アラン・ソリマチ【THE SHIP(ザ シップ)】新型投資案件は怪しい?10秒で毎日2万5千円稼げるか登録して検証

ネット【投資】案件の検証

オイスイ(追水卓)です。

ソウルメイトの安達健太郎さんから
アラン・ソリマチさんの
「THE SHIP(ザ シップ)」という
稼ぎ方がオススメとの紹介が
ありましたので検証します。

1日1回ボタンを押すだけで
日給2万5千円を稼げるとしている
THE SHIP(ザ シップ)案件。

どうやらこの案件は
プロ投資家のチームが
あなたの代わりに金融投資をして
お金を稼いでいくれる案件と
なっているようです。

そして実践者のやることは
届いたメールを確認して
確定ボタンを押すだけという。

1日10秒もあればできてしまう
カンタン作業でなんと2万5千円の
報酬を手にすることができてしまう
画期的な稼ぎ方となっているようなのです。

もしこの話が事実だとしたら
非常に魅力的ですよね。

ですが、
この案件をおすすめと紹介してきた
ソウルメイトの安達健太郎さんは
似たような案件を企画して
募集していたことがあったのですね。

ソウルメイトもプロ投資家のチームが
あなたに代わりにお金を稼いでくる
という案件となっていました。

ソウルメイトは最終的に
稼げるような可能性がなかったため
非推奨としました。

パッと見た感じでは
安達健太郎さんのソウルメイトと
よく似たアピールをしているので
「実はソウルメイトの名称変更しただけの
コピペ案件では?」と疑っていたりもします。

アラン・ソリマチさんの
THE SHIP(ザ シップ)案件は
果たして実態のある副業と
なっているのでしょうか?

この記事ではアラン・ソリマチさんの
THE SHIP(ザ シップ)について
実績や口コミなど評判情報もあわせて
検証していきます。

アラン・ソリマチ【THE SHIP(ザ シップ)】案件のメルマガに登録して検証

アラン・ソリマチさんの
THE SHIP(ザ シップ)案件を
スタートするには最初にメルマガ登録する
必要があるようです。

THESHIP(ザ シップ)新型投資ビジネス
案件の募集ページにはプライバシーポリシー
記載があり個人情報度どう利用するか
どう管理しているのかの記載がありました。

一応、
プライバシーポリシーの記載があるので
安心して登録することができそうです。

ということで早速メルマガ登録作業をして
THESHIP(ザ シップ)新型投資ビジネスを
利用開始できるようにします。

メルマガ登録をするとすぐに
折り返しのメッセージがやってきました。

ではさっそくですがメッセージ内容を
チェックしていくことにしましょう。

メッセージ内容をチェック

最初のメルマガでは
THESHIP(ザ シップ)新型投資ビジネスが
どういったものかのざっくりとした
説明になっていました。

内容としては冒頭部分で触れたことの
復唱といったところでしょうか。

プロの投資家チームがあなたの
代わりにお金を稼いできてくれる
サービスとなっていること。

そして届いたメールを確認して
タップをするだけのカンタン作業で
毎日2万5千円、月収75万円を手にする
ことができるという話でした。

全体としてはまだ漠然とした感じと
なっている印象です。

この不景気の時代に
「アナタの代わりにお金を稼ぎます」
という大盤振る舞いな人が本当に
存在するでしょうか?

ソウルメイトも同じような
アピールで募集をしていましたが
最終的に投資家チームが存在するか
どうか怪しい状況となっていました。

THESHIP(ザ シップ)新型投資ビジネスも
同じように架空の投資家チームが結成されて
実態のない稼ぎの金額を見せられ
「あたかも稼げているように装うだけでは?」
と疑いたくなってしまいます。

詳しい説明をできないということは
そういう可能性が十分あるわけです。

とはいえあくまでこれは現時点での
僕の憶測に過ぎませんのでもしかしたら
まっとうな稼ぎ方になっている可能性も
否定はできません。

詳細ページでは稼げる証拠を
提示してくれるとのことなので
早速指示に従って専用ページへ移動し
証拠をチェックしていくことにしましょう。

プロモーション第1話(プロダクトローンチ形式)

メルマガのメッセージにあった
リンクをタップして専用ページへ
移動してみました。

移動してみると「第1話」と明記された
ページが出てきました。

これはどうやら
プロダクトローンチの
形式になっているようですね。

プロダクトローンチとは
ざっくりいうと情報を小出しにして
最終的に売りたい本命の商品の
セールスをするというテクニック。

プロダクトローンチについては
下記の記事にて詳細な説明を
しておりますのでご確認ください。

インターネットビジネスでは
よく使われるテクニックなので
珍しくはないです。

THESHIP(ザ シップ)新型投資ビジネスを
スタートするには動画を視聴するよう
指示があるのですがおそらく今回で全貌が
説明されることはないでしょう。

第1話の検証だけでは不十分と
なりそうな感じがします。

ですが第1話から順に見ていかないと
実際にどういった稼ぎ方を実践していくか
疑問が解決しません。

とりあえずプロモーション第1話を
チェックしてみることにします。

・・・・・・

まずはじめにアラン・ソリマチさんの
自己紹介からスタートしました。

どうやら元海外にある金融会社の
トレーダーとして活躍されていた
という人みたいですね。

米ゴールドマン・サックスが
大規模な投資家のリストラをするのでは
ないかとう噂が飛び交っており
一節によるとすでにはじまっているとか。

こういった感じで雇われ投資家は
相当厳しい状況にあるのが
現在の世界情勢となっています。

最近、やたら海外から帰国する
エリートトレーダーの金融投資案件が
出まわっていますからね。

もしかしたらアラン・ソリマチさんも
なにかしらの理由で金融会社から
戦力外通告を受けてしまい
方針転換してこちらにやってきた人
なのかもしれません。

そう思ったのですが
アラン・ソリマチさんは10年以上前に
投資家からエンジニアに転身して
現在までに37種類の投資システムの
開発を手がけているとか。

つまりリストラ投資家ではなく
自分から投資家の道を捨てて
エンジニアの道に飛び込んだ人のようです。

ということは敏腕トレーダーの
可能性がありますね。

今回募集している案件は
そのシステムの最高傑作だそうで
すでに117人の先行モニターがいて
全員が成果を出しているとか。

募集ページではプロ投資家が
代わりに稼ぐとあったので
投資家とパートナーを組んで稼ぐ
案件かと思ったのですが
よくある自動売買ツールを使った
システムトレードかもしれません。

そして全員が初月から70万円以上の
利益を出すことに成功しているとか。

たしかに募集ページでは毎日2万5千円
稼げるとしていたので30日で計算すると
75万円になります。

プロモーション動画に内容と一致していますね。

しかもモニターとして募集した人は
投資知識や経験がゼロで貯金が3万円以下で
50歳以上という人に限定したとか。

知識やスキルのない完全な未経験者が
貯金3万円以下という絶望的な生活状況の
人を対象にして実践して月収70万円以上。

金融投資(資産運用)は元手金が
多ければ多いほど稼げるという仕組みなので
元手金を用意できない人はまったく
稼げないという状況になります。

ですがアラン・ソリマチさんの
THE SHIP(ザ シップ)案件は
貯金3万円いかという元手金も出せない
ほと苦しい人でも稼げてしまう
金融の常識を覆す内容となっているようです。

しかし、元手金ゼロ円で金融投資が
成立する仕組みなんて存在するのでしょうか?

そしたら動画内でなぜ元手金ゼロ円で
金融投資(資産運用)ができるかの
説明がありました。

どうやら元手金の後払いが
可能な仕組みになっているようです。

要するにアラン・ソリマチさんの
THE SHIP(ザ シップ)が元手金を
1万円用意するのでそれを使って
運用して稼いだお金から返済すれば
OKとのことでした。

・・・・・・

ソウルメイトもそういううたい文句で
募集していましたよね…

なんとなくソウルメイトの内容と
似てきたような感じがします。

ただ、ソウルメイトは元手金として
10万円が必要としていましたが
アラン・ソリマチさんのTHE SHIP(ザ シップ)案件は
たった1万円でよいとのこと。

それで月収70万円以上を実現するとしたら
相当な利益率のシステムとなっていると
予想できます。

動画の内容が全部事実なら
もはやソウルメイトを越える
稼ぎ方となっているかもしれません。

専用サイトに登録

THESHIP(ザ シップ)新型投資ビジネスを
スタートするにはまず動画を最後まで
視聴してから感想を投稿して専用サイトに
登録する必要があるようです。

動画は最後まで視聴したので
動画のコメントを投稿して
専用サイト登録の手続きをできるように
していきます。

コメントの投稿が完了しました。

そして登録が完了すると
メールアドレスにすぐ
メッセージがやってきました。

登録ページへ移動できる
リンクが掲載されていたので
こちらをタップして
登録ページへ移動します。

プライバシーポリシーの記載なし

会員登録ページが表示されました。

これまでよりもさらに詳しい
個人情報の入力が求められる
ことになりました。

・・・・・・

プライバシーポリシーの声明が
ありませんね…

通常ですと個人情報を収集する
場合はプライバシーポリシーの声明を
記述して個人情報をどういった
利用をして管理をするかを宣言する
必要があるわけです。

一般的にはこういった感じで
プライバシーポリシーのページへの
リンクを用意して読んでもらい
同意できる場合はチェックをいれて
確定するという流れです。

ですがアラン・ソリマチさんの
THE SHIP(ザ シップ)案件では
そういった声明文がありません。

たしかに最初のメルマガ登録時には
プライバシーポリシーの記載が
募集ページ内にあったので登録しました。

しかし、それはあくまで募集ページに
あるメルマガに登録したメールアドレスの
利用方法や管理方法についての宣言です。

今回はそれとはまったく別の理由で
個人情報を収集しているわけですから
改めて宣言をするのが通例。

まったく同じ宣言をするのであれば
自社の公式サイトにあるプライバシーポリシー
ページへのリンクを記載するなど方法はあります。

今回の個人情報は氏名を含んでいるので
より詳細な個人情報となります。

やはりプライバシーポリシーの
記載がない状態で入力するのは
どうかなという感じがしました。

ここは登録をいったん保留として
視点を変えて運営業者についての
情報を探ってみることにします。

THE SHIP(ザ シップ)新型投資ビジネスの運営者情報(特商法)について

THE SHIP(ザ シップ)新型投資ビジネス
最終話で「PROJECT THE SHIP」という
有料商品をセールスしてきました。

そうなると重要になってくるのは
特定商取引法に基づく表記。

【特定商取引法とは】

事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守ることを目的とする法律です。 具体的には、訪問販売や通信販売等の消費者トラブルを生じやすい取引類型を対象に、事業者が守るべきルールと、クーリング・オフ等の消費者を守るルール等を定めています。

出典:特定商取引法とは|特定商取引法ガイド
https://www.no-trouble.caa.go.jp/what/

関連記事

アラン・ソリマチさんの
THE SHIP(ザ シップ)案件は
怪しい点が多く不安が
拭えないのでおすすめできる案件とは
いいがたい状況。

まずは運営業者がしっかりとした
母体となっているのかどうかについて
見極めることが必要になります。

ということでアラン・ソリマチさんの
PROJECT THE SHIP特定商取引法に基づく表記を
チェックしていきます。

特定商取引法に基づく表記

販売会社合同会社Renaissance
運営統括責任者合同会社Renaissance
所在地東京都新宿区歌舞伎町2丁目9-18
電話番号080-4724-8656
メールアドレスa.sorimachi◆arans-theship.com ※◆こちらを@に変更してください。

特定商取引法に基づく表記は
しっかりと明記されている印象です。

販売業者名・住所・電話番号の
記載がありますから情報としては
必要分を満たしているといえます。

さてそうなるとこの
合同会社Renaissanceが実在する
業者なのかどうかが気になるところ。

こういったお金儲けの案件は
架空の会社を特定商取引法に基づく表記に
掲載している事例もありますからね。

実在するかどうかの確認が必要です。

国税庁ウェブサイトで法人番号検索してみたら…

企業が実在するかどうかを
チェックする方法に法人番号を調べる
という手段があります。

法人番号とはマイナンバーの法人版で
法人を設立したら国税庁に申請をして
番号指定を受けないといけません。

そしてこの法人番号は国税庁の
ウェブサイトで公開されていますので
調べることが可能な情報です。

つまり合同会社Renaissanceが
実在する企業なら登録されているはずなので
調べてみることにしました。

出典:国税庁企業検索
https://www.houjin-bangou.nta.go.jp/

法人番号検索をしてみたところ
合同会社Renaissanceは登録されており
実態のある企業であることがわかりました。

住所も一致しているので
間違いないでしょう。

ただ、
ここで新たな怪しい点が発覚しました。

それが法人番号の新規指定日です。

令和4年(2022年)9月8日となっています。

THESHIP(ザ シップ)新型投資ビジネスの
募集がスタートした2022年11月23日は
合同会社Renaissanceが法人番号指定を
受けてからわずか2ヶ月程度しか過ぎていません。

これは怪しいですね…

アラン・ソリマチさんはエンジニアとして
10年以上活動をされています。

それなのに法人番号の指定が
なぜ2ヶ月前となっているのでしょうか?

法人番号がはじまったのは2015年なので
もし10年以上活動をしているなら
もっと前に指定を受けているはず。

たしかに国税庁の法人番号指定を
受けていますがPROJECT THE SHIPを
売ることを目的として設立された
ペーパーカンパニーと判断されても
仕方がありません。

住所は居住用のマンション

特定商取引法に基づく表記に
記載されている住所についても
調べてみました。

どうやらこの住所は
「ライオンズプラザ新宿」という
居住用のマンションのようです。

もちろん個人所業者のように
自宅を事務所にしている場合は
居住用の住所を特商法として
記載するケースがあります。

ですが
アラン・ソリマチさんは自身も
THESHIP(ザ シップ)新型投資ビジネスを
実践して月収70万円以上を実現している人。

新宿という一等地のマンションとはいえ
もっとよい場所に住んでいそうな感じが
しなくもないですが…

というよりもオフィスを構えて
運営していてもおかしくないほど
稼げているはずです。

それなのになぜ居住用のマンションが
住所として登録されているのでしょうか?

・・・・・・

ここまで検証してきて
アラン・ソリマチさんの
THE SHIP(ザ シップ)案件は
本当に大丈夫なのかと思えてきましたね。

調べても詳細な情報がほとんど出ず
実態のある稼ぎ方になっているか
判断することができません。

得体の知れない稼ぎ方と言わざるを得ないので
個人的にはおすすめできない案件となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました