情報発信・ブログ運営

【初心者実践非推奨】ブラックハットSEOとはどんなものか?

オイスイです。

 

この記事ではブラックハットSEOについて解説します。
僕は2012年からアフィリエイトを実践しており、
ブラックハットSEO全盛期を知っていますし、
実践したこともありそれなりに知識はあるつもりです。

 

そして記事タイトルにも入れている通り僕は非推奨のテクニックと考えています。
現在でもブラックハットSEOの教材は販売されており、
初心者を中心に飛ぶように売れているそうです。

 

僕はそういった小手先のテクニック系教材を手にしないほうがよいと考えている立場なので注意喚起の意味も込めて記事にしました。

Google検索の意図と仕組み

ブラックハットSEOとはどんなSEO対策か?
一言でいえば「Googleの方針・ガイドラインに反して上位表示を目指すSEO対策」です。

 

とはいっても「Googleの方針・ガイドライン」とはどんなものかという話になるので

  • どういう意図で運営されているか
  • どういう仕組みで動いているのか

の2つについての解説からはじめます。

どういう意図で運営されているか

Google検索結果には画像のように広告が表示されるようになっており、
Google社にとって検索結果の広告収入は大黒柱で非常に重要な収益源となっています。
つまりGoogle検索結果に広告を出している広告主によって支えられているわけですね。

 

広告主はGoogle検索利用者が自社の商品やサービスにお金を払ってくれることを期待して広告を出すわけですが、
そのためにはGoogle検索エンジンをたくさんの人に使ってもらわなければいけません。
Google検索を使わないと広告をみてもらうことすらできませんからね。

 

どうすればたくさんの人に検索エンジンを使ってもらえるか?
それは検索者の悩みを解決するウェブサイトを提案して「便利、使える」と思ってもらうことです。

 

検索利用者は悩みや問題を抱えて検索をしているわけですから、
検索結果に悩みや問題を解決する糸口となるウェブサイトを表示することが必要不可欠となります。

 

Google検索は「検索利用者の期待に応える」という意図で運営されているのです。
そしてその見返りとして広告収入を得てビジネスとして成り立っています。
Google検索エンジンは「便利、使える」を目指して運営されているのです。

どういう仕組みで動いているのか

とはいえインターネット上のウェブサイトは数え切れないほど存在しており、
Google検索利用者を個別対応することはできません。
そのためGoogle検索アルゴリズムという自動判定プログラムを使い、
「答えになるだろう」と考えられるウェブサイトを選別・順位付けして検索結果に表示しています。

 

つまり検索結果はプログラムによって自動的に作成されているのです。

 

Google社は世界を代表する企業で頭脳派のエンジニアが多数在籍しています。
天才集団といっても過言ではないので非常に高度なプログラムを作成する技術を持っているわけですが、
そんな天才集団であっても完璧なモノを作ることはできません。

 

必ず抜け穴が存在するのです。

 

その抜け穴を突いてウェブサイトの順位付けを操作し意図的に上位表示させるのがブラックハットSEOになります。
ブラックハットSEOを使えば検索利用者を騙すようなウソサイトでも検索結果の上位に出すことができるのです。

ブラックハットSEOとは具体的にどんなものか

Googleは「ウェブマスター向けガイドライン」を公開しています。
ガイドラインには次のような行為を禁止すると書かれています。

具体的なガイドライン
次のような手法を使用しないようにします。

  • 自動生成されたコンテンツ
  • リンク プログラムへの参加
  • オリジナルのコンテンツがほとんどまたはまったく存在しないページの作成
  • クローキング
  • 不正なリダイレクト
  • 隠しテキストや隠しリンク
  • 誘導ページ
  • 無断複製されたコンテンツ
  • 十分な付加価値のないアフィリエイト サイト
  • ページへのコンテンツに関係のないキーワードの詰め込み
  • フィッシングや、ウイルス、トロイの木馬、その他のマルウェアのインストールといった悪意のある動作を伴うページの作成
  • 構造化データのマークアップの悪用
  • Google への自動化されたクエリの送信

出典:ウェブマスター向けガイドライン – Search Console ヘルプ

これらは過去に行われていた

  • ブラックハットSEOテクニック
  • ブラックハットSEOを使い上位表示させていた悪意あるサイト

の事例です。

 

現在はこれらの行為をしているウェブサイトをGoogle検索アルゴリズムで判別できるように改良されてきましたが、
過去には判別することができず抜け穴を突くことで意図的に上位表示させることができました。

 

ガイドライン2番目の「リンク プログラムへの参加」はブラックハットSEOの代表的存在です。

PageRank や Google 検索結果でのサイトのランキングを操作することを目的としたリンクは、リンク プログラムの一部と見なされることがあり、Google のウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)への違反となる場合があります。これには、自分のサイトへのリンクを操作する行為も、自分のサイトからのリンクを操作する行為も含まれます。

出典:リンク プログラム – Search Console ヘルプ

「リンクプログラムへの参加」とはカンタンにいうと自作自演のリンクです。
昔のGoogle検索アルゴリズムはたくさんリンクを集めているウェブサイトを「価値あるサイト」と判断していました。

 

そのため自分の運営するウェブサイトに自分で作った別のウェブサイトからリンクを送ることで意図的にGoogle検索アルゴリズムから高い評価を得ることができたのです。
この方法を悪用すれば検索利用者を騙すようなウソサイトでも検索結果の上位に出すことができてしまいます。

参考:「ブラックハットSEO」で不正サイトへ誘導する手口が多発

こちらはフォードや日産といった大手自動車メーカーとはまったく関係ない偽ウェブサイトがフォードや日産と関連があるように装って最終的にパソコンにウィルスソフトをインストールさせ個人情報を盗むという悪用が行われた事例です。

 

アフィリエイトではAmazonや楽天でも販売されていてライバルとなることがあり、
さらにアフィリエイトサイトよりも安価になっていることもあります。
「商品名+最安値」のキーワードの検索はそれなりに多いので稼げるキーワードです。

 

ブラックハットSEOを使うとAmazonや楽天の販売ページより上位に出すことができるので、
「こちらから購入すると最安値」といったウソサイトを使って誘導して稼ぐ人がいました。
本当にアフィリエイトサイトからの購入が最安値なら問題ないのですが、
Amazonや楽天が最安値で販売されていたとしてもウソ情報を流して誘導する事例もあったわけですね。

 

このように「自分さえ得できれば他人が損してもかまわない」という考えでブラックハットSEOが多用されていたこともありGoogle検索は信用を落として利用者が減り

  • Twitterの検索
  • Facebookの検索
  • YouTubeの検索

といったSNS検索に流れていってしまいました。

 

Google検索の運営意図は「検索利用者の期待に応える」なのでこういう身勝手な運営者のウェブサイトは排除すべき対象となります。
Google社はブラックハットSEOの順位操作を厳しく取り締まり信用回復しようと努力しているところです。

実践非推奨ブラックハットSEOの代表的なテクニック

最後にブラックハットSEOの代表的なテクニックを紹介します。

  1. 自作自演リンク
  2. 運営歴の偽装
  3. キーワード詰め込み

代表的なのはこの3つのテクニックです。

 

過去には使えていたブラックハットSEO手法ですが、
現在はGoogle検索アルゴリズムで対策されておりほとんど効果が期待できません。

 

これらの手法を使っていることがGoogleにバレたらあなたのウェブサイトが検索結果に一切表示されなくなる重いペナルティを受ける危険性のあるテクニックです。
紹介しているテクニックは絶対に使わないようにしてください。

自作自演リンク

先ほども少し触れた「リンク プログラムへの参加」の自作自演リンクです。
日本語版Google公式サイトに「Google が掲げる 10 の事実」というのがあり、「Google が掲げる 10 の事実」の4番目に「4. ウェブ上の民主主義は機能する。」が書かれています。

4. ウェブ上の民主主義は機能する。
Google 検索が機能するのは、どのサイトのコンテンツが重要かを判断するうえで、膨大なユーザーがウェブサイトに張ったリンクを基準としているからです。Google では、200 以上の要素と、PageRank™ アルゴリズムをはじめとするさまざまな技術を使用して、各ウェブページの重要性を評価しています。PageRank のアルゴリズムでは、ページ間のリンクを「投票」と解釈し、どのサイトが他のページから最高の情報源として投票されているかを分析します。この手法なら、新しいサイトが増えるたびに情報源と投票数が増えるため、ウェブが拡大するにつれて効果も高まります。また Google では、多くのプログラマーの力の結集によって技術革新が進むオープンソース ソフトウェア開発にも力を入れています。

出典:Google について | Google – Google

このリンクを投票と解釈しているGoogle検索アルゴリズムの抜け穴を突いたのが自作自演リンクです。
無料ブログを大量に作って上位表示させたいウェブサイトにリンクを送りまくると検索結果で上位表示させることができました。

 

あまりにも自作自演リンクの実践者が増え上位がアフィリエイトサイトだらけになったことでGoogle社も本格的に対策に乗り出し現在は上位表示しにくくなっています。

運営歴の偽装

ウェブサイトを運営するには必ずドメインを取得する必要があります。
一般的には「URL」や「アドレス」という名称で呼ばれているものです。
ウェブサイトも住所に相当するドメインが絶対に必要になります。

 

Google検索アルゴリズムにはドメインがいつ取得されどれくらい経過しているかも判定基準として持っているとされています。
老舗ほど社会的信用が高いのと同じようにドメインの運営歴の長いほど信用が置けるとGoogleは判断しているわけですね。

 

この運営歴判断にも抜け穴が存在して、
「中古ドメイン」を取得することで運営歴の付いた状態でスタートすることができるのです。
ドメインは1年単位で継続使用するかどうか決めることができ、
不要と判断したドメインは更新せず捨てることができます。

 

そしてこの捨てられたドメインを取得することも可能で、
取得した場合は前ドメイン所有者の運営履歴を引き継ぐことも可能なのです。

 

最近、中古ドメインを巡って大きなニュースがありました。

ファミリーマートに統合され、2018年11月に営業を終えたコンビニ「サークルK・サンクス」の公式サイトで使われていた中古ドメイン「circleksunkus.jp」が、6月18日午後8時30分ごろ、ネットオークションで競り落とされた。落札額は6000万300円。
出典:「サークルK・サンクス」公式サイトの中古ドメイン、約6000万円で落札される

サークルK・サンクスはファミリーマートに統合されたことによって公式サイトで使われていたドメイン「circleksunkus.jp」を更新せず利用を終了しました。
そしてドメイン「circleksunkus.jp」が6000万円で落札され無関係な第三者の手に渡ったというニュースです。

 

知識のない人にとっては「なぜ6000万円もするの?」と思うかもしれませんが、
ブラックハットSEOを知っている人からすると6000万円は妥当な金額といえます。
ドメイン「circleksunkus.jp」にある運営履歴をそのまま引き継げるわけですからね。

出典:https://web.archive.org/web/20040901000000*/circleksunkus.jp

「circleksunkus.jp」のドメインが最初に取得されたのは不明ですが、
2004年には利用されていた形跡があるので15年以上の運営歴があります。

 

つまり新規で立ち上げたウェブサイトにドメイン「circleksunkus.jp」を設定すれば「運営歴15年以上」と偽装できSEOの点数を稼ぐことができるのです。

キーワード詰め込み

Google検索アルゴリズムが未熟だったころはキーワードの含有率で評価しているとされていました。
そのため「上位表示させたいキーワードを文章内に5%程度含むとよい」とされていたわけです。

 

キーワードを詰め込むことで上位表示させることができたので内容よりもキーワードの含有率を意識したSEO対策が流行ったこともありました。

 

2016年に話題となった健康情報サイト「WELQ」は在宅ワークを希望している主婦などが記事を執筆していたと明かされています。
その指示書には記事中のキーワード含有率についての記述もあったようです。

 

「WELQ」は記事中のキーワード含有率を意識して作成された記事を1日100記事ペースで追加して上位表示させることに成功していたので、
ウェブサイトなのでキーワード詰め込みの有効性は証明されていたといえるでしょう。

アフィリエイト企業有利となった出来事「医療・健康アップデート」とは?オイスイです。 この記事ではアフィリエイト企業有利となった出来事「医療・健康アップデート」とはどんなモノかを紹介します。 ...

ちなみに、
キーワード詰め込みのブラックハットSEOがバレると下記のような警告が届きます。
僕はブラックハットSEOをやっているときに警告を受けました。

まとめ

ブラックハットSEOとはGoogle検索アルゴリズムの抜け穴を突いた上位表示テクニックです。
Google検索結果はアルゴリズム(プログラム)を使って検索結果の順位を自動判別しており、
判定基準の欠陥を突くことで価値のないウェブサイトでも上位表示できてしまいます。

 

ただし、Google社の考えに背いたSEO対策なのでバレた場合は重いペナルティを受けることになり、
最悪の場合はGoogle検索結果に一切表示されず集客不可能になることもあるのです。

 

このように非常にリスキーなSEO対策なのでオススメできません。
初心者向けとして

  • 自作自演リンク
  • 運営歴の偽装
  • キーワード詰め込み

これらブラックハットSEO対策の教材が販売されていますが手にしないようにしてください。

オイスイ公式メルマガのお知らせ

このたび僕オイスイの無料企画ネットビジネスで

 

  • お金の自由
  • 人間関係の自由

 

の両方を手にして【人生の主導権を取り戻す】
テーマに初心者向けメール講座を期間限定で配信
することになりました。

 

その名も

安定的に月収30万円稼ぐネット資産構築7日間ガイダンス

>>「オイスイ公式メルマガ(安定的に月収30万円稼ぐネット資産構築7日間ガイダンス)」の詳細はこちら

 

 

メール講座では

 

  1. 知識/経験/スキル「0」の初心者が最短で成果を出す方法とは?
  2. 「人脈ナシ」状態でお金を稼ぐ具体的な手順を公開
  3. 「無名・実績ナシ」の凡人でも月〇〇円以上稼げる理由とは?
  4. 1日3時間作業で1年後に安定して月収30万円以上稼げるノウハウとは?
  5. 超後発組でも月収100万円を目指せる「ある秘策」を大公開
  6. 初心者で月収30万円稼ぐ人と稼げない人の決定的な違いとは?
  7. 利益率ほぼ100%の驚異的なビジネスを限定公開
  8. 高度な文章作成スキルなしでも1件1万円報酬の商品をバカスカ売る方法
  9. 初心者の多くが稼げず挫折してしまうカラクリと業界の裏話暴露
  10. お金をいくら貯めても経済的自由になれない…その全容を暴露
  11. 10年先でも通用して独立起業も目指せる本物のビジネス戦略とは?

 

といったネットビジネスをまったく知らない未経験者でも
基礎から知識を身に付けられる内容となっています。

 

ブログでは語れない情報や極秘ネタバレなど詰め込んだメール講座です。

 

独立起業して9年間迷走した状態から復活を果たした
知識と経験をベースにしたナマの情報を発信しています。

今だけ!「ブログの限定公開記事(パスワード付き記事)閲覧権」プレゼント

また、
今メルマガ登録していただいた方には特別に
「ブログの限定公開記事(パスワード付き記事)閲覧権」
期間限定でプレゼントさせていただきます。

 

  • 最短で月収30万円稼ぐ初心者マインドセット10選
  • 「安定的に月収30万円」稼ぐために必要な10箇条
  • 9年間の失敗から学んだ最短ルートで成果を出す方法

 

といった具体的で一般公開できない情報を含んだ限定公開記事です。

限定公開記事は10記事以上(約50,000文字以上)と大ボリューム。

無料メルマガの特典だからと言って手抜きしておりません。

(限定公開記事の閲覧パスワードはメール講座内でお伝えします)

 

閲覧パスワードはメール講座と関係なく
プレゼント終了になる場合がありますのでご了承ください。

 

メール講座についてさらに詳しくお知りになりたい場合は、
別の記事にて案内していますのでそちらも参考にしてみてください。

>>「オイスイ公式メルマガ(安定的に月収30万円稼ぐネット資産構築7日間ガイダンス)」の詳細はこちら

もしネットビジネスや当サイトのことなど不明点について聞いてみたいことがあれば、
どんなささいなことでもよいので無料相談をご利用ください。

 

ネットビジネス歴5年以上の経験から的確なアドバイスできると自負しています。
お問い合わせフォームは下のリンクからどうぞ。

>>「オイスイの質問箱|無料相談随時受付中」はこちら

あなたとお会いできるのを楽しみにしております^^
では、オイスイでした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。