお金を稼ぐノウハウ
  • 異性からモテモテになるノウハウ
  • ゴルフのスイング上達するノウハウ
  • 短期間で痩せるノウハウ
  • 金融投資の必勝ノウハウ

といったテクニックなどをPDFや動画にまとめた商品です。
そして、こういったノウハウをアフィリエイトして稼ぐのが情報商材アフィリエイトになります。

 

情報商材アフィリエイトもASP物販広告と同じ成果報酬型広告です。
情報商材が売れないと報酬発生となりません。

 

そうなると「ASP物販広告と同じにしてよいのでは?」と思うでしょう。
情報商材を独立させたのには理由があります。
その理由は商品知名度が圧倒的に低く売るにはコツがいるということです。

 

ASP物販広告は有名企業の商品やサービスが多いので社会的信用がありますが、
情報商材作者の社会的知名度はゼロに近く信用がありません。
情報商材広告を扱う場合は紹介するあなたの信用や信頼がカギとなるのです。

 

情報商材は秘匿性の高い情報を扱っているので購入するまで中身がわかりません。
購入者が当てにできるのは紹介者の発信している情報しかないので、
あなたの発信する情報で売れるか売れないかが決まるのです。

 

もし「この人はウソのレビューをしている」と思われたら購入されません。
情報商材は知名度が低くコツを使わないといけないので、
ASP物販広告とは区別して扱われるわけです。

 

情報商材アフィリエイトで扱える広告は大きく2種類にわかれる

  1. 稼ぐ系
  2. 非稼ぐ系

稼ぐ系

情報商材の8割近く稼ぐノウハウをまとめた商品です。

  • アフィリエイトノウハウ
  • 金融投資ノウハウ
  • 転売ノウハウ

このようにお金を稼ぐスキルやテクニックを解説する教材になります。
お金を稼ぐノウハウは事業経営をしている人から直接指導を受けないと得られませんでした。
人脈がないと自分でお金を稼ぐことが困難だったわけです。

 

それを打開しようとしたのが稼ぐ系情報商材となります。
成功体験をノウハウとして販売することで人脈のない人でも稼ぐノウハウを手にできるようになったのです。

 

最近は副業気運の高まりで個人で稼ごうと考える人は増えていますが、
「人脈がないから」と諦める人も少なくありません。
そういう人にとって人脈を必要とせず稼ぐノウハウを手にできる情報商材は救いの手になっているわけですね。

 

こうした時代の変化もあり稼ぐ系の情報商材が爆発的に増えています。
「情報商材=稼ぐノウハウ」といっても過言ではないほどメジャーで需要の高い広告ジャンルです。

非稼ぐ系

非稼ぐ系は稼ぐ系以外の全部です。

  • 異性からモテモテになるノウハウ
  • ゴルフのスイング上達するノウハウ
  • 短期間で痩せるノウハウ
  • 視力低下対策のノウハウ
  • ペットのしつけノウハウ
  • 英会話上達のノウハウ
  • 難関大学受験攻略のノウハウ

こういったお金を稼ぐこととは関係ない情報をまとめた教材となります。

 

内容的には一般書籍でお馴染みといったものが多いですが、
一般書籍では書けないような秘匿性のある情報が盛り込まれ差別化しています。

 

一般書籍を読みあさっても問題解決できない人が購入対象者となるので需要は限られますが、
購入者は一定数いるので稼ぐことは可能です。

まとめ

Google AdSense広告(トレンドアフィリエイト)はクリックされるだけで報酬が発生するので手軽であるが報酬単価が低く爆発的なアクセスを必要とし、
トレンド情報(話題の情報)を発信することが基本となるのでトレンドアフィリエイトとも呼ばれています。

 

ASP物販広告(物販系アフィリエイト)は商品が売れたりサービスの契約が決まった段階で報酬が発生する成果報酬型のアフィリエイトです。
広告には有料タイプと無料タイプがあります。

 

無料タイプのほうが初心者向けと感じるかもしれませんが、
報酬単価が高いので中級者・上級者の実践者が多く初心者には厳しいといえます。
有料タイプのほうが初心者向けです。

 

情報商材広告(情報商材アフィリエイト)は秘匿性のある情報商品の広告になります。
お金を稼ぐノウハウのように一般では出まわっていない情報商品をアフィリエイトする稼ぎ方です。

 

大半が稼ぐ系ですがお金とは関係ない情報をまとめた情報商材もあります。
一般書籍と内容は重複しやすいが秘匿性のある情報を扱うので買い手は一定数いるので稼ぐことは可能です。

最終結論!長期的に稼げるアフィリエイトジャンルはコレしかない!オイスイです。 僕は2012年からアフィリエイトをずっとやってきたのですが、 収入は安定せず親のすねをかじった生活状態で...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。