アフィリエイト副業になるか?←リストマーケティングで自動化したら【できますよ!】

自動化・仕組み構築

オイスイ(追水卓)です。
この記事ではアフィリエイトが副業になるかどうかについて僕の見解を述べつつ、具体的にどうしたらよいかを説明する内容となっています。

あなたが現時点で

  • アフィリエイトを実践しているが安定しない
  • アフィリエイトを副業にしたいがオワコンでないの?
  • そもそもリストマーケティングってなに?

といった疑問をお持ちなら
役立つ情報があるかもしれません。

まずアフィリエイトが副業に
なるかどうかについてですが
答えは明白で「できます」

ただし、闇雲にアフィリエイトを
していても稼げるようにならないでしょう。

僕はある出来事を経験して
アフィリエイト引退手前まで
いくことになりました。

そこからアフィリエイトで
復活してくることができて
現在に至っているのですが、

もしやり方を変えずに
古い方法を引きずったままだったら
復活することはなかったでしょう。

ちまたで言われている「アフィリエイトはオワコン」と主張していたかも知れません。

ですが、正しい実践方法で
アフィリエイトをしていけば
ほったらかしで稼げる副業に
なるのは間違いないこと。

そのほったらかしの仕組みを
実現をする要とのが
記事タイトルにある
リストマーケティングです。

リストマーケティングをアフィリエイトに取り込めば本業の合間を縫って副業として実践しても大きく稼ぐことは可能です。

【弱者の戦い方】リストマーケティングとはどんなものか?

そもそもリストマーケティングとは
いったいどんなマーケティング手法なのか?

名前こそ気に馴染みがないかもしれませんが
幅広く使われていることなので
あなた自身も過去に経験したことがあるはずです。

あなたも一度くらいは
ダイレクトメールを受け取ったことが
ありますよね?

過去に買い物をしたときに
アンケートに答えて住所を教えたことが
きっかけで定期的にはがきが送られてくる
みたいなことはないでしょうか?

これがリストマーケティングです。

リストマーケティングとは顧客台帳を使ったセールスになります。

セールスというと
訪問販売やテレアポみたいに
突然押しかけるというイメージが
強いかも知れませんが、

セールスのなかには
過去に買い物をしてくれた人の
個人情報を使ってセールスをする
パターンもあるのです。

買い物をしたときに
アンケートに答えたら
あなたの個人情報はお店側で
管理されている可能性があります。

過去に買い物をしてくれた
ということは再度やってきて
買い物してくれるリピーターの
可能性が高いですよね。

なので顧客台帳に記載されている
顧客に対してダイレクトメールを送り
セールスをしていきます。

こうするとことあとでも触れますが
費用対効果の高いビジネス展開が
できるメリットがあるのです。

リピーターになってくれる可能性の高い人だけにセールスをするわけですから、ダイレクトメールを送ればまた来店してくれる可能性がありますよね?
訪問販売やテレアポみたいに門前払いみたいな無駄打ちも防げる可能性が高いです。

アフィリエイトにおいても
この戦略が非常に有効だったりします。

アフィリエイトの場合
顧客台帳(リスト)に相当するのが
メールアドレスです。

僕もリストマーケティングをしており
ブログ内にはいたるところに
メルマガ登録への誘導の仕掛けがあります。

つまり「メルマガ登録者=顧客リスト」という構図になっているのです。

僕もメルマガ運営を長くなっているので
実感しているのですが、

ブログ記事は読んでくれても
メルマガ登録してくれる人は
そこまで多くありません。

正確にカウントしたことはありませんが
100アクセスに1人程度の割合です。

なのでメルマガ登録してくれた人というのは、なにかしら僕にひっかかるものがあったものとみられます。
僕に興味関心がある人だけがメルマガ登録しているわけですね。

僕はブログやメルマガで
「自分でお金を稼ぐ方法」
テーマとして情報発信しています。

僕に興味関心のある人は
自分でお金を稼ぎたいと思っている人で
あることは間違いありません。

そのような興味関心を持った人に対して
ネットビジネス教材の案内を流したら
購入してくれる可能性はありますよね。

このように過去になにかしらの接点を持ち
興味関心のある顧客の台帳(リスト)を作り
そこにセールスしていく手法が
リストマーケティングとなります。

僕たち個人でビジネスをする立場では、潤沢にお金を使うことができません。
大手企業のように訪問販売やテレアポを駆使して顧客集めをすることができないのです。
なので興味関心のある人を絞り込み、ピンポイントでセールスをして最小限の労力で大きな利益を作る戦略が欠かせません。
効率重視のビジネスをするなら費用対効果最強のリストマーケティングは外せないです。
これが資金力のない弱者が取るべき王道の戦略となります。

もしアフィリエイトを副業として
やっていくのであれば
長期的かつ安定的に稼げるような
土台を作らないといけません。

あなたも宝くじで一発当てるみたいな
なんちゃって副業の稼ぎ方がしたわけではないはず。

毎月の収入にプラス10万円など
長期的かつ安定的に稼ぐ本物の副業
前提に取り組むなら
リストマーケティングは必須です。

関連記事

江戸時代の商人は顧客台帳(リスト)が一番重要だった

このリストマーケティングは
最近生み出された画期的なものではありません。

歴史を遡れば江戸時代の商人(呉服屋)が
似たようなことをやっていたのです。

江戸時代の中心地であった江戸は
「火事と喧嘩は江戸の華」と呼ばれるほど
火事が絶えないことで有名でした。

江戸時代における江戸の火事(えどのかじ)は、「火事と喧嘩は江戸の華」という言葉が残り、現代では「火災都市」と呼称される[注釈 1]ほど、頻繁に発生した。
大火が頻発し、都市の広大な市街地を繰り返し焼き払った史実は、世界でも類例がないとされる。
江戸の火事は祝融や回禄とも呼ばれ、大火の様相を紅葉に見立てることもあった。

江戸の火事 – Wikipedia

江戸は商業の中心地でもあったので
城下町には商店がたくさんあります。

しかも当時は木造家屋が中心なので
ひとたび火事が起これば大惨事。

個人商店も火事に巻き込まれて
商売ができなくなるなんてことが
頻繁にあったそうです。

そんな江戸の商人たちには
次のような逸話があるとされています。

江戸時代の商人は火事が起こると、顧客台帳を井戸に投げ入れて逃げた。
火事が収まったら井戸から顧客台帳を引き上げて商売を再開。

商人が作る顧客台帳は
書いた後に文字が消えてしまわないよう
こんにゃくノリでコーティングを
施していたそうなのです。

その顧客台帳を井戸に投げ入れれば
火事で燃えてしまうことはないですよね。

江戸時代の商人はお金よりも
顧客台帳を一番大事にしていたと
されているわけです。

現代人なら火事が起こったら預金通帳など金銭を持って逃げることでしょう。
しかし、江戸時代の商人はお金ではなく顧客台帳を火事から避難させていたのです。

なぜお金よりも顧客台帳のほうが大事なのか?

それは「すぐに商売を再開できるから」
という理由からとっていた行動なのです。

お金というのは失ったとしても
あとから稼ぐことができます。

ですが、その「お金を稼ぐ」に
直結する顧客台帳を失っては
もはや商売あがったりとなるのです。

もし顧客台帳があれば
台帳に記載されている顧客(リピーター)に
対して商売をすれば稼ぐことができます。

顧客台帳さえ無事であれば
すぐに商売再開できるわけです。

江戸時代の商人にとってお金よりも顧客台帳のほうが重要度が高かったのですね。

アフィリエイトを実践していると
いろいろなトラブルにみまわれます。

僕は過去に医療・健康アップデートという
ものを経験して月収30万円だったのが
一気に5万円以下まで落ちるトラブルを
経験しました。

医療・健康アップデートによって
集客ができなくなりアフィリエイト商品が
まったく売れなくなってしまったのです。

それまでの僕はリストマーケティングの
考え方がなく常に一見さんを相手にした
ビジネスをしていました。

しかし、医療・健康アップデートで
一見さんがまったく集められなくなり
完全に商売あがったりになったのです。

この痛い失敗体験がきっかけとなりリストマーケティングの重要性を思い知ることになりました。
メールアドレスがあれば一見さんの集客ができなくなっても、リピーター相手のビジネスをすることができますからね。
最悪の事態は防げるのです。

関連記事

アフィリエイト副業するならでリストマーケティングが必要となる3つの理由

ここからは本題となる
アフィリエイトを副業にするとき
リストマーケティングが必要となる
理由を解説していきます。

僕が考えている必要理由は次の3つ。

  • 24時間365日働く営業マンが手に入る
  • コストパフォーマンスが抜群に高い
  • 垢バンのリスクがほぼない

この3つを実現することができるので
アフィリエイト副業とリストマーケティングを
組み合わせることを強くおすすめしたいです。

それでは詳しく解説していきましょう。

【理由1】24時間365日働く営業マンが手に入る←自動化の要

アフィリエイトに限らず副業として
実践するのであれば要となるのは「自動化」。

本業をしながらの副業となれば
実践できる時間も限られてくるので、

自動販売機のように無人でも
稼げるようになるのが望ましいです。

それもあって不労所得になりやすい不動産投資は注目を集めていますね。
うちにも不動産投資関連の飛び込み営業がやってきます^^;

リストマーケティングを
アフィリエイトに導入すると
24時間365日働く営業マンを
手にすることができるのです。

ネット上のリストマーケティングは
先ほども触れたようにメールアドレスに
対してセールスをしていきます。

取得したメールアドレスに対して
メルマガスタンドを使って
セールスメールを配信することで
稼ぐという流れになるわけです。

一般的なメルマガというのは
登録者に対して一斉配信を行うのですが
メルマガスタンドによっては
さらに別の機能を搭載していることがあります。

それがステップメール機能。

ステップメールというのは
一斉配信でありながら個別配信でもある
特殊なメルマガです。

メルマガ登録者に対して
全員が同じ内容のメールを受け取ることに
なるわけですが、配信する日付が
バラバラとなっているのが特徴。

登録者には登録した日から
起算して順次メールが配信されるように
なるのです。

たとえば、Aさんが7月1日に
メルマガ登録したとしましょう。

ステップメールは順次配信されるので

  • 7月1日→1通目
  • 7月2日→2通目
  • 7月3日→3通目
  • 7月10日→10通目(セールス)

といった具合に1通目から順次送信され
最後のセールスである10通目に到達します。
※ステップメールの通数は任意ですが10通が一般的

ここで新たにBさんという人が
7月5日にメルマガに新規登録したときましょう。

すると

  • 7月5日→1通目
  • 7月6日→2通目
  • 7月7日→3通目
  • 7月14日→10通目(セールス)

このようにAさんとは5日ズレて
同じ内容のメールが順番に
送信されるようになるのです。

ステップメールというのは
商品を売れやすくするための仕掛け。

アフィリエイトできる商品は
どちらかというと無名で怪しいものが多いです。

そのため購入したいと思っても
怪しさが壁となってすんなり
購入ボタンを押すことができません。

なのでステップメールという営業マンが
メールで1通ごとに怪しさを取り除く
セールストークを展開していくのです。
※一般的に「教育」と呼ばれます

そして一通りセールストークが終わった
メール最終通で「いかかですか?」と
セールスをして購入しやすい状況を
作っていくテクニックになります。

こうすることで登録者全員が
1通目から10通目までを読むことができ
売りたい商品が売れやすくなるのです。

もしステップメールの仕組みを
使わずアフィリエイトをするとどうなるか?

Aさんは初日から登録してるので
1通目から10通目まですべて
目を通すことになるので
疑問は晴れて購入してくれる可能性は
高くなっているでしょう。

しかし、Bさんは7月5日に登録したので
途中の5通目からスタートします。

最後までメールを読んでも1通目から4通目は
目を通せないので疑問は晴れず中途半端な
状況となることでしょう。

さらにCさんが最終日の7月10日に
登録したらどうか?

7月10日はセールスのメールなので
いきなり売り込まれるのです。

まったく疑問が晴れていないので
買ってくれることはないでしょう。

ステップメールを使って全員が1通目からメールを読める状況を作っておけば、あなたが手作業でメルマガ配信をしなくても商品が自然と売れる仕組みになるのです。
これは24時間365日働く営業マンが手に入ったといっても過言ではありません。
僕のアフィリエイトしている商品もステップメールから売れることが圧倒的に多いので、ステップメールによる自動化効果は抜群です。

本業をしながら副業となると
時間的な制約が生まれますが、

ステップメールで自動的にメールが
送信されるようになっていれば
ほったらかしで商品が売れるように
なっていきます。

副業アフィリエイトで成功している人の
ほとんどはステップメールを構築して
自動化しているため。

アフィリエイトを副業として
実践するのであればステップメールによる
自動化は必須レベルといっても過言ではありません。

関連記事

【理由2】コストパフォーマンスが抜群に高い←赤字垂れ流しになりにくい

あなたが副業する理由は
月収を底上げすることが目的のはずです。

そうだとしたら継続的に
お金を稼ぎ続けることが
前提になっていることでしょう。

そうなると考えないといけないのが
コストパフォーマンスになります。

ビジネスをはじめたはいいもののいざやってみるとコストパフォーマンスが悪く毎月赤字垂れ流しとなってしまっては元も子もありませんよね…

こういった最悪の事態にならないように
するためには出ていくお金をできる限り
少ない副業あ望ましいです。

このコストパフォーマンスを
ずば抜けてよい稼ぎ方となるのが
リストマーケティングを使った
アフィリエイト副業。

一般的なビジネスにおいて
リストマーケティングをするときは
ダイレクトメールを送ることになるので
ハガキ代などコストがかかります。

しかし、アフィリエイトにおける
リストマーケティングは主に
メルマガを使っての実践です。

あなたもおわかりかと思いますが
メールはインターネット接続できる
環境であれば無料での送受信が可能。

これをメルマガスタンドを使い
一斉配信するとなっても
月額必要は3,000円くらい。

送信できる通数に制限はありますが
弱者はメールの送信通数はたかが知れているので
3,000円くらいのプランでもOK。

リストマーケティング上級者になると
月額3,000円のメルマガで
100万円以上の売上を作るなんて
強者もいるのです。

さらにアフィリエイトは紹介業なので
自分で在庫を持つ必要ありません。

商品を紹介したあとは
販売者と購入者が直接やりとりするので
自分はほとんど関与しません。
情報商材アフィリエイトで特典付き販売をした場合は別

これほどコスパにすぐれた
稼ぎ方は他にはないでしょう。

副業をやるからには長期継続が前提です。

宝くじみたいに一発当てて終わりではいけません。

長期継続することを前提にすると
「毎月どれだけのコストがかかるか?」も
しっかりと考慮したうえでの実践が必要です。

リストマーケティングとアフィリエイトを
組み合わせた副業であればコスパが非常に
よいので赤字垂れ流しにはなりにくいでしょう。

「長期継続」の視点から見ても
リストマーケティングを使った
アフィリエイト副業は最適な選択肢です。

ちなみに
最近はNIASなど金融投資(資産運用)の
話題が尽きませんが、

個人的にこれらの稼ぎ方は
コスパがよいとは思えません。

これらも維持しようと思ったら
毎月の出費が増えることになります。

つみたてNISAですと月々3.3万円投資となります。
ただでさえ生活が苦しい状況なのに、毎月の出費が3.3万円も増えたら火の車ですよね…
しかも投資してもリターンはないので完全な赤字垂れ流し。
20年も投資し続けないと元本割れの恐れもあるという…

とてもじゃないですが
お金がなく困っている人が実践する
稼ぎ方とはいえません。

自分で自分の首を絞めるだけ。

これが株・FX・仮想通貨。不動産など
本格的な金融投資(資産運用)ともなれば
膨大な初期費用亜必要です。

最近話題のFIREを実現するためには退職するまでに5千万円の元手金を用意する必要があるとされていますからね。
現時点でお金がなく副業することを迫られているのに5千万円なんて用意できないでしょう。

僕も過去に金融投資(資産運用)の
FXをやっていた時期がありました。

そのときに
「お金のない人がやる稼ぎ方じゃないな」と
思ったわけですね。

副業で金融投資(資産運用)が
もの凄く注目されていますが、

実践する人はいったいどんな人なのか
個人的に疑問でしかありません。

皆さん、お金を持て余しているのでしょうか?

金融投資(資産運用)は現時点でお金に余裕があり将来に備えたい増やしておきたい人がやるも。
現時点でお金がなく生活がキツキツな人は手を出してはいけない世界です。

【理由3】垢バンのリスクがほぼない←副業でコツコツ作業するなら必須条件

副業として実践するからには
朝活や夜活といった短い時間を
有効活用しての実践となるでしょう。

よってコツコツ積み上げて
稼げるようになっていく
戦術をとることが必須となります。

そうなったときに必須条件となるのが
コツコツ積み上げた作業が水の泡に
なってしまわないこと。

最近は動画コンテンツが話題なことから
YouTubeを収益化する流れがあります。

YouTubeはGoogleアカウントを作成すれば
完全無料で動画を無限にアップロード
することができます。

もし自分でサーバーを借りて動画を
アップロードするなんてことをしたら
膨大な必要がかかりますので、

YouTubeがいかにコスパのよい
動画プラットフォームで支持されているか
よくわかります。

ただ、「無料で利用できる」は
メリットでもありますが
デメリットでもあったりするのです。

これもお気づきかと思いますが
YouTube動画では表現の規制が
厳しくなっています。

これは本当によくない流れなのですが
最近は自分の自傷行為や自殺を
生配信する人がときどき出てくる状況。

それもあって動画プラットフォームでは
そういった行為が見受けられたときに
動画の削除やアカウントの停止措置を
するわけです。

つまりNGな表現が設定されていて
それに接触したらなにかしらの
ペナルティを受けることになります。

自傷行為や自殺は極端ですが
他にも詐欺の疑いがある発言など
NGな表現は膨大にあるとされています。

こういったNGな表現に接触しないよう
注意を払って利用しないといけないので
削除リスクと常に隣り合わせなのです。

もし自分の意図しないことで
ペナルティを受けてしまったら
コツコツ積み上げてきた作業が
水の泡になってしまう恐れもあります。

なので「垢バンのリスクがほぼない」は
本当に重要なことです。

僕も過去に無料ブログを使ったアフィリエイトを実践していたことがありました。
無料ブログもアカウントを作成すれば無料で使うことができるのでコストゼロでできます。
しかし、商用利用禁止の事例が多くアフィリエイトしていることがバレたら即刻削除です。
利用規約違反していた僕が悪いのですが、100個以上のブログを失いました。

リストマーケティングと
アフィリエイトを組み合わせた
副業ならそういったリスクはありません。

メールアドレスに向かって
ダイレクトメールを送るセールス方法なので
垢バンはまったく関係ありません。

ほとんどないことですが
万が一メルマガスタンドが使えなくなっても
メールアドレスがあればGmailなどから
個別送信すればよいのです。

メールアドレスを使ったビジネスは垢バンリスクがないので無敵のマーケティング手法だったりします。
副業でコツコツ積み上げる稼ぎ方をするうえでこれほど安心感のあることはないでしょう。

関連記事

「アフィリエイトはオワコン」と言っている人たちはリストマーケティング知ってる?

ネット上には「アフィリエイトはオワコン」
という情報がよくみられるようになりました。

その原因となったのは先ほど触れた
医療・健康アップデートでしょう。

僕も医療・健康アップデートで大転落を経験することになったので一度オワコンになっているわけです。
医療・健康アップデートの影響を受けてアフィリエイト本業としてやっていくことができず再就職した人もいます。
オワコンと言いたくなるもわからなくはないですね。

ただ、僕はアフィリエイトで
復活してきています。

その復活の理由となったのは
リストマーケティングの存在を知り
実践してきたからに他なりません。

医療・健康アップデートを経験するまでは
一見さん相手のアフィリエイトに特化していました。

そのため集客が途切れたら終わりという
非常に足場の悪い状況でやっていたのです。

ですが、このビジネスのやり方が
決して正しいとはいえないことを
江戸時代の商人は知っていました。

もちろん今と江戸時代では
社会状況が全然違うこともわかってます。

当時は近所付き合いしか
ビジネスをする相手がいなかったので
一見さん集めが難しい状況でした。

そのため顧客台帳を大事にして
リピーター確保に必至となっていたのも
時代背景があってのことでしょう。

今はネット社会で
SNSなどを通じて海外の人とさえ
秒で繋がることができる時代。

一見さん相手のビジネスでも
やり方によってはうまく行くケースが
あるのも事実です。

しかし、
医療・健康アップデートみたいに
突如として一見さんを失うリスクが
潜んでいるのもたしかなこと。

YouTuberがチャンネルをBANされたとき
大騒ぎすることになりますよね。

YouTuberの動画再生回数も
チャンネル登録者が底上げしている
ところがあるのでBANされたら
致命的なのです。

そう考えると時代が変わっても
最終的にビジネスを支えるのは
リピーターとなります。

そのリピーターを囲い込んでいけば
10年先でも20年先でもビジネスを
継続することができるのです。

「アフィリエイトはオワコン」と
言っている人たちはリストマーケティングの
視点がおそらくないのでしょう。

リストマーケティングをベースとしたビジネス戦略でアフィリエイトを実践すれば、今からでも稼ぐことは可能です。

関連記事

アフィリエイトで副業するならリストマーケティングが必須レベル(最後に)

この記事ではアフィリエイトを
副業にするならリストマーケティングが
必須という内容でお伝えしてきました。

アフィリエイトは副業になります。

リストマーケティングを使い
メールアドレスを集めて
ステップメールを送ることで
自動販売機のような稼ぎ方が可能です。

ほったらかしでも商品が
売れていく仕組みを手にすることが
できるのでアフィリエイトほど
副業に向いたビジネスはないでしょう。

逆にリストマーケティングを
有効活用できないと
アフィリエイトはオワコンと
なってしまうかもしれません。

かつて僕が経験した
医療・健康アップデートのような
新規顧客がまったく取れなくなったら
完全に詰むことになるでしょう。

医療・健康アップデートでは
一見さん相手のアフィリエイトを
メインでやっていた人が引退に
追い込まれることになりました。

もしアフィリエイトで
リストを持たず一見さんを相手にした
ビジネス展開を主眼に置いているなら
オワコンの手法です。

アフィリエイトを副業でやるかどうかに
関わらずネット上でビジネスをするなら
リストマーケティングは必須レベル。

リストマーケティングを使わず
「副業で安定的な稼ぎを実現する」
なんてあり得ません。

副業として長期的に
稼ぎ続けることが前提にするなら
リスト確保は最重要課題です。

ドラッグストアや大手家電量販店ですら独自のポイントカードでリピーターの囲い込みをしているくらいです。
無名の個人が常に一見さんを相手にするなんてビジネス運営は無謀としかいえません。
無名の弱者は江戸時代の商人のようにリストをベースのビジネスをすべきでしょう。

リストマーケティングを使えば
アフィリエイトは副業になりますし
オワコンという風潮も気にする必要なし。

リストマーケティングをしっかりと
学んだ上で自分の血肉にして
実践していけば副業としてやっていけますので
ご安心ください。

ちなみにリストマーケティングを
学べる教材でおすすめなのが
アンリミテッドアフィリエイトです。

また僕のメルマガ講座でも
リストマーケティングについて
深掘りしていますので
興味があればご覧になってくださいね。

無料メール講座(公式メルマガ)のご案内(登録者プレゼントあり)
【お詫び】2023/04/13時点でメルマガ登録ができない不具合が発生していることを確認しました。現在はトラブル解消しております。このたびはご迷惑をおかけしました。このたび、僕オイスイ(追水卓)はメルマガおよび無料メール講座を始めることにし
タイトルとURLをコピーしました