ライフデザイン出版合同会社【自動システムTEDASUKE】作業丸投げで毎月24万円稼げるか

ネット【投資】案件の検証

オイスイです。

 

ソウルメイトの安達健太郎さんから
「作業丸投げ自動システムTEDASUKE」
という副業案件がオススメとの
紹介がありましたので検証します。

 

参加者全員が毎月必ず
最低24万円の報酬確定するという
作業丸投げ自動システムTEDASUKE。

 

さらに稼いだお金を翌月10日には
すぐに出金することができるという
即金性のある副業案件となっています。

 

しかも
作業丸投げ自動システムTEDASUKEは
マニュアルすら読む必要もないそうで
完全代行となっているようです。

 

もし本当になにもしないで
毎月最低24万円のお金が稼げるとしたら
非常に魅力的な話だと思います。

 

とはいえ、こういった儲け話には
胡散臭いものも多く
最終的に高額なお金を払わせて終わり
と逆に損するリスクもあるわけです。

 

毎日必死に働いて20万円以上の
給料をもらっている人からすると
とても信じられないような話で
怪しいと思いますよね。

 

ほったらかしで毎月最低24万円の大金を
受けとれるという話だとあまりにも
異次元過ぎてにわかに信じがたいです。

 

自動システムTEDASUKEは
どのようにして毎月最低24万円という
お金を稼いでいくのでしょうか?

 

この記事では
作業丸投げ自動システムTEDASUKEに
ついての実績や口コミ・評判も
あわせて検証していきます。

自動システムTEDASUKEの募集ページ内容をチェック

自動システムTEDASUKEは
「参加者全員に24万円毎月必ず現金で確定」
という内容ですが
実際はどんなビジネスをするのでしょうか?

 

まず最初に申しておきますと
作業丸投げ自動システムTEDASUKEの
募集ページはザックリとしすぎています。

 

よって詳細な情報はほとんどありません。

 

募集ページで得られる情報としては
特徴についてくらいで

  1. 一切の作業なし!
  2. システムの初期設定なし!
  3. マニュアルを読む必要もなし!

という3つを紹介しています。

 

どうやら参加登録をすると
すべて運営者が代行してくれる仕組みと
なっているので漠然とした説明しか
されていないようですね。

 

そして
作業丸投げ自動システムTEDASUKEを
利用する手続きは「メルマガ登録」のみ
となっています。

たしかに募集ページからは
手軽に実践できるという印象は
伝わってきますが

 

あまりにも説明がビジネスについての
説明がザックリとしすぎているので
なんとなく怪しい感じが否めません。

現時点での不明な点や不安な点

作業丸投げ自動システムTEDASUKE
募集ページはザックリとした説明で
詳細な情報がまったくわかりません。

 

作業を全部丸投げするので説明する
必要がないという判断から記載されていない
感じはありますが、

 

あまりにも説明が不足しすぎていて
個人的には本当に安心して実践できる
稼ぎ方なのか怪しいと感じています。

 

こういったお金を稼ぐ話には
知らないうちに犯罪に巻き込まれていた
なんて話もあるくらいです。

 

得体の知れないお金の稼ぎ方をすると
知らないうちに犯罪に加担しているといった
取り返しの付かないことにもなりますので

 

難しい内容であったとしても
しっかり説明したほうが安心感が
出てくるような感じはあります。

 

ここからは個人的に疑問に感じている点や
怪しいと思っている点などをシェアします。

24万円報酬の出所が不明

募集ページでは
参加者全員に24万円毎月必ず現金で確定
とアピールしているわけですが

 

この現金24万円をどのようにして
稼いでいくのかについての具体的な
説明がありません。

 

たとえば、
ネットビジネス関連の教材であれば

  • アフィリエイトで稼ぐ
  • 転売で稼ぐ
  • 金融投資で稼ぐ

といった具合にどんな稼ぎ方を
していくのか説明があり
ビジネスモデルが明確にわかっているので
「なぜ稼げるのか」が把握できるわけです。

 

しかし、
作業丸投げ自動システムTEDASUKEには
お金を稼げる理由が説明されていません。

 

そうなると「受け子」みたいに
犯罪に巻き込まれる稼ぎ方をする
可能性も疑ってしまいます。

 

実際になにもせずほったらかしで
稼げるようになるという話自体が
怪しいことですからね…
(正しくビジネスしたら実現しますが)

 

過去に検証した副業案件には
個人情報を売ってお金にするという
相当危険なものがありました。

 

翌月10日に受け取れる現金24万円の
出所が不明となっているので
現時点では安心して実践できるか怪しいです。

作業を代行するメリットの説明がない

通常の代行サービスは
利用者がお金を払ってやってもらう
という流れとなっています。

 

その一方で
作業丸投げ自動システムTEDASUKEは
運営者が作業を代行して自分がお金を稼ぐ
という仕組みです。

 

完全に真逆となっているわけですね。

 

日本は不景気で誰もがお金がなく
困っている状況となっています。

 

「あなたの代わりにお金を稼ぎます!」
なんて余裕のある人はほとんどいないでしょう。

 

仮にそういうサービスがあったとしたら
「なぜ作業を代行するか」メリットを
説明して怪しさを払拭するはずです。

 

作業丸投げ自動システムTEDASUKEは
代行するメリットが書かれていないので
怪しい感じがします。

 

「怪しい稼ぎ方をするので説明できないのでは?」
と疑ってしまいたくなります。

「TEDASUKE」利用にパソコンは必要か?

作業丸投げ自動システムTEDASUKEは
どのように実践したらよいかの説明もありません。

 

これまで検証してきた副業案件では
パソコンを使うとかスマートフォンを使うとか
どのように実践するかの説明がありました。

 

スマートフォンを使った稼ぎ方であれば
日本では8割くらい普及しているので
問題ありませんが、

 

パソコンは持っていない人も増えているので
誰でも実践できるというわけではないでしょう。

 

インターネットを使った副業には
プログラミングのようにパソコンで
実践することを前提にしているものも
少なくありません。

 

僕の実践しているアフィリエイトも
基本的にパソコンで実践する稼ぎ方です。

 

作業丸投げ自動システムTEDASUKEは
代行サービスなので機材は自分で用意する
必要があるというケースも考えられます。

 

もしそうなったら参加はしたが実践できない
といった状況になるわけです。

 

せめて最低限用意するものなどの
説明は欲しいなと言う印象はありますね。

副業禁止の人でも実践することはできるか?

作業丸投げ自動システムTEDASUKEは
実践対象者についての説明もありません。

 

日本では2018年に副業が解禁されて
副業がしやすい環境になっていますが、

 

公務員はいまでも副業禁止ですし
中小零細企業では就労規則の改定が
終わっておらず副業禁止のままと
なっているケースもまだまだ多いです。

 

とはいえコロナ禍で副業をしないと
収入ダウンでどうにもならない人もいて
隠れてコソコソ副業したい人も増えています。

 

当然ながらそういった人は
身バレするような稼ぎ方は避けたいという
考えでいるわけですね。

 

作業丸投げ自動システムTEDASUKE
募集ページではそういった説明がないので
副業禁止の人が実践できるかどうか疑問があります。

 

もし募集ページで「金融投資で稼ぐ」と
宣言していたら安心して実践できると
いうことになるでしょう。

 

株・FX・仮想通貨など金融投資は
資産運用に該当するので厳密には副業にならず
副業禁止となっている公務員でも実践することが
可能となっています。

 

作業丸投げ自動システムTEDASUKEは
漠然とした説明しかされていないので
稼げる稼げない以前に参加して大丈夫なのか
という不安さえあります。

 

もっと参加者を安心させるような
募集ページにして欲しいところです。

自動システムTEDASUKEに登録してみた

実態が見えないので
自動システムTEDASUKEの
メルマガに登録をしてみました。

 

登録するとすぐにメッセージがきて
案内がありました。

どうやら詳細を説明する専用の
ページを用意しているようで
そちらを確認する必要があるようです。

 

ということで案内に従って
詳細説明ページを確認してみることにしました。

動画第1話視聴(作業不要の一点張り説明)

詳細説明ページを開いたところ
とくになにも情報はなく
動画が掲載されているだけでした。

 

動画で作業丸投げ自動システム
TEDASUKEの説明がされているようです。

 

ということで動画を視聴しました。

 

動画をして視聴してどんな仕組みに
なっているかはなんとなくわかりました。

どうやら用意されているシステムに
アカウントを作成して動かすことで
自動的に報酬が発生するように
なっているようです。

 

ただ、そのシステムには難しい
初期設定などが必要で
「導入したけど稼げない」
といったことも起こるとか。

 

そのためアカウント作成も
運営会社のスタッフが代行して
完全自動化を実現したと説明がありました。

 

現時点で疑問となっている

  1. 24万円報酬の出所が不明
  2. 作業を代行するメリットの説明がない
  3. 「TEDASUKE」利用にパソコンは必要か?
  4. 副業禁止の人でも実践することはできるか?

この4点についてですが、

 

「24万円報酬の出所が不明」については
TEDASUKEが自動的に稼いだお金が
利用者に分配されるのでしょう。

 

「作業を代行するメリットの説明がない」
については

「お客様からクレームを受けたくないから」

という回答がありました。

システムを導入しても
初期設定できず稼げないというクレームが
きて欲しくないので全部の作業を代行する
ことにしたとか。

 

「TEDASUKE」利用にパソコンは必要かに
ついてはメールアドレスと電話番号を
スタッフに伝えるだけの作業でよいので
スマートフォンがあればできるでしょう。

 

副業禁止の人でも実践することはできるか
どうかについては現時点では不明です。

 

ネットビジネスでも金融投資でもない
まったく新しい稼ぎ方という説明だったので
現時点ではなんともいえません。

 

一通り説明が終わった後は実践者の
声が紹介されました。

なにもすることなくお金を稼ぐことが
できているといった声が7つ紹介されました。

 

口コミ紹介が終了すると
「どのようにシステムを導入するか?」の
次回予告があり動画が終了しました。

システムを動かしておくと報酬が
発生するということはわかったのですが
電話番号を伝えてアカウントを作成する
というのは不安がありますね。

 

過去に検証した副業案件には
自分の個人情報を売ってお金にする
といったものがありました。

 

いくら作業不要で
システムが自動的に稼ぐとはいえ
自分の個人情報を売って
お金にするというのは怖いですよね。

 

作業丸投げ自動システムTEDASUKEの
システムがどんな構造になっているのか
説明がまったくないので不安しかありません。

 

作業不要で稼げるとい一点張りの
話ばかりで詳細な情報がまったくないので
さらに疑いが強くなった印象です。

動画第2話視聴(参加費が必要と判明)

第2話動画では
作業丸投げ自動システムTEDASUKEを
使える人の条件についての説明がありました。

 

その条件は3つで

  1. TEDASUKEを大事に使ってくれる人
  2. TEDASUKEを今後何十年と愛してくれる人
  3. TEDASUKEの誹謗中傷をしない人

と紹介がありました。

「誹謗中傷をしない人」って…

 

逆に
「誹謗中傷されるようなシステムなの?」
って思ってしまいますよね。

 

正直いってこの参加条件を付けた理由が
よくわかりません。

 

参加条件の説明があったあとは
参加費用についての説明がありました。

どうやら
作業丸投げ自動システムTEDASUKEを
使うには毎月9800円の人件費を支払う
必要があるとのこと。

 

最近は有料オンラインサロンなどが
一般的になってきているので
参加費を必要とするのもわからなくは
ないのですが

募集ページでは毎月24万円を
無料で受け取れるという印象を
与える表記をしているので
これはどうなのかなと思いますね。

 

システムを動かして24万円の報酬が出るなら
そこから差し引けばよいのではないかと

 

24万円から手数料として1万円差し引いた
23万円を入金したらよいのでは?
と思うのは僕だけではないはずです。

 

なぜ利用者に人件費を負担させる
回りくどいことをするのでしょうか?

 

そして動画の最後には
FAQ(Q&A)についての紹介があり
第2話が終了しました。

 

個人的には
作業丸投げ自動システムTEDASUKEを
本当に信用して大丈夫なのかと思っています。

 

第2話では有料商品であることが
判明しましたからより慎重な判断をする
必要があるといえるでしょう。

自動システムTEDASUKEの運営者情報(特商法)をチェック

第2話動画で参加費を払う必要が
あると説明がありました。

 

この参加費は人件費のようで
利用者はシステム代行の費用を
負担する必要があるとのことです。

 

24万円稼げるシステムなら
手数料として9800円を差し引いて
残りの金額を利用者の銀行口座に
入金したら済む話だといえます。

 

なぜこのように不自然で
回りくどいことを利用者に強いるのか?

 

どんな業者が運営しているのか
まだチェックしていなかったので
確認してみることにします。

 

作業丸投げ自動システム
TEDASUKEの募集ページには
「特定商取引法に基づく表記」
の記載がありましたので運営者情報を
調べることができそうです。

【特定商取引法とは】

事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守ることを目的とする法律です。 具体的には、訪問販売や通信販売等の消費者トラブルを生じやすい取引類型を対象に、事業者が守るべきルールと、クーリング・オフ等の消費者を守るルール等を定めています。

出典:特定商取引法とは|特定商取引法ガイド

特商法の記載は情報不足

販売担当者 相川浩介
お問い合わせ先 tedasuke@lifedesign-v.biz
商品価格 無料提供

運営している会社の情報の記載がなく
作業丸投げ自動システムTEDASUKEは
誰が運営しているかわかりません。

 

販売担当者「相川浩介」としか
明記されていないので個人で運営している
ということでしょうか?

 

あと連絡先の電話番号の記載もありません。

 

特定商取引法に基づく表記では
連絡先として電話番号を記載する
ことになっています。

 

条件付きでメールアドレスのみ
表記することも認められていますが
「電話番号はメールでお答えします」
など開示方法を明記することになっています。

 

そういった表記がなく
単にメールアドレスのみ
公開されている状態なので
個人的には連絡先情報としては
不足している感が否めません。

 

自動システムTEDASUKEの
募集ページはLINEアカウント登録の
誘導をしているだけで商品を
売っているわけではないので
記載する義務はないのですね。

 

だから、
今回記載してないとしても
違反行為になりまえせんし
不自然なことでもありません。

 

ただ、
副業案件の募集ページなので
商品の販売はなくても
金銭のやりとりは発生するわけです。

 

特商法は金銭トラブルを未然に防いだり
金銭トラブルが起きたときの解決方法を
取り決めているものなのでお金を必要とする
場面では記載されていた方が受け取る側
としては安心できます。

 

正直、この特商法の情報不足をみると
「なにか隠したいことがあるのでは?」
と疑ってしまっても不思議ではないでしょう。

 

関連記事

特定商取引法とはなにか?副業案件の募集ページ検証で毎回チェックする理由
オイスイです。 この記事では 僕が副業案件の募集ページを検証するときに よく指摘している「特定商取引法」が どんなものかをざっくりとザックリします。 なぜこの特定商取引法について記事にしたのか というと、...

メルマガから運営業者はライフデザイン出版合同会社と判明

作業丸投げ自動システムTEDASUKEの
運営事務局から届いたメルマガの末尾に
詳しい運営者情報が記載されていました。

どうやらライフデザイン出版合同会社が
運営しているようですね。

 

ライフデザイン出版合同会社といえば
過去に検証した

という副業案件を扱っていました。

 

どちらも
作業丸投げ自動システムTEDASUKEと
同じように全部の作業を代行するといった
内容の案件でした。

 

ROYALTY-LIFEは不況で苦しんでいる
会社に500円投資して支援して
配当金30万円を受けとるという案件でしたが

 

途中から「業績好調な企業に投資するので安全」
と真逆の説明になっていき矛盾した内容と
なっていたわけです。

 

最終的に矛盾した内容でビジネスモデルも
はっきりしなかったため非推奨としました。

 

OMOTENASHIもビジネスモデル不明で
非推奨としています。

 

ライフデザイン出版合同会社が
運営しているサービスはどうも説明が
あやふやな案件となっているので
個人的には要注意案件となっているわけです。

 

検証作業をしながらなんとなく
過去に扱ったことがあるような内容だなと
思っていましたが
運営会社がライフデザイン出版合同会社と
わかり納得しました。

 

TEDASUKEは過去に検証した
ライフデザイン出版合同会社の案件と
そっくりです。

ライフデザイン出版合同会社という会社にも不審点

ライフデザイン出版合同会社の
会社自体にも不審点があります。

 

ライフデザイン出版合同会社は
自社のウェブサイトを運営しているのですが
なぜか代表者の氏名がないのです。

企業がウェブサイトを持つというのは
信用を獲得するためといえます。

 

法人には営業実態のないペーパーカンパニーも
たくさん存在するので
実態のある会社であることを示す場として
公式サイトが使われるわけですね。

 

信用獲得を目的に運営するので
当然ながら代表者や取締役といった
責任者情報を掲載するのが普通ですが
ライフデザイン出版合同会社にはありません。

 

企業のウェブサイトで責任者情報を隠す
ということは「なにか裏がある」と
疑われる原因を作るだけで逆効果です。

 

なぜわざわざ疑われるようなことを
やっているのか理解できませんね。

会社設立から1年程度しか経過していない

マイナンバーの法人版として法人番号
というものがあります。

 

ライフデザイン出版合同会社は
法人番号指定を受けていることがわかりました。

これまで検証してきた運営者には
法人番号の指定を受けておらず
実態のある会社かどうか怪しいものが
多々ありました。

 

ライフデザイン出版合同会社は
法人番号の指定を受けているので
安心感はあります。

 

ただ、
その法人番号指定を受けた年月日が
2020年5月14日となっているのです。

会社概要でも「2020年4月設立」と
なっているので日付自体は
おかしくないですが、

 

作業丸投げ自動システムTEDASUKEは
もの凄く高度なシステムとのことなので
果たして1年そこそこでそんな大がかりな
システムを開発できるのか疑問です。

 

個人的には
作業丸投げ自動システムTEDASUKEの
情報がなさすぎて実在するシステムか
どうか怪しいと思えてきました。

 

それに参加者には専属のスタッフが
付くことになっているわけですが

その数なんと50人です。

 

大手企業のグループ会社が発足した
というなら開始当初から50人のスタッフを
抱えるということはできるでしょう。

 

ライフデザイン出版合同会社は
そういう背後関係はないとみえますので
果たして本当に50人もスタッフが在籍
しているかも怪しいです。

 

追記
第2話動画でスタッフは10人で
1人のスタッフが5人を担当すると
説明がありました。

自動システムTEDASUKEに評判情報(実績・口コミ)はあるか?

参加者全員が24万円稼げるという
システムなのに人件費として約1万円の
負担をする必要があるので

  • 24万円稼げるシステムではない
  • 実在しないシステムの可能性

のどちらかでないかと疑っています。

 

もしくは参加者の個人情報を
高額で売って稼ぐといったハイリスクな
稼ぎ方の可能性も否めません。

 

どちらにしても現時点でわかっている
情報では怪しいとしか思えないです。

 

ただ、まだ実践者の実績や口コミなど
評判情報についての検証をしていません。

動画では実践者の声が紹介されていました。

ライフデザイン出版合同会社の
作業丸投げ自動システムTEDASUKEは
どうやら2021年から動いているようです。

 

ということはかれこれ1年近く経過している
ことになりますので
実践者の声が出てきていてもおかしくありません。

第2話動画の再生回数は6000回以上
になっていますから
確実に実践者はいるでしょう。

 

自動システムTEDASUKEの
評判情報(実績・口コミ)が
ないか調べてみました。

 

・・・・・・

 

自動システムTEDASUKEで
稼いだという実績らしい情報はなく
稼げるビジネスモデルなのか
裏が取れる証拠はありませんでした。

 

また口コミ情報についても
批評サイトが数件出るぐらいで
参加者の評判情報は見当たりませんでした。

 

参加費を利用者に求めている時点で
怪しい感じはしていましたが
これは実態のない稼ぎ方の可能性が高いですね…

 

もし記事を見てる人で
ライフデザイン出版合同会社の
作業丸投げ自動システムTEDASUKE
を実践して「実際に稼げたよ!」
という証拠をお持ちであれば

ネットビジネス無料相談(お問い合わせ)
ネットビジネスについてのお問い合わせを【無料】で受付中です。ビジネスに対しての不安などネットビジネスに関係する全般の相談も受け付けておりますのでお気軽にご相談いただければと思います。また当ブログで発信している情報でご質問が...

こちらから教えていただけると助かります。

販売担当者「相川浩介」の実績について

販売担当者の相川浩介さんの実績に
ついても調べてみました。

 

ライフデザイン出版合同会社は
設立して間もない企業なので
実績を探してもないでしょう。

 

相川浩介さんは個人で活動して
実績をつくったうえで法人化した
ということを考えたら
相川浩介さんの実績を探した方が
確実だといえます。

 

ということで相川浩介さんには
実績があるのか調べました。

 

・・・・・・

 

相川浩介さんの実績らしい情報は
まったくありませんでした。

 

どうやら実績を作ってから
法人化したというわけでもなさそうです。

 

そうなると
ライフデザイン出版合同会社の
作業丸投げ自動システムTEDASUKEは
完全に得体の知れないシステムと
言うことになります。

【追記】バックエンド商品案内の特商法で「個人差あり」と明記

ライフデザイン出版合同会社の
作業丸投げ自動システムTEDASUKEは
第2話で参加費用が必要とわかりました。

 

そして一通り説明が終わったあと
最終的にバックエンド商品
決済方法について案内がありました。

 

有料販売となりますので
販売ページには汚臭ページより詳細な
特定商取引法に基づく表記があります。

 

そちらをチェックしてみたところ
新しい疑問点が浮上してきました。

 

「本商品に示された表現や再現性には個人差があり、
必ずしも利益や効果を保証したものでは御座いません」

自動システムTEDASUKEは初期設定まで
含めて全部丸投げする稼ぎ方のはずです。

 

どこに個人差が生まれる余地があるのでしょうか?

 

もしそうなら参加者全員が毎月必ず
24万円の確定報酬という話は虚偽という
ことになります。

募集ページに記載されている内容と
食い違ってきていますね…

ライフデザイン出版合同会社 自動システムTEDASUKEの検証結果

ライフデザイン出版合同会社の
自動システムTEDASUKEを
検証しましたが

  • なぜ24万円稼げるのか説明なし
  • 24万円稼げるシステムなのに人件費を利用者が負担
  • 特定商取引法の連絡先情報が不足しているので不安
  • 過去に非推奨とした副業案件と同じ運営者
  • 実績や口コミなど評判情報がまったく出ない

という結果となりました。

 

個人的には24万円稼ぐことができる
システムを売りにしているのに
なぜ利用者に約1万円の人件費の負担を
求めてくるのかが謎すぎます。

 

金融投資の口座であれば
売買するときに手数料が必要ですが
稼いだお金から自動引き落としとなり
残額だけが口座に入る仕組みです。

 

ライフデザイン出版合同会社の
作業丸投げ自動システムTEDASUKEも
同じようにしたらよいと思いますが
なぜまわりくどいことをするのかわかりません。

 

利用者に手間をかけさせないことが
最大の売りとなっているはずなら
自然と手数料を自動的に差し引く
システム構造にするはずです。

 

それをせずわざわざ利用者に
毎月人件費として1万円を請求する
ということは

  • 実態のないシステム
  • 1万円も利益を出せないシステム

のどちらかとなるでしょう。

 

運営会社の
ライフデザイン出版合同会社も
本当に実在している会社なのか
怪しい部分があります。

 

稼ぐ仕組みが不自然で
不安が払拭できなかったので
個人的には登録することを
参加をオススメできない稼ぎ方と
判断しました。

 

もちろん「実際に稼げる!」とわかれば
おすすめビジネスに変えますので
有益なご意見をお待ちしてます。

ちなみに、僕は5年以上
インターネットビジネスをしてますが
完全に他人任せにして月収24万円を
目指せる稼ぎ方に出会えていません。

 

僕自身は現在アフィリエイトを
実践していて生活できるだけの
稼ぎをほぼほったらかしで
手にしています。

 

ですからインターネットを使って
ほったらかしでも24万円を稼ぐことは
不可能ではありません。

 

ただ、
僕がほったらかしでも
稼げるようになったのは
ビジネスについて勉強して自動的に稼ぐ仕組みを
構築してきた結果です。

 

ライフデザイン出版合同会社の
作業丸投げ自動システムTEDASUKE
のように全部人任せに
してきたわけではありません。

 

ビジネスは「まず自分が相手に価値を提供して」
その対価としてお金をいただくのが基本です。

 

実践しながら知識やスキルを身に付けて
価値提供できるようになって対価のお金を
手にできるようになりました。

 

ですから知識やスキルを必要とせず
稼げるって仕組みはありえないのですね。

 

個人的には成功するには地道に知識を付けて
お金を受け取るに見合う価値提供できる
スキルを磨いていくしかないと考えています。

 

僕自身は教材やセミナーやコミュニティに参加し
いろいろな経営者や成功者を見てきてますが
稼いでいる人ほどビジネスに自己投資して
自分を成長させてます。

 

システムを動かせば勝手にお金が
入ってくるといったオイシイ話は
存在しないといっても過言ではないでしょう。

 

「どんな稼ぎ方であれ知識やスキルが必要!」
という前提で副業を探し実践してほしいなと思います。

【追記】参加を強要するメールを送ってきた

ライフデザイン出版合同会社の
作業丸投げ自動システムTEDASUKE
運営事務局から参加を強要する
メールが届きました。

 

ご本人は親切心でやっている
つもりなのかもしれませんが
これはただの押し売りです。

 

よっぽど参加者がいないのでしょうね。

 

押し売りを平然とやる会社の
副業案件に参加する必要はありません。

 

参加条件に
「TEDASUKEを誹謗中傷しない」
とありましたが
そう書きたくなる理由がよくわかりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました