YouTube広告でみかけるタップするだけで1万円稼げるとうたう怪しい副業案件を判断する基準

ネットビジネス

オイスイ(追水卓)です。

今回はYouTube広告で
最近よく見かけるようになった
タップするだけで1万円稼げるという
副業案件の募集が怪しいかどうか

というテーマでお話しします。

僕はこのブログで副業案件の検証をやっており
タップするだけで稼げるという副業案件は
数多く見てきました。

その数は現時点で100件以上になると思います。

それだけの数量を検証してきた経験があるので
この記事の内容は信憑性があると思っていただいて
よいのでぜひ参考にしてみてください。

もしYouTube広告で
「タップするだけで1万円稼げる」
みたいな怪しい儲け話が出てきたときの
判断材料にできるかと思います。

タップするだけ1万円稼げるというのは怪しいと判断してよい

結論から申しますと
タップするだけで1万円稼げるといった
副業案件をみかけたら

怪しいと判断してかいません。

僕のブログの過去記事をご覧になって
いただければ一目瞭然ですが
タップするだけで稼げるという副業案件は
どれも実態のない架空の案件であることが多いです。

プロフィール記事でも触れていますが
僕は過去にITエンジニアをしており
プログラムを作成する仕事をしていました。

そのためタップするだけで1万円増えるという
偽のプログラムを作ることはできると知っています。

僕が検証してきたタップするだけで1万円増える
という案件は単純に数字を加算しているだけで
実際に口座残高が増えているという事例は
ひとつもありませんでした。

つまりウェブサイト上の数字が加算されているだけで
稼げているという状態ではないのです。

これはどう考えてもITについての
知識がないような人をひっかける目的で
運営されている案件と判断できます。

僕はインターネットビジネスに
参入してから10年近く経過しており
タップだけで稼げるという案件には
未だに出会えていません。

ほぼすべてが怪しいとみてよいでしょう。

裏の目的は副業教材のセールス

僕がネットビジネスをスタートした
2012年当時にも
「マウスをクリックするだけで稼げる」
みたいな怪しい話は山ほどありました。

僕はそれらのうたい文句に踊らされて
やってきたがそのようなビジネスに
出会っていないわけですね。

ただ、当時はそういった事情が
よくわかっていなかったこともあって
クリックだけで稼げるみたいな話に
乗せられてお金を払い続けていたのです。

こういったタップするだけで1万円
稼げるというような簡単にできそうな
うたい文句で副業案件募集する裏の目的は
教材のセールスになります。

日本では終身雇用に価値観から
副業を禁止している会社が多く
自分でお金を稼ぐことは事実上
不可能な状態にありました。

当然ながら学校教育も終身雇用の価値観で
運営されているので学生生活を終えたら
就職して定年退職まで働くことを前提とした
教育内容になっています。

ですから自分でお金を稼ぐという
学習をする機会が一切与えられず
社会に出ることになるわけです。

とはいえ日本の平均収入は
どんどん下がっており会社の給料だけで
なんとかなるような状況では
なくなりつつあります。

僕がインターネットビジネスをスタートした
2012年当時は東日本大震災の直後だったことも
あって将来への不安から副業への注目が集まり
はじめた時期でもありました。

しかし、学校教育では自分でお金を稼ぐ
教育は一切していないので副業をしようにも
右も左もわからない状態。

ですから多くの人は「副業=難しい」という
先入観が強くあるわけですね。

そのような知識のない人をターゲットにして
一儲けしようとするのがタップするだけで
1万円稼げるといった怪しい副業案件になります。

「タップするだけならできそう」と思わせる

「副業=難しい」という先入観のある人に
「タップするだけでOK」といったうたい文句で
副業実践者を募集したら怪しいと思いながらも
興味を示す人は一定数出ます。

そういった人をカモに一儲けしているわけです。

タップするだけで1万円稼げるみたいな
怪しい儲け話は基本的に無料モニターとして
募集されることが多いといえます。

怪しい話であったとしても
無料となれば金銭的なダメージはゼロですから
乗ってしまう人はいるわけです。
※僕は乗せられました…

「タップするだけならできそう」と思わせる
ことがひとつの目的としてあります。

こうして興味を惹くことができたら洗脳スタート。

無料モニターとして1週間から10日程度の
時間をかけて「偽の稼ぐ体験」をすることになり
「タップするだけで1万円稼げるんだ」
と思わせのめり込ませます。

無料モニターになると専用の会員サイトに誘導され
タップするだけでお金が増えていく偽のプログラムが
用意されています。

この偽プログラムを操作していくうちに
だんだんと「自分は稼げる」という
洗脳状態になっていくわけですね。

そして無料モニターが終了するころには
自分でも稼げるという認識を
完全に植え付けることができています。

その段階で「このままシステムを利用して
稼ぎ続けるには有料オンラインサロンへの
参加が必須です」みたいな誘い文句で
有料の教材をセースルしていきます。

無料モニター参加者は「タップするだけで
1万円稼げる」と錯覚しているわけですから
怪しい疑いを持たずさらっとお金を払って
しまうわけです。

このように時間をかけて徐々に見込み客を
教育してお金を払ってもらうようにする
テクニックをプロダクトローンチといいます。

プロダクトローンチの詳細については
上記の記事で解説していますので
興味があればご覧になってください。

YouTube広告などで募集されている
「タップするだけで1万円稼げる」
という怪しい儲け話にはこういった
カラクリがあるのです。

ですから「無料だから」みたいな
安易な考えで登録するのはリスクがあります。

タップするだけの作業に1万円投資する価値はあるか?

こういった怪しい副業案件をみかけたとき
判断するひとつの基準となるものが
ありますのでご紹介します。

その判断基準となることとは
お金を払う側の立場になって
「お金を払うだけの価値があることなのか?」
を考えることです。

お金は無限に湧き出てくるものではなく
有限のものとなっています。

たとえばあなたが今会社員をしていて
給料をもらっている立場であれば
会社が給料を支払うので
あなたはお金を手にすることができるのです。

つまりビジネスにおいて
お金とは原則移動することしかなく
湧き出てくることはありません。

そうなると今回のような
タップするだけで1万円という話であっても
1万円を払う人が他に存在するということに
なってきますよね。

さて、果たしてタップするだけの作業に
1万円も払って他者に依頼する人はいるでしょうか?

普通に考えたら「自分でやればいいじゃん」
となるはずですよね。

コンビニでバイトするとしても時給は
800円から1000円が相場となっています。

もしタップするだけの作業で
1万円ものお金を稼ぐことができるなら
誰もコンビニバイトなんてしませんよね。

実際にタップするだけのような誰でもできる
作業に1万円ものお金を払って依頼する人は
まずいません。

そうやって考えていくと結局のところ
「タップするだけで1万円」みたいな話が
怪しいとわかるはずです。

タップするだけで1万円稼ぐことは一応可能

このように書くとタップするだけで
「1万件稼げる儲け話はまったく存在しない」
という誤解を招くことになりそうなので
付け加えておきます。

一応ですがタップするだけの作業で
1万円稼ぐ方法は存在しているのは事実です。

そのひとつの例が金融投資(資産運用)。

最近はスマートフォンアプリで手軽に
株式・FX・仮想通貨の売買ができるように
なってきました。

僕も過去にFXの金融投資をしていた経験があり
そのときはスマートフォンアプリを使って
いたので可能なのことは認識しています。

それこそワンタップで1万円の利益確定を
したことだってあります。

ですからタップするだけで1万円稼ぐことは
完全に非現実的とは言い切れません。

ただ、金融投資は資産運用なので
厳密に言うとビジネス(副業)ではありません。

ビジネスとは自分が価値を提供して
その対価としてお金を受け取るのが原則です。

資産運用は他人に価値を提供することなく
自分が得するか損するかのどちらかでしか
ないため厳密にはビジネスではありません。

ちなみに確定申告するとき
金融投資(資産運用)で得た利益は
所得税の対象外で別の計算方法が
用意されているので税法上でも
副業として扱われないです。

それにタップするだけで1万円という
大きな稼ぎを手にすることができるのは
事実ですが、

そのタップをするかどうかの判断には
金融に対する高度な知識やスキルや
経験といったものが必要になります。

やること自体はタップするだけの
簡単な作業ですが
そのタップ作業をするためには
時間をかけて経験を積む必要があるのです。

そのタップできるようになるまでの
過程を考えたら決して楽に稼げる方法とはならず
やはり知識やスキルを必要とする稼ぎ方。

まったくの未経験者がタップするだけで
1万円をあっさり稼げるようになるという
儲け話ではありません。

タップするだけで1万円稼げる副業は非現実的で怪しい(まとめ)

YouTube広告などで
「タップするだけで1万円稼げる」
といったうたい文句で募集されている
副業案件はどれも怪しいとみてもらって
問題ありません。

「タップするだけなら自分でもできる」
とウソの稼ぐ経験をさせて
最終的にプロダクトローンチなどを使い
高額なビジネス教材を買わせようと
仕掛けてくるのが一般的です。

ウマい話には裏がある、
ただより高いものはない
とはよくいったもの。

こういったタップするだけで稼げると
うたう副業案件は無料モニターとして
募集していることが多いですが
迂闊に登録すると洗脳されて高額な
商品を買うハメになるかもしれません。

基本的に知識のない人を唆して
お金を払わせようとする仕掛けなので
近寄らない方が安心安全でしょう。

僕はインターネットビジネスを
スタートして10年近くなりますが
1万円稼げるようになるまで
半年近い時間をかけた記憶があります。

これはこういったタップするだけ
クリックするだけみたいなカンタン作業で
稼げるという話に踊らされていたからです。

しかし、そんな誰でもできるような
カンタン作業で1万円稼げるという
儲け話に出会えたことはありません。

やはり自分でお金を稼いでいくには
価値提供できるだけの知識やスキルを
必要とすると学んだわけですね。

タップするだけのような誰でもできる作業に
1万円も払って他者に依頼する人はいません。

1万円を手にするには1万円を手にするに
値する価値提供をすることが必須です。

この「お金を払う側の立場で考える」は
怪しい儲け話を判断するときの非常に重要な
基準となってきますので参考にしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました