丸山徹・ZEXS楽ちんに稼げる新感覚副収入スマホ副業は怪しい?初月から10万円稼げるか登録検証

ネット【投資】案件の検証

丸山徹【ZEXS】スマホ副業に登録してみた

丸山徹さんのZEXSスマホ副業は
募集ページをチェックした限りでは
副業未経験者でも月収10万円
すぐに目指すことができるように
なっているとのこと。

しかもスマートフォンがあれば
通勤時など隙間時間を有効活用
できるので時間がない会社員でも
問題なくできそうな感じがあります。

ですが
丸山徹さんのZEXSスマホ副業の
募集ページからはどういったことをして
お金を稼ぐのかビジネスモデル
はっきりしません。

僕はこれまで200件以上の
副業案件・投資案件・支援金案件を
検証してきました。

そういった案件もZEXSスマホ副業と
同様にカンタンに稼げることを
アピールしているのですが
お金の出所が不明なのですね。

そして登録して検証をしても
最終的に他の副業案件の募集ページへ
飛ばすだけで丸投げ状態。

稼げる案件に出会えたことがありません。

丸山徹さんのZEXSスマホ副業も
同じような展開にならないか
危惧しているわけですね。

ただあれこれ想像していても
事実は見えてこないので
登録検証してみることにします。

ZEXSスマホ副業は
LINEアカウントを友達登録することで
スタートできると案内がありました。

ここはLINEアカウントを
友達登録して検証を進めていきます。

公式窓口

リンクをタップしてアカウント情報を
開くと「公式窓口」というLINEアカウントが
表示されました。

普通ですとアカウント名は
ZEXSスマホ副業や運営者の丸山徹さんなど
指定されていることが多いのですが
「公式窓口」としか書かれていません。

これでは本当に丸山徹さんの
ZEXSスマホ副業のLINEアカウントなのか
どうか困惑してしまいますよね。

まあ、ZEXSスマホ副業の
募集ページから誘導されたので
ZEXSスマホ副業のアカウントで
間違いないとは思いますが。

不安はあるもののLINEアカウントを
友達登録して検証を進めていきます。

友達登録するとすぐに
折り返しメッセージがやってきました。

また別のLINEアカウントを
友達登録するよう誘導していますね。

毎度思うのですが
なぜこういった副業系の
募集では複数のLINEアカウントを
登録させようとするのでしょうか?

こうも次々とLINEアカウントを
友達登録するよう誘導されると
オプトインアフィリエイト目的で
運営されているのではないかと
疑ってしまいたくなります。

次のLINEアカウントは
先着限定100人となっており
先着順から漏れた場合はリンク切れで
登録することができないようです。

【公認】鈴木窓口

リンクをタップしたところ
「【公認】鈴木窓口」という
アカウントが表示されました。

リンク切れを起こしていないので
登録することができるみたいです。

ただ、友達登録がすでに
2900人以上もいることがわかりました。

先着100名というのはなんだったのか?

LINEアカウントを
無事友達登録することが
できました。

登録するとすぐにメッセージが
やってきてどんな稼ぎ方をするか
ようやく説明がありました。

どうやらアプリを使った稼ぎ方を
実践する事になるようですね。

ZEXSスマホ副業で提供されている
AI搭載アプリをインストールして
稼働させると24時間体制でお金を
稼ぎ続けるようになるとか。

そして初期設定に必要な時間も
10分程度とのこと。

募集ページでは知識やスキルを
必要とせずスマートフォンがあれば
稼げるみたいなアピールをしていたので
その通りかなと思いました。

現時点での説明では募集ページとの
相違があるという感じはなく
信頼感は持てるかなと言う印象です。

そして最後には料金についての
案内がありました。

丸山徹さんのZEXSスマホ副業の
募集ページにはチラッと
有料であることが書かれていたのですね。

ですからここで料金の案内があっても
とくに不思議ではないです。

予約・決済日申告

料金の案内のあとはすぐに
参加予約の案内となっていきました。

どうやらいつ決済をするか
あらかじめ申告しておく必要が
あるようですね。

そして支払方法についても
事前申告が必要になるようです。

さて、ここで金銭のやりとりが
出てきましたので
特定商取引法に基づく表記を
チェックしておく必要があります。

丸山徹【ZEXS】スマホ副業の運営者情報(特商法)について

丸山徹さんのZEXSスマホ副業に
参加するには2980円の参加費用を
払う必要があります。

有料商品を購入することになるので
特定商取引法に基づく表記のチェックを
していきましょう。

ちなみに特定商取引法とは
次のようなものです。

【特定商取引法とは】

事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守ることを目的とする法律です。 具体的には、訪問販売や通信販売等の消費者トラブルを生じやすい取引類型を対象に、事業者が守るべきルールと、クーリング・オフ等の消費者を守るルール等を定めています。

出典:特定商取引法とは|特定商取引法ガイド
https://www.no-trouble.caa.go.jp/what/

「特定商取引法に基づく表記」は
販売者と消費者(購入者)の間で
なんらかのトラブルが起きたときに

消費者を守ったりトラブルを円滑に
解決できるようにするために制定された
法律となっています。

メルカリ詐欺で話題になったと思いますが
インターネットを使った商品販売では
販売ページで掲載している商品と
実際に届いた商品が異なりトラブルに
なるケースがあるわけですね。

なかには意図的に偽物を送っている
詐欺業者さえもいます。

そういった通販でのトラブルが
発生したときに迅速に解決するように
販売者に表示を義務づけているのが
特定商取引法に基づく表記になります。

丸山徹さんのZEXSスマホ副業は
有料商品を販売しているので
特定商取引法に基づく表記は必衰。

特定商取引法に基づく表記が
どうなっているかをチェック
してみることにしましょう。

特定商取引法に基づく表記をチェック

サイト運営会社ZEXS運営事務局
運営責任者丸山徹
住所東京都港区南青山2丁目2番15号
電話番号080-9509-8452
アドレスinfo@dream-cloud2.com

パッと見た感じは
しっかりと明記されているような
印象を受けましたが不十分かなと言う
感じが否めません。

特定商取引法に基づく表記では
次の情報を記載するように
取り決めがあります。

販売価格(役務の対価)(送料についても表示が必要)
代金(対価)の支払い時期、方法
商品の引渡時期(権利の移転時期、役務の提供時期)
商品若しくは特定権利の売買契約の申込みの撤回又は売買契約の解除に関する事項(その特約がある場合はその内容)
事業者の氏名(名称)、住所、電話番号
事業者が法人であって、電子情報処理組織を利用する方法により広告をする場合には、当該販売業者等代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名
申込みの有効期限があるときには、その期限
販売価格、送料等以外に購入者等が負担すべき金銭があるときには、その内容およびその額 引き渡された商品が種類又は品質に関して契約の内容に適合しない場合の販売業者の責任についての定めがあるときは、その内容
いわゆるソフトウェアに関する取引である場合には、そのソフトウェアの動作環境
商品の売買契約を2回以上継続して締結する必要があるときは、その旨及び販売条件
商品の販売数量の制限等、特別な販売条件(役務提供条件)があるときには、その内容
請求によりカタログ等を別途送付する場合、それが有料であるときには、その金額
電子メールによる商業広告を送る場合には、事業者の電子メールアドレス

出典:通信販売|特定商取引法ガイド
https://www.no-trouble.caa.go.jp/what/mailorder/

特定商取引法に基づく表記では
法人なら事業者名を
個人なら本人の氏名を明記する
ことになっています。

ですが
丸山徹さんのZEXSスマホ副業では
「ZEXS運営事務局」となっており
明らかに会社名ではありません。

これについてはあとで調べますが
特定商取引法に基づく表記では
事務局名のみの記載はNGです。

法人名と一緒に記載する場合のみ
使えることになっているので
現時点での特電法の表記は
適切とはいえませんね。

ただ、住所は明記されているので
ここから会社名を特定することは
できるとみられますので会社名を
調べることにしましょう。

国税庁ウェブサイトで法人番号検索してみたら…

マイナンバーの法人版に法人番号があり
2015年よりスタートしています。

この法人番号は一部の例外を除いて
法人を設立したら必ず国税庁から
指定を受けないといけません。

そして法人番号は国税庁の
ウェブサイトで公開されている情報で
調べることが可能となっています。

よって特電法の表記の住所
「東京都港区南青山2丁目2番15号」
検索することで特定することができる
可能性があるわけですね。

ということで国税庁のサイトで
住所検索して法人番号の指定を
受けているかどうか確認しました。

出典:国税庁企業検索
https://www.houjin-bangou.nta.go.jp/

住所検索をしてみたところ
同様の住所で登録されている会社が
5000件近く出ました。

これでは丸山徹さんの
ZEXSスマホ副業を運営している
会社を特定することができません。

特定商取引法に基づく表記は
トラブルが発生したときに
迅速に解決できるようにするために
表示するもの。

これではZEXSスマホ副業の
販売業者を特定できそうにないので
適切な表記ではありませんね。

そうなると個人的には
お金を払ってよい相手と判断することは
できないといえます。

住所がバーチャルオフィス

ちなみに住所になっている
「東京都港区南青山2丁目2番15号」
なのですが調べてみると
バーチャルオフィスであることがわかりました。

バーチャルオフィスとは
率直にいうと住所貸しのサービス。

法人設立や先ほど触れた
法人番号の指定や銀行口座の
開設には専用の住所が必要です。

ですが法人住所を取得するために
オフィスビルに入居申請をすると
審査などがありすぐに住所が
使えるようになるわけではありません。

そこで使えるのがバーチャルオフィス。

バーチャルオフィス運営業者と
契約をすると住所を使って法人設立などが
できてしまうわけですね。

よって固定の住所というわけではありません。

しかもバーチャルオフィスは
インターネット上で契約と解約が
できてしまうので引き払おうとすれば
すぐにでもできてしまいます。

悪徳商法や詐欺業者はこの特性を
利用してレンタルオフィスや
バーチャルオフィスを渡り歩いている
ことが多いので信憑性は低いわけです。

服部健治【オンライン楽ちんスマホ副業】と関連性あり?

ちなみに
「東京都港区南青山2丁目2番15号」は
株式会社ワンストップビジネスセンター
というバーチャルオフィス。

出典:https://www.1sbc.com/company/

ワンストップビジネスセンターは
過去に検証して非推奨とした
服部健治さんの
オンライン楽ちんスマホ副業

住所としても使われていました。

服部健治【オンライン楽ちんスマホ副業】

過去に非推奨にした
案件と同じ住所となると
やはりどうかなという感じです。

これは勘ぐりすぎかもしれませんが
ZEXSスマホ副業も「楽ちん」という
フレーズを使っています。

加えてオンライン楽ちんスマホ副業も
「新感覚副収入」というフレーズも
使っていました。

関連性があるような気がしなくも
ないですね…

ここまで丸山徹さんの
ZEXSスマホ副業を検証してきて
不明点や怪しい点が多々ありました。

それに加えてバーチャルオフィスと
なるともう信用してよい業者と
判断するのは難しいですね。

稼げるか稼げないか以前に
お金を払って参加する企画として
不安しかないので非推奨かなと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました