藤井美樹【ライトオブホープ(Light of Hope)】資産形成システムは怪しいか安全か?登録して考察(合同会社フォレスト)

ネット【投資】案件の検証

オイスイ(追水卓)です。

SUPERリベンジャーズから
藤井美樹さんの
「ライトオブホープ資産形成システム」
という投資案件がオススメとの
紹介がありましたので検証します。

60秒ごとに1万円以上稼げて
毎日最低3万円の利益が出て
資産形成することができると
アピールしているライトオブホープ
資産形成システム。

このシステムを使えば
知識やスキルを必要とせず
毎月90万円近いお金を手にする
ことができるそうです。

ライトオブホープ資産形成システムを
スタートする手続きも簡単とのこと。

メルマガとLINEの登録をするだけで
スタートすることができるそうです。

これだけ簡単にスタートすることができ
毎日最低3万円も稼ぐことができれば
願ったり叶ったりですよね。

日本では副業をしたい人が増えていますが
時間などの都合で断念せざるを得ない話を
よく耳にします。

ライトオブホープ資産形成システムは
1回60秒でできてしまう作業だけで
稼げてしまうので渡りに船でしょう。

ただ、
僕はこれまでさまざまな投資案件を
検証してきてスマートフォンを
「1日数分操作するだけ」という
触れ込みをたくさんみてきました。

それらの投資案件は検証を進めると
仕事を紹介されなかったりアプリを
ダウンロードできなかったりなど
「本当に実在する副業なのか?」
と思わせるものばかりでした。

ですからこういった楽に稼げる系の
副業は募集ページにある内容を鵜呑みに
しないほうがよいとも考えています。

藤井美樹さんの
ライトオブホープ資産形成システムは
果たして実態のある副業と
なっているのでしょうか?

この記事では藤井美樹さんの
ライトオブホープ資産形成システムに
ついて実績や口コミなど
評判もあわせて検証していきます。

ライトオブホープ資産形成システムのメルマガに登録して検証

藤井美樹さんの
ライトオブホープ資産形成システム
利用開始するにはメルマガ登録
手続きする必要があるようです。

ということで早速メルマガ登録をして
ライトオブホープ資産形成システムを
使えるようにします。

↓↓↓↓↓↓

メルマガ登録をするとすぐに
折り返しのメッセージがやってきました。

ではさっそくですが
メッセージ内容について
チェックしていくことにしましょう。

メッセージ内容をチェック

最初のメルマガでは
ライトオブホープ資産形成システムの
ざっくりとした説明がありました。

といっても内容としては
募集ページに明記されていたことと
重複しています。

知識やスキルを必要とせず
作業なしで稼ぐことができるという
内容となっていました。

この件については募集ページでも
アピールされていたことなので
目新しいことではありません。

そして「嘘偽りなく」と
念押し断言されています。

この強気なアピールは
安心感が持てますよね。

そして簡単なライトオブホープ
資産形成システムについての説明が
終わったあと本題となる部分に
踏み込んだ話になっていきました。

メルマガ本文には専用ページへの
リンクが用意されており
詳細な稼ぎ方についてはそちらで
解説しているとあります。

ということでメルマガの指示に従い
専用ページへ移動して検証を続行する
ことにしましょう。

「第1話」とあるので
これはどうやら
プロダクトローンチの
形式になっているようですね。

プロダクトローンチとは
ざっくりいうと情報を小出しにして
最終的に売りたい本命の商品の
セールスをするというテクニック。

プロダクトローンチについては
下記の記事にて詳細な説明を
しておりますのでご確認ください。

インターネットビジネスでは
よく使われるテクニックなので
珍しくはないです。

これまでの経験からすると
このリンク先でライトオブホープ
資産形成システムの全貌が明らかに
されることはないでしょう。

おそらく第2話、第3話と続き
徐々に情報が公開されていくはず。

とりあえず案内に従って
専用ページに移動してみます。

プロモーション第1話検証

メルマガのメッセージにあった
リンクをタップして専用ページへ
移動してみました。

移動してみると「第1話」と明記された
動画が出てきました。

やはり動画は第2話、第3話と続き
徐々に情報が公開されていくようにみえます。

ではさっそく第1話の
プロモーション動画をチェックして
どんなシステムになっているのか
確認していくことにしましょう。

↓↓↓↓↓↓

第1話冒頭部分では
どんな内容になっているか
ざっくりとした説明がありました。

どうやらこの第1話をチェックすると
ライトオブホープ資産形成システムの
正体が明らかになるようです。

ライトオブホープ資産形成システムの
募集ページではどうやって毎日最低3万円もの
お金を手にすることができるのかが
まったく見えませんでしたからね。

ライトオブホープ資産形成システムの
正体が第1話で明らかになるとなれば
安心感が持てます。

ライトオブホープ
資産形成システムですが
画面はこのようになっているようで
画面が光ったらタップするだけで
OKだそうです。

募集ページでもタップするだけで
稼げるようになると言ったことが
書かれていたので募集ページの
説明通りといったところでしょうか。

ライトオブホープ資産形成システムは
投資システムなので元手金が必要とのこと。

その元手金も10万円でよいそうです。

ただ、元手金として使える
10万円は期間限定でプレゼント
されると案内がありましたので
実質無料でスタートできるとのこと。

ライトオブホープ資産形成システムは
60秒ごとに1万円の利益が出ると
案内がありましたので
1万5千円稼げているのは謎ですが
タップするだけで稼げるようです。

元手金によって稼げる金額が
変わってくるということは
ありそうな感じがありますね。

あくまで「最低3万円」なので
3万円以上稼ぐことができる
システムになっているかもしれません。

なぜタップするだけで稼げる
システムになっているのか
疑問だったのですがざっくりとした
説明がありました。

やはりといいますか
AIを搭載した資産運用システム
だからだそうですね。

最近ではAIを搭載したFXや
仮想通貨の自動売買ツールが
大量に出まわっています。

僕も過去にFXの自動売買ツールを
購入して利用したことがありました。

ほったらかしでも稼げると言ったら
たいていAIを搭載したシステムであることが
多いのでライトオブホープ資産形成システムも
例に漏れずといったところでしょうか。

いよいよ人間が働かなくても
稼げる時代がきているかもしれません。

このあとはモニター版の
ライトオブホープ資産形成システムが
あるので使ってくださいという説明が
ありました。

その説明が終わって第1話終了。

・・・・・・

ライトオブホープ資産形成システムの
正体が明らかになると期待したのですが
個人的には全然明らかになっていない
印象です。

たしかに
ライトオブホープ資産形成システムは
タップするだけで1万5千円発生していましたが
そのお金がどこからでているのかの説明が
まったくありません。

よってライトオブホープ資産形成システムの
ビジネスモデルが不明となっています。
(投資案件なのでビジネスという
表現は不適切かもしれませんが)

ビジネスモデルの記事でも
触れているのですが
自分とのところにお金が
入ってくると言うことは
お金を払う人が反対側にいます。

これは金融投資(資産運用)も
同じでお金を失っている人がいるので
自分が儲かるというわけです。

ライトオブホープ資産形成システムは
60秒ごとに1万円のお金が発生すると
ありますがその1万円はどこから
やってくるのかが不明となっています。

現時点ではなんともいえませんが
ライトオブホープ資産形成システムは
どことなくポンジスキームのような
感じが否めないですね。

お金の出所が不明な以上は
実態のない儲け話という疑いを
拭い去ることはできません。

プロモーション第2話検証

ライトオブホープ資産形成システムの
第1話動画ではシステムの正体が
明らかになるとありましたが
個人的には不明なままという印象。

お金の出所がわからないので
実態のない架空の儲け話ではないかという
感じが否めませんでした。

ただ、第2話から稼げるロジックが
公開されていくみたいなので
お金の出所が明らかになってくる
かもしれません。

ということでお金の出所が
どうなっているかに注目しながら
第2話動画をみていくことにしましょう。

最初はライトオブホープ
資産形成システムをすでに
実践している人の実績紹介と
なっていました。

登場した人は半年で900万円以上の
稼ぎを実現することができたようです。

ただこの実績画面からは
どういったことをして稼いでいく
ことになるのかわかりませんでした。

そのあとなのですが
「HIGHかLOWが光るのを待つ」
といった発言がありました。

どうやらライトオブホープ
資産形成システムは
バイナリーオプションを実践して
稼ぐシステムになっているようですね。

↓↓↓↓↓↓

動画の中盤で藤井美樹さんから
バイナリーオプションのシステムで
あることが公表されました。

バイナリーオプションとは
為替の値動きが上がるか下がるかを
予想して稼ぐ方法になります。

為替相場で稼ぐのでFXに
似ている稼ぎ方ではありますが
こちらは上がるか下がるかの二択なので
難しいことを考えず実践できるのが
特徴となっています。

とはいえ個人的には
ライトオブホープ資産形成システムが
どうも不可解に感じますね。

バイナリーオプションというのは
為替相場が上がるか下がるかを
予想して稼ぐ仕組みです。

よってタップした瞬間に
利益が確定していた動画2話に
違和感を覚えました。

ちなみに日本の証券会社で
バイナリーオプションを
実践する場合は最短でも2時間後という
規制が入っています。

よって予想をしてから2時間後まで
待たないと利益か損失かがわからない
ことになるわけです。

そう考えるとライトオブホープ
資産形成システムの60秒で
1万円稼げるというのは不自然ですよね。

一応、海外のブローカー(証券会社)を
使えば最短60秒の売買が実践できますが
投資未経験者がいきなり海外の業者を
使うというのはどうなのかなと。

バイナリーオプションで
人気のあるブローカーは
ハイローオーストラリア
名前からもわかるように海外の業者です。

バイナリーオプションについて
情報収集をしていると
ハイローオーストラリアをおすすめ
しているケースも多いでしょう。

もちろんハイローオーストラリアは
60秒の短時間売買に対応しています。

なのでライトオブホープ資産形成システムは
ハイローオーストラリアを使うのかなと
思ったのですが

この履歴画面はハイローオーストラリアとは
違うような感じがするのですね。

背景が黒いので
ハイローオーストラリアのような
感じもするのですがデータ内容が
違うようにもみえます。

仮にハイローオーストラリアを
使っての実践だとしましょう。

それに伊藤あきらさんの
レッドスナイパー
を検証したときも
指摘していることですが、

ハイローオーストラリアでは
ツールなどを使った売買を
禁止しています。

伊藤あきら・レッドスナイパー【AI Trade(AIトレード)】バイナリーオプション投資
出典:https://cdn.highlow.com/legal/jp/HLMI_Account_Terms_jp.pdf?v4.21.85
出典:https://cdn.highlow.com/legal/jp/HLMI_Account_Terms_jp.pdf?v4.21.85

ツールを使った売買だけでなく
他の誰かから助言を受けたうえで
トレードすることも禁止しています。

ライトオブホープ資産形成システムは
AIの判断に従って売買をするので
もしハイローオーストラリアを使い
実践する場合は禁止事項に接触する
可能性が極めて高いです。

どこのブローカーを使うにしても
日本では60秒売買を禁止しているので
海外のブローカーになるのは
間違いないでしょう。

未経験者がいきなり海外の
ブローカーを使うのは
個人的にはリスクがあると
しかえませんね。

安全性については「怪しい」と判断します。

HOPEアプリ体験版?をチェックしてみると…

ライトオブホープ資産形成システムの
体験版に登録してチェックしてみました。

履歴をみるとたしかに
毎日1万円以上の利益が出て
稼げていることがわかります。

ただ、僕はプロモーション動画に
あったようにタップ作業はしていません

実践者の履歴画面と全然違うわけです。

そもそもアプリをダウンロードすら
できていません。

ライトオブホープ資産形成システムは
いったいどうなっているのか?

ライトオブホープ資産形成システムは
体験版と正規版の2種類があるようです。

体験版と正規版では仕様が
異なるということでしょうか?

機能が制限されているくらいの
違いならよいのですが
画面が全然違うとなれば

「これは本当にライトオブホープ
資産形成システムなのか?」

と実践者を惑わすことになる気がするのですが…

そもそもタップ作業もしていないのに
利益が出ているのは不自然でしかありません。

これは得体の知れない投資案件と
判断することになりそうです。

合同会社フォレスト運営者情報(特商法)について

藤井美樹さんのライトオブホープ投資案件
は最終話で「HOPE GROUP」
というバックエンドの有料商品
セールスしてきました。

実質無料となっていますが
返金保証があるから「実質」と
なっているだけなので
しっかりと有料商品となっています。

そうなると重要になってくるのは
特定商取引法に基づく表記。

【特定商取引法とは】

事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守ることを目的とする法律です。 具体的には、訪問販売や通信販売等の消費者トラブルを生じやすい取引類型を対象に、事業者が守るべきルールと、クーリング・オフ等の消費者を守るルール等を定めています。

出典:特定商取引法とは|特定商取引法ガイド
https://www.no-trouble.caa.go.jp/what/

関連記事

藤井美樹さんの
ライトオブホープ投資案件は
怪しい点が多く不安が
拭えないのでおすすめできる案件とは
いいがたい状況。

まずは運営業者がしっかりとした
母体となっているのかどうかについて
見極めることが必要になります。

ということで藤井美樹さんの
ライトオブホープ投資案件
(HOPE GROUP有料企画)の
特定商取引法に基づく表記を
チェックしていきます。

特定商取引法に基づく表記

会社名合同会社フォレスト
住所大阪府大阪市淀川区西中島6丁目3番24号-L414
販売責任者岡村貴弘
メールアドレス/問い合わせ先050-5445-6097 threesecondschage@gmail.com

特定商取引法に基づく表記は
しっかりと明記されている印象です。

販売業者名・住所・電話番号の
記載がありますから情報としては
必要分を満たしているといえます。

国税庁ウェブサイトで法人番号検索してみたら…

では合同会社フォレストが本当に
実在する企業かどうかを
チェックしていくことにしましょう。

こういった儲け話では
架空の会社が運営していて
あとから金銭トラブルに発展することも
珍しくないですからね。

ライトオブホープ投資案件は
怪しい点がいくつもあったので
トラブルになりそうな予感があります。

もし架空の会社だったら万が一の場合に
泣き寝入りすることになってしまうので
実態を確認しておきましょう。

マイナンバーの法人版に法人番号があり
2015年よりスタートしています。

この法人番号は法人を運営していたら
必ず指定をうけないといけないもので
実態がある会社なら法人番号の指定を
国税庁から受けているはず。

法人番号はマイナンバーと違って
公開情報となっているので
国税庁のウェブサイトで検索閲覧することが
可能です。

合同会社フォレストが法人番号の
指定を受けて登録されているかどうか
確認してみました。

出典:国税庁企業検索
https://www.houjin-bangou.nta.go.jp/

該当する企業は出ませんでした。

合同会社フォレストは複数該当が
あったのですが特商法にある住所
「大阪府大阪市淀川区
西中島6丁目3番24号-L414」で
登録されている合同会社フォレストはなし。

こうなるとライトオブホープ投資案件を
(HOPE GROUP有料企画)を扱っている
合同会社フォレストは実在しない
架空の企業である可能性が出てきます。

↓↓↓↓↓↓

住所から検索したところ
「合同会社FOREST」で
法人番号登録されていることが
判明しました。

出典:国税庁企業検索
https://www.houjin-bangou.nta.go.jp/

ということで合同会社フォレストは
実在する企業で間違いなさそうです。

ただ、個人的には気になる点も。

それは新規登録された日付です。

令和3年(2021年)2月24日付近に会社設立

令和3年(2021年)2月24日に
新規登録されている新しい企業で
あることがわかりました。

藤井美樹さんの
ライトオブホープ投資案件で使う
システムは1年間のテスト期間を経て
2022年11月にリリースされています。

そうなると2021年11月から
テストがスタートしている
可能性があるわけです。

そして法人設立日が2021年2月24日付近。

システム開発期間は10ヶ月程度と
なるでしょうか?

ただ、法人設立直後は事務作業など
いろいろやることがあるでしょうから
即システム開発に入れるとは思えません。

そうなるとシステム開発に費やした時間は
半年くらいと言う計算になるでしょう。

僕は元ITエンジニアでシステム開発を
していた経験があります。

正直いってAIを搭載して
ほったらかしでありながら
毎日最低3万円を稼ぐシステムを
この短期間で開発できるとは思えません。

僕が携わってきたプロジェクトは
ほとんどが年単位でのシステム開発です。

ライトオブホープ投資案件の他にも
自動売買ツールはたくさんありますが
しっかりとしたものであれば
数年の開発期間を費やしていると聞いています。

藤井美樹さんもプロモーション動画内で
プロジェクトに3年から4年の歳月が
かかっているとおっしゃっています。

もしそうであれば明らかに
設立日が不自然ということに
なりますよね。

合同会社フォレストは
バックエンド商品の「HOPE GROUP」を
販売するだけのために設立された
会社ということなのでしょうか?

もしそうだとしたら開発した会社が
まったく不明ということになります。

個人的にライトオブホープ投資案件で
扱う資産形成システムは本当に大丈夫なのか
不安になってきました。

もしバグなどが入っていたら
資産を形成するどころか失う
リスクも出てきますからね。

個人的にはシステムの安全性にも
疑問を持たざるを得ません…

住所は居住用のマンション

特定商取引法に基づく表記にある
「大阪府大阪市淀川区
西中島6丁目3番24号-L414」の
住所でも調べてみました。

すると「エイペックス新大阪」という
居住用のマンションがヒットしました。

ライトオブホープ投資案件は
毎日最低3万円稼ぐという
資産形成システムです。

もし本当に毎日3万円稼ぐことが
できるなら当然のことながら
合同会社フォレストも運用して
お金を稼いでいるはず。

そうであればもっと立派な
オフィスビルに入居していそうな
感じがあるのですが…

ちなみにエイペックス新大阪の
賃貸料金は7万円前後とされています。

月収90万円以上を実現する
システム開発をしている会社の
入居しているビルとは思えない
感じがするのですがどうなのでしょう。

藤井美樹に実績はあるか?

合同会社フォレストの
ライトオブホープ投資案件の特商法を
調べてみて本当に大丈夫なのか心配に
なってきたのでここで発起人となっている
藤井美樹さんについて調べました。

・・・・・・

募集ページプロフィールにあるような
事実確認はできませんでした。

まあ、こういった金融業界にいる人は
自分の身元を隠して活動している人が
多いので情報が出ないのは珍しいことでは
ないのですが。

ただ、ライトオブホープ投資案件の
プロモーションを見る限りでは
業界では有名人みたいなので
それなりに情報が出てもおかしくないような
感じもあります。

しかし、藤井美樹さんに関する情報は
まったくありませんでした。

ここまでライトオブホープ投資案件には
怪しい点が多々あったので
「実は藤井美樹さんも実在しないのでは?」
なんて勘ぐりしてしまいたくなります。

藤井美樹【ライトオブホープ】資産形成システムに実績や口コミ(評判情報)はあるか?

不安になりすぎたので藤井美樹さんの
ライトオブホープ資産形成システムを
使った人の(実績・口コミ)がないか
調べてみました。

プロモーション動画では
成果を出している人の
声が紹介されているので
実績や口コミはあるといえますが、

あくまで提供者発表であり
収益画像や実践者の声など客観的に
確認できるデータではありません。

ライトオブホープ資産形成システムは
バックエンド商品である
HOPE GROUP有料企画の
募集を開始したところ
通信障害が発生するほどの
アクセスが集中したとのこと。

これだけ注目されて
話題になっていそうな
感じがあるならインターネット上に
なにかしらの情報がありそうですよね。

アプリを動かしほったらかしで
毎日最低3万円の稼ぎが自動的に手に入る
稼ぎ方なわけですから事実なら喜びの声で
溢れかえっていてもおかしくありません。

ということでネット上に
ライトオブホープ資産形成システム
(HOPE GROUP有料企画)に
ついての実績や口コミがないか
評判情報を調べてみることにしました。

・・・・・・

ライトオブホープ資産形成システム
(HOPE GROUP有料企画)で
稼いだという実績らしい情報はなく
稼げるアプリなのか裏が取れる
証拠はありませんでした。

現時点で本当に
ライトオブホープ資産形成システム
(HOPE GROUP有料企画)で
稼げるかは完全に未知数です。

また口コミ情報についても
批評サイトが数件出るぐらいで
参加者の評判情報は見当たりませんでした。

サーバーがダウンするほど注目度が
高い稼ぎ方なのに評判情報がないのは
何故でしょうか???

本当に稼げるアプリなのか
不安に感じるのは僕だけではないと思います。

もし記事を見てる人で実践することができて
「HOPE GROUPに参加して毎日3万円以上
実際に稼げているよ!」という証拠を
お持ちであれば

こちらから教えていただけると助かります。

藤井美樹・合同会社フォレスト【ライトオブホープ(Light of Hope)】資産形成システムの考察結果

藤井美樹さんの
ライトオブホープ資産形成システム
(HOPE GROUP有料企画)を
検証しましたが

  • アプリをダウンロードできていない
  • タップ作業していないのに履歴が出ている
  • 60秒売買できる海外ブローカーを使う可能性が高い
  • 特商法の連絡先情報に不安がある
  • 発起人の藤井美樹さんの実績がまったく不明
  • 通信障害を起こすほど殺到しているのに口コミで広まった様子なし
  • 先行実践者の実績を確認できず

という事実や可能性が明らかとなりました。

ライトオブホープ資産形成システムは
バイナリーオプションを使った資産形成を
することが検証してわかりました。

60秒で1万円稼げるというのは
バイナリーオプションの60秒短時間
売買を実践してのことでしょう。

ですが日本では60秒売買は禁止されており
日本の証券会社(ブローカー)では実践する
ことができなくなっています。

よってライトオブホープ資産形成システムは
海外のブローカーを使っての稼ぎ方となるのは
間違いないでしょう。

バイナリーオプションで人気のある
海外ブローカーはハイローオーストラリアですが
ここはツールなどを使った売買を禁止しています。

ツールに限らず助言を受けたりしての売買も
禁止しているので
ライトオブホープ資産形成システムから助言を
受けた売買をすると口座凍結などペナルティを
受けるリスクがあるでしょう。

バイナリーオプションといったら
ハイローオーストラリアというくらい
有名なところで他に海外で有名な
ブローカーは聞いたことがありません。

もし無名のブローカーを使うとしたら
それこそリスクが高いです。

個人的にはハイローオーストラリアも
リスクがあると思っていますが。

ライトオブホープ資産形成システムの
体験版はログインした瞬間に
利益が発生しており謎に包まれています。

アプリのダウンロードもしていませんし
タップ作業もしていません。

よって発生している利益が本当に
利益なのかどうか怪しいです。

販売会社である合同会社フォレストの
実態もよくわかりませんし
発起人の藤井美樹さんの実態も不明。

バックエンド商品の
HOPE GROUP有料企画の募集を
開始するとアクセス集中で
サーバーがダウンしたようですが
口コミで広まった様子もなし。

検証していくと不明点やおかしな点が
次々に出てきて本当に
ライトオブホープ資産形成システムは
大丈夫なのかと不安しかありません。

終始「本当かな?」と思えること
ばかりでした。

不明点が多く不安が払拭できなかったので
個人的には登録することを
おすすめしない投資案件になります。

もちろん「実際に稼げる!」とわかれば
おすすめビジネスに変えますので
有益なご意見をお待ちしてます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました