ネットビジネス

ネットビジネスの種類にはなにがある?初心者向けかどうか解説

オイスイです

 

この記事ではネットビジネスにはどういったものが存在するかについて紹介します。
ネットビジネスはといっても結構幅が広く、
Amazonや楽天のような通販事業もネットビジネスです。

 

そういった企業のネットビジネスではなく個人を対象としたネットビジネスに絞って解説します。

  • 金融投資
  • 転売
  • 情報販売
  • アフィリエイト
  • ネット動画配信

個人向けで代表なのはこの5つでしょう。
ビジネス内容について解説すると同時に初心者向けかどうか僕オイスイ視点で判断もしていますので参考にしてみてください。

金融投資

ネットビジネスと分類してよいか微妙なラインですが人気があるジャンルなので紹介します。

 

金融投資とは

  • 株式
  • FX
  • 仮想通貨
  • バイナリーオプション

といったモノで個人投資家のネット版みたいなイメージでよいでしょう。

 

金融投資は即金性が魅力で一攫千金や一発逆転も可能なことから人気があります。
億り人という言葉もあるように短期間で億単位の資産を築いた人もいるわけですね。

 

ネットでの金融投資は銀行や証券会社に出向いたり電話したりする必要がありません。
インターネット上の操作で完了してしまうので手軽にできる特徴があります。

 

この手軽さからコロナ騒動以降急激に人気が出たジャンルです。

×:初心者向けではない

金融投資は初心者向けではありません。

 

スマートフォンをワンタップして稼ぐことができますが、
これは知識・経験・スキルをしっかりと持っている人に限った話です。

 

初心者が運よく稼げてしまうこともありますが、
いつかは大損することになりトータルでマイナスとなり撤退を余儀なくされます。
僕も過去に金融投資をやったことがあるのですが30万円の大損をして撤退しました。

 

即効で大金を稼ぎたい人には非常に魅力的な稼ぎ方なのは間違いないですが、
損失を出したときのダメージが大きすぎることも見逃せません。

 

直近ではTITANという仮想通貨が歴史的大暴落をして話題になりました。
1TITAN約7000円だったのが1日でゼロ円になる事件があったのです。
1000TITAN持っていた人は1日で700万円を失うことになりました。

 

知識・経験・スキルがなくても手軽に金融投資できるように、
EA(エキスパート・アドバイザー)という自動売買ツールがありますが、
EAも万能ではなく大損するときがあります。

 

コロナショックのような大変動が起これば大損を出すわけです。

 

EAの相場は高いので1本売れれば大きく稼ぐことができるため悪徳商法も多くあります。
ネットビジネス限らず金融投資で稼ぐのは注意が必要です。

 

金融投資は失っても問題ない余剰金を投入するが基本となります。

 

他のネットビジネスで稼ぎお金に余裕が出てきてからはじめたほうが賢明でしょう。
初心者向けではありません。

転売(「せどり」とも呼ぶ)

転売とは安く仕入れてネット通販を使い高く売るビジネスです。
有名なのは「ブックオフせどり」でしょう。

 

ブックオフでたたき売りされている古本やCDを大量に仕入れてヤフオクやメルカリに流して高く売ることで差額を利益にするビジネスです。

 

最近は中国輸入転売も人気でアリエクスプレスなど中国製品の輸入代行業者を使い商品を仕入れて同様に売る手法も流行っていますね。

 

小売業と同じで差額を利益として受けとる稼ぎ方です。

×:初心者向けではない

転売は初心者向けではありません。

 

転売は高く売れる商品を安値で手に入れることが大前提です。
目利きのスキルが必要なので初心者が手軽にできるとはいえません。
転売ヤーの規制も厳しくなってきているので稼ぐのが難しくなっていくと予想されます。

 

それにネットを使って販売するのでネットビジネスに分類されるがやっていることはリアルビジネスとまったく変わりません。

 

商品を仕入れて発送するまではオフラインでの作業となるので作業が面倒です。
自分の持っている不要品をヤフオクやメルカリに流すくらいなら苦痛なくできますが、
転売で稼ぐとなると数百個単位の商品出荷が必要になります。

 

ベテランの転売ヤーはクラウドソーシングを使い仕入れや発送を外注しているほどです。

 

お金を払って大変な作業をなくして稼いでいます。
自分で全部やるとなると重労働になるわけですね。
これならアルバイトしたほうが割がよいという考えになります。

 

当然ですが長続きしません。
ビジネスとして実践するなら稼ぐではなく「稼ぎ続ける」ことが前提です。

 

長続きしないようではビジネスとはいえません。
挫折する可能性が非常に高いので初心者向けと言えないですね。

アフィリエイトで「安定的に月収30万円」稼ぐために必要な10箇条オイスイです。 この記事ではアフィリエイトで安定的に月収30万円稼ぐために必要な10箇条を紹介します。 2012年にアフ...

情報販売

情報販売とは自分の持っているノウハウ(手法)をPDFや動画にして販売する稼ぎ方です。

  • 個人でお金を稼ぐノウハウ
  • 異性からモテモテになるノウハウ
  • ゴルフのスイング上達するノウハウ
  • 短期間で痩せるノウハウ
  • 金融投資の必勝ノウハウ

など自分の知識や経験を売っていくビジネスになります。

 

やっていることは書籍の出版と変わりませんが、
こちらは出版社を通さないので値段が相場に左右されず自由に決められるメリットがあります。

 

値段を自由に決められるということは爆発的に稼げるということです。
商品もPDFや動画をダウンロード形式で販売するので在庫を持つ必要もありません。

 

無限にコピーすることができるので一度作ってしまえば経費がかからず利益を出し続けます。

 

自分で稼ぐことに成功したノウハウをPDFにまとめて3万円で販売したとしたら、
10本売るだけで30万円の利益になり日本の平均月給くらいになるのです。

 

日本の人口は1億2800万人いますから集客のやり方によっては10本売るのは難しくありません。
情報販売は爆発的に稼げるのです。

×:初心者向けではない

情報販売は初心者向けではありません。

 

情報販売は自分でゼロから商品を作り上げていく必要があるので実践ハードルはとても高いです。

 

書籍の出版であれば出版社の力を借りることができますが、
情報販売は全部自分でやっていく必要があるので高い知識・経験・スキルが必要になります。

 

情報販売は1本数万円といった高額な値段を付けますのでノウハウに価値を感じてもらえないとクレームに発展する場合があるのです。
実際に中身スカスカの教材を数十万円で売って稼ぐ悪徳商法もあります。

 

情報販売は爆発的に稼ぐことができますが、
知識・経験・スキルがないとリスキーな稼ぎ方でもあるわけですね。

 

情報販売は実績ありきのビジネスでもあります。
実績のない初心者がノウハウを作ったところで買い手は出てきません。

 

実績のある人がさらに稼ぎを増やすために参入するのが情報販売ビジネスです。
情報販売している人は金融投資や転売などで知識・経験・スキルを磨いてから参入してきています。

 

ネットビジネスのゴールが情報販売なのです。
初心者が最初に取り組むネットビジネスではありません。

アフィリエイト

アフィリエイトとはざっくり言うと「ウェブサイトに商品の広告を掲載して、商品が購入されたら報酬を得られる」ビジネスになります。

 

広告業と仲介業を合わせた仕事というイメージでOKです。

 

インターネットがなかった時代は新商品の宣伝をしようと思ったら

  • テレビCM
  • 新聞広告
  • 雑誌掲載

といった大手メディアの力を借りなければいけませんでしたが、
インターネットで個人が自由に情報発信できるようになってからは大手メディアの力を借りなくても宣伝できるようになりました。

 

人気YouTuberやブロガーに商品提供してレビューしてもらって宣伝する方法が代表例でしょう。

 

アフィリエイトはブログを使い商品やサービスの広告を掲載し、
紹介した商品やサービスが売れたり契約が決まると出来高に応じて報酬が支払われる仕組みになります。

 

たとえば5,000円の化粧品があなたのブログから売れたとしたら販売価格の一部である2,000円が謝礼(仲介手数料)として支払われるといった具合です。

 

アフィリエイターは商品を紹介するまでが仕事なので商品の取引には関わりません。
商品を紹介する仕事なので情報販売のように自分で作る必要もなく実績有無も関係ないです。

 

送客が完了したら購入者と広告主(宣伝を依頼している業者)が直接やりとりをする転売のように自分で商品発送する必要もありません。

 

ブログを運営して広告を掲載するだけの手軽さから副業で人気のビジネスです。

アフィリエイトとはどんな仕事か?役割を知るとライバルと差が付くオイスイです。 このブログはネットビジネス情報を発信しているのですが、 アフィリエイトの内容が中心ということもあって ...

○:初心者向けでオススメ

アフィリエイトは初心者向けでオススメのビジネスモデルといえます。

 

ネットビジネスのなかでも低予算でスタートできるのが特徴です。
アフィリエイト実践に必要なのは

  1. パソコン
  2. インターネット環境
  3. 発信する情報

の3つを使い稼ぐビジネスモデルなのでほとんどお金がかかりません。

 

パソコン購入費が5〜10万円必要になりますが他のビジネスに比べたら破格です。
毎月の維持費は数千円程度なので途中で自己破産するリスクもありません。
お金のハードルの低さこそアフィリエイトの大きな魅力です。

 

他のネットビジネスはある程度まとまったお金がないと稼ぐのは難しいといえます。

 

金融投資は投入した金額に比例して利益が出るので初期費用が少ないと稼ぎも小さいです。

 

転売は商品を仕入れるところからスタートするのでまとまった初期費用が必要になります。

 

情報販売はPDFや動画にノウハウをまとめるので無料でもできますが、
教材を作る知識・経験・スキルはお金を払わないと手に入りません。
無料情報だけで情報販売しようとしても買い手が現れないです。

 

このようにネットビジネスの多くは初期費用がかかります。

 

アフィリエイトは「実績ある他者の商品を紹介」する仕事なので自分で作る必要がありませんので知識・経験・スキルがない状態でもスタート可能です。
ブログなど情報発信するメディアを持って運営したら残りは「他人の褌で相撲を取る」という稼ぎ方になります。

 

僕は2012年からアフィリエイトを実践しておりずっと自宅にひきこもって仕事をしている状態です。
ブログ運営するだけでよいのでパソコンとインターネット接続環境があれば生活できるレベルの稼ぎが得られます。

 

ネットビジネスをはじめるならアフィリエイトからスタートすることを強くオススメしたいですね。

ネット動画配信

最近注目を浴びているのはネット動画配信です。
YouTubeやTikTokのような個人アップロードの稼ぎ方になります。

 

ビジネスモデルとしてはアフィリエイトに近く、
アップロードした動画に広告を付けて掲載してた広告が視聴されたりクリックされ広告ページへ送客すると報酬が支払われる仕組みです。

×:初心者向けではない

初心者向けにYouTuber講座を開いている人が多いので一見すると初心者向けと思われがちですがまったく初心者向けではありません。

 

というのもバズ動画を出さないとまったく稼げないからです。
バズ動画をホイホイ出せる人は飛び抜けたセンスのある人なのは間違いありません。
芸能界で成功できるような人でないとほぼ不可能だとお考えください。

 

さらに安定して稼ぐには動画配信者の知名度が必要不可欠です。
芸能人のYouTube参入が活発化しているのは知名度を活かせるから。
彼らは知名度があるのであっという間にチャンネル登録者を獲得でき安定した再生回数をたたき出せるのです。

 

つまり

  • 飛び抜けたセンスのある人
  • 抜群の知名度のある人

どちらかに当てはまらないと満足に稼げません。

 

もしネット動画配信で稼ぎたいなら「3年稼げなくても大丈夫」くらいのつもりでやらないと挫折します。
3年も継続していれば知識・経験・スキルが磨かれるので成功できるでしょう。

まとめ

投資は即金性があるが損失を出したときのリスクが大きいので初心者にオススメできません。
もし参入するなら他のネットビジネスで稼いで余剰金を投入して運用するようにしましょう。

 

転売はネット上で商売するがやることがリアルビジネスと変わらず重労働になることが多く初心者にオススメではありません。
もし副業での実践なら避けた方がよいでしょう。

 

情報販売はネットビジネスのなかで一番稼げるが深い知識と豊富な経験がないと難しく実践ハードルが高いので初心者向けではないです。

 

ネット動画配信はバズ動画を乱発する必要があるので初心者にはハードルが高いので多くの人は成功できません。

 

よってハードルの一番低いアフィリエイトがオススメです。

 

アフィリエイトは初期費用や維持費が低く扱う商品も他人の作品なので自分で作る必要ありません。

 

アフィリエイトでネットビジネスの知識と経験を積んで情報販売ビジネスへ進んでいくのがオススメのルートです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。