菅原淳一【ドリームサポーター】お金配りプロジェクトは安全か怪しいか?毎週最大30万円分配金が入るか考察(合同会社アカツキ・DREAMERS SALON有料企画)

ネット【支援金】案件の検証

オイスイ(追水卓)です。

OUENプロジェクトから
菅原淳一さんの
「ドリームサポーターお金配りプジェクト」

という案件がオススメとの
紹介がありましたので検証します。

叶えたい夢を教えるだけで
毎週10万円から30万円が分配されると
アピールしているドリームサポーター
お金配り
プロジェクト

発起人の菅原淳一さんいわく
希望を失った日本経済を復興させるために
このプロジェクトを考えスタートしたとか。

たしかに夢を語るだけで
毎週最大30万円が分配されて
月収120万円を実現できるなら
凄いことですよね。

日本には「お金持ちになりたい」という
夢を語る人は非常にたくさんいますが
実際にお金持ちになれている人はいません。

宝くじで高額当選を狙っている
人はたくさんいますが
実際にそれでお金持ちになれたという
人の情報もほとんどないです。

夢は夢のまま終わっている人が
非常に多いのが現状ではないでしょうか。

しかし菅原淳一さんの発足した
ドリームサポーターお金配りプジェクトに
参加することでお金持ちになる夢を
叶えられる可能性がありそうです。

夢を語るだけで毎週最大30万円を
手にできる話がほんとうなら
参加しない選択肢はないでしょう。

ただ、僕はこれまで似たような
支援金案件を20件以上検証してきました。

ドリームサポーターお金配りプジェクトを
おすすめしてきたOUENプロジェクトも
そのうちのひとつ。

そられに登録して検証してみたのですが
最終的に本当に支援金が受け取れるのかどうか
怪しく非推奨にした経緯があります。

夢を語るだけで毎週最大30万円を
分配するなんてきいても
即信用できるような話ではないですよね。

よって
ドリームサポーターお金配りプジェクトは
怪しいと思っているのも事実。

菅原淳一さんの
ドリームサポーターお金配りプジェクトは
果たして実態のある支援金プロジェクトと
なっているのでしょうか?

この記事では菅原淳一さんの
ドリームサポーターお金配りプジェクトに
ついて実績や口コミなど
評判もあわせて検証していきます。

ドリームサポーターお金配りプジェクトのメルマガに登録して検証

菅原淳一さんの
ドリームサポーターお金配りプジェクトに
参加するにはメルマガ登録の手続きを
する必要があるようです。

ということで早速手続きを済ませて
実態がどうなっているかチェックして
みることにしましょう。

↓↓↓↓↓↓

メルマガ登録をするとすぐに
折り返しのメッセージが
やってきました。

メッセージを見る限り
どうやら専用ページが用意され
そこでお金の受け取りができるように
なっているようです。

募集ページでは夢を語ることが
お金分配の条件となっていましたが
どうやらそういったこともなく
お金を受け取ることができそうな
感じがありますね。

ということでメルマガの
指示に従って専用ページに
移動してみることにしましょう。

プロモーション第1話検証

メルマガのメッセージにあった
リンクをタップして専用ページへ
移動してみました。

移動してみると動画のみ用意されている
ページが出てきました。

こちらの動画で支援金の
分配方法の説明がされている
ということなのでしょうか?

とりあえず動画を視聴して
どうなっているかチェックしてみます。

↓↓↓↓↓↓

菅原淳一さんの
ドリームサポーターお金配りプジェクトは
夢を語って支援金を受け取るというもの。

この「夢」がどういったものか
気になっていました。

動画ではそれについての説明が
ありました。

といっても難しいことはないようです。

菅原淳一さんが「いいな!」と
思ったら即支援が決定するとのこと。

さらに夢もポジティブなものだけでなく
ネガティブなものでもOKらしいです。

「借金を返したい」といった内容でも
問題ないと説明がありました。

「借金を返したいので支援してください」
なんていって支援してくれる人なんで
まずいませんからね。

菅原淳一さんは
相当な太っ腹なのかもしれません^^

ちなみに菅原淳一さんは
すでに対面でお金を支援する
活動をされているとか。

最初の動画では対面での
支援金受け渡しシーンも
流れることになりました。

最初に出てきた男性は
沖縄に引っ越しをするための
費用として70万円の支援を
お願いしていました。

その後は簡単なやりとりをして

70万円を獲得していました。

この即支援に希望者の男性も
驚いた様子でしたね。

いたずら目的や冷やかしでなければ
夢はなんでもOKとのこと。

これまでいろいろな案件を
みてきましたが
ここまでサクッとお金が手に入って
しまう企画ははじめてかもしれません。

さて、それが終わったら
新事実が判明しました。

どうやら菅原淳一さんの
ドリームサポーターお金配りプジェクトは
ただお金を支援するだけでなく
お金を稼ぐ方法を伝授することも
セットになっているとか。

単にお金を支援するだけでは
「使ってしまって終わり」に
なってしまいます。

そのため支援金をさらに
資産運用して稼ぐ方法も
合わせて教えているとか。

僕自身もビジネスをしているので
わかるのですが
将来に向けての投資は必要です。

今あるお金は使ってしまえば
終わりになってしまいますが
将来収益が発生する仕組みに
投資をすればリターンがあります。

そうすれば無限にお金が入り続ける
ことになりますから
一生食いっぱぐれることがなくなると
いっても過言ではありません。

宝くじで高額当選した人が
10年後などに借金地獄になっている
人が多いという結果も

将来に回収できる投資に
お金を使っていないことが
原因だったりするのですよね。

自分の収入に見合わない出費を
するので結果として借金をしてまで
生活を維持しようとして破綻すると。

菅原淳一さんの
ドリームサポーターお金配りプジェクトは
「投資」まで含めているとなると
なかなか親切な企画だなと思いました。

ただ金融投資(資産運用)を
教えるビジネスをする場合は
金融商品取引業者として指定を
受けていないと実施していけない
ことになっています。

出典:https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyo.html

もし菅原淳一さんが
なにかしらの有料企画で
金融投資(資産運用)を
教えているとしたら、

金融商品取引業者として指定を
受けているかどうかも
検証ポイントになってくると
いえるでしょう。

菅原淳一さんは投資畑で
長年プレイヤーとして活動されていた
とのことです。

たしかに募集ページでは
金融投資(資産運用)で35億円の
総利益を実現したとアピールされていました。

どうやら菅原淳一さんの
投資テクニックなどのレクチャーも
受けることができるようです。

↓↓↓↓↓↓

ただ、動画が中盤にさしかかると
支援金を元手として金融投資(資産運用)で
稼ぐのがドリームサポーターお金配りプジェクトでは
ないような感じがしてきました。

どうやらその金融投資(資産運用)も
自動的にやってくれるように
なっているかもしれません。

ドリームサポーターお金配りプジェクトの
ために総勢137人の投資家を集めて
その投資家がお金を稼ぐことになり

ドリームサポーターお金配りプジェクトの
参加者は希望金額と夢を書いて送信するだけで
毎週最大30万円の支援を受けることができる
ような説明がありました。

どことなく過去に検証した
安達健太郎さんのソウルメイトみたいな
印象をうけますね。

安達健太郎さんのソウルメイトも
170人を超える投資家が
代わりにお金を稼ぐという内容に
なっていたので。

さて、話が進むにつれて
徐々にドリームサポーター
お金配りプジェクトが明らかに
なってきたわけですが
疑問点が出てきたのも事実。

ドリームサポーター
お金配りプジェクトは
137人のプロ投資家が代わりに
稼ぐと言う内容なのです。

そしてその投資家は
1日平均4万円から5万円を
稼ぐ実力があるとのこと。

そのため毎週30万円を
受け取ることができると
菅原淳一さんから説明が
ありました。

ただ、この最大30万円を
受け取るためには夢を語る以外に
ボタンを押す作業が必要とのこと。

プロ投資家が稼いだお金を
確定するかどうかタップ作業を
する必要があると説明があったのです。

個人的にはここが引っかかる
ポイントとなりました。

なぜ報酬額を確定させるために
ボタンをタップしないといけないのか?

金融投資(資産運用)の
利益確定はプロ投資家がするはず。

なぜ参加者が確定ボタンを
押す必要があるのか謎ですね。

これでは参加者が手動による
「裁量トレードをするのでは?」
思ってしまいますが。

そしてこの確定ボタンを押さないと
利益が消滅してしまうとか。

それで10万円から30万円と
幅を持たせているらしいです。

ではなぜプロ投資家は
無償で金融投資(資産運用)を
代行してくれるのか気になりますよね。

世の中にはプレイベートバンカーと
呼ばれる資産運用のプロがいます。

プライベートバンカーは
お金をもらって資産運用を代行する人。

無償で資産運用しているわけではありません。

おそらくドリームサポーター
お金配りプジェクトに参加している
プロ投資家もプライベートバンカーでしょう。

お金をもらわず金融投資(資産運用)を
代行するというのは不自然です。

これについても説明がありました。

どうやらプロ投資家が稼いだ
お金の一部が証券会社経由で
還元されているとのこと。

よって完全無償でトレードを
しているわけではないようでした。

そのあとは菅原淳一さんが
なぜドリームサポーターお金配りプジェクトを
スタートしたのかの説明でした。

菅原淳一さんいわく
現在の日本は夢を失っている人が多いので
経済を思いっきりまわして夢を持つ人を
増やしたいとか。

ますますソウルメイトっぽいような。

ちなみにこのプロモーションは
まだ続きがあるようです。

まあ、最初の動画では
ドリームサポーターお金配りプジェクトの
より深い部分が明かされていませんからね。

個人的には疑問に感じている部分が
残っています。

それらは徐々に明らかになっていきそうです。

仮登録に難あり

ドリームサポーターお金配りプジェクト
最初の動画で会員登録についての
案内がありました。

まずは体験版を使ってもらい
実際に稼げることを確認して
欲しいとのこと。

ページ内には会員登録できると
思われるページへのリンクがありました。

こちらをチェックしてみます。

移動してみたところ
個人情報の入力が必要であることが
わかりました。

さて、個人情報を求めてきたという
ことはチェックしておきたいのが
プライバシーポリシー。

最近は個人情報の流出が
大騒ぎになることからもわかるように
プライバシー情報の管理はしっかりと
しないといけません。

そしてプライバシーを
しっかり守る宣誓をする場所が
プライバシーポリシーになります。

通常ですとこういった具合に
プライバシーポリシーを明記して
同意するかどうか意思確認をするのが
慣例となっています。

ですが
ドリームサポーターお金配りプジェクトの
会員登録ページにはそういった明記が
一切ありません。

そうなると個人情報がどう
利用されるかまったくわからない
ということになります。

世の中には個人情報を
不正な方法で入手して第三者に
販売する悪質な名簿業者が
存在しています。

名簿業者(めいぼぎょうしゃ)または名簿屋(めいぼや)とは、氏名・性別・生年月日・住所・電話番号・メールアドレス・クレジットカード番号といった、個人を特定できる情報(個人情報)をファイル(データベースまたは紙媒体の名簿など)として整理し、検索できるような状態にまとめた形にして販売する者。

出典:名簿業者 – Wikipedia

僕自身も登録した覚えのない
サービスから突然メールが
届くようになったことありますので
おそらくメールアドレスが流通
しているのでしょう。

そしてそこから投資詐欺などに
巻き込まれていくことになるわけです。

そのためプライバシーポリシーを
明記していない案件は不用意に
個人情報を提供しないほうが
賢明といえます。

ドリームサポーターお金配りプジェクトの
会員登録はいったん保留することにしました。

菅原淳一【DREAMERS SALON】有料企画の運営者情報(特商法)について

菅原淳一さんのドリームサポーター
お金配りプジェクト案件は最終話で
「DREAMERS SALON」という
バックエンドの有料企画
セールスしてきました。

菅原淳一さんの
ドリームサポーターお金配りプジェクトは
無料体験版に参加するために
個人情報を求めてきました。

しかし、プライバシーポリシーなど
個人情報の扱い方法がわかりません。

そのためドリームサポーター
お金配りプジェクトに安心して
個人情報が提供できるかどうか
怪しい感じがり保留していました。

ですが、
ここでDREAMERS SALONという
有料商品をセールスしてきたとなれば
検証を進めることができます。

インターネット上で有料商品を
販売するときには
「特定商取引法に基づく表記」が
必須となるからです。

【特定商取引法とは】

事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守ることを目的とする法律です。 具体的には、訪問販売や通信販売等の消費者トラブルを生じやすい取引類型を対象に、事業者が守るべきルールと、クーリング・オフ等の消費者を守るルール等を定めています。

出典:特定商取引法とは|特定商取引法ガイド
https://www.no-trouble.caa.go.jp/what/

関連記事

インターネット上で有料商品を
販売する場合は業者の情報などを
公開する必要があるのですね。

ですから菅原淳一さんの
ドリームサポーターお金配りプジェクトを
運営している業者の情報が公開されているはず。

そして業者の公式サイトなどがあれば
プライバシーポリシーのチェックも
できるといえるでしょう。

これで菅原淳一さんの
ドリームサポーターお金配りプジェクトに
個人情報を提供して安全かどうかが
判明することになります。

ということで菅原淳一さんの
ドリームサポーターお金配りプジェクト
(DREAMERS SALON有料企画)の
特定商取引法に基づく表記を
チェックしていきます。

特定商取引法に基づく表記

販売会社合同会社アカツキ
運営統括責任者菅原淳一
所在地沖縄県浦添市宮城1-35-9-302
電話番号070-4092-3621
メールアドレスsugawara◆dsuppone.com ※◆こちらを@に変更してください。

特定商取引法に基づく表記は
しっかりと明記されている印象です。

販売業者名・住所・電話番号の
記載がありますから情報としては
必要分を満たしているといえます。

とはいえ
特定商取引法に基づく表記は
実態のない架空の情報を掲載している
事例も見受けられます。

この業者「合同会社アカツキ」は実在するのか?

さらに深掘りして調べてみることにします。

国税庁ウェブサイトで法人番号検索してみたら…

僕がこれまで検証してきた案件では
特定商取引法に基づく表記が
いい加減に記載されており
実態のない会社だった事例あります。

ドリームサポーターお金配りプジェクト
(DREAMERS SALON有料企画)は
たしかに特定商取引法に基づく表記が
ありますが正しい情報かは別問題。

合同会社アカツキが実在する企業かどうか
チェックします。

実はチェック方法は簡単です。

2015年よりマイナンバーの法人版に当たる
「法人番号」という制度がスタートしました。

この法人番号は日本国内で法人を
運営する場合は国税庁から指定を
受けないといけない規則になっています。

よって実態のある会社なら
法人番号の指定を受けている
はずなのですね。

この法人番号は公開情報で
国税庁のウェブサイトで検索閲覧が
可能となっています。

ということで
特定商取引法に基づく表記にある
合同会社アカツキが実在する企業か
まずはチェックしてみましょう。

出典:国税庁企業検索
https://www.houjin-bangou.nta.go.jp/

法人番号検索をしてみたところ
沖縄県浦添市に合同会社アカツキが
存在することは確認できました。

よって実在する企業であることは
間違いないでしょう。

ただ、法人番号を調べて
個人的に気になった部分も。

法人番号の指定年月日が
令和3年(2021年)8月23日であり
ほとんど運営歴がない会社であることが
わかったわけです。

この運営歴の短さは不安要素です…

金融商品取引業者の指定を受けているか?

合同会社アカツキは実在することは
わかりましたが
運営歴が少なく依然として本当に
大丈夫なのか疑問は晴れていません。

ということで次は
金融商品取引業者の指定を受けているか
どうかについて調べます。

菅原淳一さんは個人投資家として
成功したあとは他の人に
金融投資(資産運用)の方法を教える
活動もされています。

こちらの記事でも触れていますが
金融商品売買のアドバイスを
するには金融庁から
金融商品取引業者の指定を受けないと
だめなのですね。

ドリームサポーターお金配りプジェクトの
ようなお金を配るだけの活動ならOKですが
金融商品を使った稼ぎ方を教えるとなれば
金融商品取引業者の指定が必要。

もし菅原淳一さんが投資を教える
稼働をしているなら金融商品取引業者の
指定を受けていないといけません。

出典:https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyo.html

こちらも金融庁の公式サイトで
公開されている情報なので調べてみる
ことにしました。

・・・・・・

調べた限りでは合同会社アカツキも
菅原淳一さんの名前も見当たりません。

よって本当に菅原淳一さんが
個人投資家として活動して
現在は教える活動をしているかどうかも
怪しいことがわかりました。

そうなるとお金配りの軍資金を
捻出する137人の敏腕投資家が
本当に実在するかも怪しくなります。

仮にいたとしても
金融商品取引業者の指定を受けていない
可能性が否定できないので
個人的には安全な案件と判断することは
難しいことになります。

「丸金宮城ビル」の賃料21,000円

法人番号検索したときに
合同会社アカツキの詳細な住所が
わかりました。

「丸金宮城ビル」という
ビルに入居しているようですね。

ただ、こういうのもなんですが
合同会社アカツキは丸金宮城ビルに
入居しているのかなと疑問に感じたのは
事実としてあります。

出典:http://www.fudousanjoho.com/chintai/2view.php?no=10668

丸金宮城ビルの賃料は21,000円だそうです。

35億円を稼いだ敏腕投資家のいる
オフィスとしてはどうなのかなという
印象はありますよね。

もちろん経営者はコスト削減を
考えないといけないので
賃貸料のような固定費はできるだけ
削減したいものです。

そのため賃料21,000円の
オフィスで小ぢんまりと
やっていても不思議ではありません。

ですが
ドリームサポーターお金配りプジェクトは
募集人数が100人で毎週最大30万円を
自動入金させるプロジェクト。

相当な資金力がないと
このような企画運営することは
不可能でしょう。

そう考えると賃料21,000円は
やはり不安要素でしかありません。

本当に毎週最大30万円が
自動入金されるのかと。

なんとなくですが合同会社アカツキは
怪しい業者のような感じがしてきました。

菅原淳一さんが送ってきた最初の
メルマガにはタワマンやフェラーリなど
お金で買える夢が書かれていました。

てっきり菅原淳一さんは大金を稼ぎ
悠々自適な人生になっているのかなと
思っていたのですが

この賃料をみてしまうと果たして本当に
菅原淳一はお金持ちなのかどうか怪しい
感じがします。

菅原淳一に活動実績はあるか?

菅原淳一さんは
プロ投資家として35億円の利益を出した
経験をもとに投資法を教える仕事を
しているとアピールしていました。

しかし、調べた限りでは
菅原淳一さんが金融庁から
金融商品取引業者として
登録されている事実は不明確。

さらにバックエンド商品
「DREAMERS SALON有料企画」
販売会社の合同会社アカツキは
家賃21,000円の事務所。

本当に菅原淳一さんのまわりに
敏腕投資家が137人もいるのか
怪しい感じがしてきました。

もし菅原淳一さんが
業界で天才と評価され
信頼して投資家が集まるとしたら
なにかしら実績情報があるはず。

プロ投資家はあまり表に
出たがらない傾向があるので
調べても情報があまりないかも
しれませんが

菅原淳一さんの支援を受けている
人はごく普通の人に見えたので
セミナーなど開催して知る人ぞ知る
存在であることは間違いないでしょう。

ということで菅原淳一さんの
活動実績があるかどうか調べました。

・・・・・・

調べてみたのですが
それらしい情報はありませんでした。

DREAMERS SALON有料企画の
募集ページでは参加費100万円の
セミナーを開催したとあります。

このセミナーに参加した人の
情報を探してみたのですが
まったく出なかったため
本当に開催されたか不明です。

菅原淳一さんから投資を教わった
という人もいません。

ここまで情報が出ないとなると
菅原淳一さんのプロ投資家としての
経歴も疑わざるを得ません。

もし記事を見てる人で
菅原淳一さんから支援金を受け取り
さらに投資方法を教わったという
人がいましたら

こちらから教えていただけると助かります。

菅原淳一【ドリームサポーターお金配りプジェクト】検証結果

菅原淳一さんの
ドリームサポーターお金配りプジェクトおよび
バックエンド商品のDREAMERS SALON有料企画を
検証しました。

調べた限りでは本案件は
おすすめできそうにない案件と判断する
ことになりました。

その理由としては次の通り。

  • 菅原淳一の活動歴がが不明
  • 菅原淳一の教え子の存在が不明
  • 菅原淳一から支援された人が不明
  • 合同会社アカツキの運営歴が短すぎ
  • 金融商品取引業者になっていない可能性あり

ドリームサポーターお金配りプジェクト
案件の発起人である菅原淳一さんが
本当に実在する人物なのかどうか
怪しい感じが否めませんでした。

業界では天才投資家と評価され
有名だそうですが
教え子らしい人がまったく出ず

本当に金融投資を教える
活動をしているかどうか怪しいです。

ドリームサポーターお金配りプジェクトは
プロ投資家として活動したなかでできた
仲間を集めて137人のチームを作ったと
アピールしていましたが

もし菅原淳一さんがプロ投資家として
活動していないとなればプロ投資家も
実在しないことになるでしょう。

さらに菅原淳一さんは
ドリームサポーターお金配りプジェクトを
開催する前は対面での支援をしていたと
動画でいわれていました。

実際にその支援するシーンも
公開しています。

しかし、菅原淳一さんから
支援を受けたとして登場したのは
プロモーション動画に出演していた
人くらいで他ではみつかりません。

ブログやSNSなどで支援を受けた
情報がまったくないとなると
やはり実態のない支援金案件ではと
思ってしまいますよね。

さらに金融庁のウェブサイトで
金融商品取引業者について調べましたが
菅原淳一さんの名前は見当たらず。

もし
菅原淳一さんが金融投資(資産運用)を
教える活動をしていたとしたら無許可で
やっていたということになります。

これは行政指導を受ける話です。

ドリームサポーターお金配りプジェクトは
あくまでお金を支援することが目的であり
金融投資を教える案件ではありません。

ですから菅原淳一さんも
ドリームサポーターお金配りプジェクトおよび
DREAMERS SALON有料企画が行政指導の
対象になるかどうかは微妙です。

ですが無許可で金融投資(資産運用)を
教えていた可能性のある人と関係を
持つというのはどうなのかなという
印象はあります。

DREAMERS SALON有料企画の
販売会社も2021年に設立された
新しい会社で運営歴がありません。

この運液歴の短さも気になるところ。

運営歴が短くてもしっかりと
活動している実績があれば
信用することができます。

たとえば菅原淳一さんが
ブログなどを運営して情報発信を
しているなど痕跡があれば
運営歴が短くても信用できるでしょう。

しかし菅原淳一さんは
ここまで触れてきたように
不明点だらけで実在する
人物かどうか怪しいです。

それで合同会社アカツキの
運営歴が1年少々となれば
もはやすべてが作り話ではないかと
疑いたくなります。

個人的に菅原淳一さんが
どうも信用をおける感じがなかったため
非推奨といたします。

参加しても本当に毎週最大30万円の
支援金を受けることができるかどうか
怪しいです。

もちろん「実際に稼げる!」とわかれば
おすすめビジネスに変えますので
有益なご意見をお待ちしてます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました