【安全運用重視】有料WordPressブログで情報発信ビジネスを推奨する5つの理由

情報発信・ブログ運営ノウハウ

オイスイです。

この記事ではブログを使った
情報発信をするのであれば
有料WordPressブログを
使うことをオススメす
るという
話をしていきます。

ネットビジネス未経験者や
初心者にとってお金を払って
ビジネスをするのは気が引ける
部分があると思います。

やはりネットビジネスには
胡散臭い話も多いので
お金を払いたくないという
考えもわからなくはありません。

ですが無料なものには
無料なりのデメリットがあり
あとから「有料にしておけば」と
後悔することにもなりかねません。

僕は無料で情報発信するリスクを
把握しているつもりなので
最初からお金を払ったブログ運営を
強くオススメしたいです。

なぜそこまで有料にこだわるのか?

この記事では有料WordPressブログとは
どんなものかをざっくり説明したうえで
有料運営する5つのメリットをご紹介します。

この記事をご覧になれば
無料での情報発信がいかりリスキーかが
納得できるはです。

有料WordPressブログとはどんなものか?

まずはじめに有料WordPressブログとは
どういったものなのかざっくりとですが
説明いたします。

有料WordPressブログとは
WordPressブログでお金を払って
運営する方法のことです。

インターネット上にはさまざまな
ブログサービスが存在しますが
ブログを使った情報発信をしている人の
ほとんどはWordPressというブログを
利用しています。

そしてWordPressブログを

  • レンタルサーバー
  • 独自ドメイン

といったものを使ってお金を払い
有料で運用しているわけですね。

現在ご覧になっている
このブログもレンタルサーバーと
独自ドメインを取得して
年間2万円程度の費用を払い
運用しています。

レンタルサーバーとは

次にサーバーについて。

サーバーとはざっくりいうと土地です。

WordPressブログを家だと
思ってください。

そしてサーバーとは
「インターネット上の土地」
という認識で問題ありません。

家を建てるときに必ず
土地が必要になってきますよね。

土地がなければ家を建てることが
できないように
WordPressブログを開設するためには
土地に相当するサーバーが必要なのです。

このサーバーは自分で所有するという
方法もあるのですが
機材の導入などいろいろとコストがかかり
あまり現実的ではありません。

そのため誰でも気軽に
ウェブサイトを運営できるように
国内外に土地を貸してくれる
レンタルサーバーという
サービスがいくつか存在します。

そのレンタルサーバーから
ブログを開設する土地を借りるて
運用するのが現実的ですね。

ちなみに
このブログはレンタルサーバーの
老舗であるエックスサーバーにて
運用しています。

こちらのエックスサーバーで
サーバーをレンタルすると
月額1000円(税別)にて運用する
ことができます。

もし1年まとめて支払う場合は
1ヶ月当たり800円(税別)となり
約1万円程度で運用することが可能です。

出典:https://www.xserver.ne.jp/

WordPressブログで情報発信している
人はたいていこれくらいの
サーバー代を毎月払っているので
年間1万円から1万5千円ほどの
コストがかかっている計算となります。

独自ドメインとは

ドメインとはなにかというと
「ブログの住所」という認識を
持ってもらえば問題ありません。

家を建てたら必ず住所が指定
されることになりますよね。

もし家を建てたとしても
住所がなければ郵便物や
宅配便で荷物を送ることが
できなくなってしまいます。

そのため建物にはたいてい
住所が存在しているのです。
(住所のない建物もありますが)

この住所に当たるのが
ドメインとなります。

僕のブログですと
「oisui-taku.com」がドメインです。

このドメインをブラウザの
アドレスバー(URLバー)に
入力することで僕のブログに
アクセスすることができますよね。

もし僕のブログにこのドメインが
設定されていなかったら
「所在地が不明」となりますので
アクセスすることができなくなります。

つまりインターネット上で
ブログのある場所を示すには
ドメインが必須なのです。

このドメインは有料となっており
年間2000円ほどの費用が必要になります。

ちなみにドメイン代は
どこで取得するかによって
料金がかわってきます。

出典:https://www.xserver.ne.jp/

先ほど紹介したエックスサーバーでは
ドメインを取得することもできて
「.com」であれば取得時は700円(税別)で
2年目以降の更新費用は約1300円です。

よってサーバー代と合算すると
12000円払っておつりがくるくらいで
運用することができます。

ただし、どこのサービスを使うかで
料金はかわってきますし
値上げもありますので
余裕を持って2万円ほどのコストが
かかると見積もるのが一般的です。

有料WordPressブログ運営者は
年間2万円ほどのお金を払って
運営していることになります。

僕自身もそれくらいの出費です。

無料ブログサービスもあるが【非推奨】

インターネット上には
有料WordPressブログの他に
無料ブログサービスも存在します。

有名どころですとアメブロでしょうか。

芸能人が使っていてお馴染みの
ブログサービスとなっています。

こちらはサービスに申し込み
アカウントを作成すると
ドメインとサーバーが無料で
使うことができるわけです。

よって維持費ゼロ円にて
情報発信することができます。

そのため情報発信ビジネス初心者を中心に
「無料ブログでやりたいのですが」
と相談を受けるのですがおすすめしていません。

関連記事

やはり無料で使えるということは
規則が厳しくリスクもあるわけです。

情報発信ビジネスにおいて
無料ブログが抱えているリスクは
致命傷になることなので
僕はお金を払って有料で
WordPressブログを運営すべきと
考えています。

ではどんなリスクがあるのか
無料ブログと比較して有料WordPressブログの
メリットを5つをご紹介しましょう。

有料WordPressブログを推奨する5つの理由

削除リスクがほとんどない

情報発信ビジネスをしていて
一番怖いのが垢バン(アカウント削除)です。

これについては YouTubeやTwitterや
Facebookをみていれば一目瞭然ですね。

芸能人など有名な人のアカウントが
削除されるとニュースなどで取り上げられ
話題になります。

このように運営者によって一方的に
削除される可能性があるのが
無料サービスとなっています。

僕も過去に無料ブログをいくつか
運営していたのですが
そのなかには予告なく一方的に
削除されたものがあるわけですね。

ログインしようとしたら
「アカウントが凍結されています」
と出たことが何度もあります^^;

情報発信ビジネスは
発信する情報を積み上げていくことが
重要になるので

もし運営者のサジ加減ひとつで
一方的に削除されるようなことが
あったら発信してきた情報が全部消えるので
水の泡となってしまうのです。

これは泣くに泣けませんよね…

この一方的な削除が原因で
情報発信を止めてしまった人が
これまでどれだけ出たことか。

ですがこれは有料WordPressブログで
情報発信をしていれば回避することが
可能となります。

やはり金銭のやりとりが発生していると
契約がしっかりと結ばれるので簡単に
削除することができません。

もしあるとしたら利用規約に
違反したときでしょう。

しかし、エックスサーバーであれば
アダルトサイトの開設・運営で
なければどんなテーマで情報発信をしても
規約に接触しません。

よって情報発信の自由度が高く
削除リスクも極めて少ないのです。

この削除リスクの低さが
有料運営する最大のメリットになります。

商用利用が無制限にできる

無料ブログは商用利用に
厳しいことが多いということです。

あなたが情報発信ビジネスをするのは
お金を稼ぐことが目的になりますよね。

ですが無料ブログはお金を稼ぐ目的での
利用は原則として禁止されていることが多く
先ほども触れた垢バン(アカウント削除)の
対象となってくるのです。

僕も無料ブログを使い
アフィリエイトをしていた時期がありました。

このアフィリエイト目的で運営していた
ブログは商用利用とみなされて
事前予告などなく突然削除されることに
なったわけです。

もし無料ブログを使って
お金を稼ぐための情報発信をするとなると
相当気をつかったブログ運営を
強いられることになることでしょう。

自由に情報発信していくことに
制限が強制的にかけられるため
精神的負担も増えることになります。

無料ブログサービス提供業者は
商用利用を好意的に受け止めていません。

有料WordPressブログでは
商用利用に制限のないため
余計な心配をせず情報発信できるため
強くオススメしているのです。

サービス終了を意識しなくてもよい

無料ブログサービスは
サービスが終了して
ブログを強制閉鎖に追い込まれる
ことがあります。

2019年12月15日をもって
Yahoo!ブログがサービスを終了しました。

Yahoo!ブログは利用者を多数抱える
無料ブログ最大手です。

いまや無料ブログ最大手で
あってもサービス終了することがある
時代となっています。

もしブログサービスが終了したら
当然発信してきた情報も全部消える
ことになるのでやはり積み上げてきたものが
水の泡となってしまうでしょう。

サービス終了は突然くるわけでは
なく事前告知があります。

他のブログに引っ越しできる
猶予期間を設けて実施されるため
対処方法を考える時間は十分あります。

しかし、
引っ越しするとサービス終了前の状態を
完全維持できない点にご注意ください。

一番大きな影響となるのはアクセス数の減少でしょう。

他のブログに引っ越せばドメイン(URL)が
変更になります。

そのため旧ブログに外部サイトから
リンクされている場合は
それらのリンクが全部無効になるわけです。

もしそのリンク元からアクセスが
たくさんきているとしたら
アクセスを全部失うことになりかねません。

リンクをもらっているブロガー全員に
URLを変更する通知をしなければいけません。

ブログ全盛期だった2000年代後半から
2010年代前半までさまざまな
無料ブログサービスがありましたが

利用者はTwitterやFacebookなど
SNSへ移行してしまってブログの
利用者は激減しています。

無料ブログは利用者のブログに
広告を掲載することで収益を得て
運営されているので利用者離れは
広告収入の減少に直結すること。

結局、利用者離れによって
広告費が稼げずサービス終了を
余儀なくされるサービスが
たくさん出てきたわけです。

そしてついに最大手の
Yahoo!ブログまでもがサービス終了に
追い込まれることになりました。

無料ブログはこうしたサービス終了と
隣り合わせとなっており
もしサービス終了したら引っ越しなど
大変な作業を強いられることになるのです。

ちなみにこれは無料ブログに
限ったことではありません。

つい最近動画サービスの
BuzzVideoがサービス終了と
なりました。

今勢いのある動画サービスも
このように突如サービス終了する
ことがある時代なのです。

当然ながらサービスが終了したら
これまで投稿した動画も全部削除されます。

よって積み上げてきた情報が
全部水の泡となってしまうわけです。

今の時代は新しいサービスが
次から次へと出てきており
入れ替わりが激しくなっています。

こうした入れ替わりの波に
翻弄されないようにするには
ドメインとサーバーを自分で契約して
有料で運用することが一番の対策です。

有料WordPressはカスタマイズ性に優れる

有料WordPressはカスタマイズ性に
優れるメリットもあります。

まず大前提として無料ブログは
まったくインターネットの知識がない人でも
扱えるサービスを目指して運営されています。

よって直感的に操作することができるなど
簡素な作りになってくることが多いです。

これはたしかに初心者のうちは
わかりやすくメリットになるのですが
情報発信になれてくるとデザインなどに
こだわりたくなってくるでしょう。

そうなったときに無料ブログの
簡素さが裏目に出ることになるのです。

無料ブログはカスタマイズ性が
低い問題点があります。

有料WordPressブログであれば
有料無料さまざまなテンプレートがあり
自由に見た目を変更することが可能です。

プラグインを使えば
難しいコーディングを使わず
自由に機能を追加することも可能です。

WordPressブログは
世界シェア30%以上ありますので
ユーザーが作成したテンプレートや
プラグイン(アプリのようなもの)が
豊富に存在します。

難しいプログラミングの知識がなくても
有料WordPressブログの運営はできますので
心配は不要です!

ですが無料ブログで同じようなことを
しようとすると逆にプログラミングの
知識やスキルを必要とする場合が多いです。

それはWordPressと違って
無料ブログ提供者の用意したものしか
使うことができないので
もし自分の求めているものがなければ
自分で作るしかありません。

ですからプログラミングの知識や
スキルを必要とすることになるのです。

有料WordPressなら
他の人が作ったプラグインをインストールすれば
一発解決なことも無料ブログでは自分で手作業で
作り込まないといけなくなるでしょう。

有料WordPressブログは
カスタマイズ性に優れているので
やりたいことが実現させやすいですが
無料ブログでは不満が出てくることに
なるでしょう。

無料ブログから
有料WordPressブログへ引っ越す人が多いのも
長期運営しているとカスタマイズ性の低さに
不満が出てくるからです。

無料ブログは超初心者向けのサービスと
お考えください。

手軽に使えることを追求しているため
上級者のようなカスタマイズしての
利用を考えていません。

カスタマイズしたいなら
「自分で知識を付けてやってください」の
スタイルです。

つまり中級者や上級者にとっては
扱いにくいブログサービスとなります。

トラブル解決が迅速にできる

出典:https://kinsta.com/jp/wordpress-market-share/

WordPressブログの利用者は
インターネット上にある
ウェブサイトの43%と半数にも
迫る勢いです。

これだけの利用者がいるとなると
メリットとなるのがトラブル解決の
迅速さ。

万が一自分のWordPressブログで
トラブルが発生したときに
Google検索などで情報収集を
することであっさりと解決できる
可能性があるわけです。

これはiPhoneを持っている人なら
実感があるかもしれません。

日本ではiPhoneの所有者は
スマートフォン所有者の半数近くと
非常に多くなっています。

ですからなんらかのトラブルが
あったときにすぐ近くに相談できる
相手がいるということです。

そして迅速にトラブル解決になるでしょう。

ですが
Androidスマートフォンであれば
機種が多種多様なので同じ機種を
持っている人が身近にいないと
トラブル解決まで時間がかかることに
なるはずです。

サポートセンターに電話しても
なかなか繋がらずトラブル解決まで
1日かかったなんて話もあります。

つまり利用者が多いと言うことは
トラブルが発生したときに解決しやすい
メリットがあるわけです。

WordPressブログは日本でも
利用者がたくさんいますし
Google検索すればトラブル解決
情報などが溢れかえっています。

僕もサポートを利用することなく
検索して得た情報で自力解決した
ことも何度かありました。

利用者が多いので万が一の場合の
対処も迅速にできるのがメリットです。

まとめ

有料WordPressブログを
運営するメリットは次の5つ。

  1. 削除リスクがほとんどない
  2. 商用利用が無制限にできる
  3. サービス終了を意識しなくてもよい
  4. 有料WordPressはカスタマイズ性に優れる
  5. トラブル解決が迅速にできる

情報発信ビジネスをしていて
一番大きなリスクが削除されること。

情報発信は日々の積み上げが
非常に重要になってくるので
「ある日突然過去に投稿した
情報が全部削除された」という
事態は避けなければなりません。

そうなると無料ブログのように
運営者のサジ加減ひとつで
あっというまに消えてしまうような
状況にあっては困るわけです。

これはSNSやYouTube動画など
無料プラットフォームも同様です。

またこういった無料プラットフォームは
広告収入が運営費の収益源となっていることが
多いことから利用者減容により赤字になりば
サービス終了のリスクもあります。

垢バンだけでなくサービス終了も
情報削除の原因になってくるのです。

このように無料のものには
無料なりのリスクがあり
情報発信ビジネスにとっては
致命傷になることは間違いありません。

もし一発削除になれば
振り出しに戻ってしまいますからね。

こういった事態を避けるためには
独自ドメインとレンタルサーバーを
自分で契約したうえでお金を払い
運営することが防御策です。

有料でブログ運営することは
情報削除に対する「保険」と
なってきますので惜しまず捻出して
ほしいなと考えています。

WordPressブログの有料運営なら
年間2万円程度しかかかりません。

もしこれがリアルビジネスで
店舗を運営するとなれば
1年で2万円のコストなんて絶対に
ないですからね。

未経験者にとっては1年間で2万円は
大きな負担になるかもしれませんが
これをケチったときのリスクは
想像を絶するものなのでぜひ
有料WordPressブログの運営を
お願いしたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました