最近よく耳にするギグワークとはどんな仕事(働き方)か調べてみた

ネットビジネス

オイスイです。

 

最近よく耳にする「ギグワーク」
という言葉を耳にするようになりましたね。

 

この記事ではギグワークがどういった
仕事(働き方)なのか調べた結果を
お伝えしていきます。

 

もしあなたが
「ギグワークってどんな仕事?」と
疑問を持ちでしたら参考になるかもしれません。

ギグワークとはどんな仕事(働き方)か?

ギグワークとはどんな仕事(働き方)なのか?

 

インターネット(会員サイトや専用アプリ)を
利用して単発の仕事を受注して実践する
労働者のことを意味するそうです。

 

ギグワークは「ギグ(Gig)」と
「ワーク(Work)」の造語だそうで
2019年頃にアメリカから広まった言葉だとか。

 

ギグ(Gig)には「一度限りの演奏」や
「短いセッション」といった単発という
意味があるそうで音楽業界のスラング
として有名なのだそうです。

音楽領域の英語で、ライブハウスでの短い演奏セッションやクラブでの一度限りの演奏を意味するスラング「ギグ(gig)」に由来する。

出典:ギグワーカー – Wikipedia

この「単発」という意味を持つことから
単発の仕事を請け負う人をギグワーカーと
呼ぶようになったと説明がありました。

他の働き方とギグワークの違いを比較

日雇いバイトの働き方とどこが違うか?

単発での働き方と聞いて
パッと思いつくのは
おそらく日雇いの単発バイトかと思います。

 

単発の日雇いバイトとギグワークは
違うものなのか同じものななのか?

 

ここが疑問になってきますよね。

 

調べた限りでは
ギグワークと日雇いの単発バイトは
別物として扱われているようです。

 

まず単発の日雇いバイトについてですが、
こちらは依頼者との雇用関係があるという
違いがあるとのことでした。

 

日雇いの単発バイトは
たしかに1日限りの仕事となりますが
手続き上では雇用関係が成立しているようです。

 

そして雇用契約が成立している場合は
労災保険の対象にもなります。

 

日雇いの単発バイトでは建設現場など
危険を伴う場所で仕事をすることに
なりやすいですね。

 

もし仕事中に事故に遭いケガをした場合、
雇用契約が成立しているので労災保険の
対象となります。

 

そして保険料は依頼者が支払うことに
なっているので労働者は負担することなく
保険を受けることができるのです。

 

それに対してギグワークは雇用関係に
ないため万が一事故に遭っても労災保険の
対象となりません。

 

そのため治療が必要になったときは
実費ですることになるのです。

 

ここが日雇いバイトとギグワークの
大きな違いといえるでしょう。

 

ギグワークの代表例に
「Uber Eats」があります。

 

もしUber Eatsの仕事を請け負って
配達中に事故に遭った場合、
Uber Eatsとは雇用関係にないので
労災保険が出ないということです。

 

この労災保険の対象外になるという部分で
「労働者の安全が守られていない」
という問題が起こっているとのことでした。

フリーランスの働き方とどこが違うか?

次にフリーランスとの違いが
どこにあるか調べました。

 

フリーランスは企業と雇用関係を
持たず案件を受注して仕事する
自由な働き方です。

 

雇用関係にならないという点では
ギグワークと共通していますが、
フリーランスとギグワークは
別物なのでしょか?

 

フリーランスとギグワークについても
一般的には別物として扱う傾向があるようです。

 

フリーランスの働き方で
代表的ともいえるのがプログラムの
作成代行でしょう。

 

僕はITエンジニアだったので
業界のことはよくわかっているつもりですが、
IT業界は忙しいときとヒマなときの落差が
非常に激しい傾向にあります。

 

そのため人員を増やすことができず
多忙な時期になっても少ない人数で
まわしていくことになってしまい
激務となってしまうわけです。

 

そんなときに活用されるのがフリーランス。

 

フリーランスは雇用関係を結ぶ必要がないので
突発的な多忙が出てきても即時契約が
成立して仕事を依頼するといったことができ
柔軟性があるのです。

 

ただ、これだけだと
「ギグワークとのどこが違うの?」
という話になってしまいますが
明確な違いがあります。

 

IT業界の仕事は基本的に
プロジェクト単位となっており、
短くても半年くらいで長いと5年と言った
長期にわたって1つの仕事を遂行していく
ことになるのです。

 

そのためプロジェクトメンバーに
抜擢されたフリーランスも必然的に
長期契約となりギグワークのような
単発的な働き方になりません。

 

雇用関係を結ばないという
共通点はあるもののフリーランスと
ギグワークでは契約期間の長さ(継続性)に
違いがあるのです。

 

さらにフリーランスは
プログラム作成代行のように
高いスキルを必要とすることが
前提で仕事を発注している場合が
多いといえます。

 

ギグワークの仕事なら
「空いた時間に仕事をいれよう」
といったことができますが、

 

フリーランスの場合は雇用者と
同じようなスケジュールで動くことが
前提となってきます。

 

その代わり長期契約となりますので
収入面での安定性はギグワークよりも
圧倒的に高いです。

ギグワークの代表例はAmazonフレックスやUber Eats

ギグワークについて調べると
代表例として登場するのが

  • Amazonフレックスドライバー
  • Uber Eats配達パートナー

の2つです。

 

Amazonフレックスドライバー

Amazon Flex JP
Amazonと直接契約。働く時間、自分で決める。毎&#...

Uber Eats配達パートナー

https://www.uber.com/jp/ja/deliver/

 

Amazonで商品を購入すると
Amazonフレックスドライバーが
届けてくる頻度が上がっていますので
もうお馴染みになっているはずです。

 

Uber Eatsは食べ物を自宅に届けてくれる
サービスでコロナ騒動で在宅の機会が
増えて一気に需要が高まり有名になりました。

 

これらは一見すると普通のアルバイトの
ようにみえるのですが
実は仕組みは全然違っていたりします。

 

というのも
Amazonフレックスドライバーも
Uber Eats配達パートナーも
雇用関係になく「ただの会員」なのです。

 

僕も過去にUber Eats配達パートナーに
なろうとして調べたことがあるのですが、

 

配達パートナーになるには専用のバッグを
自分で購入して説明会に出たら
すぐに仕事を請け負うことができるようになります。

 

雇用関係にないので履歴書も不要です。

 

つまり雇用者ではなく会員という扱いなので
単発バイトとは全然違う働き方となっています。

 

この雇用者と会員の違いについては
先ほども触れたように労災保険の対象に
なるかどうかです。

 

雇用者ではなく会員なので
勤務中に事故に遭っても労働中の災害と
認められないので労災保険の対象外と
なってしまうデメリットがあります。

在宅で記事ライターやデータ入力をする人もギグワーカー

インターネット上で募集されている
パソコンやスマホを使った在宅ワークも
基本的にはギグワークに分類されるようです。

 

在宅でできるギグワークは

  • 記事ライター
  • データ入力
  • 英文の翻訳
  • アフィリエイト

こういった仕事があります。

記事ライター

記事ライターとはブログなどに
掲載する記事を作成する仕事です。

 

僕はアフィリエイトを
長くやっているわけですが、
稼げている人は自分で記事を作成せず
他の人に外注しているケースがあります。

 

こういった記事作成は
ギグワークになるとのことでした。

 

ブログの記事は情報発信内容に
一貫性を出すためにライターと
長期契約することが一般的です。

 

どちらかというとフリーランスの
ような働き方になると思うのですが
どうやら単発記事ライターというのも
存在するとのことでした。

データ入力

データ入力とは企業が
持っている情報やアンケート結果など
紙で作成された情報をパソコン上で
使えるデータに変換する仕事になります。

 

パソコンがあればできる仕事なので
パソコンを持っていれば在宅ワークで
できなくはないですね。

 

ただ、個人的には仕事として
発注されている件数は決して
多いといえない感じがありました。

 

というのもデータ入力は機密性の
高い情報を扱うことも多いので
外部に委託すると情報漏洩になる
可能性があるのです。

 

僕が以前勤めていた会社にはデータ入力を
専門にやっている部署がありました。

 

そこでは
取引先の売上情報を扱っていたので
セキュリティガチガチの部屋でデータ入力を
していたわけです。

 

こういった都合もあってギグワークと
はあまり相性がよいといえず、

 

どちらかというと雇用関係のある
アルバイトやパートの仕事として
募集されることが多いような印象を受けます。

 

しかし、
アンケート結果など外部に漏れても
問題ないデータを入力する仕事もあるようなので
探せばあるとのこと。

 

LINEやメルマガで出まわっている
ギグワーク副業案件はそういった仕事を
中心に紹介してくるのかもしれません。

 

ただ、機密性のない情報を扱って
1件数万円と言った報酬が支払われるのか
どうか怪しいところではありますが…

英文の翻訳

翻訳のギグワークもあるようです。

 

わかりやすい例はYouTubeの英語動画。

 

海外の動画を見ると日本語訳が
字幕として表示されることがあります。

 

あれはどうやらギグワークの翻訳家が
翻訳したものを掲載しているようなのです。

 

他にも「英語の論文を翻訳して欲しい」
といった依頼もあるようで多種多様な
仕事案件となっているとのこと。

 

翻訳というと本1冊みたいな
どちらかというとプロジェクト的な
仕事なのかなと思いがちですが、

 

最近はそういったものだけでなく
短文や全体の一部だけを翻訳するといった
ギグワーク的な翻訳の仕事も増えていると
紹介されていました。

アフィリエイト

アフィリエイトとはどんな仕事か?役割を知るとライバルと差が付く
オイスイです。 僕は現在アフィリエイトを実践していて 生活できるだけの稼ぎを得ています。 そして僕自身が実践していることを 情報発信発信しているのこともあって アフィリエイトはどんな稼ぎ方か? ...

僕が現在進行形で実践していて
このブログでも実践することを
オススメしているアフィリエイトも
ギグワークに分類されるとのこと。

 

アフィリエイトは
ASPから仕事を受注するわけですが
ASPとは雇用関係にありません。

 

さらにASPに広告依頼を出している
広告主とも雇用関係にないわけです。

 

つまり継続性のない単発的な働き方で
ASPや広告主との雇用関係もないので
ギグワークになるとのこと。

 

これまで僕は自分をフリーランスの
働き方と認識してやってきたわけですが
どうやら今後はギグワーカーという
認識を持っておかないとダメかもしれません。

ギグワークまとめ

最近よく耳にする
ギグワークについて調べてみた結果

  • インターネットを使って仕事を受注
  • 単発の仕事で雇用契約を結ばない
  • 雇用契約がないので労災の対象外
  • 高いスキルを必要としない仕事が中心
  • 在宅でもできるギグワークも存在する

ということがわかりました。

 

そして2019年頃から話題となりはじめ

  • Amazonフレックスドライバー
  • Uber Eats配達パートナー

といった働き方がギグワークの
知名度を高めていっていることも
わかってきました。

 

ギグワークは全体的に配達が多いので
在宅ワークできないという印象を
持つことになりましたが
パソコンを使えばできる仕事もあるので
探せば在宅でも可能です。

 

LINEやメルマガで「最新の副業」
といった触れ込みを掲載している
募集ページをよく見ますが、

 

この最新の副業というのは
ギグワークのことを意味しているのでは
と思いましたね。

 

また僕が現在進行形で実践している
アフィリエイトも雇用関係がなく
単発案件が多いのでギグワークに
分類されそうです。

 

「アフィリエイトはギグワーク」
と聞いて腑に落ちました。

お知らせ

オイスイです。

ネットビジネスで起業して自由な人生を
楽しんでいる元IT社畜です。

現在はブログを使ったアフィリエイトを軸に
日々楽しみながら学んだことを情報発信してます。

僕もこの道10年でたくさんの成功者をみてきました。
ネットで稼ぐのはそんなに難しくありません。

このブログではパソコン1台とネット環境があれば
収益化していける方法などを語って「あなたに自由な人生を掴み取っていただくお手伝い」をしています。

僕があなたを引き上げていきますので
興味があればぜひご覧になってください。


>>オイスイの詳しいプロフィールはこちら

>>【準備中】オイスイ公式メルマガ

もしネットビジネスや当サイトのことなど不明点について聞いてみたいことがあれば、
どんなささいなことでもよいので無料相談をご利用ください。

ネットビジネス歴5年以上の経験から的確なアドバイスできると自負しています。
お問い合わせフォームは下のリンクからどうぞ。

>>「オイスイの質問箱|無料相談随時受付中」はこちら

あなたとお会いできるのを楽しみにしております^^
では、オイスイでした。

ネットビジネス
オイスイをフォローする
ネットで本業並みに稼ぐ指南書Ver.2022

コメント

タイトルとURLをコピーしました