山下晋司【OLIVE(オリーブ)】FX投資は1%の努力で富と自由を手に入れられるか検証

未分類

山下晋司【OLIVE(オリーブ)】FX投資に登録してみた

実態が見えないので山下晋司さんの
OLIVE(オリーブ)FX投資の
メルマガに登録をしてみました。

最初のメール&詳細説明ページをチェック

メルマガに登録するとすぐに
メッセージがきて案内が
内容としてはざっくりしています。

どうやら専用の説明ページを
要しているようですね。

折り返しやってきたメールには
詳細な内容の説明ページと思われる
URLが添付されており誘導されました。

ということでリンクをタップして
詳細な説明ページへと移動して
チェックしてみることにします。

メルマガにあったURLをタップして
移動してみたところやはり
詳細な説明をしている専用ページが
用意されていることがわかりました。

冒頭部分ではLINEアカウントを
友達登録するよう指示があります。

ここでは情報の取りこぼしがないように
LINEアカウントも友達登録しておく
ことにしましょう。

LINEアカウントを友達登録したあとは
さらにページが続いているようなので
チェックしていきます。

ここで山下晋司さんのOLIVE(オリーブ)は
FX投資をして利益を出してお金を稼ぐ案件で
あることが明らかにされました。

そして山下晋司さんの知識や投資経験をベースに
誕生した自動売買ツール(システム)を使って
なかばほったらかし状態で稼いでいくことも
わかってきました。

そしてそのシステムはLINEにて配信されている
とのことなので先ほど登録した山下晋司さんの
LINEアカウントをチェックしてみることにしましょう。

LINEのメッセージをチェック

LINEアカウントをチェックしてみると
メッセージがやってきていました。

そのメッセージによると
山下晋司さんのOLIVE(オリーブ)
FX投資システムは月収30万円を安定的に
稼ぐことができるシステムになっているとか。

そしてシステムの勝率はなんと97%で
ほぼ負けなしのシステムになっているようです。

山下晋司さんのOLIVE(オリーブ)FX投資は
「1%の努力で」がコンセプトになっていますが
たしかにほったらかしで97%の勝率を誇り
月収30万円を実現できる感じがしますね。

ということは残り3%の負け分を
努力で補っていくということなのでしょうか?

LINEでやってきたメッセージを
最後までチェックしてみると
さらに画像リンクによって別ページへ
誘導されることに…

リンクをタップしてページへ
移動したところ再び山下晋司さんから
OLIVE(オリーブ)FX投資に参加したことを
感謝する挨拶文が表示されました。

そして最後までメッセージを
読み進めていくとこの先どうなるか
についての説明がありました。

どうやら2時間後に追加のメッセージが
送信されてシステムの詳細などの情報が
公開されていくようです。

ということで2時間待つことにします。

説明動画を視聴

2時間が経過すると追加のメッセージが
やってきました。

ここでもこれまでと同様にURLが
用意されており専用ページに誘導されることに。

指示に従って専用ページへ移動してみると
そこにはOLIVE(オリーブ)FX投資システムの
解説動画が用意されていました。

無料モニターの応募方法が動画で解説されており
視聴することが必須となっているようです。

・・・・・・

先ほどメッセージで
「ご参加ありがとうございます!」
とあったのですがまだ参加登録が
完了していないということなのでしょうか?

山下晋司さんのOLIVE(オリーブ)
FX投資システムは先ほどからいろいろと
誘導され続けていて若干不安を覚えているのですが
本当に大丈夫なのか不安になってきました。

動画を再生始めて最初にガイダンス的な
内容がありました。

それによると動画を視聴することで

なぜ稼げるシステムが無料なのかがわかる
山下晋司とは何者なのかがわかる
なぜOLIVEシステムが稼げるのか?その根拠がわかる
OLIVEシステムがどらくらい稼げるのかがわかる
今回のモニター募集の経緯がわかる
今回のモニターへの応募方法がわかる

といったことがわかるようです。

稼げる金額についてはすでに月収30万円と
判明していますしモニターへの応募方法は
具体的な内容に踏み込んだ話ではありません。

「なぜOLIVEシステムが稼げるのか?
その根拠がわかる」についても先ほど
触れたように勝率97%を実現して
負けなしのシステムになっているからでしょう。

よって

なぜ稼げるシステムが無料なのかがわかる
山下晋司とは何者なのかがわかる
今回のモニター募集の経緯がわかる

この3つが検証する判断材料になってくるのでは
ないかなという感じがありますね。

山下晋司とは何者なのか

OLIVE(オリーブ)FX投資を企画運営している
山下晋司さん元プライベートバンカーとして
活躍をしていたそうです。

プライベートバンカーとは
富裕層を相手に資産運用をして資産を増やす
という仕事をしている人。

報酬は獲得した利益の手数料として
受け取るのが一般的となっているので
資産を増やせば増やすほど
プライベートバンカーの報酬も増えます。

さらに相手が富裕層なので動く金額も巨額です。

野村総合研究所では
「金融資産が1億円を超えている世帯」を
富裕層と定義づけているのだそうです。

手数料は資産の0.5%と一見すると低いように
みえるかもしれませんが
投資される金額が億単位となるので
10億円の資産家相手なら月収500万円。

稼げる職業なのですね。

とはいえ億単位のお金を動かす
職業なので責任の重大さは大手企業の
取締役に匹敵するほど。

重いプレッシャーのなかで
仕事をしていると経験者は話します。

山下晋司さんもそのようなプレッシャーの
なかで仕事をされてきたのでしょう。

富裕層を相手にビジネスをするので
当然ながら金融に対する深い知識が必須で
さらに信頼関係も欠かせません。

実際に資産を持ち逃げするという悪質な
プライベートバンカーもいるそうですからね。

そんななか
プロのプライベートバンカーとして
やってきた経験のある山下晋司さんは
とても信頼されていた人物と思われます。

なぜ稼げるシステムが無料なのかがわかる

なぜ稼げるシステムが無料なのかについては
動画を視聴してもはっきりとした理由は
わかりませんでした。

それらしい部分と言えば
山下晋司さんの行動理念的なこと。

昨今の社会状況を踏まえて
お金に困っている人を救いたいという
善意から無料で提供しているような
感じがありますね。

そしてこのシステムは背後に
証券会社がいるようです。

僕も元はITエンジニアでシステム開発を
していました。

そのためシステム開発には膨大な
コストがかかることを知っています。

そんなシステムを無料提供すれば
大赤字を出すことは間違いありません。

ですがこのシステムは証券会社と
提携をしているそうで証券会社から
山下晋司さんに報酬が支払われる
仕組みになっているとのこと。

ということでお金の出所ははっきり
しているのでビジネスモデルとしては
成立しているといえますね。

以上のことから稼げるシステムを
無料提供する意図や理由などは
みえてきたかなという印象です。

今回のモニター募集の経緯がわかる

山下晋司さんが
OLIVE(オリーブ)FX投資システムの
募集をすることに至った経緯は
プライベートバンカー時代の体験が
元になっているようです。

富裕層は世のため人のためにお金を
使う人が多くそういった人とふれあってきて
自分も影響されたとのこと。

そして富裕層の人と同じように
お金に困っている人になにた手助けを
できないか考えたそうです。

そしてOLIVE(オリーブ)FX投資システムを
開発してモニターを募集することになったと
動画内で説明されていました。

参加手続きに難あり…

動画を視聴すると説明ページの
下に無料モニターへの応募フォームが
表示されることになりました。

動画内ではこちらのフォームを
すべて入力して送信することで
参加申請が完了すると説明がありました。

山下晋司さんのOLIVE(オリーブ)FX投資は
簡単な手続きをするだけで実践をスタート
できることが特徴となっている稼ぎ方。

そして提供されるシステムには
証券会社が関係しており
おそらくその証券会社の投資口座と
システムが紐付けされているのでしょう。

OLIVE(オリーブ)システムを
利用することで手数料が山下晋司さんに
入る仕組みとなっているとみられます。

実は今証券会社の口座を開設する場合は
マイナンバーの提出が必須となりました。

「社会保障」「税」「災害対策」の行政手続で必要になる、国民一人ひとりが持つ12桁の番号のことです。証券会社では、税務署に提出される支払調書等の作成のため、すべてのお客様から「マイナンバー」をご提出いただく必要がございます。

出典:マイナンバー制度 | 楽天証券
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/service/mynumber/

ということでフォームには氏名や電話番号と
いった個人情報を入力する必要がありますが
おそらく最終的には住所やマイナンバーも
含めた細かい個人情報が必要になるでしょう。

最近は個人情報の流出が問題となりやすく
個人情報を収集する場合にはプライバシー
ポリシーなどを記載して個人情報の取り扱いに
ついてあらかじめ説明する義務があるのです。

山下晋司さんのOLIVE(オリーブ)
FX投資システムは背後に証券会社がいるので
個人情報はそちらに提供されることになるでしょう。

そういった説明を必ずしないといけません。

ですが
山下晋司さんのOLIVE(オリーブ)FX投資
無料モニター応募ページには
プライバシーポリシーの記載がありません。

そうなると個人情報がどう扱われるか
明確になっていないので怖いですね。

募集ページにプライバシーポリシーはあるが…

最初にメールアドレスを入力した
ページまで戻ってみると
そこにはプライバシーポリシーの
記載がありました。

しかし、この内容は十分とはいえません。

「個人情報保護方針の内容を熟読して
ご理解下さい。」とあるのですが
その個人情報保護方針というのが
どこにも記載されていないのです。

プライバシーポリシーは
長い文章になるので通常は
専用のページを用意して
各ページからリンクを張り
そのページへ飛べるようにします。

僕のブログでも専用ページを用意して
各ページから移動できるようにしています。

ですが山下晋司さんの
OLIVE(オリーブ)FX投資システムの
どこを探してもプライバシーポリシーへの
リンクがありません。

これでは山下晋司さんがプライバシーに
対してどういった方針かを掲げているのか
まったくわからないことになるわけです。

僕はこれまでさまざまな
副業案件や投資案件を検証してきました。

なかにはメールアドレス登録が
必要な案件もあり登録しているのですが
あとから迷惑メールが届くケースが
あったわけです。

どう考えても取得したメールアドレスを
第三者に売っている可能性があります。

ちなみに個人情報を売ることで利益を
出している「名簿業者」という業者も
存在しています。

プライバシーポリシーの明記がないので
個人情報がどういった扱われ方をするか
わからないので
現時点では個人情報を提供して安全と
断言することはできそうにありません。

山下晋司【OLIVE(オリーブ)】FX投資の運営者情報(特商法)について

山下晋司さんのOLIVE(オリーブ)
FX投資システムの募集ページには
特定商取引法に基づく表記があることが
確認できました。

【特定商取引法とは】

事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守ることを目的とする法律です。 具体的には、訪問販売や通信販売等の消費者トラブルを生じやすい取引類型を対象に、事業者が守るべきルールと、クーリング・オフ等の消費者を守るルール等を定めています。

出典:特定商取引法とは|特定商取引法ガイド

特定商取引法に基づく表記とは
有料商品を販売する場合に
業者の身元を明らかにするというもの。

身元を明らかにする情報公開が
必要になるので企業名などが
明記されているはずです。

先ほどのプライバシーポリシーでは
「弊社の収集した個人情報の取り扱いについて」
とあったので業者の運営する企業サイトには
プライバシーポリシーの記載があるのでしょう。

それを調べるためには
OLIVE(オリーブ)FX投資を
運営する業者名を明確にしないといけません。

ということで
特定商取引法に基づく表記を
チェックしていくことにします。

特定商取引法に基づく表記をチェック

販売者株式会社ハピネスパーソンズ
運営統括責任者名藤田誠吾
所在地〒174-0072
東京都板橋区南常盤台1-11-6 レフア南常盤台101号室
電話番号03-4590-0056
Eメールアドレスinfo※olive-official.com
スパムメール防止のため、お手数でも※を@に変更して送信ください。

プライバシーポリシーの記載なし…

特定商取引法に基づく表記を
調べてみて運営している業者名が
「株式会社ハピネスパーソンズ」と
判明しました。

ということで
株式会社ハピネスパーソンズの
公式サイトへいってみることにします。

・・・・・・

Google検索したところ
株式会社ハピネスパーソンズの
公式サイトを発見することができました。

出典:http://h-persons.co.jp/

記載されている住所は違っているものの
代表者は「藤田誠吾」となっていますので
OLIVE(オリーブ)FX投資システムの
取扱業者でしょう。

公式サイト内をチェックして
プライバシーポリシーの記載を
探してみることにします。

・・・・・・

出典:http://h-persons.co.jp/

プライバシーポリシーの
記載はありませんでした。

これでは
「弊社の収集した個人情報の取り扱いについて」
がまったく不透明ということになります。

国税庁ウェブサイトで法人番号検索してみたら…

ここまで検証してきて
山下晋司さんのOLIVE(オリーブ)FX投資を
取り扱っている株式会社ハピネスパーソンズが
公開している住所は2つあることが判明しました。

  • 〒174-0072 東京都板橋区南常盤台1-11-6 レフア南常盤台101号室
  • 〒104-0034 東京都中央区湊2-6-4

どちらが正しいのかという話になりますね。

実はこれは調べる方法があります。

マイナンバーの法人版に法人番号があり
法人設立をしたら必ず番号の申請して
指定を受けないといけません。

そしてマイナンバーと違い法人番号は
国税庁のウェブサイトで公開されています。

国税庁のウェブサイトで調べれば
現在の住所が判明するわけですね。

ということで国税庁のウェブサイトにある
「国税庁企業検索」を使って
株式会社ハピネスパーソンズの現住所を
調べてみました。

出典:国税庁企業検索
https://www.houjin-bangou.nta.go.jp/

調べたところ検索結果に出ました。

「〒104-0034 東京都中央区湊2-6-4」が
株式会社ハピネスパーソンズの現住所と
なっているようです。

ということで特定商取引法に基づく表記に
ある住所は現在の住所でないことがわかりました。

特定商取引法に基づく表記の住所が怪しい

国税庁企業検索では過去の変更履歴も
全部公開されています。

ご覧になっていただければわかりますが
「〒174-0072 東京都板橋区南常盤台1-11-6
レフア南常盤台101号室」という住所が
登録された履歴はありません。

よって募集ページにある住所は
虚偽である可能性が浮上しているわけです。

そしてさらに調べてみたところ
この住所は株式会社スプラッシュ(Sprush, Inc.)が
運営するバーチャルオフィスであることが
判明しました。

出典:https://www.sprush.co.jp/company/

バーチャルオフィスとは
ざっくりといえば法人設立時に
使える住所を貸し出すサービス。

インターネット上から住所を取得する
ことができて解約すればすぐに住所を
捨てることも可能です。

そういった手軽に取得できることから
悪徳商法に悪用されるケースが多いです。

バーチャルオフィスの住所は
法人設立時の住所として使用することが
できるのでおかしいことでも違法でも
ありません。

しかし、株式会社ハピネスパーソンズは
法人番号取得時に「〒174-0072 東京都板橋区
南常盤台1-11-6レフア南常盤台101号室」の
住所を使った形跡がないです。

そうなると
特定商取引法に基づく表記に虚偽の
情報を記載していることになります。

特定商取引法は当然ながら法律なので
違反すれば罰則があります。

OLIVE(オリーブ)FX投資は
適切な運営手段で募集されている案件では
ないということになるのです。

山下晋司さんのOLIVE(オリーブ)
FX投資システムが稼げるかどうか
以前に運営業者が怪しいので
個人的にはおすすめできない案件と
判断することになりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました